2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【沸き立つ】ここはパイロット養成所20【熱き血潮】  

1 :訓練生 ◆CB/ZUDkh0k :03/04/19 21:28 ID:???
管制室(本スレでストーリーが展開して新規参入しにくい場合や意見がある方は是非ココにおいでください)
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1050665571&ls=10

テンプレ(主な情報はココで手に入ります、キャラクターと世界観を把握したい場合ご利用ください)
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=1045400525&ls=50

大まかなあらすじと登場人物(>12以降)
http://www.soutokuhu.com/bbs/test/read.cgi?bbs=shar&key=999196858&ls=50
▼{新規参入したい方は目をお通しください}
このスレでは主にストーリーを自分の手で作っていく形を採っています。
最初は質問の形でしたが、スレ拡大の為に今の形を採りました。(今でも質問してくれればお答えしますよ)
名無しのROMで参加もOKですが、常連化してくださる場合はコテハンを名乗っていただければ幸いです。
その他、模擬戦中はギャラリーに回って頂き、そこで通常通りのレスをしていただいても構いません。
参入の場合は本スレで自然に入ってくれても構いませんし、管制室に足を運んでいただければ助かります。


2 :訓練生 ◆CB/ZUDkh0k :03/04/19 21:28 ID:???
(シリーズ)
【宿命の】ここはパイロット養成所19【めぐりあい】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1050220908/l50
【それぞれの】ここはパイロット養成所17(18)【正義】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1049993422/l50
【絡み合う】ここはパイロット養成所17【運命】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1049558206/l50
【永遠より】ここはパイロット養成所O【回帰】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1049290663/l50
【平和を】ここはパイロット養成所十五【掴め!】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1048863176/l50
【崩された】ここはパイロット養成所・M【均衡】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1048357597/l50
【偽りの】ここはパイロット養成所壱拾参【平穏】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1048177123/l50
【ラブコメ】ここはパイロット養成所・K【本格化?】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1047836500/l50
【戦争の】ここはパイロット養成所・壱壱【行方】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1047399127/
【戦闘】ここはパイロット養成所・]【本格化】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1047054499/l50
【水の】ここはパイロット養成所・\【国から】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1046700470/l50
【敵軍】ここはパイロット養成所・[【一点突破】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1046536948/l50
【最後の】ここはパイロット養成所・7【休息】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1046370598/l50
【平穏】ここはパイロット養成所・E【決壊】http://comic.2ch.net/test/read.cgi/shar/1046014827/l50
【敵軍】ここはパイロット養成所・伍【来いやぁ!】http://comic.2ch.net/shar/kako/1045/10454/1045402473.html
【生徒】ここはパイロット養成所W【募集】http://comic.2ch.net/shar/kako/1045/10454/1045402473.html
【模擬戦】ここはパイロット養成所3【上等!】http://comic.2ch.net/shar/kako/1045/10452/1045248479.html
【来たれ】ここはパイロット養成所2【新人】http://comic.2ch.net/shar/kako/1044/10449/1044969740.html
【達人に】ここはパイロット養成所【してくれ】http://comic.2ch.net/shar/kako/1043/10434/1043461167.html




3 :自称17歳の少尉:03/04/19 21:29 ID:???
>1
乙。

4 :金髪少女:03/04/19 21:30 ID:???
Z。

5 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/19 21:31 ID:???
>1
お疲れさまです。
>前スレ997
・・・何者だ?
ちっ!また「白狼」か・・・
どうしてこう、縁がある?

さて・・・そろそろショーの時間か?

6 :自称17歳の少尉:03/04/19 21:33 ID:???
>前スレ999
(手を振って見送る)

7 :赤毛(メイファじゃないほう):03/04/19 21:35 ID:???
訓練生さん、お疲れ様。

 ふふ、結局航空ショーまで会えなかったなんて・・・・・・あれから私がどれほど
苦労したか・・・・・・(目くるめく激闘の思い出が脳裏をよぎる)
 倒れていった呼びこみのあんちゃん、ホームレスのおじさん、酔っ払いの学生
さん(全員誤認スタんがン攻撃の餌食になった方たち)・・・・・・わたしに力を。
(会場に眦を決して乗り込む赤毛)

8 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/19 21:38 ID:???
>1
お疲れ様、いい名だ…。

9 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/19 21:39 ID:???
>1
乙〜

>7
…っ!?
(何故か唐突に背筋が寒くなる)
……切られた後に応急処置しなかった分血が足りないのかな……
何か妙に寒気がする……

10 :NTコ−ス生徒:03/04/19 21:39 ID:???
>997
はい。さようなら…っと。
(持ってたメモ帳に電話番号を書き写し、投げる)
はいよ、ザク乗り!指輪は頂いておくぜ!
さぁって、そろそろ始まるかな。

11 :通常の名無しさんの3倍:03/04/19 21:39 ID:???
>1
お疲れさん!


12 :スペシャルゲスト ◆eAwRb9qzdQ :03/04/19 21:40 ID:???
>1御疲れ〜〜

ゾック乗り「うち、たこ焼き好きやねん。御っちゃん一皿おくれ〜〜」
海賊娘「あ、アタイもおくれー」

種馬の娘「なーなー、二人とも、彼氏とかいないの?」

二人「美味いなー」「そうだな――」

13 :金髪少女:03/04/19 21:42 ID:???
>10
…少し頼みがあるんだが…。
少しの間で良いからその指輪見せてくれないか?
(さっきの…もしかしたら…。)

14 :補足:03/04/19 21:46 ID:???
指輪わたしたのはメイファのほうっす(滝汗)くそ、準備さえすんでいれば・・・

15 :NTコ−ス生徒:03/04/19 21:46 ID:???
>13
え〜〜。じゃあ代わりにメイファ・ギルボードについて調べてくれ、少し気になる。
ちゃんと指輪あとで返せよ。
(指輪を金髪少女に渡す)

16 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/19 21:49 ID:???
>15
かえせよって、お前のじゃねえだろ・・・
しかし・・・「白狼」をマツナガと呼ぶ女・・・
それに、それをひざまずかせる少女・・・
何が起こってる?
・・・ま、俺の知ったこっちゃねえか。
おい、大丈夫か?
(傭兵志望生の頬を軽く叩いて、呼び起こす)

17 :金髪少女:03/04/19 21:49 ID:???
>15
…勿論そのつもりさ。
(指輪を一旦預る。一旦観察した後入れる場所もないので適当に指につける。)

18 :アナウンス:03/04/19 21:51 ID:???
それでは皆様、お待たせしました。これより、企業開催、MSによる航空機動観覧式を
開催致します。
(アナウンスが響き渡ると同時に、ポン、ポポンといろとりどりの煙の玉が現れる)

19 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/19 21:52 ID:???
>16
ZZZ…うへへへ・・・どうだ?ここっスか?ここが(ry
(「猥」な夢を見ているようだ)


20 :戦士候補生:03/04/19 21:53 ID:???
>1
お疲れさまです:中の人

(前スレ910のメールを受け取った時、彼は大分離れた、ある場所にいた)
(企業にもAEMAにも属さない、小規模な工業地帯)
(だが、その中にも灰の中のダイヤモンドのごとく、優れた技術を有するものがある)
(彼がいたのはその中の一つ――)
うん、パーフェクト。そちらの見積もりどおりで契約させてもらうさね。
最初はぼってるんじゃねーかとか思ったけど、この技術料と思えばむしろ良心的。
ありがたく契約させてもらいます。今後もよろしくさな。
(いくつかのMS用パーツの契約を終え、外に出て一つ背伸び。)
うーん、これで全部OK。小さいことからこつこつとったあいえ、ちょっと疲れたねえ。
だが、これで…“破滅と再生の使徒”の降臨も見えてきたぁね。
(助教にメールを送信。『ちっとばかり遅れるさね』)
(そして彼は待たせていたハイヤーに乗り込み、彼の戦場へと向かう)
(発車の直後に眠りにつく。今はしばしの休息を…)

21 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/19 21:54 ID:???
>17
フ・・・やはりなんだかんだ言っても、女の子なんだな・・・
・・・似合うぜ。
>18
いよいよだな?
養成所で取った席はあっちか?
>19
憶えてねえのか?
さっきのチンピラ達があのお嬢ちゃんを狙った麻酔弾の前に立ちはだかったのに?
いや、実に勇敢だった!
さあ、ショー見物と行こうぜ。
(サボリがちの生徒がいる養成所の席に向かう)

22 :NTコ−ス生徒:03/04/19 21:55 ID:???
>16
俺が渡されたんだから俺のだ。
あ!俺も航空ショーでやることがあったんだ!じゃあな。
(人ごみのなかに入る、懐には財布がどんどん貯まってく)

23 :金髪少女:03/04/19 21:56 ID:???
>21
……ただしまう場所もないから指につけただけさ。
大体、お前は人口説く暇があったら自分の方をどうにかした方が良いんじゃないか?
(さり気無く傷口を抉るw)

24 :稲妻のクラウダ乗り:03/04/19 21:57 ID:???
>18
YES!待ってましたってな感じ!!
俺らが先鋒切らせてもらうぜ!!行くぞ!山田!佐藤!etc!
(ゲートから出てきた七機のクラウダ隊、走り出し、ジャンプ、大空へ)
はっはー!良い感じ良い感じ!OK、お前らフォーメーションδ行くぞ!
(空で三角形に隊列を組、スパイラル、七色のカラースモークを巻きながら観客を魅せる)

25 :自称17歳の少尉:03/04/19 21:57 ID:???
>19
・・・・・。
また怪しそうな寝言を・・・。


っとこんなことしてる場合じゃないな。
(自分も養成所の席に走っていく)

26 :サボリがちな生徒 ◆fHsu/NyJG6 :03/04/19 21:58 ID:???
>21
(一人ボ〜ッとみなの到着を待っている)

もうすぐ始まっちゃうよ……みんな何してんだろ……
ああ、それより僕、トイレ逝きたくなってきた………!

あ、ザク乗りくん! やっと来てくれた!
ちゃんと席は取っといたよ。みんなの分はあると思うから。
じゃ、僕、ちょっと用を足してくるから、少し席とっといて!

(会場の観客席から、急いで駆け出していく)

27 :赤毛:03/04/19 22:00 ID:???
ここね……感じるわ。貴方の意思…・・・
(異様な笑みを浮かべて、ぽややん教官のいる部屋をノックする)

28 :稲妻のクラウダ乗り:03/04/19 22:01 ID:???
はい!次!
(背負ったコンテナが開き式典用ビームフラッグが現れる)
よっしゃ!開け!養成所の校旗!
(もの凄い衝撃と共にフラッグが展開される)
ギャラリーに大うけ間違いなしだろう!
(空中旋回をしながら綺麗なメガ粒子の光を振り撒く)

29 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/19 22:03 ID:???
>27
はいはーい、もうすぐ出番だから……赤毛ちゃん!!
良かった、無事だったんだね!!
(一目も憚らずいきなり抱きつく)

30 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/19 22:05 ID:???
>24
おお!始まった!
っていうか、あの人達、いつのまに来てたんだ!
>26
わりいわりい。(全然悪いと思っていない)
ま、色男の宿命ってヤツかな・・・
また美女と運命的な出会いをしちまった。
>28
あ〜、やっぱり俺も「大ビームフラッグ」もって参加すれば良かった・・・
いや・・・「アイツ」がいなきゃ展開もできないか・・・

31 :赤毛:03/04/19 22:06 ID:???
>29
(抱きつかれながら)
 ええ、無事でした。無事でしたから……わたしの方こそ、この間からずっと探して
いたのに……何処をあるいていらっしゃったんですか?そういえば、他の男性の生徒
さんたちは、夜の街を巡り歩いていたそうですけど。教官がいなかった時間と一致し
ますよねぇ?

32 :整備部門生徒:03/04/19 22:07 ID:???
>1
(お疲れ様ですね)

>28
おお始まりましたね!
エントリーしている生徒及び教官はゲートに着いてください!

33 :金髪少女:03/04/19 22:08 ID:???
>24
…本当に凄いな…。

>30
……かわらないな…全く。

34 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/19 22:09 ID:???
>32
……了解した……。
(既に所定の位置に待機している男。
 ………何故か頬に血が付いているが、
 気にしない事にしよう。)

35 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :03/04/19 22:11 ID:???
(少し遅れて貴賓席に登場。完全に正装している)

……もう始まってますねぇ♪
あっちの一般席で見るつもりでしたが……冷静に考えたら、そんなヒマはありませんからね。
少しでも多くの時間をこういった場のために割かないと……

(貴賓席にて、クラウダ隊の飛行を見ながら、社交的な挨拶を周囲の有力者たちと交わしていく)

36 :自称17歳の少尉:03/04/19 22:11 ID:???
>24
綺麗だなぁ・・・。



あ、焼きそば忘れてた。
(冷めた焼きそばを食べ始める)

37 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/19 22:11 ID:???
>31
(うわー、良かったー、などと呟きながら離れるが赤毛の様子がおかしい事に気付く)
へ……?
え、ちょっと待ってよ。何処にいたか分からなかったのは赤毛ちゃんの方じゃ……?
海に居なかったと思えば夜になってもホテルにいないしで……
もしかして……僕達一晩中すれ違いっぱなしだったの?(汗)

(教官の目の下にはクマが出来ている。おまけに今も普段より少し眠そう)

38 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/19 22:14 ID:???
>24
綺麗ですねぇ流石はクラウダ隊の皆々様♪

>32
あ、はぁ〜い♪ロイヤルミスト位置に着きました♪
(カタパルトに脚部展開状態でスタンバッている)

39 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/19 22:14 ID:???
>32
了解〜。
さて、改良された『伝説の骨董品』トールギスの実力、みなさんに見てもらうとしますか♪
(漆黒の専用機に乗り込む)

40 :謎の宇宙忍者:03/04/19 22:17 ID:???
『AEMA』との癒着が囁かれるとある総合商事の向かいのビルの一室、サンダールがマントを揺すると、そこからなにやら黒い『モノ』が……

「ククク、さぁ行って来い『まっくろくろすけ』よ。行ってつぶさに見聞きし、それを私に伝えるのだ……」

ケン「……そうか、あのお客さん、何か訳ありか……あ、毎度ありぃ」
メイ「なーんか曰くありげなのよね……ありがとう御座いましたぁ」

41 :稲妻のクラウダ乗り:03/04/19 22:18 ID:???
・・・・おおお?このフラッグ絵が!?
デカい犬と小さな家!?・・・・これはこれで良いかな?
(暫く展開、仲間に支えられながら握り締めている観客は十分に見たようだ)
そろそろかなぁ〜?

42 :赤毛:03/04/19 22:21 ID:???
>37
 問  答  無  用 
(神速の抜き打ち。同時に12個のスタンガンがぽややん目掛けて飛ぶ) 

43 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/19 22:22 ID:???
>41
・・・・あれはあの時の・・・?
(静かに含み笑い)
・・・初期化しておけよ・・・(微笑
(それなりに『余興』を楽しんでいる)

44 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/19 22:22 ID:???
>41
おお!あれは!
・・・やっぱりサイズ間違ってるよな・・・犬、でかすぎるよな・・・
(満員の観客席を振り返り)
見てるか・・・?みんな。
見てるだろう?アイツも、アイツも、そして彼女も・・・

45 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :03/04/19 22:22 ID:???
>41
(貴賓席で、有力な傭兵斡旋業の男と談笑中に)
「いやぁ、彼らもいい腕してますなぁ。我々も戦力に欲しいです」
「でしょう? でも彼らはあたしたちのものですから♪ ヘッドハンティングなんてしないで下さいねぇ☆」
「……おや? 妙な絵柄が……。ん? 伯爵どの、顔色が悪いようですが?」
「……………。あ、すいませぇん☆ 昔のこと、ちょっと思い出しちゃって」
「昔のこと?」
「ええ……一言で言えば、『若さゆえの過ち』ってやつですよ☆」

(理解不能な顔を浮かべる男をよそに、複雑な表情の女伯爵はフラッグを見つめる)
「ほんと、認めたくないものですねぇ……」

46 :ある施設にて:03/04/19 22:23 ID:???
「お互い、イベントがある日に勤務なんて、辛いよなぁ」
「そう言うな。この施設の警護は重要な任務だぞ?ここを襲撃されたら、ここは
大変なことになるんだからな」
「でも、結構にぎわってるらしいじゃないか。行っとけばよかったって思わない
のか?」
「おい、子供じゃないんだ。自分の都合より、仕事が優先だろうが。それとも、
行きたかったのか?」
「・・・とんでもない。そう思うのはおまえのほうさ・・・」
(銃声)

47 :金髪少女:03/04/19 22:25 ID:???
>41
……あの時の…だったかな…。

>44
お前…あいつの事をまだ思ってるなら何とか許してもらって大切にしてやれよ。

48 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/19 22:27 ID:???
>42
っ!?
(慌てて頭を中心にガードする。パイロットスーツの御陰で無事)
赤毛ちゃん…………まさか…………
……くっ、航空ショーの準備があるから悪いけど失礼するよ!!(疾走)


(……赤毛ちゃん……まさか記憶が……?
 ……くそっ、なんでこんな最悪のタイミングで!!)

(格納庫到着)
すみません、ぽややんな教官遅れました!!
(そのままFb-Rのコクピットへ)

49 :NTコ−ス生徒:03/04/19 22:29 ID:???
(仕事をしてる最中に観客の声でフラッグの異変に気が付く)
ん?……あの絵は同じ養成所として恥ずかしいぞ…かなり。
あぁ…懐かしいなあの下手な絵…。そろそろばれるといけないからな…。
(人ごみから出る)

50 :通常の名無しさんの3倍:03/04/19 22:29 ID:???
ついで、サイド6防衛部隊旗機である、巨大なMA・・・・・・GP03デンドロビウム
改が、大空を飛びまわる。およそ空を飛びそうにない巨体が美しく舞うさまは、
まさに圧巻である。
煙のビームを引きながら、デンドロビウムは飛び去った。

51 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/19 22:30 ID:???
>47
(その言葉を聞いて)
・・・くっくっく・・・
いつからそんなにお節介になった?お嬢ちゃん。

・・・でも、ありがとうな。
やっぱり、女の子に心配掛けるなんて、男のする事じゃねえよな・・・


52 :サボリがちな生徒 ◆fHsu/NyJG6 :03/04/19 22:30 ID:???
(クラウダ隊の素晴らしい飛行も見ることなく、トイレに向かって駆けるサボリがちな生徒。
 だが……階段を駆け下りて廊下を曲がった彼は、目の前の光景に硬直する。
 ……大規模イベントの定番、トイレ待ちの人々の作る、気の遠くなるような大行列)

な……な、なんでこんなに………(汗
僕は、僕は……人としての尊厳を守りぬくことができるのか……(滝汗

(少なく見積もっても30分はかかる行列を前に、青年は絶望の余り膝をつく。
 彼の脳裏に、以前聞いたある女性の意味深な言葉が蘇る。
 『あなたがくるのが遅すぎたのよ……』)

53 :赤毛:03/04/19 22:31 ID:???
?!逃げるなんて!言い訳もないってわけ!
男の人がそういうとこ好きだってのはわかるけど・・・・・・
なにも私と旅行してるときに行くことないじゃないの!ばかーーーーーーーー!!!
教官のばかーーーーーーー!!!

54 :戦士候補生:03/04/19 22:32 ID:???
>43
それでこそ、『らしい』んじゃないのかねえ?
隙だらけのようで、そのくせいざ突き崩そうとしてもどうにもならない…
(いつのまにかシェルクラントの後ろの席の肘掛に座っている)
なんか変わったことあった?…まあこれが今んとこ一番変わったことっぽいけど。
(耳元に顔を寄せ、小声で)
『アレ』の動きに耐えれるアクチュエーターのパーツ、都合がついたさね。
あんたの『DRAC』、何とかなりそうさ。


55 :稲妻のクラウダ乗り:03/04/19 22:32 ID:???
(出番も終わりに近づく)
よぉし!これで終わりだ!一層クレイジーに美しく行くぞ!(無茶
 フ ォ ー メ ー シ ョ ン 「 バ ー ド 」 !!
(全機隊長に続き「羽」を広げ、空中で優雅に舞う)

(数分後)
(通信)
おう!教官に生徒ども!あとはメインのおまいらの仕事だよぉん。頑張ってねぇ〜。
(タッチ、ゲートに帰る)

56 :金髪少女:03/04/19 22:35 ID:???
>51
馬鹿…ただ私はあいつが自暴自棄になってる気がしたからあいつの為にしてるだけだからな。
お前にお礼を言われる理由なんてない…。
(妙に目をそらす。)

57 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/19 22:36 ID:???
>54
・・・・気配を消すのが上手くなったな?

・・・・そうか、ご苦労様だ・・・まさか見つかるとはな・・・無茶な注文だった筈だ
・・・専用機の開発は勝手にしろ・・・と言われた時は内心呆れたが・・・施設と技師は用意されているからな・・・
・・・・「DRAC」・・・動き出したな・・・。

58 :名も無い生徒:03/04/19 22:36 ID:???
ようし、行くぞお前ら!!
まだ戦場に出れない俺らでも輝ける場所がるって事を皆に見せつけてやるんだ!!

「「「「オーッ!!」」」」

59 :通常の名無しさんの3倍:03/04/19 22:38 ID:???
何時もはMSの足にされているセイバーフィッシュ改が、フォーメーションを組み、花火を積めたマイクロミサイルをばら撒いていく。
その光景は、花火大会の夜空に酷似している。

60 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/19 22:40 ID:???
>55
(通信)
ご苦労様です♪後は我々がギャラリー様を喜ばせますよ♪
ロイヤルミスト、出る♪
(カタパルトから飛び出しMA特有の加速で大空へ)

61 :NTコ−ス生徒:03/04/19 22:41 ID:???
>46
さてと…分け前は……1…2…3…
!!!…ァァッ!…ああああぁ!!
誰か…誰かがが死んだ…!!…いや!殺された!?
何かが起こるの…か!?何かが!?
(頭を抱えながら格納庫へ走っていく)

62 :戦士候補生:03/04/19 22:46 ID:???
>57
まさか。単に状況の問題さな。
別にそっちをどうにかする気などなかったし、それに、航空ショーに結構熱中してたようだし。
どうしてもベストの時より警戒度は落ちる…ただ、それだけ。
ま、のんびりできるうちはのんびりしとこうや。
(懐から2人分のポップコーンを出し、一つを差し出す。)

63 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/19 22:48 ID:???
>59
負けていられません♪
いっけぇ!♪
(ミサイルラックから閃光弾と色とりどりのスモークミサイルが発射される)
「会場の皆様お手元のバイザーをお掛けください♪派手にいきますよ♪」
(文字通り目も眩む様な火線が迸る)

64 :通常の名無しさんの3倍:03/04/19 22:48 ID:???
「いくぞ、お前ら!養成所防衛部隊の本領みせたれ!」
「・・・・なぁ・・・」
「俺らのガンタンク2改でどうせいと?」
「根性があればできる!うぉぉりゃぁぁ!!」(格納庫から物凄い勢いでホバー走行で出て行く)
「あ、本当に行きやがった・・・・」
「まぁ、俺たち2人はせいぜい肩のレールライフルで花火でも打ち上げるか・・・」

65 :S教官 ◆n5AtJDhVaE :03/04/19 22:50 ID:???
(会場の片隅でスプーン曲げのパフォーマンス中)
こうすれば、はい、スプーンが曲がります!!
(単に指の力で曲げてるだけ)
しかし、壮観だな・・・・・

66 :電話での会話:03/04/19 22:51 ID:???
謎の女
「「バッドカルマ」、そっちは上手くいってるのかい?」

『順調過ぎて怖いくらいや(クチャクチャ)もう9割がた、制圧は終了。
何時でもこい』
謎の女
「そうかい。だったらいいんだ。こっちも姫君の仕込みが終った所さ。お互いの
報酬の折半の件、忘れるんじゃないよ」

『わかっとる。……企業とAEMAの二股膏薬とは、いつもながら食えない女やな
(くちゃくちゃ)』
謎の女
「なあに、どっちも同じ事を望んでたんだ。別に、契約違反したわけじゃないだろう?
ふふふ……ランツクネヒトの手際、見せてもらうよ」

『ああ、金の為なら殺戮も厭わない、がわいらの身上やからな。期待しとけや(くちゃくちゃ)』


67 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/19 22:51 ID:???
>62
む・・・その通りだな(苦笑
・・・折角だしな、貰おうか。
(ポップコーンを受け取る)

>59>63
(バイザーを付ける)
・・・・おめでたい生徒と他の生徒達か・・・流石に腕は良いようだな?


68 :山崎渉:03/04/19 22:53 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

69 :S教官 ◆n5AtJDhVaE :03/04/19 22:58 ID:???
不良っぽい観客「凄いジャンか、おっさん」
普通の観客「いやーたいしたもので」
どうもどうも。お代はそちらの箱に・・・・・
(ショーそっちのけで小遣い稼ぎ)

70 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/19 22:59 ID:???
皆頑張ってるな…………
(赤毛ちゃんの問題はこれが終わってから。今は航空ショーに専念!!)

<通信>:各教官機
皆さん、僕達もそろそろ出番です!
マニュアルに有った通り「デルタ」→「クローバー」→「スパイラル」ですよ!

それでは、ぽややんな教官、Fb-R、僣越ながら先陣切らせて貰いますっ!!

71 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/19 23:02 ID:???
>70
<通信>:各教官機
…了解…こちら物静かな教官だ、準備完了…!
……何時でも行ける………

(カタパルトで発進体勢に)


72 :口下手な教官 ◆NoUAwIr/Jo :03/04/19 23:03 ID:???
>70
……了解…
えっと……Fb-Rの後方で展開…わかった…

口下手な教官…ネオブルー…行ってきます…

(カタパルトから射出される蒼いガンダム、その背中の翼はまだ開かれていない)

73 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/19 23:03 ID:???
>56
それでも、やっぱりありがとうな。
彼女のことを思ってくれる・・・それだけでも俺は嬉しいよ。
>63
ぐわぁぁぁ
目が・・・目がぁぁ・・・!
まあ、ウソだけどな。

74 :整備部門生徒:03/04/19 23:04 ID:???
教官機発進願います!
編隊パフォーマンスを終えた後は各々が魅せて下さい!

75 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/19 23:06 ID:???
>70
こっちもオッケーだよ〜。作戦はバッチシですから。
じゃ、やる気のない教官、トールギスW、いっきま〜す!
(「翼」を畳んだ状態で射出される)

76 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/19 23:09 ID:???
>74
(射出される灰色のグフカスタム、
 Fb-Rを先頭とするA字編隊、その右翼に位置している。
 まだその防御機構は真価を見せておらず、
 正しくそれは砂漠の狩人を思わせる姿をしている。)

77 :海賊娘。 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/19 23:10 ID:???
おお〜〜、あいつら、やるじゃねーか。

ゾック乗り&種馬の娘『だね〜〜』



その頃、宇宙港に一人の男が降り立っていた……

78 :金髪少女:03/04/19 23:11 ID:???
>73
だから…お礼なんていわれる理由は…!
…はぁ…まぁいいや。もう。
……あ、ちょっと行って来る。
(何故か席を立つ。)


79 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/19 23:11 ID:???
(静かにコクピットで座っている男・・・・機体は既に青信号だ)
精神統一・・・良し!紅龍、出番のようだ、逝くぞ!
(スラスターが火を噴くと同時に物凄い速度で一気にコロニーの中心へ)
少々遅れた、すまない、気合で行くぞ!
(他の教官機と合流、その手には模擬戦用の鉄槍とビームフラッグが握られている)

80 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/19 23:15 ID:???
(先陣を切るFb-R。教官機が全部射出したのを確認して
 「クローバー」の体勢に移行する)

それじゃ本日の一発目、「クローバー」行きましょうっ!!

81 :通常の名無しさんの3倍:03/04/19 23:17 ID:???
「すげぇ・・・」
「あれで、なんでいまだにガンタンク支給なんだあいつ・・・」
(その空には、さっきホバー走行で格納庫から出て行ったガンタンク2改がセイバーフィッシュ改の1機と螺旋を描いて飛び回る姿があった)
「あれでゼロ距離射撃マンセーなのがなければ、とっくにヘビーガンぐらいは乗れてるだろうに」
「馬鹿だよ本当に・・・」

82 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/19 23:19 ID:???
>80
了解!
(ぽややんな教官と同じく、「クローバー」へ移行。
 その教官達の連携は、素晴らしい物がある。)

83 :口下手な教官 ◆NoUAwIr/Jo :03/04/19 23:21 ID:???
>82
了解…そうだ
光の翼は…早すぎる?
(話しながらも自分のポジションを完璧に保つ)

84 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/19 23:21 ID:???
>80
了解!
……それにしても、みんな動きいいなぁ……これが全然練習してない人たちの動きかよw
ま、ミーティングさえ出てない俺の言うことじゃないけどw
(ぼやきつつ、完璧な演技。トールギスWの翼は畳まれ、その機動力は半減状態だというのに)

85 :整備兵:03/04/19 23:22 ID:???
(養成所ハンガーにて)
 ガンタンクってなぁ、ああ見えてスラスター推力は高い。短い間だが、
腕さえあればセイバーフィッシュと共演なんてこともできるだろうさ。
「はんちょー、なにひとり言つぶやいてるんですか〜?」
いや……出番が……ないからな……こうでもせんと……(嗚咽)



86 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/19 23:22 ID:???
>80>82
おわぁ…流石は教官殿達ですね♪
(通信:他の生徒さん達)
負けていられませんよね?行きましょうか!我々の本気を今!♪

87 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/19 23:25 ID:???
>80
了解だ!
少しスピードを落とさなければなぁ・・・隊列崩すわけにはいかん。
(クローバーへ移行、取りあえずはマニュアル通りこなす)
さぁて!いくら見世物だといっても全力で取り組む!それが生徒達への模範ともなる!

88 :高句麗 ◆OIZKOUKURI :03/04/19 23:27 ID:???


          |∧_∧  パシャッ
          |・ω【◎】      .∧_∧    パシャッ
          | っ 9      【◎】\) パシャッ
          |―u'        └\ \
. ∧_∧  /               く ̄(
( ´∀【◎】  カシャ!
(つ   9  \       (;・∀・)>>1    \  . ∧_∧
| | |                 カシャ!  【◎】ω・` )⌒っ
(__)_)                   /  しと,.__,.,.._っ
         ∧_∧
          (   )】 パシャッ
         /  /┘   パシャッ
        ノ ̄ゝ


89 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/19 23:27 ID:???
(ぽややん・口下手・やる気無い・物静かな教官が四葉のクローバーを描き
 その中心を熱い教官が通っていく)

<通信>:教官各位
完璧!
それじゃあ最後「スパイラル」いって散開です!!

>83 >84
最後の「スパイラル」、お二人の翼を見せてやってくださいっ♪

90 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/19 23:30 ID:???
>89
おう!逝くぞぉぉぉ!!
(アポジモーターとサイドバーニアで姿勢を整え「スパイラル」へ移行)


91 :サイド6のMS隊長:03/04/19 23:31 ID:???
あれが養成所の教官たちか……聞いた以上に腕がいい。
それにしても、あんなにいろんなMSが……ニナにちゃんと録画データを持ってって
あげないと。
(デンドロビウムが再び出現し、教官の編隊の中央を潜り抜ける
もちろん、教官達の動きを邪魔しないよう、最新の注意を払いながら)

92 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/19 23:31 ID:???
>89
了解。
(手順通り「スパイラル」形態へ移行する。)

93 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/19 23:32 ID:???
>89
待ってました!
口下手な教官、息の合ったところを見せてあげましょう!

(トールギスWが、その背中に背負った二本の筒状の推進器を大きく展開する……
 それは二枚の巨大な鳥の翼の形となって、機体を大きく加速させる。
 そのままスパイラルの姿勢に突入。
 式典用に翼に仕込んだスモークが、鮮やかな朱色の煙を噴出し、大きな螺旋を形作る

94 :海賊娘。 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/19 23:32 ID:???
(>88のマスコミ陣を尻目に)
海賊娘「ああ、喰った喰った」
ゾック娘「ふぅ、お腹いっぱいや」
種馬の娘「体重計、恐いね〜〜」

95 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/19 23:32 ID:???
・・・すげえ・・・
俺もいつか、こんな風に宇宙を飛びてえな・・・
(少年のように純真な目で、少し涙ぐみ、教官達の「ショー」を見ているザク乗り)

96 :口下手な教官 ◆NoUAwIr/Jo :03/04/19 23:32 ID:???
>89
……了解…!!
(編隊から離れる黒と蒼のMS そして蒼のMSはその光の翼を羽ばたかせ、
周りに『光の羽』がひらひらと舞う)

97 :S教官 ◆n5AtJDhVaE :03/04/19 23:33 ID:???
(稼ぎを確認するついでにショーを見て)
おーおー、これはまた凄いものだな。
惜しいかな、この中に私の愛機を割り込ませると一気に美しさが削がれてしまう。
実に哀しい。

98 :口下手な教官 ◆NoUAwIr/Jo :03/04/19 23:39 ID:???
>93
…うん…!
(そのままスパイラルに移行、細い光の翼とスモークが見事な2重螺旋を描く)

99 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/19 23:39 ID:???
(熱い教官を先頭にぽややん・物静か、口下手・やる気無い教官がくるくると飛び回る。
 後ろ二人の「翼」と相まって天使が飛んでる様に見えなくもない)

<通信>:教官各位
ここから散開して各自自由演技です!
たまには戦闘以外でMSを暴れさせてあげましょっ!!
では、僕は後で個人演技があるので失礼っ!!

(散開する教官達。Fb-Rはそのまま格納庫へ直行する)

100 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :03/04/19 23:40 ID:???
(貴賓席で、教官たちの演技を見ている)
すごいですねぇ♪ こうやって見ると、あの方々の基礎技術の高さが実感できますね☆

……どうです? 彼らの実力、実感できましたかぁ?
これを見ても「学校ゴッコなどに出資する価値はない!」なんて言えますかぁ?

(悪戯っぽい笑顔で、傍にいるサイド6の投資家の顔色を伺う。
 先日女伯爵の申し出を断ってしまった投資家は、バツの悪そうな顔で頭をかく)

101 :稲妻のクラウダ乗りとその部下:03/04/19 23:41 ID:???
(控え室で寛いでいる)
ふぅおまいらお疲れ。
「はぁ〜隊長・・・完璧でしたよね?」
まぁ見る人によって変わる罠?
「でも自分らは力を出し切りましたからそれで満足です。」
うんそうだね、それより見てみろ教官達を。良い感じじゃん?
(モニターを見るように促す)
「おお・・・綺麗ですね航空ショー・・・コアブースター隊の頃を思い出します」
うーん俺もセイバーフィッシュからだったなぁ・・・懐い。

102 :金髪少女(偽装):03/04/19 23:42 ID:???
(サングラス着用、服も変え、髪の色も染めておく。)
これでよし…と。
(元も道を戻ろうと道を戻っていく)

103 :???:03/04/19 23:43 ID:???
(金髪生徒に近付きながら)オーブの皇女・・・国でちやほやされていればいいものを、
色香で彼を惑わして・・・許せない。彼の心を縛りつける存在・・・・・・


104 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/19 23:47 ID:???
>99
OK、了解だ――!
(急制動、散開)
・・・とくと見よ!そして目蓋に焼き付けることだ!これが俺の槍術だ!
はぁぁぁぁぁぁっ!!!
(鉄槍を掲げ様々なパフォーマンスを繰り出す)

105 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/19 23:48 ID:???
>99
了解しました…
(何気に撤退が見苦しくならないように補佐)

……さぁ…行くぞ…『グレイ』…『シルフィード』…!
(隊列から離脱する途中、二刀を抜刀し、スラスターを吹かす。
 その防御機構もその力をやや解放し…
 機体が消えたり見えたりする状態となる)

………!
(高機動パフォーマンス開始、ヒートロッドを巧みに操り。
 ヒートソードによる鮮やかな剣舞。
 様々な技を披露しながら観客を魅了する)

106 :金髪少女(偽装):03/04/19 23:48 ID:???
>103
(偶然つけられている事に気がつく。)
…ん…?
(返送してすぐばれるとは思えないけど…。)
(振り向く)

107 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/19 23:51 ID:???
>99
了解!
じゃぁ……いくぞ、口下手な教官!
(スパイラルの体勢を解き、ペアになっていた二機が空中で向き合って停止する……
 そしてバズーカを構えると、相手に向かって発射する!
 ……飛び出した弾丸は、派手な花火の尾を引いて飛んでいく)

108 :???:03/04/19 23:53 ID:???
>106
 泥棒猫って言葉を知ってる?
 ずいぶんアスと仲がいいみたいだけど……貴方のせいで彼は……記憶を取り戻せない
のよ!わたしの彼を……返して!!
(片手でバタフライナイフを開くと、突きかかる。目は憎悪に燃えていた)

109 :口下手な教官 ◆NoUAwIr/Jo :03/04/19 23:56 ID:???
>107
…わかった…
…行くよ…やる気の無い教官…
(翼をゆっくりとはためかせ、バズーカを避けて模擬戦用のBSを抜き)
(横に一回転してきりつける)

110 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/19 23:56 ID:???
拙い〜♪
当然といえば当然ですけど
 教 官 殿 達 に 圧 倒 さ れ て い る ! ♪

えぇ〜い!ノイエ、解放!♪
(機体下方から巨大な腕が伸びる)
ほぉらインパクトなら負けませんよ♪
(有線でビヨンビヨーンやってる)

111 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/19 23:59 ID:???
>109
おうっ! 俺らの技術、見てもらおう!
(シールドで防御した後、バズーカを背部ラックに収めてビームサーベル抜刀)
(そのまま、口下手な教官と、空間を三次元的に利用した高度な空中格闘戦を演じる)
(見かけだけ派手に設定したサーベルが二人の『踊り』を照らしだす)

112 :金髪少女(偽装):03/04/20 00:00 ID:???
>108
……え…?一体…どういう…事だ?ぐっ…!
(例の装置起動。攻撃はモロに喰らうが、ショルダーガードをつけていたのが功を奏し無傷。
ただタックルは喰らう為壁に叩きつけられる。)

113 :???:03/04/20 00:04 ID:???
>112
 わかっているくせに・・・白々しい事を言うな!あいつがお前に向ける笑顔・・・
あんな顔、私も見た事ないのに!お前だって・・・奴に対して向ける、あの表情は
なんだ!他の男に向けるそれと、彼に向けるそれは、違うじゃない!
(倒れた金髪に馬乗りになり、咽喉笛目掛けてナイフを振り下ろそうとする)

114 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 00:07 ID:???
>109>111
なにもこんな大観衆の前で痴話喧嘩しないでも・・・(違う)
やはり、あの夜の出来事のせいか?
>110
おお、やるなあ。おめでたのやつ・・・
そういや、「ドズル」はアイツに預けたままだったっけ・・・
まさか、振りまわしゃしねえだろうな。
あのパワー、慣れてねえとこっちが振り回されるぜ。


115 :少年風の女生徒:03/04/20 00:08 ID:???
>113
(鳴り響く銃声、神速の早撃ちにより放たれた弾丸は、ナイフへと吸い込まれていく)
ストップ…そのくらいにしといてね
(微笑みながら銃を向ける、ちなみに銃声は外の騒音でほとんど聞こえていない)

116 :山崎渉:03/04/20 00:09 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

117 :物静かな教官… ◆DkiyhL22xI :03/04/20 00:10 ID:???
(突如、射撃兵装及び特殊防御機構を廃棄する。
 残ったのは二本のヒートロッドに二振りのソード、
 ガトリングを廃棄したシールドだけである)

>104
………勝負…全ては魅せる為……
……行きますよ……!
(最高速で急接近する)

118 :金髪少女:03/04/20 00:10 ID:???
>113 >115
だから何の事…や…めろ…きゃぁぁぁぁ!
(悲鳴をあげるが騒音にかき消される。)
…え…?一体……?
(取りあえず、ポケットに携帯していた武器に手を伸ばす。)

119 :???:03/04/20 00:11 ID:???
>115
 !?(折れたナイフを一瞬見やり、投げ捨てる。金髪少女の上から飛びのくと、
手追いの獣のような目で少年風の生徒をにらみつける)
 邪魔するな……お前には関わりのないことだろうに!

120 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 00:13 ID:???
>117
ん・・・・物静かな教官殿?
(気配で察する)
そういう事か・・・受けて立つぞグレイ・ヴィクトリア!
(模擬戦グレイヴを展開、構えを採る)

121 :少年風の女生徒:03/04/20 00:15 ID:???
>119
邪魔じゃないよ、お姫様を、僕のトモダチを助けに来ただけさ
こんなお祭りの中でそんな物騒なことしなくても良いのにねぇ
(セラセラと笑いながらも、銃を向け続ける)

122 :白狼:03/04/20 00:15 ID:???
(オフィスで一人、窓の外の景色を見ている。その表情には、不安の陰が色濃く
現れている)
 ミネバ様からの連絡はまだか・・・カイテルの報告から、もうずいぶんたつと
言うのに。とうの昔に到着してもよいはずだ・・・何があった・・・
(一人疑問を呟くが、彼に答える者は誰もいない・・・)

123 :???:03/04/20 00:17 ID:???
>121
 こんな群集の中で、うかつに発砲はできないはずでしょ?
 覚えてなさい……その女も、邪魔したお前も、いずれ……殺す!
(雑踏の中に飛びこみ、姿をくらます)

124 :グレイ・ヴィクトリア ◆DkiyhL22xI :03/04/20 00:17 ID:???
>120
…別に黒い物は無いですよ……
……ただ……
…押し通る…!
(模擬戦ヒートソードにて一閃)


125 :金髪少女:03/04/20 00:18 ID:???
>119 >121
……一体…何故…?
(恐怖で怒る気力は薄らいでいる。茫然自失)

126 :少年風の女生徒:03/04/20 00:20 ID:???
>123
じゃあまたね、まぁ何度も会いたくは無いけど
それに僕はどんな状況でも撃つよ…彼女を護るためならね…そして
殺されるのは君のほうだ、2度目は…無いよ!

>125
さてと…立てるかな?
(手を差し出す)

127 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 00:20 ID:???
>124
(グレイヴで一閃を抑える)
・・・くゥ・・・重い一撃は相変わらず・・・そして早い!
だがな!(一気に弾き上げる)
これならどうだ!(上空で槍を回転、一気に振り下ろす)

128 :金髪少女(偽装):03/04/20 00:22 ID:???
>126
ああ…。助かったよ…。
(そのまま立ち上がる。)
… で も! そのお姫様って呼び方は止めてくれ。
何の為にわざわざ変装したりしてるのかわかったもんじゃないじゃないか。
それにしても…さっきのは…。

129 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 00:23 ID:???
(なぜか暗がりからコソコソ出てくるザク乗り)
何だってんだ・・・
なんで、トイレがあんなに混んでる?
あんな所で並んでられるかってんだ・・・


130 :混線の世界でも・・・:03/04/20 00:24 ID:???
あそこを歩いてるのはヒイロか。おーいヒイロ。
「なんだ、トロワか。サーカスのほうはいいのか?」
嗚呼、慰安旅行で航空ショーを見に来ている。マリーメイアとキャスリンも一緒だ。
「俺は、はじるすオンリーイベントでな・・・というのは表向きで本当はリリーナの護衛だ」
「おや、ヒイロにトロワじゃないか?」
「む、貴様らなぜここに!?」
ゼクスに五飛・・・?
「私は吉野家の店長研修だ」「俺はサリィの付添いだ。荷物持ちだがな」
旅行先でこのメンバーが集まるとは世の中狭いな。
「よぉ、こんなところで遭うとは奇遇だなぁ」
DI・・・・もとい、デュオ。せいぜいヒルデと航空ショーでも見に来たんだろう。
「はは、当たりだ」
まてよ、と言うことは・・・、まさか、あのホモも来てるのか?!
まさかな、いくらなんでもそこまで偶然が・・・。
「生ませろぉぉぉ!」
やっぱりいたか。
次の瞬間、DI・・・デュオがスタンドで時間を止め、その隙に俺がドラえもんシールでホモを撃退した。
次の日、市街地の廃ビルが突如爆発し、瓦礫の中から少年の遺体が発見されたが俺たちは知らない。


131 :グレイ・ヴィクトリア ◆DkiyhL22xI :03/04/20 00:25 ID:???
>127
…やはり…この程度では無理か…流石は教官……
…次…重いのが…来る…!

(左腕のシールドで防御した所ですぐにシールドを戻す、
 その後直ぐに右手のソードが振られる)

(その二組の教官達の「演舞」に夢中になる観客達。)

132 :サボリがちな生徒 ◆fHsu/NyJG6 :03/04/20 00:29 ID:???
(トイレの前の大行列の中で。油汗をかきながら足踏みを続ける青年が一人)

……やらせはせん、やらせはせんぞ〜(力ない声
ええい、たった三人のドムが12分も! 連邦のMSはバカモンかぁ〜(泣 
うう〜、教官たちの演舞、見たかったのにぃ〜

133 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 00:30 ID:???
>131
・・・!
(避けられないと思われた斬撃に龍の頭が喰らいつく)
・・・どうやら負けることは許されないらしい、こいつ等が言うことを聞いてくれなくなりそうだ。
助かったぞ、四頭龍、「演舞」は之からだ!!
(四頭龍が予測のできない軌道を描きながらバーストに喰らいかかる!)

134 :首相:03/04/20 00:32 ID:???
首相
「予想以上の腕をしている……彼女が運営するだけあって、教官も生徒も一流以上の
腕を持っているようだね」
補佐官
「ええ、全くです」

135 :S教官 ◆n5AtJDhVaE :03/04/20 00:32 ID:???
>132
何を遊んでいるのかね?
そうそう、そんな君にいいものがあるのだが。
このビデオテープに、君が見たがっているものが録画されているぞ。途中までだが。
どうするかね?

136 :…武者……?:03/04/20 00:34 ID:???
(観覧席で、その演舞を見つめる一人の中年男。)

…良い腕だ…
「どうですか?ノリス…」
おぉアイナ様…ご覧下さい…彼達は己の目的の為、
必死になって努力しています、立派です…!
「フフフ…やっぱり…ノリスならきっとそう言うと思ったわ…」
…は…自分がですか……?
……アイナ様にそこまで気にかけて頂けるとは…光栄です…!

(そのままショーを見ている一人の中年男と、
 一人の美女。)

137 :電波気味の少女:03/04/20 00:34 ID:???
……(ショーを見ている)

@ 以下脳内妄想 @
ザクレロで出る → カッコイイ所を見せれる → ザクレロ人気 → 最強(?)
@ 以上脳内妄想 @

私も、出よう……
(>128金髪少女を見つける)
……何してるの?
大統領の暗殺計画?

138 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 00:34 ID:???
>128
(偶然そばを通りかかって)
あれ?どうしたんですか?
・・・なんか、殺気が残っているような・・・?

139 :少年風の女生徒:03/04/20 00:35 ID:???
>128
さあ?
僕は途中から来たしね
……でも彼女だいぶ怒ってたよ、いや僕もだけど
さて戻ろうかフロイライン?
(いたずらっぽく微笑み養成所の席へと戻っていく)

140 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/20 00:35 ID:???
(熱い教官と物静かな教官の演舞を見下ろしながら)

あっちも頑張ってるな〜w っていうか、二人で演舞するって予定なかったんじゃ?
よーし、こっちも負けてられん!

(さらにギアを上げ、高速で飛び回りながら切り結ぶ二機。
 その二人の機体制御の技術の高さは、MSに乗る者たちなら一目でわかるはずだ)

141 :金髪少女:03/04/20 00:37 ID:???
>137
…ちょっと襲われただけさ…。

>138
……又襲われたのさ…。それにしても3日連続でこんな目に…。くそっ…!
(微妙に目の端から涙が毀れる。)

142 :サイド6のMS隊長:03/04/20 00:38 ID:???
>140の風景を、監視ポジションから眺めつつ)

流石だね・・・・・・あれだけの機動をする為には、機体の特性を完全に把握する必要が
ある……今度、機会があったらいろいろ聞きたいな。

143 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 00:39 ID:???
>141
なんですって!!それも三日連続!?
そんな状況下でなんだって一人で出歩いたんです!?

144 :紫髪のキャバ嬢:03/04/20 00:39 ID:???
>140
・・・あの人が・・・
美しいわね。あの動き・・・
そして、あの蒼いモビルスーツ。
息が合っている・・・おそらく乗っているのは女・・・
恋人・・・?ちょっと悔しいね・・・

・・・あ、お店戻らなくちゃ!

145 :少年風の女生徒:03/04/20 00:39 ID:???
>138
ああ、君か
一体何処に行ってたんだい?
いやいいけどね、詳しくは彼女に聞いてよ
………ていうか…仮にも彼女の恋人なんだろ?
(満面の笑顔と小声で)
護ってくれなきゃ……殺すよ?
(笑顔のまま、強烈なプレッシャーを乗せてにらむ)

146 :自称17歳の少尉:03/04/20 00:39 ID:???
(何時の間にか格納庫に移動している)

さて・・・。
また誰か機体壊すだろうから回収の準備しとくか・・・。


147 :電波気味の少女:03/04/20 00:40 ID:???
>141
……ブォン、ドドドドドド……(チェーンソー
何処?

148 :整備部門生徒:03/04/20 00:41 ID:???
>146
手伝い・・・ますよ?
(解りきった表情だ)

149 :金髪少女:03/04/20 00:42 ID:???
>143
(小声)
よくよく考えたら危険だと思ったから誰もいないところ探して手軽に変装したんだけどな。
それでもダメだったみたいでな…。

150 :グレイ・ヴィクトリア ◆DkiyhL22xI :03/04/20 00:43 ID:???
>133
…なるほど…お互い負けられない訳か……
……ならば…全てを軍神の定める運命に委ねるのも…良いか…!

(何とかかわすが、シールドの一部が破壊される。
 四頭龍がそれを破壊するかしないかの内に
 右腕のロッドが四頭龍を絡め取ろうとする、電撃を流す気だ。
 その時、又しても左腕のソードを振ろうとする)

151 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :03/04/20 00:43 ID:???
>146
(一緒にいる)
だな…つうか俺弐式持ってきてねぇんだけど…他のMSあんのか?

152 :NTコ−ス生徒:03/04/20 00:44 ID:???
>145
(量産型キュベレイのコクピットで外を見ている)
すげぇなぁ…教官達…
…!!!
…な、なんて殺気だ!!何か…何か起こるのか?

153 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 00:45 ID:???
>145
(まっすぐ目を見据えて小声で)
・・・言われなくたって・・・。
あなたには殺されるわけにはいきませんからねぇ。

>149
そういう時は言って下さいよ。
どこへだろうと、ついて行きますから。

154 :自称17歳の少尉:03/04/20 00:46 ID:???
>151
なら、キンポウゲに乗るか?
俺はこっちに来てる会社の連中からゾヌ借りてくるよ。

155 :金髪少女:03/04/20 00:47 ID:???
>147
…もう逃げたよ…。

>153
……無茶言うな…。着替えもしなきゃならないのに…。

156 :電波気味の少女:03/04/20 00:49 ID:???
>155
……!!
バギギギギギギギ!(壁にチェーンソーを無理やり突き刺す

……あ、そうだ。
ショー、出ない……?
(>153.回避命にも同時に声を掛ける)

157 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 00:50 ID:???
>150
そういう事になるな・・・故に!
(二頭の龍の口が開かれる)
本気で掛かって来い!
   『 閃 光 壁 ! ! 』
(ビームキャノンの代わりに仕掛けられた大出力のライトが光り、目を眩ます)
まだまだ!(閃光処理をした上で既にグレイヴを上空で回し、攻撃態勢を取っている)
こんな姑息な手でやられるなよ!!

158 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :03/04/20 00:51 ID:???
>154
キンポウゲ…ああ、FAザクか
おっけ、でも機体壊すまでは出番ねぇだろ?

159 :サイド6のMS隊長:03/04/20 00:52 ID:???
「ショーに出演したがっている生徒がいるようです。機体を持って来れなかったようですが、
機体の供与の許可、願えませんか?」
「了解。予備の機体を彼らに供与するとしよう。オーバー」
「ありがとうございます!」

160 :少年風の女生徒:03/04/20 00:52 ID:???
>153
なら良かった
それじゃあ僕は別の用事があるからここで…
任せたよ〜
(その場から去っていく)

161 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 00:53 ID:???
>155
そういうことを言ってるんじゃないです。
ここは養成所のコロニーとは違う、中立とはいえ危険な場所なんです。
誰かが一緒にいればまだいいでしょうけど、都合が合わないときは私を呼んでください。
次からは必ず・・・護りますから。

>156
後で・・・行きます。

162 :海賊娘。 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 00:54 ID:???
三人娘がショーに見とれているころ……

……一人の男がまた同じ様にショーを見ていた……

……動かぬ身体に鞭を打ち、彼はそのために長旅をしてきたのだ……

『私も何時の日か、再びあのように飛べるのであろうか……』

163 :自称17歳の少尉:03/04/20 00:54 ID:???
>158
さっき、ガンタンクが飛んでただろ?
ほら。
(空の一角を指差す)
どうやら、オーバーヒートさせて帰って来れないみたいだな。
(そこには、白旗を振りながら回収班を待つガンタンク2改の姿があった)


164 :グレイ・ヴィクトリア ◆DkiyhL22xI :03/04/20 00:55 ID:???
>157
……当然……!
(閃光処理を行い、異状は無い物の、何故か目を閉じている)

………ここまで来れば…行ける所まで…行きますよ…!
(二本のソードを構え直し、シールドでグレイブを防ぐ。
 最早あと二回持てば良い方だろう。
 …だが…気を読む体勢に移行したようである)

………俺の力…試してみようじゃないか……!
(フルスロットルで突貫)

165 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :03/04/20 00:55 ID:???
>163
あ、アレか
んじゃま、回収行くか?

166 :金髪少女:03/04/20 00:56 ID:???
>156
ああ…もうすこししたら行くよ。

>161
(小声)
養成所も名目は中立コロニーだぞ。まぁ…ここはあそことは違うのは百も承知だからこそ
わざわざ武器持ち込んでたんだけど…裏工作の為にほとんどの武器コロニーから出しちゃってな。
それで今あいつも居ないから変装しようと思ってたんだけど…次からは気をつけるよ。

167 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 00:57 ID:???
>157
ぐわぁぁぁ!
目が・・・目がぁぁぁ・・・!
(今度はマジ)
前が見えん・・・
(手探りで歩くが、壁に激突。そのままひっくり返る)
・・・なんだ、この気分・・・

168 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 00:59 ID:???
>164
来るか疾風!バックブースト!間に合うか!?
(バックで急加速、それなりのGが襲うが慣れっこだ)
何・・・追いつかれる!!レンジ内、インファイトに持ち込む気か!?
しかし、でやぁぁぁッ!
(グレイヴを前に突き出して両刀を防ごうとする)

169 :自称17歳の少尉:03/04/20 00:59 ID:???
>165
OK
それじゃ行こうか。
(何時の間にか格納庫に搬入されてるGゾヌに飛び乗り、外に出て行く)


170 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 01:00 ID:???
>166
これを・・・身に付けていてくれませんか?
(懐から小さな箱を取り出す)
お守りと言うか、気休めですけど。
(箱の中身は金色のプレートにシルバーのチェーンがついたブレスレット。
プレートの裏部分には金髪少女の名前が彫ってある)

171 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :03/04/20 01:02 ID:???
>169
了解
行くぜ
(キンポウゲを装備したザクUに乗り込み、Gゾヌを追う)

172 :電波気味の少女:03/04/20 01:03 ID:???
>161 >166
ん、じゃ先に逝ってる……
(歩いていく途中でふと振り返り、>170が目に付く)
……フーン(走り出す)

173 :グレイ・ヴィクトリア ◆DkiyhL22xI :03/04/20 01:07 ID:???
>168
………ッ!
(グレイブのリーチの手前でいきなり停止、
 パイロットには尋常では無い負担がかかるが…動じない。
 そしてスラスターを最大出力で噴かし宙返りの様な
 動きをし、相手の頭部付近をソードで破壊しようとする)

(が、反射的に突き出されたグレイブが脚を掠める。
 判定により、左足が使えなくなる。)

174 :金髪少女:03/04/20 01:07 ID:???
>170
偽装との都合もあるし、私…装飾品類好きなほうじゃないから
ずっとつけてはいないと思うけど…それでもいいなら…わかった。
(小声)
後…ここ数日お前の顔見なかったから心配だったけど…安心したよ…。
これは私からのお礼だ。(何故かそれ一つで充電も可能な強力なスタンスティック。)
お前の場合は銃器よりもこっちの方が使えそうだしな。それに…お前に死なれちゃ困るし…。

175 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 01:10 ID:???
>174
まあ、貴女の持っているものと比べれば大した価値も無いでしょうけど・・・。
少なくとも持ち歩いてくれさえすればいいです。
(小声)
すいませんねぇ、ちょっと探し物をしていまして。
久しぶりに会えて、私も嬉しいですよ。
これは・・・ありがたく使わせてもらいます。
死にませんよ・・・貴女が生きているうちは。

176 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 01:12 ID:???
>173
長引くと危うい・・・特に俺がな・・・!
紅龍、70%だ、今の俺の限界で勝負に出る!
(X時スラスターのノズルが広がり、機体に溜まった熱が蒸気となって発散される)
行くぞグレイ・ヴィクトリア!
(最大加速で踏み込み、一閃を繰り出す)

177 :口下手な教官 ◆NoUAwIr/Jo :03/04/20 01:16 ID:???
(切り結ばれるBS、しかし一撃、本当に一撃だけがネオブルーの腹部に当たる)
……ごめん…止まりそう……
(謝ると演舞場を離れていく)

178 :金髪少女:03/04/20 01:17 ID:???
>175
……装飾品類は殆ど持ってきてないさ。
それに、こういうのは価値より気持ちだろ。
(小声)
別に気にすることはないさ。ボディガードじゃあるまいし。

…そろそろ…ショーにいくか?

179 :S教官 ◆n5AtJDhVaE :03/04/20 01:18 ID:???
(結局サボリがちな生徒に断られ、そのまま観客席へ。その途中、>156の傷跡を発見)
・・・・・・・斬ったり砕いたりではないな。抉り斬ったと言ったところか。
何かあったのか・・・・・?
(大して気にせずに、柄の悪い若者を睨み付けて席を空けさせる)
しかし大したものだな・・・・

180 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 01:18 ID:???
>178
そうですね、FALSEの初お目見えと行きますか。
(格納庫へと)

181 :グレイ・ヴィクトリア ◆DkiyhL22xI :03/04/20 01:20 ID:???
>176
…受ける…負けん……!
「シルフィード」……制御回路…2番解放…危険だが…やる…!

(こちらも最大速度で一閃……
 次の瞬間、お互いにコクピットに命中した事を現す
 電子音がコクピットに響く。)

……これは…引き分け…か……?
…………フゥ……


…帰りますか…教官…。
…先行します…!

(観客から盛大な拍手、煙幕の中で
 颯爽と格納庫へ帰って行く灰色のグフカスタム)

182 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 01:20 ID:???
>177
口下手な教官機がリタイアかぁ・・・。
(物静かな教官と熱い教官の戦いを見て)
あの二人もそろそろかな?

183 :首相:03/04/20 01:21 ID:???
首相
「そういえば、今日はゲストを招いているんだったね?企業としては不本意だろうけど、
企業のイメージばかり高まっては、政局に触る」
補佐官
「現在、彼らは客席で試合を観覧している模様です。代表者には連絡を既にとってあ
りますので。しかし、出演は自由意思ですから、果たして出演してくれるかどうか・・・…」
首相
「別に構わないさ。念の為の布石にすぎないんだから」
補佐官
「承知しました。『助教』となのる男に、出演の許可の件を話しておくことにします』

184 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/20 01:22 ID:???
>177
(うっかりぶつかってしまったビームサーベルに、慌てる教官)

うわ! や、やっちゃった!
……よし、じゃぁ送っていくよ………

(ビームサーベルを収めると、トールギスWはネオブルーを抱える。
 そして、演技の一環の曲芸飛行にみせかけつつ、ネオブルーを演舞場から運び出す。
 トールギスWも一緒に演舞場を離れる)

185 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 01:23 ID:???
>181
・・・・まさかな・・・引き分けに持って行けれたとは。

ああ、魅せる闘いが出来た筈だ、手合わせ、感謝するよ。
(拍手に満たされながらゲートに戻っていく)
紅龍、お前の真の実力を発揮させるためにも・・・俺は強くなる。

186 :電波気味の少女:03/04/20 01:23 ID:???
……えーっと、ここにコンテナミサイルを搭載して、と……
えっと、これでパージできりょね?

……Iサーカス…うふふふふふふ(壊

187 :金髪少女:03/04/20 01:24 ID:???
>180
…だな。やっと怪我も治ったことだし。
(そのまま格納庫へ向かう。)

188 :整備部門生徒:03/04/20 01:26 ID:???
教官殿達お疲れ様ですね、感動しました!(敬礼

「機体をハンガーに!フレームの損傷チェックですよ!」

さぁ、第二ラウンドの開始ですね?
生徒の皆さん準備はOK?

189 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 01:26 ID:???
>187
本当に治ってるんでしょうねぇ?
(疑いの眼差し)

ネロとFALSE、いけますか?

190 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 01:27 ID:???
>188
忙しくなりますね!
さ〜て、やるぞぉ〜!
(腕まくりして、帽子を後ろ向きに被りなおす)

191 :整備部門生徒:03/04/20 01:29 ID:???
>190
はは、助手さんが本当に頼もしい限りですね。
ではやりましょうか!

192 :金髪少女:03/04/20 01:31 ID:???
>189
治ってなかったら今頃あいつによって養成所に送られてたさ。

…スカグラ…出れるか?

193 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 01:31 ID:???
>188
(ハンガーに入り、コクピットから一気に飛び降りる。)

…ああ…いきなりで申し訳無い……


(「相棒」を見上げ、子声で)
…これで…コイツと戦うのも最後になるかもな……
……整備の方々には…悪い事をしたな……

…相棒……又…頼むぞ…!

(格納庫脇の休憩室に入って行く、
 その手には一枚のデータディスクが握られている)

194 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 01:34 ID:???
(収納したFb-Rのコクピット内にて)
関節……スラスター…………各部異常無し……あまり激しくしてないから当然かな……
この後は生徒の皆の披露か……頑張ってね〜♪



……赤毛ちゃん……急にスタンガンを投げつけてくるなんて……
(そのまま黙り込んでシートに沈み込む。
 今は目前のエキシビジョンに集中しなければならないから……)

195 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 01:37 ID:???
>189>192
もちろん!わたし達の仕事は完璧だよっ!

>193>194
お疲れ様ですっ!教官殿っ!!

196 :サボリがちな生徒 ◆fHsu/NyJG6 :03/04/20 01:40 ID:???
(ようやく小さな個室に入ることができ、ほっとするサボリがちな生徒)

……ふぅぅ。あと30秒遅ければ全てが終わるところだった………。
そういえば、さっきS教官が話し掛けてきたけど、何だったんだろう?
意識朦朧としてよくわかんなかった……。

……さ、いつまでもこうしてはいられないな。
外にはさっきまでの僕と同じ境遇の人たちが待ってるんだから……!
さて、紙は……っと…………。
…………?
………………ま、まさか!?
…………………… 紙 が な い ぃ ! ?

……どないせぇっちゅうねん(涙

(新たな地獄に叩き落された青年の涙をよそに、
 待ちきれない人々による荒々しいノックの音が、狭い個室に響き渡る……)

197 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 01:41 ID:???
>195
(ワイヤーを伝って降りてくる)
すまないがフィールドモーター中心に負荷がかかっている可能性がある、
紅龍を頼めるか?こいつは俺の相棒だからな・・・。

198 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 01:42 ID:???
>197
え・・・?わたしがやって良いんですか?
解りました!全身全霊を込めてやりますっ!!

199 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :03/04/20 01:43 ID:???
(ガンタンク2改を回収し、格納庫に戻り、ザクUから下りる)
ふー、流石にベースはザクUだし、さすがにおもてぇな…

200 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 01:44 ID:???
>198
ん・・ああ頼んだ。
にしてもその気合や良し!安心して紅龍を頼めるってもんだ!(豪快笑

201 :整備部門生徒:03/04/20 01:46 ID:???
>199
お疲れ様ですね、後は私が運びますので。
(作業用ジェガン、「ワリキュリアス」に乗って話し掛ける)

202 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 01:46 ID:???
>195
解りました。
では・・・行きますかね!
(ネロに乗り込む)
FALSEとのリンクは・・・問題なし。
さあ、養成所の恥にならないように、頑張りませんと!
(ネロonFALSE出撃)

203 :Fb−r モニター:03/04/20 01:48 ID:???
メールがとどいています

内容:教官のことだから、また一人でうじうじ悩んでるんじゃないかって思って
メールしました。昨日の事を許したわけじゃないですけど、変に考え事しながら
操縦して事故でも起こされたら、養成所のみんなも迷惑するだろうし。
 さっきは、感情的になりすぎて、いきなりスタンガンなんか投げつけちゃって
ごめんなさい。その事だけは謝ります。
 ひとまず、話は後。いまは航空ショーに専念して下さい。客席から見守ってます。

まだちょっと起ってる赤毛より。

204 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 01:55 ID:???
(傭兵用のMS倉庫にて 愛機、ガンダムシュラーゲンに乗り込む)
システムオールグリーン…問題なし…か
しかしまさか自分以外の傭兵がでないとはな…まぁいいさ
では…アス、じゃないキラ・ヤマト!!出るぞ!!
(ガンダムシュラーゲン ABCマントを装備し出撃

205 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 01:56 ID:???
(麻酔から目覚めて早数時間)

(コソーリコソーリ)
これでOKッスね?
(背部スクリューを大型バックパックに換装したズゴックがゲートに手を掛ける)
おお・・・観客イパーイ・・・

206 :山崎渉:03/04/20 01:57 ID:???
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

207 :ウグイス嬢:03/04/20 02:02 ID:???
それでは次のプログラム、「養成所VSAEMA、混成バトルロイヤル地獄の決戦30分一本勝負」
を行います。各パイロットは、入場ゲートから戦闘エリアに進入して下さい。

208 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 02:03 ID:???
(大型のビームキャノンを2基装備された機体に乗り込んでいる)
・・・・どういった経緯でショーに出ることになったのかは知らんが・・・
・・・・まさかシュイヴァンが届いているとは・・・テストも兼ねているだろうな・・・。
・・・・そろそろか。
・・・・火気管制異常無し、駆動系クリア、ロックボルト解除、位置に着く。

209 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 02:04 ID:???
>203
(暫し呆然としてモニターを眺めている。その目から涙がこぼれかけたところで我に帰る)
あはっ……あははっ……なんだ、何がなんだかよく分からないけどよ〜く分かったよ。
要するにすれ違って赤毛ちゃんがいつもの様に誤解してただけなんだ……
なんだよ赤毛ちゃん……僕はそこまで集中力に欠けた人間じゃ……
人間じゃ……な、ない、んだか、あ、やば…………
(声を押し殺して涙を流しだすぽややん)
……良かった……本当に良かった……僕はまだ……彼女のそばに居て良いんだ……


(涙を拭って通信を開く)
<通信>:生徒達
さぁ、そろそろ君達の見せ所だよ。
ここでちゃんと日頃の成果を出せなかった生徒にはぁ……これはちょっとヒミツかな。
とりあえず覚悟だけはしておいてね〜

210 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 02:05 ID:???
>207
よぉし出ッスよ!ズゴック・ブルーストリーム!
(ガッションガッション・・・・・ゴォォォッ・・・・シュバ!)
(スラスタージャンプでエリア内へ)

211 :助教授:03/04/20 02:05 ID:???
>208
 そこらへんは政治的事情って奴。俺ら下っ端の考える事じゃないよ。
 ま、実戦じゃないんだから、古巣の連中に再会の挨拶でもするつもりで
気軽にやってね。

212 :電波気味の少女:03/04/20 02:05 ID:???
>207
ん……了解。
コンテナミサイル搭載型ザクレロ、出ます。

213 :金髪少女:03/04/20 02:06 ID:???
>207
…さーて、行くか。
スカグラツヴァイ、出る!
(出撃。)

214 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 02:06 ID:???
>207
養成所VSAEMAだと…?
ちょっと待ってくれ! 僕は…
……仕方ないな…とりあえず様子見だ

215 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 02:06 ID:???
>209
<通信>
了解です。精一杯頑張らせてもらいます。

さあ、まずは誰からですかねぇ?
(センサー最大半径で索敵開始)

216 :赤毛:03/04/20 02:09 ID:???
……聞きたい事もあるし。うん、行こう。ぽややん教官、誤解しなきゃいいけど……
整備の人、コヨーテ出るよ。
(機体起動。しかし、養成所側ではなく何故かAEMA側のゲートから入場する)

217 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 02:10 ID:???
>211
フ・・・・そうだな・・・それは今の俺の仕事ではない・・・
・・・・では奴等の感触を味わってこようか。

・・・ヴァイエイト・シュイヴァン、シェルクラント、出るぞ!
(カタパルトから解き放たれ『戦場』へと赴く)

218 :戦士候補生:03/04/20 02:10 ID:???
(メリクリウス・シュイヴァンに乗っている)
>208
「バトルロイヤル地獄の決戦」って…ちょっと泥臭いネーミングだよねえ。
で、どうする?
二人で組む?それともばらばらで戦る?
それにしても、こうやってまた『彼等』と殺しぬきで戦えるとは思わなかったさな。
…『彼』はくるかな?

219 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 02:10 ID:???
>215
『ミエル、ワタシニモテキガミエルゾ!!』
うるさいぞ、ハロ…少しは静かに…?
敵…か…?
(ネロにビームライフルを向ける)

220 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 02:13 ID:???
>218
・・・・さぁな・・・俺には解からん・・・が・・・このチャンスを楽しむだけだ。
・・・・出方を伺って臨機応変だ。お前の策にも期待しているぞ、シュリ。
・・・・俺たちの機体の間には結ばれた線がある・・・絶たれはしない線がな・・・行くぞ!


221 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 02:13 ID:???
>219
あれは・・・?見たことの無いガンダム。
相当カスタムがなされている、パイロットも手練れのようで・・・。
(旋回しつつ、BRの狙いをあわせる)

222 :赤毛:03/04/20 02:14 ID:???
>217、218、219
(単方向通信。他のMSには傍受されない)
 こんにちわ。頭数足りてないんじゃない?AEMA先輩としては、不利な後輩を
見るに見かねちゃって。よかったら、手、貸すわよ。

223 :金髪少女:03/04/20 02:16 ID:???
…さて、あいつは後にして…と。
(電波少女の無理に浮いてるザクレロに120mm対艦バルカンで攻撃)

224 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 02:17 ID:???
>216
……ん?やっぱり記憶が戻ってるのかな?(笑)

まぁ、真面目に考えたら僕からAEMA出身って聞いてるんだから
何か聞きに行ったんだろうけど……相変わらず無茶するなぁ(笑)



……まぁ、本気でAEMAに戻るならそれも構わないんだけど。
全ては赤毛ちゃんの望むがまま、だからね……♪

225 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 02:17 ID:???
>209
ヒィィ…なんてね。
俺は勝ち残る!絶対に!
(戦場を駆け回るズゴック)
え、えぇい!水辺は無いのか!水辺は!(泣

226 :電波気味の少女:03/04/20 02:18 ID:???
……獲物はどこかなぁ〜♪(ニヤニヤ
>221
見つけた…沈めぇ!
コンテナNo1、射出っ!
あはっ、あはははははははははっ!
シネよオマエ!
 (コンテナポッドが発射されて突き進む

227 :戦士候補生:03/04/20 02:19 ID:???
>211
勝負は時の運。
全力で当たりゃあしますが、負けても恨まないで下さいよ。
正直、AEMAの名誉や威信なんて俺にゃ重すぎまさぁ。
>220
はいな。
…メリクリウス・シュイヴァン、出るさね。
(全周を索敵)
<通信>>220
今見える限りだと…半分以上知らない機体だねえ。
>222
<通信>>220
だってさ、どうする?
俺としてはとりあえず受けといてもいい気はするんだけどね。

228 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 02:19 ID:???
>221
『ナニヲスルキダアムロ!、アムロダト!?』
攻撃してくるつもりか?
……模擬戦なら殺すことは無い…なら!
(ネロに(判定が)高出力のBRを発射する)
(発射後、すぐにその場から離れる)
……SFSにのったMS相手なら…これを使うか…

229 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 02:20 ID:???
>227
・・・・此方としては何が起きても不利な要素は無い・・・俺は構わんさ。

230 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 02:22 ID:???
>226
後ろっ!?
(機体を右に傾けて、スレスレで回避)
そっちがその気ならっ!

>228
こっちもかっ!!
(上昇し、射線の外へ)
一度に相手をするのはまずい・・・。
ならば!
(ザクレロのほうに向き直り、BRを2連射)

231 :助教授:03/04/20 02:22 ID:???
>227
 なに、それぐらいでちょうどいいんじゃないの?
 負けて困るのは上だろうしね。この勝負に勝て、なんて任務は受けてない。
ほんじゃ、がんばって。
>222
 あのマーキング……生きてたんだねぇ。でも様子が変だな……ま、いいか。
生きてるだけで充分だ。

232 :電波気味の少女:03/04/20 02:24 ID:???
>223
!?(装甲をかすってバルカンが流れていく
ドイツ!? オランダじゃないよね!

……き、金髪サマ!?
相手には……してられない!
(一気に加速して、同時に>230を避ける)

さてと……避けたつもりか、地獄に落ちろっ!
ミサイルシャワぁ〜!!
(スイッチを押すと同時に、今避けられたコンテナミサイルから大量の模擬弾ミサイルが射出される

233 :赤毛:03/04/20 02:24 ID:???
>229
 それじゃ、決まりね。んじゃ、よろしく!
(叫ぶなり、スラスターを吹かして飛び上がる)
>226
 最初のターゲットはあんた!こないだの借り、返させてもらうわよ!
(側面を取り、ライフルで射撃)

234 :金髪少女:03/04/20 02:26 ID:???
>232
…後にするしかないか。なら…あいつを!
(>225のズゴックに向けて350mmガンランチャーと対艦バルカンで牽制を仕掛ける。)

235 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 02:27 ID:???
>230
やはりかわされたか……!
(スカグラ2を発見)
MAか…装備を考えるとPS装甲でもまずいな…
先に叩く!!
『カトンボメガァ、オチロォ!!』
(スカグラ2にBRを発射する)

236 :企画担当部長:03/04/20 02:29 ID:???
(戦いを見て、煙草を捨てて血相を変えている)
こら、ウグイス嬢君、変なナレーション入れるんじゃない!
バトロワと勘違いさせるな、チーム戦だ、チーム戦!!

237 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 02:29 ID:???
>234
どわ!あわわわ!!危ないって!コラ!降りてきなさい!(泣
(片足を上げて不恰好に350mmを避けるズゴック)
へん!対艦だろうが俺のズゴの装甲はぁ・・・・・やっぱ避ける!
(ガッシャンガッシャン走りながら逃げ回る)

238 :戦士候補生:03/04/20 02:30 ID:???
>231
わかったさね。ま、給料分はがんばりまさあ。
>229
<通信>
了解。さて、どうする?見事なまでに蚊帳の外なんだけど。
(頭をかきながら)
…ごめん。全く想定外だった。


239 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 02:31 ID:???
>232
また面倒なことを!
(バルカンでミサイル群の中心を攻撃。誘爆仕切れないミサイルが向かってくる)
この高度ならばっ!!
(ジャンプしてFALSEから離脱しつつ回避。FALSEはネロの頭上で旋回)
>235
そうはさせませんよっ!!
(落下しながらBRでシュラーゲンを攻撃。FALSEに後をついてこさせる)

240 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 02:32 ID:???
>238
り、臨機応変だ・・・・。
・・・余り姑息な手は好かんが・・・割り込めばこちらに攻撃がくるだろうが・・・
・・・・少しの間は様子見だ・・・。

241 :企画担当部長:03/04/20 02:33 ID:???
>233
来た!?
左腕部に被弾……腕、私の腕ぇ〜!!

クッテヤル!
……喰われたい!? 喰いたい!? ひゃはははははは!
(ザクレロの拡散ビームを連射しながら最大速度で突撃)

242 :電波気味の少女:03/04/20 02:34 ID:???
>241
名前変え忘れ〜

243 :金髪少女:03/04/20 02:35 ID:???
>235
…うわっ…!
(機体をかすめるBR。)
あいつは危険だな…。後にした方が良い。

>237
…くっ…。逃がさない!
(アグニと6連装ミサイルポットを発射、弾速の都合上、アグニの2秒後位にミサイルが来る。)
…これなら!
(さらに接近しつつ350mmガンランチャーで攻撃)

244 :赤毛:03/04/20 02:37 ID:???
>241
 食うのはこないだだけでたくさんよ!
(サイドに飛んで回避しながら、ビームサーベルを何本もばら撒く。次の瞬間、
ビームサーベルから刃が飛び出し、さながらビームの棘をはやした茨の森がザクレロの
進路を阻止する様にあらわれる)
食らいなさい!

245 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 02:38 ID:???
>243
弾幕形成だってばよ!
(頭部ミサイル発射、ミサイルを相殺)
来た!待ってたぜこのチャンス!(早
(ガンランチャーを上体を捻り華麗に避け、ジャンプ、見事にスカグラに乗る)
さぁさぁクローを食らえってばよ!
(クローを掲げる)

246 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 02:38 ID:???
>239
(BRが一発だけABCマントに被弾、当然だが効くわけもなく)
…良く考えてみたら模擬戦でABCマントは意味を成さないかな
(ABCマントを切り離し、BRを回避)
降りてきたな!
なら…落す!!
(左肩のマイダスメッサー改を左手で抜きBSとして展開)
(BRを撃ちながら接近する)

247 :赤毛:03/04/20 02:41 ID:???
>238、239、246
(通信)
 向こうが潰し合いやってるんだったら好都合じゃない。共同作戦で
各個撃破ってことでどう?


248 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 02:42 ID:???
>246
マントを捨ててくれた・・・。
それならっ!
(スラスター逆噴射で軽くブレーキをかける。FALSEが追い抜いていき、BR
 の盾に。そのままFALSEの陰に隠れるようにしてBRを連射し、左手にサーベル
 を準備する)

249 :電波気味の少女:03/04/20 02:42 ID:???
>244
謀ったな、シャア! 

……なんてなるわきゃねぇーだろぉー!(棒読み
(拡散ビームでビームサーベルを弾き飛ばししつつ直進。射程外へ離脱)
さよ〜なら〜追いつくその日までぇ〜!!

(同時に、>246を見つける)
後ろがが・ら・あ・き♪
背後霊にご注意……特に私みたいなの好き!? 嫌い!?
私は嫌い!!
(コンテナミサイルNo2を射出)

250 :戦士候補生:03/04/20 02:42 ID:???
>240
…多分この状況で一番姑息な手は『このままなにもしない』だと思うさ…
見事なまでに放置されてるから、ダメージと機体性能差で楽に押し切れるさな。

…仕方ない。1対1で殴り合ってるところに2人で乱入して対戦相手を入れ替えてしまおう。
そうさな…
(ネロとシュラーゲンを指す)
例えばあの2人なんてどう?

251 :金髪少女:03/04/20 02:44 ID:???
>245
…くっ…!でも!
(接触回線)
それに対する対策を考えてないとでも思ったか?
(突然機体を急上昇させ、縦に180度回転、無理矢理振り落とす。)
これでどうだ!
(落下中の相手目掛けてミサイルポットを連射しつつ接近していき、先端部のBSで斬りかかる)

252 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 02:44 ID:???
え、えーと、なんて言えばいいものか……(苦笑)
ものの見事に身内で叩きあいしてるねぇ〜
あ〜、AEMAの人がショボーン(´・ω・`)と……



……全員使用可能単位削ってやろうかな。
まったく、あのオヴァカ達は……(笑)

253 :赤毛:03/04/20 02:45 ID:???
>248
 小手先の芸が通じる相手じゃないか……レールキャノン最大出力。やらせるわけには
行かないのよね。(コンテナミサイルをすかさず狙撃)
 

254 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 02:45 ID:???
>247>250
・・・・二つの意見が出たな・・・確実なのはあの女の意見だが
・・・・俺はシュリの意見を推進する・・・(あくまでも堅物)

255 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 02:48 ID:???
>248
避けきれない…なら防ぐまでだ!!
(左腕のビームシールドを展開し、BRを防ぐ)

>249
『ショウ!ウシロ』
耳元で怒鳴るな!というか誰がショウだ!!
…コンテナミサイル!?
くぅ!!
(ギリギリで回避する)

256 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 02:49 ID:???
>251
あはははッスよぉ!
俺だってそんな上手くいくなんて思ってないもん(泣
(アポジモーターで落下軌道を調整しながらBSとミサイルを避ける)
これでも喰らうッスよ戦闘機もどき!
(補助翼に腕部粒子砲を、主翼にミサイルを打ち込む)

257 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 02:50 ID:???
>255
装備が違いすぎる!
それに連携も取ってる!?
ならば・・・。
<通信>養成所生徒
養成所同士でやるより、AEMAの機体を狙いましょう。
機体性能を考えたら、このままではまずいです!

聞いてくださいよ・・・。
(>255の避けたところにBRを)

258 :戦士候補生:03/04/20 02:52 ID:???
>254
じゃあそれでいきますか。
『勝利が任務じゃないのなら、あまり楽な道は選びたくないよねえ。(教官の演武を思い出し)あれと対峙しなきゃいけないんだから』
じゃ、どっちと戦う?

259 :電波気味の少女:03/04/20 02:52 ID:???
>255
あははははははは! ドイツもイギリスも、考える事は同じネ!
(直後、>253のレールキャノンを食らう)
あぅっ!?
No3が被弾した……まずい、No3はポイっ!(コンテナNo3をパージする)

タイミングがずれてる…?
えぇい、かまわないもんネー!!
(>255の回避したコンテナミサイルから、>255周辺に向けて誘導式ロケットポッドを射出する)

260 :金髪少女:03/04/20 02:54 ID:???
>256
…くそっ…当たらなかったか。でもそう簡単には負けない!
(メガ粒子砲は回避するがミサイルの直撃は食らう。
しかしPS装甲のおかげで効果はほぼ無し。)
…うわぁぁぁっ…!
(パイロットへのショックが大きかったのか、
そのまま地面へ向けて落下の一途を辿る…。)

261 :赤毛:03/04/20 02:54 ID:???
>257
丸聞こえなのよね……とりあえず黙ってて貰わなきゃ。
(猟犬の俊敏さで地を這う様に257へ迫る)
 せっかく潰し合ってもらってるのに、下手に指示を出されたんじゃ最悪じゃない?
指揮官になり得る奴から叩く!勝負の基本よね。
 日頃の友情は脇に置いて……回避君、逝っちゃいなさい!

262 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 02:55 ID:???
>258
・・・ネロを貰っても良いか?
・・・・恐らくあの動きは回避命だろう・・・
・・・・深い意味は無いが奴もかなりの腕だ・・・油断はしない。

263 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 02:57 ID:???
>257
うんにゃ?ああ、了解ッスね。
(あっさりと金髪機を追うのを止め、回避命機の方へ向かっていく)

264 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 02:58 ID:???
>259
言ってるそばから!!
(FALSEに乗って離脱。軽く機体に損傷)

>260
<通信>
だから仲間でやってる場合じゃないって言ってる!

>261
まだ来る!?
仕方ない・・・一度間合いを置かないと。
(スラスター全開で一気に距離を取ったのち、降下して>260でやりあっているあたりへ)

265 :赤毛:03/04/20 02:58 ID:???
>261
 ん〜、わけありみたいね……じゃ、交代。あとよろしく☆
(急激に進路を変える)
>260
 ちょ、ちょっと!墜落って・・・やばくない?!(受け止めるため、そちらの下に
むかう)

266 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 02:58 ID:???
>257
『ショウ、アタッチャウ!』
俺はアス…じゃないキラだ!
(BRを再び、ビームシールドで防御)

>259
ロケットポッド…当たるのか…
(コンソールを使い一瞬で計算)
…ここは…あえて耐える!!
(ロケットポッドをすべて受け、
それによって生まれた煙幕の中からネロにBRを撃つ
が、それは>261のハルハウンドに向かっていく)

267 :戦士候補生:03/04/20 03:01 ID:???
>262
はいな。
そんじゃ、早速かかりますか。
俺たちを無視したことを後悔させてやろうや。そんじゃ、お先。
(早速飛び出し、>255にわざと狙いを外してBRを撃つ)
多分会ったことはないと思うけど、俺と戦ってはくれないかねえ。
(ジャンプで接近し、煙幕の中にBRを連射)

268 :金髪少女:03/04/20 03:01 ID:???
>264
(通信)
…どういう…事だ…!
(最初の通信は聞こえていない模様。)

>265
…来る…?…なんで……あ…ぶない!
(激突スレスレで角度転換。一度赤毛と距離を取る。)

269 :赤毛:03/04/20 03:02 ID:???
(NT発動)
 流れ弾!?
(どうにか回避しようとするが、反応が遅れ、左腕部沈黙)
 なんてこと!アームがやられるなんて……片手で、受けとめられる?!


270 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:04 ID:???
>267
・・・・了解。
(スラスターを噴かし空中の>264の前に立ちふさがる)
(通信)
久しぶりだな・・・・早速だが勝負だ。
(キャノンを構える)

271 :電波気味の少女:03/04/20 03:04 ID:???
>266
当たった!……違う、当たっただけ!
血だ、血〜みせろ〜ぁ!

突撃ぃ〜ふははははははッ!
(脇の小型ミサイルを数発打ち、ヒートナタを構えながら接近)

272 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:05 ID:???
>263
<通信>
なんとか陸上へ敵をおびき寄せましょう。
あなたの機体で空中戦は難しい。

>269
やらせるか!
(追撃と勘違いしたまま、コヨーテにBRで攻撃。)

273 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 03:06 ID:???
>272
はっはー!見てくださいよ俺の背中を!
(でっかいランドセルを背負ってる)
滞空時間は長いッスよ!♪

274 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:07 ID:???
>270
その声はっ!
<通信>
話をしている暇はなさそうですねぇ。
(低空飛行を続けたままBRでキャノンを狙う)

275 :赤毛:03/04/20 03:08 ID:???
>268
 機体コントロールは取り戻したみたいね……まったく、ギャラリーがいるとこに墜落でもしたら
どうするのよ。あいかわらず無茶なんだから!
(右腕のレールキャノンのショルダーストックを展開する)
これで、片手をやられた影響を軽減できるわね……
 狙撃対象・・・こいつ!(陽気な野郎にバースト射撃。その後、ライフルの銃身に
サーベルを銃剣のように取り付け、振りかざしながら突進する)

276 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 03:08 ID:???
>267
……見返りはあるか?
こっちも傭兵だ…条件を出してもらおう

>271
やはり回路が耐えられないか!!
(PSダウン、小型ミサイルを回避し、グライバインダーのメガ粒子砲を撃つ)

277 :シャア ◆6M7aL2TDUw :03/04/20 03:09 ID:???
(戦闘鑑賞中)
味方同士でも容赦無く撃つ……か。
あのプログラムに参加する人間は、どうしてああも戦いたがらないのだ……。
……次回以降のプログラムに、ここから数名ぐらい組み込みたい程だな。

278 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:09 ID:???
>274
・・・・甘い!食らえ、ビームキャノンダブルファイア!
(右に避け、キャノンを同時発射)

279 :赤毛:03/04/20 03:10 ID:???
>272
 ニュータイプは伊達じゃない!手打ちのライフルに、やすやすと当たりは
しないわよ!
(速度に緩急をつけ、死角からのライフル攻撃を回避する)
それにしても冷や冷やものよね……回避の方が得意って言ってたけど、射撃も
なかなかじゃない。
(依然ズゴックに向けて突進中)

280 :金髪少女:03/04/20 03:12 ID:???
>275
……あいつ狙いか、なら…!
(赤毛と陽気な傭兵候補生が接近した所を狙い、
2人目掛けてアグニ+6連装ミサイルポット×2+350mmガンランチャーを連射しつつ
特攻、展開したビームサーベルで傭兵候補生に斬りかかる)

281 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:12 ID:???
>278
なんのっ!
(ジャンプして回避。
FALSEはキャノンが軽く掠りながらも、そのまま超低空飛行で突っ込む)
そんな大砲、簡単には当たりませんよっ!
(自分も空中からスラスターで接近。BRで足元を狙う)

282 :電波気味の少女:03/04/20 03:12 ID:???
>276
しまっ!?(胴体…もとい顔面に直撃、右目が弾けて吹き飛ぶ

さっきからちょこまかちょこまか……壊てよ、さっさと!!
あははははははははははっ!!
(ヒートなたを振り下ろ)

283 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 03:13 ID:???
>275
うんにゃ?熱源?うお!(汗
どこからだ!畜生!ガッデム!(うるさい
>279
なんだ小型機・・・正面での鍔迫り合いで俺とズゴに勝てるとは思わない方が良いッスよ?
(両手からビームを放つ)

284 :戦士候補生:03/04/20 03:14 ID:???
>276
え?
面白いねえ。見返り?そっちが俺から奪い取ればいいさな。
…できるんならね。
(PDを展開させながら降下。狙いをつけてBRを撃ちこむ)


285 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 03:15 ID:???
>280
もう!あっち行ってよね!俺はこの子の相手で一杯一杯(泣
(ミサイルで軌道を無理やり変える)

286 :赤毛:03/04/20 03:15 ID:???
>280
 大した火力よね!
(弾幕を必死で回避しながら、金髪少女がサーベルを展開した瞬間を見計らい、
陽気な男のズゴックの脳天を踏み台にして跳躍。上下さかさまの状態でレールガンを
金髪少女、陽気な男の二人に70%の出力で射撃する)

287 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 03:17 ID:???
>286
俺を踏み台にしたぁぁ!?
(腕を掠る)
・・・・(泣

288 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 03:18 ID:???
>282
流石にこれだけ大きいと耐えるか…だが!!
(ヒートナタを回避)
それだけの大きさなら動きも鈍い!!

>284
ああ、そうさせてもらう!!!
(BRをビームシールドで防御し、そのまま接近する)

289 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:19 ID:???
>281
フ・・・・大砲だけではない。
(急に上体を下方に向けバルカンポッドで迎撃、サーベルを抜いてステップで後方へ)

290 :金髪少女:03/04/20 03:21 ID:???
>285
…うわっ…!
(回避の為に軌道がずれる。)

>286
…またか…くそっ!
(後部にあたった為、機体は急上昇。)
……でも、今がチャンス!
(再び急降下、踏み台にされて降下していく陽気なよう傭兵志願生に向けてアンカークロー射出。)

291 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 03:23 ID:???
>290
へん!
(クローでアンカーを殴って弾く)
飛ぶぞズゴック!
(背部スラスター点火、物凄いスピードで上空へ)

292 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:23 ID:???
>289
そうでしょうねぇ!
(FALSEはバルカンが直撃し、左にそれて地面に突っ込む)
接近戦・・・いつまでも苦手と思わないでください!
(バルカンを斉射しつつ、ライフルをFALSEの落ちたあたりに投げ捨て、右手にサーベルを展開)

293 :赤毛:03/04/20 03:23 ID:???
>290
 さっすがPS装甲。レールガンじゃ歯が立たないわね。
(さかさまになったまま、上空へエスケープ)
さて、傍観決め込みますか☆

294 :電波気味の少女:03/04/20 03:24 ID:???
>288
きゃわしたー!?
でも、まだまだ逃がさない!(反転し、拡散ビームを乱射する)

295 :戦士候補生:03/04/20 03:25 ID:???
>288
腕前拝見といきましょうか。
(スラスターをふかし、シュラーゲンから後退、足元にBRを撃ちこむ)
(とりあえずPDは5基ほど展開させたまま)

296 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:25 ID:???
>292
(静かに着地)
・・・・あの時の俺と思うな・・・
(BSを二個抜き放ち、構える)
・・・・来い・・・。

297 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:28 ID:???
(・・・・バルカンを巧みに避けを入れ忘れた)

298 :金髪少女:03/04/20 03:28 ID:???
>291
…逃がすか!
(しつこく傭兵志望生をおいすがる。)
…これで…どうだ!
(スカグラでタックルを仕掛け、かわされはしたが相手の体勢を崩した所に
射撃兵装を全て使っての激しい特攻タックルを仕掛ける。)

299 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:31 ID:???
>296
こちらとて同じ事!
(左手にもサーベルを持ち、突っ込んでいく)
こんなこともできるんですよっ!
(互いが間合いに入る寸前で、両者の間に割って入るようにFALSEが機体を横に
した状態で飛び去っていく。
その影から右手のサーベルを上から切り下げ、左のサーベルは逆手に持って相手の右から左へと薙ぐ)

300 :赤毛:03/04/20 03:31 ID:???
>291
 カウンター!
(スラスターを切り、逆方向へ向けて加速。人工重力に引かれて落下する速度+
スラスター推力により、コヨーテは恐るべき速度にまで加速する)
サーベルIフィールド解除!ビームの花束……受け取りなさい!
(ビームサーベルから、必殺の散弾が放たれる)

301 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 03:31 ID:???
>298
どわっ!揺れる揺れる〜(泣
ええぇい!(ガシっとスカグラに掴まる)
はははは食らえ!ピンポイントビーーーーーーム(ワラ
(主翼に片腕を上げてビームを撃ち込む)

302 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:32 ID:???
>299
(影から飛び出し)です。

303 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 03:32 ID:???
>295
そう来るか…なら!!
(BRをジャンプして回避)

>294
!? 
しつこいぞ!!
(空中で反転し拡散ビームを回避するが左足に被弾し、機能停止)
ちぃぃ! とにかく!!
(メルクリウスに接近し、MM改で切りかかる)

304 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 03:32 ID:???
>300
おわ・・・・もう駄目ぽ・・・・
(直撃を受けて落下していくズゴック)

305 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:35 ID:???
>299
・・・・・ほう・・・しかし・・・反応出来ない速度じゃない。
(やってくるモーションの逆手をとって全て受け止める)
・・・・・。
(バルカンを斉射、反応を伺う)

306 :赤毛:03/04/20 03:35 ID:???
>304
 仕留めた!次っ・・・てえええええええっ!?
(ズゴックの真下にいたスカグラ目掛けて一直線・・・)

307 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:37 ID:???
>305
これを防がれては、打つ手なしですかねぇ?
(バルカンによってメインカメラシャットダウン)
でも・・・前はここで諦めちゃったんですよね!
(スラスターを吹かして飛び膝蹴り)

308 :電波気味の少女:03/04/20 03:38 ID:???
>303
当たった!? 当たったの!? 当たってるよね!?
ん、>295のバリア君を倒しに掛かる……?

ニヤァ……仲良くあの世に逝てちょうだい!!
これで最後! 当たりますように! お願い、当てて死神サマ!
(最後のコンテナミサイルを射出、>296>303両方目掛けて)

309 :戦士候補生:03/04/20 03:39 ID:???
>303
あいにくと…その軌道は想定内さね。Aリアクト、来るさ。
(本体付のPDを羽ばたかせるように動かし、重心移動だけでMM改をかわす)
(浅く斬られるのに構わず、同時に全力でジャンプしながらCシールドで左肩を斬りつけ、そのままシュラーゲンの後方に離脱)


310 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:40 ID:???
>307
・・・・クッ・・・・気迫もよし・・・・別人に見えるぞ!
(後方に仰け反るがオートバランサーで転倒はしない)
・・・・・次はこちらからだ・・・!
(キャノンを牽制射撃しながら右でBSを振り下ろす)

311 :金髪少女:03/04/20 03:41 ID:???
>301 >306
掴まれた?…でもこうすれば!
(350mmガンランチャー+120mm対艦バルカン×2+220mmミサイルポット×2をパージ。
機体が軽くなった事でスピードが上がり、さらにパージしたパーツが攻撃の盾となる。)

…体勢を…立て直さないと…!…うわっ…!
(常識外のスピードのタックルが機体をかする。かすっただけなのに機体にかなりの力がかかる。)
うわぁぁぁ!
(かなり機体の動きが乱れる。)


312 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:41 ID:???
>308
無駄だ・・・・
(コンテナ散開前にキャノンで迎撃、無力化)
・・・・待っていろザクレロ・・・・いずれは相手になる・・・!

313 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:43 ID:???
>310
くぅっ!
(キャノンで右腕が機能停止)
間合いの内側に入れば!
(振り下ろされる寸前に、動かない右腕を盾にしてスラスター全開のタックル。
さらに左手のサーベルを脇腹に突き立てようとする)

314 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 03:43 ID:???
>309
逃げられた!?
反応が早すぎる!!
(左腕部が停止、同時に地面に着陸する)

>308
まだ生きていたのか!!
(コンテナミサイルをかわしきれず、被弾、そのまま停止する)
……醜態をさらしてしまったな…くそ…

315 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:45 ID:???
>313
・・・・ク・・・気を取られたか・・・わき腹を持って逝かれた・・・
(バーニア全開で転倒には至らないがかなり押される)
しかしだ・・・!
(背部バックパック目掛けサーベルを振り下ろす)

316 :赤毛:03/04/20 03:46 ID:???
と、わ、きゃ、よ、はっ……きゃー
(パージされたパーツには攻撃の意図がないため、テクニックだけで避けるしかない。
必死で避けるが、止めとばかりに金髪の機体に弾き飛ばされ、よろよろと虚空を飛ぶコヨーテ)
まだ、まだよ……あの電波娘にせめて一太刀……ああ、システムダウン……これだから
軽量級の機体は〜(泣)

 戦闘終了

317 :電波気味の少女:03/04/20 03:46 ID:???
>312
……ふ、ふふふふふふふふふ……(スイッチを押す
爆薬なんて積んでないも〜ん…
逝け、バグ!!(コンテナの残骸からバグが出てくる

バグよ、エラーは無くてもバグ!
人間だけやれるなんて最高!(といっても、模擬専用w
うふふふふふふふ……(壊

318 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:50 ID:???
>315
だめかっ!
(バックパックを直撃、メインシステムもダウン寸前)
っのおっ!
(踏み出そうとした足が膝から崩れる)
流石にガタが来た!?
でもっ!
(残りのバルカンをぶっ放す)

319 :戦士候補生:03/04/20 03:50 ID:???
>314
(機体チェック、ダメージを見る)
げ、思ったよりやられてる。…皮一枚ってイメージだったんだけどねえ。
…止まってくれたか。ふう。お互い対等の条件ならもっと手酷い目にあってたさな。
さて、と。
(一端距離をとり、戦況を見る)
>317
げ、なんてものを…
まあいい。おぅい、こっちだ、こっち。
(BRで攻撃。すぐにバグに備える)

320 :金髪少女:03/04/20 03:53 ID:???
…うわぁぁぁぁ…つっ…!
(慌ててうっかり閃光弾の連射ボタンを押してしまう。閃光弾が回避命達の周辺に降り注ぐ。)

…はぁ…はぁ……マグレだけど…一人撃破か。次はどうするかな…。


321 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 03:54 ID:???
>318
・・・・諦めろ、俺の勝ちだ。
(左手で頭部を地面に押さえつけ、バルカンを無力化、左のキャノンで>317のバグを狙撃していく)
・・・・なぜあれが在る?

322 :赤毛:03/04/20 03:55 ID:???
え〜とあのう……どう反応すればいいのかなぁ。
(コヨーテのハッチを空けると、周りは浮揚するバグでいっぱい……)
模擬戦用だから、殺しかねないような攻撃はして来ないってこと?
(フィールドを歩いて出ると、バグがのろのろとついてくる)
犬の散歩気分よね……(汗)

323 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 03:56 ID:???
>321
はぁ・・・。
解りました、降参です。
あれですか?
どうも裏があるんですよねぇ、あの人は。

<独り言>
ふぅ・・・機体性能差を差し引いても完敗ですか。
こんなんじゃ、後悔させるどころじゃないですねぇ・・・。

324 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 03:56 ID:???
>322
同感同感♪
(走ってきて合流)
あのさ、一つ言っとくけど水辺なら負けないッスよ?(必死

325 :黒髪のキラ・ヤマト:03/04/20 03:57 ID:???
(システムの回復とともに格納庫に戻っていく)
…これで仕事が減らなければ良いんだが…
何とかなるだろう…
『ミトメタクナイモノダナ・・・ワカサユエノアヤマチヲ』
……スクラップにしてすてるぞ…
(自室へ戻っていく)

326 :電波気味の少女:03/04/20 03:59 ID:???
さぁてと……バグのコントロール系統をこっちに回してと…
数は、10個?
これっぽっち!?

>321
ん!! バグ達、回避!
悪いのはあの…
(直後、>319から放たれたBRが左腕を吹き飛ばす)
犯人は貴様に決定!
カエレ! ムニカエレ! きえーろー!!
(バグ攻撃開始

327 :赤毛:03/04/20 03:59 ID:???
>324
 それを言うならあたしだって!もう、ファンネルさえあれば劇薬も自殺しかねない
ほどの全身無敵なんだってば!!!(こちらも必死。回りを無意味にくるくる回る
模擬戦バグ・・・負け犬達のシュールな時間はこうして過ぎていく……)

328 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 04:00 ID:???
ん〜、そろそろ模擬戦も終了かな。
さぁって、そろそろ僕も準備しないと。
教官としてはとてもツッコミどころ一杯だったけど……
まぁ、終わってみればお客さんが見る分には良い試合だったよねぇ〜
でも……ちょっと後ろめたいな……



この後、僕が全部持ってっちゃうからねぇ〜

329 :金髪少女:03/04/20 04:03 ID:???
>326
…あれは…!あいつだな。よし…。
(ザクレロ目掛けて真正面から突撃。途中、シェルクランド付近に落ちるように対艦刀パージ。
そして接触寸前にアグニ発射。)


330 :戦士候補生:03/04/20 04:07 ID:???
>326
よっし、来た来た。
(後退しながらBRでバグを迎撃)
要するに、距離さえ詰めさせなければ…って、そう甘くはないよねえ、やっぱり。
(バグが接近、4方から攻撃)
…ここ!Aリアクト、来い!
(PDの一基をバグの一つにぶつけて一瞬動きを止め、そのバグを踏み台にして上昇)
(脚部が中破するが、バグが先程までいた一点に集まる)
ここで…
(ビームライフルをオーバーヒート直前まで連射。バルカンも加えてバグに火箋を降らせる)

331 :赤毛:03/04/20 04:11 ID:???
(>330の風景を見ながら)
 おーおーすごいすごい。火の雨って感じ?
(スポーツドリンクを飲みながらすっかり観戦モード。ボーっとバグに腰掛けている)
傭兵候補生くんも、飲む?
(自分がくち付けたスポーツドリンクを平然と渡そうとする)

332 :電波気味の少女:03/04/20 04:12 ID:???
>330
舐めないでヨぉ……こんぴーたー制御のバグとは、違うんだからぁ!!
(散開させて攻撃を回避させるが、数機は撃ち落される
>329
!? 敵!?
んにゃろぉー! (>330へ小バグを弾幕代わりに射出し、>329にバグを仕向ける
切り裂かれ……あ、この機体!!
(バグの動きを止めるが、直後至近距離でアグニが直撃)
え、嘘……また落とされた!?

333 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 04:13 ID:???
>329
・・・・落下物!
(すぐさまスウェーバックで避けるがアグニが左腕部を掠める)
・・・・侮れないな・・・・だからこそ壁だ・・・連中はな・・・(微笑

334 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 04:13 ID:???
>329
(降りて様子を見ている)
また・・・何度言ったら聞き分けてくれるやら・・・。
(動かなくなったネロのすぐ脇にFALSEが降りてくる)
いやはや、あなたもぼろぼろですねぇ。
整備班の人に謝っておきませんと。

335 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 04:16 ID:???
>333
(スウェーバック以下はスルー)

336 :金髪少女:03/04/20 04:16 ID:???
>332
よし・…ぐっ…!
(ヒットに一瞬喜ぶも、そのすぐ後凄まじい速度でザクレロでぶつかった為、激しい衝撃に数分意識が飛ぶ。)
2人の機体は幸か不幸か戦士候補生のほうへ向けてかなりのスピードで突進(落下)していく。

337 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 04:19 ID:???
>336
あ〜あ〜。
あれじゃ機体にかなりダメージが残りますよ・・・。
中の人は・・・大丈夫でしょうねぇ。ハァ(嘆息)

338 :電波気味の少女:03/04/20 04:19 ID:???
>336
にゃー!?
くぅ……バグ、あっちを、排除、して……(気絶
(戦士候補生に向けて最後の命令に従って残ったバグが向かう)

339 :戦士候補生:03/04/20 04:30 ID:???
>332
威力は低いが…虻蚊のようにうっとうしいねえ。
(PDをぶつけたりバルカンを撃ちこんだりして迎撃)
>336
なんか、彼女がいるといつもこうな気がするさね。
(ちょうど着地際で、再びジャンプして逃れようとするが、脚部の損傷でそのまま膝をついてしまう)
…ああ、もういい。受ける。受けてやるさ。
(両手を上段に構え、柔道の捌きのように受け流そうとする)
(受け流しには成功するが)
っと…こりゃ、全身要修理だ…ん!
>338
(バグを確認し、すぐさま残り全てのPDを展開)
(機体の回りを竜巻のようにぐるぐると飛び回らせ、バグを迎撃)
(全ての武器を総動員し、なんとかバグを殲滅する)
…ふう、ようやく、か。
受けとめた衝撃で右脚と両肘が故障。
バルカン、弾切れ。ビームライフル、オーバーヒート。
プラネイトディフェンサー、残り4基。
だめ、もう降参。
…はあ、まだまださねえ、俺も。

340 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 04:34 ID:???
(作業を終え、途中から観戦していた)
・・・どいつもこいつも下手くそがっ!!!
なんで模擬戦であんなに機体をぼろぼろにできる!
MFじゃないんだから格闘するな!
PS装甲だからって戦闘機が体当たりするな!
バグなんてとんでもない兵器使うな!
ズゴックで空飛ぶな!
それから―――(以下省略)
ぜぇぜぇ、はぁはぁ・・・。
もう、疲れた・・・寝る。

341 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 04:35 ID:???
>339
(スラスターを噴かし近づいてくる)
・・・俺も多少の損傷は受けた・・・お前は・・・・・・。
まぁいい・・・・帰るぞ。(肩を貸し、AEMA側ゲートに帰還)

342 :ウグイス嬢:03/04/20 04:36 ID:???
29分21秒!勝者……シェルクラント訓練生!
(うおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ、と湧きあがる客席)

343 :整備部門生徒:03/04/20 04:36 ID:???
>340
ま、まぁまぁ、落ち着いてください(汗
(宥め役?)
み、皆さんももう少し考えて使用してくださいね?




344 :とある観客:03/04/20 04:37 ID:???
>342
これ本当に模擬戦……? (ボーゼンとしている)

345 :金髪少女:03/04/20 04:37 ID:???
>339
……はぁ…はぁっ…。大丈夫…か・・・。
(見事にザクレロに突き刺さったスカグラから顔を出す。)
…あ…そうだ。…おーい、大丈夫か?
(ザクレロのコクピットハッチを開け、電波少女に呼びかける。)

346 :赤毛:03/04/20 04:41 ID:???
>340
いいわけのしようもございません……
(バグともども、すごすごと退場)

>341
 お疲れ様。いろいろ聞きたかったけど……時間ないわね。
 AEMAに戻ったら……アンジェリーナは死んでいた、ってだけ伝えてくれない?
あつかましいけど。お願いね。

347 :ウグイス嬢@二人目:03/04/20 04:41 ID:???
なお、次のプログラム「養成所教官によるエキシビジョン」は三十分後に開始いたします。
皆様にはそれまでにご着席くださる様にお願いいたします。

348 :戦士候補生:03/04/20 04:41 ID:???
>341
ははっ、流石にバグは手ごわいねえ。
どこまでやれるかと思って一人でやってみてこのざまさな。
ま、勝ったから良しってところさねえ、一応。
次は足手まといにならないよう頑張るから勘弁してくれさね。


349 :電波気味の少女:03/04/20 04:41 ID:???
>345
あぅ……残念、死んではナイナイ……(ボケー

350 :金髪少女:03/04/20 04:44 ID:???
>349
…どうした?大丈夫か…ほんとうに。
(電波少女を抱き上げる。)
さて、観客席に戻るぞ。
(そのまま足を進めつつ。小声で。)
…それにしても…私はどうしたらいいんだろうな。
私一人の問題ならおまえ達の方に協力しておかしくないくらいの気持ちなんだけど…
それに…皆を巻き込む訳にはいかないからな…。それに…あいつを裏切る事になるし…。

351 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 04:45 ID:???
>346
・・・詮索はしない・・・了解だ。

>348
・・・・足手まといなどではないさ・・・
・・・之からは少しでも共有出来ると楽に事が進む・・・今はチームだ・・・それを忘れるな
・・・今回は援護に行けなかった俺の所為だからな・・・・すまない。

(ワイヤーを伝ってヴァイエイトから降りてくる)
・・・・想像以上に反応が早い機体だな・・・シートも何処か馴染む感覚がある・・・。

352 :赤毛:03/04/20 04:50 ID:???
さて、次は教官の番ね・・・・・ちょっと様子見に行って来よっと。
(ハンガーのほうに向かう)

353 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 04:52 ID:???
(ハンガーに収納されたFb-R。そのコクピット内で静かに出番を待つぽややん)
……………………ん、赤毛ちゃん……?
(コクピット開放)
模擬戦お疲れさま〜。どうしたの〜?

354 :赤毛:03/04/20 04:54 ID:???
・・・・・・
・・・・・・
(沈黙)
客席暖めといたから。冷ましたら……承知しないからね!
(笑って、右手を広げて、肩の高さまで上げる)

355 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 04:58 ID:???
(にへら、と一瞬顔が緩む、が……)
うん、任せて。自分で言うのも恥ずかしいけど……全部持っていく勢いで行くよ。
それじゃ、後でちゃんとお互いの誤解を解こうね!
僕はまだまだ赤毛ちゃんとべったりしたいんだからさ!!
(少し早口でまくし立ててハッチを閉めるぽややん。その表情は今まで見せた事の無い「男」の顔だった)

356 :電波気味の少女:03/04/20 04:59 ID:???
>350
あっ……(抱き上げられる)
……??
一体どうしたの?

357 :赤毛:03/04/20 05:01 ID:???
>355
……いってらっしゃい!
(あげた右手の先を軽くこめかみに当て、敬礼。ぽややんを見送る)

358 :RX-78-GP01Fb-R ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:02 ID:???
(先刻の模擬戦から小休止を挟んだ後で)
「続いて、MSパイロット養成所よりアズフィード・クラウン教官によるエキシビジョンです」

アナウンスに導かれ格納庫からFb-Rが静かに、しかし重厚な歩調でやってくる。
リングに向かうボクサーのように無表情なFb-R。だがその周りに漂う気迫はむしろ狼のそれに近い。
幾ばくか歩を進めるとビームライフルを胸に抱え、観客席に向かい誰かにひれ伏す様に膝をつく。
「事前の打ち合わせよりも随分と的が多いなぁ……
 まぁ、どんな意図か知らないけど……使わせて貰うよ」
唐突に観客席に音楽が流れ出す。
物静かな、しかし何かをかきたてる様なギターソロに合わせFb-Rが立ち上がり
右手にビームライフルを、左手にビームサーベルを構えると
コロニーの回転軸、低重力宙域までゆっくりと飛び上がる。
その間に次々とギターに追従してくる他のパート。
教官の飛行する「予定」のコースに合わせた大量のターゲットは既にセットされている。
緊張感を高めるようにギターの音色がスケールの階段を駆け上がる。
バンド全体が聴者を煽る様な演奏の後に一瞬の静寂。そして──

──Fb-Rが「弾けた」
 

359 :金髪少女:03/04/20 05:02 ID:???
>356
(小声)
お前の知り合いらしきかなり若い女の子に…勧誘されただけさ。
…どっちが正しいのか見極めるまでは…返事はしないと思うけどな。

360 :電波気味の少女:03/04/20 05:08 ID:???
>359
フーン……そう(抱えられたまま抱きつく
私は、正しいかどうかなんて知らない……

361 :RX-78-GP01Fb-R ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:09 ID:???
かの名機F91と同等の重量推力比を誇るFb-Rのスラスターはその機体を一瞬で加速させる。
普通、いきなりに急加速でもしようものならばたやすく目標を見失ってしまうだろう。
だが、既に彼は全てのターゲットを確認している。それも動く事の無い只の固定目標を。
「だったら……何も戸惑う要素はない……」
放置したまま後方に流れ去った幾つかの的を振り向く事無く撃ち抜いてみせる。
これはまだ挨拶に過ぎない。


観客席からでやっと追従出来るほどの激しい機動を見せるFb-R。
常人ならば目が追いつかない速度のままビームサーベルで的を薙ぎ払い、
機動速度を考えると異常なまでのロングレンジからビームライフルで的を撃ち抜く。
その都度、観客席で妙に可愛らしく「ピコーン」と音が鳴る。
彼の攻撃が的を捕らえると観客に伝わる仕組みだ。
その気の抜けた音がBGMを押し退ける様に何度も鳴り響く。
観客が見向きもしない電光掲示板は
accuracy:100%
Target:293/372
と寂しくその役目を果たしていた。

362 :RX-78-GP01Fb-R ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:10 ID:???
BGMがギターソロ同士で張り合うセッションパートに入る。
Fb-Rは曲に合わせて必要以上に激しい動作で的を撃ち抜き、薙ぎ払っていく。
時にその右手を駄々っ子がごねる様に、名指揮者が自分の世界を編み出すように動かす。
時にその体を毒を飲みのたうち回る動物の様に、激しく踊るバレリーナの様に回す。
幾筋もの光条が疾り、幾層にも重なる光の帯がFb-Rを包む。
場違いな「ピコーンピココココピコーン」と鳴り響くチャイムが止まらない。
唐突に切り替わるBGMの曲調。ギターと共に鳴り響くピアノ。
それに合わせて唐突にビームサーベルでゆっくりとした剣舞を舞い始めるFb-R。
だがその転調は偽り。剛健な演奏はまだ終わらない。
ピアノとベース、そしてドラムがテンションをどんどんと引き絞り──再度弾ける。


驚異的な機動と射撃でペースを緩めずに的を打ち落として行くFb-R。
最後の一つをすれ違いざまに振り向いて切り払おうとした刹那──
「うぁっ!?」
教官が左手に抱えていた爆弾が爆発した。左手の痛みで乱れた集中力に、反転によるGがかかる。
たかが一瞬途切れた集中力。それが生み出すコンマ秒単位の操作ミス。
転身したFb-Rは後ろ向きのままバランスを激しく崩しながら慣性で勢い良く落下していく!
いったいどんな皮肉、きりもみ回転しながら堕ちていくFb-Rと
フィナーレに入ったBGMのなんと綺麗に揃っている事か!!
「こんな所で死んでたら浮かばれないよっ!!」
パイロットスーツの中、左手の湿った感触に悪態をつきながら姿勢を整える教官!
Fb-Rの落下先に広がる茶色の世界、MS演習用のグラウンド!!
瞬く間に眼前に迫り、衝突音。


363 :電波気味の少女:03/04/20 05:12 ID:???
>362
……綺麗な音楽
あ、落ちた…… ミンチ?

364 :整備部門生徒:03/04/20 05:14 ID:???
>362
(余りの凄さに唖然としていた最中落下・衝突を見る)
・・・・・な、きょ、教官殿!?

365 :金髪少女:03/04/20 05:15 ID:???
>360
…え……(顔が赤くなる。)…

そうか…。まぁ、私が考える事だしな…。
……取りあえず、格納庫へでも……え?
(教官の方を見て一瞬驚くが、すぐ落ち着く。)
…まぁ、教官なら大丈夫だろ。
(そのまま赤毛のいる格納庫へ。)

366 :赤毛:03/04/20 05:15 ID:???
>363
……死なないわ。あの人……良い顔してたもの(確信した表情で)

367 :RX-78-GP01Fb-R ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:16 ID:???
巻き上がる砂煙。その姿が見えない巨人。今にも終わるBGM。
そして曲のフィニッシュと同時に砂煙を飛び出す光条!!


BGMが流れ終えたスピーカーから響く、間の抜けた「ピコーン」にあわせて明瞭となる視界。
その中で天に向かって銃を構え雄々しくそびえ立つも
早々に何事も無かったかの如く格納庫まで引き返すFb-R。
残された電光掲示板の「accuracy:100% Target:000/372」がいやに眩しい。
彼は結局、事前の打ち合わせとまったく違うコースで完璧な演舞を見せつけた。

「あ、アズフィード・クラウン教官のアクロバットでした。どうぞ皆様、盛大な拍手をどうぞ」
教官の耳に、言葉づかいと妙なうわずった声のアナウンスは届かない。
そもそも彼の頭は大いなる誤解を抱えたまま待っている、
愛しき人の事しか考えてなかったのだから。

368 :整備部門生徒:03/04/20 05:17 ID:???
>365−366
・・・信じているんですね、解かりました私も信じてみますか。教官殿を。

369 :赤毛:03/04/20 05:18 ID:???
>363
 ね?言ったとおりでしょ?(笑う)

370 :整備部門生徒:03/04/20 05:18 ID:???
>367
はははは、やはりぽややんな教官殿・・・凄過ぎます。
心配した私が馬鹿でしたね、それにしてもあのスコア・・・・完璧ですね。

371 :電波気味の少女:03/04/20 05:20 ID:???
>389
……確かに、そうだね

372 :金髪少女:03/04/20 05:21 ID:???
>368
まぁ…教官だし…な。


373 :金髪少女:03/04/20 05:28 ID:???
(誰にいうともなくぼやく。)
それにしても…さっきの模擬戦、PS装甲相手に突進してくる相手がいるとは驚いたよ。
石ころで鉄砕こうとするような物だしな。

374 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:28 ID:???
(Fb-Rをハンガーに収納してコクピットから這い出してくる)
ふぇぇ〜、流石にちょっと目が回ったぁ〜
あ〜、さっきので随分足腰痛めてそうだなぁ……
後で整備班の皆に謝っておかないと……

(左腕を抑えて)
いてて、と、とりあえず医務室……(;´Д`)

375 :赤毛:03/04/20 05:30 ID:???
>373
(かっちーん)
 ……それは誰の事を言ってるのかしら〜???
 

376 :電波気味の少女:03/04/20 05:31 ID:???
>373
ふーん……そんなお馬鹿な人居たんだ……
>375
どうしたの?

377 :金髪少女:03/04/20 05:32 ID:???
>375
さぁな。只…その不意討ちでかなりスラスターの
調子が落ちたから特攻せざるを得なくなったんだけどな。
只私は無謀な奴もいるものだと驚いてるだけさ。

378 :赤毛:03/04/20 05:37 ID:???
>377
 あれは貴方の機体じゃなくて、傭兵君のズゴックを狙ってたの!
 そういえば……最 高 レ ベ ル の 機 動 性 を 誇 る M A 
なんかに乗ってるくせに、ロ ケ ッ ト 積 ん だ だ け の ズ ゴ ッ ク 
なんかにやすやすと取りつかれてた人もいたみたいだけど?
 その気になればマッハで飛行できる機体で……考えられないわよね〜
 

379 :電波気味の少女:03/04/20 05:38 ID:???
>378
……自分からばらしたね(ニヤリ+指差し

380 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:40 ID:???
(金髪と赤毛の間に割り込んで)
はいそこまで。

そもそも赤毛ちゃんの突進は本人が意図してなかったしビーム兵器も持ってた。
もう少し冷静に対処されてたらあそこで撃墜。

赤毛ちゃんもBR方式なのに目前の的に簡単に突撃するのは問題外。

二人とも ま だ ま だ だよ?

381 :赤毛:03/04/20 05:41 ID:???
>378
 だから、PS装甲装備の機体に体当たりかますつもりなんてなかったって言ってる
でしょ。なんでビーム兵器が生きてるのに体当たりなんか仕掛けなきゃいけないのよ。
ああやって速力をあげたのだって、必中の間合いに接近するのが目的だったのであって、
特攻なんて機体が痛むようなばかげた真似をするつもりじゃなかったの!ぐーぜん!
ただのぐーぜんです!

382 :赤毛:03/04/20 05:43 ID:???
>380
あ、教官!ご苦労様でした!(とたんに態度がころりと変わる奴)
流石ですね☆(と笑いながら教官の左手の傷口をポンとたたく)

383 :金髪少女:03/04/20 05:44 ID:???
>376
ああ…。

>378
あれは犠牲覚悟の捨て身攻撃だ。取り付かせて、至近距離からアグニ浴びせる為のな。
結果的にお前が先に倒しちゃったようだけどな。

>380
まぁ…そうだけど…。

>381
……ならなんであんな無茶なスピードで突っ込んできたんだ?あんな制御不能スレスレのスピードで…。

384 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:48 ID:???
>382
ふぁうゃっ!?
(叩かれた拍子に跳ね上がるぽややん。うっすらと左二の腕が赤く滲み出す)
そ、そこは触らないでぇ〜(泣)

>383
あー、ゴメン、ちょっと赤毛ちゃん借りるね〜
(そう良いながら赤毛の腕をとって医務室に行こうとする。
 女同士の喧嘩が怖い事を彼はよく知っているからだ)

385 :赤毛:03/04/20 05:52 ID:???
>383
……あのね〜。捨て身と特攻、どう違うのよ。翼やられたら、空力特性失って、
飛ぶことだってできなくなるんだからね?相打ちじゃ意味ないじゃない。
完全に制御不能だったら、そっちがパーツばら撒いた時点で逝ってます……ま、昔の機体に
乗ってるつもりで、軽量級MSを扱っちゃったのは失敗だったかな。
 コンパクトな分、けっこうもろいのよね。あそこでシステムダウンは正直予定外。
……あなたも、少し戦法変えた方いいんじゃない?回避命くん、最近胃薬の量が増えたって
嘆いてたわよ?

386 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:54 ID:???
>385
あ"〜、ほら、良いから君はこっち来る!!
(右腕だけで赤毛を抱えて連れ去ろうとする)

387 :電波気味の少女:03/04/20 05:55 ID:???
>384-386
……さよ〜なら〜…(手を振る

388 :赤毛:03/04/20 05:55 ID:???
>386
あ〜(ずるずるずる)


389 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 05:58 ID:???
はぁ……なんて言うか、回避命君の気持ちってこんな感じだったんだなぁ……
(医務室へ向かう途中の通路。また金髪に食いつかない様に赤毛の手をひっぱっている)

390 :金髪少女:03/04/20 06:01 ID:???
>385
パーツ避けるだけで精一杯だったじゃないか。だからこっちの機体に突っ込んでくる。
実際パーツパージしたのが原因で逝ったみたいだしな。
それに、翼をやられても下部スラスター使ってでの機動は可能さ。かなりコントロール
しにくい上制御するにはスピード落とす必要もあるって欠点はあるけどな。
それに、自分が乗る機体の特徴くらい理解するのが普通だろ。
…元々遠距離で戦うつもりだったさ。でも…相手には狙いは正確でも楽々避けられるしな。
ああやるしかないのさ。
だいた…ぃ…。
(今度は金髪が力尽きる。原因は特攻時の衝撃関連)

391 :電波気味の少女:03/04/20 06:04 ID:???
>390
ありゃ……?
大丈夫? 返事が無い……

……医務室まで、運べるかな?
(手を掴んでなんとか引っ張り挙げ、おんぶ状態で運び始める

392 :赤毛:03/04/20 06:07 ID:???
>389
 まだいろいろ言いたい事があったのに〜……(むくれっぱなし)
 まったくもう。……あれ、そこ……血が滲んでる?怪我してたんですか!?

393 :電波気味の少女:03/04/20 06:09 ID:???
はーはー ……重い。
>389
?? (髪の毛を捕まれている赤毛見て)
……フッ(嫌味な笑いw

394 :金髪少女:03/04/20 06:16 ID:???
>393
……は……軍…新………!……様………者!
(意味不明な戯言をかすれるような声でぼやいている。さり気無く目元から涙が毀れ、
電波少女にしかみつく力が多少強くなる。)

395 :電波気味の少女:03/04/20 06:21 ID:???
>394
何……どうしたの?
涙?
泣いて、るの……?
(無言のまま背負いなおして医療質に向かう)

396 :赤毛:03/04/20 06:21 ID:???
>394
 なに?何の用?(じとっ)

397 :金髪少女:03/04/20 06:28 ID:???
……ん…?確か言い合いをしてて…。一体何が…。

>395
…泣いてる…?私がか…?
後…はこんでくれてたのか…すまないな…。もうそろそろ大丈夫だと思う。
まだ多少ふらつくけどな…。

>396
いや、別に。スピード出し過ぎて自爆したあんたに用はないけど…。

398 :電波気味の少女:03/04/20 06:28 ID:???
>396
むっ……金髪サマは今寝てるんだから……
赤毛サマに何か言ったんじゃない…

399 :電波気味の少女:03/04/20 06:31 ID:???
>397
……うん、どういたしまして。

それはそと……重いね。(唐突

400 :赤毛:03/04/20 06:34 ID:???
あのね……もういいかげんによさない?誤爆したのは謝るけど。
ま、次は負けないつもりだから。自分の悪い所も、見えてきたしね。
ぽややん教官、あとでトレーニングに付き合ってくださいね〜。
……ま、例の件は保留しておくから(ぼそっと)

401 :金髪少女:03/04/20 06:38 ID:???
>399
え…?でも…今私が持ってる武器類は
スタンスティック2つに小型閃光手榴弾と煙幕弾類少々、後ショルダーガードで
精々10kg位だけど…。

>400
よすも何も私は何もしてないさ。別に。

402 :赤毛:03/04/20 06:45 ID:???
>401
あ、あのね…(本気で困った顔)
嫌味の言い合いはもうよそうって言ってるの。
すっきりこないでしょ、こういうのって。
後々まで尾を引いたりしたらやだから。ね?


403 :金髪少女:03/04/20 06:51 ID:???
>402
別に嫌味なんて言ってないさ。只事実を言っているだけさ。
私ですら模擬戦で1勝1分け、生身でも1勝できたこいつに
負けつづけてるお前に嫌味を言われたからって嫌味を言う気はないさ。
(電波少女に小声で)
一応あの時お前が手加減してくれたのはわかってるからな…。
(そして元の声で)
それに、後を引く気もないさ。只…すぅ…すぅ…。

(完全に意固地になっている模様。しかも途中で又力尽きる。)

404 :赤毛:03/04/20 06:58 ID:???
>403
 やれやれ……なんだかんだでまだ子供ね。
 言うこと聞かせるには、力ずくでいくしかないわけ……ったく、面倒な話よね。
OK。良いでしょ。次は絶対に負けないから。ね?さて、教官……通路で寝ちゃってる……
よいしょっと。

405 :山崎渉:03/04/20 07:01 ID:???
(^^)

406 :自称17歳の少尉:03/04/20 12:48 ID:???
(器用にワイヤーを巻きつけ、リタイヤした機体を格納庫に牽引していく)
2体絡まってるのとか重い・・・。

407 :若い男女:03/04/20 13:04 ID:???
「ここがアマダ旅館サイド6支店ね?バーニィ。サイド6なんて何時以来かしら。懐かしいわ。」
「混戦する前の世界じゃ、俺たちが平和に暮らせるなんて思っても見なかったよな。クリス」
「あなたはソロモンで農業、私は幼稚園で保母さんなんてね・・・。平和っていいわ」
「それにしても、あのガンダムのパイロットがクリスだったなんて本当に驚いたよ」
「あら、私だってたった1機で喧嘩売ってきたあのザクのパイロットがあなただったなんて」

「あれ、何か部屋が火薬臭いな・・・」
「すいませんね。ちょっと隣に士官学校の団体が泊まっておりまして」

408 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 13:27 ID:???
(牽引されていく機体を見て)
ふぅ・・・む。
やはり今の機体のままでは、護りきれる自身が無いですねぇ。
改造の基本案はできてますし、整備担当生さんに相談してみましょうか。

409 :サイド6亭:03/04/20 14:52 ID:???
(その頃、支店の出店準備に大急がしのラーメン屋)

…その鍋を持って行け!早く荷物を纏めろ!
…打倒食神の夢を砕いてくれた礼だ……!
さっさと準備して、客に自慢出来る物を出さねぇか!

……えぇい、今暫く時間があれば……!

(…大急がしですな、本当に。)

410 :サイド6亭店員:03/04/20 16:12 ID:???
>409
て、店長、秘伝のアプサラ汁は既に支店に。
と、とりあえずは準備完了ですよ。

411 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 17:34 ID:???
すー、すー、うんぅ……
(医務室にて左手に包帯、右手に点滴の怪我人スタイルで寝ている)

412 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 18:33 ID:???
(休憩室、自前の端末で何かやっている。
 …どうやら、何かの設計案のようだ……)

……そういえば…そろそろ休憩時間も終わりだったか…?

(制服に上着を羽織っだだけで、コーヒーを飲む。)

413 :『メタルドールズ』 ◆0HPB.K3Ils :03/04/20 18:39 ID:???
「では続いては、『企業』所属のMS部隊『メタルドールズ』によるエキシビジョンです。
 『メタルドールズ』は、これまで秘密部隊として各種の特殊任務をこなしてきました。
 このたび組織の改変に伴い所属を変更、今後は精鋭部隊として大いに戦ってもらうことになります。
 これから行なわれるショーは新生『メタルドールズ』の最初の任務。皆様へのお披露目です。
 では皆様、彼らの秘められし実力、とくと御覧下さい。」

ウグイス嬢のコールが会場に響き渡る。
「……では、参りましょうか。わたくしたちの力を世界に示すために」
鈴を転がすような美しいソプラノの声を合図に、数体のMSが会場に姿を現した。

先頭を行くのは、白金の輝きを放つ『ガンダムサンドロックカスタム改』。
両肩に収められた巨大なショーテルはまるで翼のように見える。
後に続くのは、赤銅色の『ガンダムヘビーアームズカスタム改』、赤銅色の『ガンダムレオパルドデストロイ改』、白く輝く『キュベレイ量産型改』、黒光りする『ガンダムF90UL改』、黄色のMF『ドラゴンガンダム改』。
色とりどりの金属光沢を放つ高性能MSの群れは、一糸乱れぬ編隊を組んで宙を舞う。
重量級のMSも含まれるというのに、その動きは華麗にして正確。
乗り手の技量と、チームの一体感が一目で伝わってくるアクロバット。

……やがて、6体のMSは、ゆっくりと会場中央に降り立つ。
整然と並んぶと、騎士のように優雅な動作で片膝をつく。
個人演技の開始である。

414 :『メタルドールズ』 ◆0HPB.K3Ils :03/04/20 18:43 ID:???
最初に立ち上がったのは、黄色いMF『ドラゴンガンダム改』。
太極拳のような、ゆっくりとした動きで演舞を始める。
手刀を構え、静かな、スローモーションのような動きで虚空を蹴り、叩き切る。
やがて、少しずつ動きを速めていったMFは、背中から一本の白い棒を抜き取る。
瞬時に柄が伸びビームの刃が形成され、それはビームスピアとなる。
ビームスピアを振り回し、演舞を続けるドラゴンガンダム。
一通り終わると次の棒。今度はビームピック。
次から次へと棒を取り出し、その一本一本が異なる武器を形成する。
三又槍、棍棒、大鎌、鞭、曲刀、ヌンチャク、なぎなた、弓、斧……。
どの武器を手にしても、完璧な達人の動きを見せるガンダム。
最後にビームソードを手にしたMFは、華麗に「見えない敵」を切り刻み、演舞を終了した。
流れるような一連の演舞の素晴らしさに、会場から思わず拍手が巻き起こる。

……万雷の拍手を遮ったのは、爆音と銃声のフォルティッシモだった。
唐突に巻き起こった轟音に、観客たちは耳を押さえて驚愕する。
いつの間にか、赤銅と青銅の二体の重武装ガンダムが向き合って互いを撃ち合っていたのだ。
……どうやら、次の個人演舞はこの二体の模擬戦闘らしい。
そう思った人々は、二機の様子をまじまじと見詰め、そして驚愕する。
大地に足を踏ん張り、大量のミサイルとガドリングを乱射する2機。
その2機の背後には……いつの間に持ち込まれたか、二枚の巨大なガラス板が置かれていた。
コロニーミラーに使われる、特大サイズの透明板。とてもMSの銃弾に耐える力はない。
それが暴風雨の如きミサイルとガドリングの嵐の中で、割れるどころか傷一つついていない。
レオパルドから放たれる殺人的な量のミサイル。
それを、ヘビーアームズは両手のガドリングでことごとく撃ち落しているのだ。
しかも……その迎撃のガドリングにも一切の無駄弾がなく、レオパルド背後の板に届くものはない。
……あんなに乱暴に乱射しているのに、無駄弾なし!?
信じられないでいる観客をよそに、今度はヘビーアームズが無数のミサイルを放つ。
しかしこちらも、レオパルドがビームガドリングシリンダーを腕に装着、全弾撃ち落す。
狐に化かされたような気分の観客をよそに、爆風の嵐は一分ほど続き、唐突に終了した。

415 :助教授:03/04/20 18:45 ID:???
統制がとれてるね・・・・・・THE-Oじゃ勝てないかな?
とりあえずはお手並み拝見、と。

416 :サボリがちな生徒 ◆fHsu/NyJG6 :03/04/20 18:47 ID:???
(ようやくトイレから帰ってくる。
 どうやって生涯最大の危機を乗り越えたのかは……彼の名誉のために極秘。
 とりあえず見た目はマトモw)

……うあ、すごいなぁ。これ、どこの人の演技?
教官の演舞は見損ねたけど、これが見れたんだからいいなあ……。

417 :『メタルドールズ』 ◆0HPB.K3Ils :03/04/20 18:50 ID:???
レオパルドとヘビーアームズが去った演舞場。
硝煙漂いミサイルの残骸散らばるその場には、未だ二枚のアクリル板が残されていた。
先ほどの衝撃から回復してきた観客たちは、さかんに互いに囁きあう。
「……さっきのアレ、インチキしてたんじゃないか? あの板が防弾だとか……」
だが、一発の銃声がその推測の間違いを証明する。
一回の射撃で二枚の板に穴が開き、一瞬の後に割れ砕ける。
……いったいどこから射撃したのか?
見回した観客は、演舞場のギリギリの端でロングレンジライフルを構えるガンダムを見つける。
そのままライフルを撃ち続けるF90UL改。一体何を狙っているのか?
射線を目で追うと、演舞場の反対の端には量産型キュベレイ改の姿。
周囲には射撃の的をぶら下げたファンネルがいくつも浮いている。
本来重力下では使えないと言われるファンネルだが、射撃の的の役目くらいなら十分可能。
アトランダムに動く十数枚の的を、この長距離でガンダムは次々と撃ち抜いていく。
会場の巨大モニターに的の映像がアップで映る。
……遠距離からの射撃に関らず、その弾痕は全て一ミリの狂いもなく的の中央を貫いていた。

418 :首相:03/04/20 18:51 ID:???
首相「うん?この部隊は・・・・・・」
補佐官「企業最高の機密部隊が、ついに表に・・・・・・歴史の糸を繰る人形の群れども、か・・・・・・」
首相「補佐官?」
補佐官「失礼しました。とにかく、先ほどのアナウンス以外の情報は全て謎に包まれた連中です。戦力も、規模も」
首相「そうか・・・・・・」

419 :『メタルドールズ』 ◆0HPB.K3Ils :03/04/20 18:58 ID:???
最後に立ち上がったのは、白金に輝くサンドロック。
巨人は片手をすっと上げる……それに応え、十数体のマグアナックが演舞場に入ってくる。
そのままサンドロックを中心に、編隊を組んで整然と動きはじめる。
動きの途中で、突如、全ての機体が武器を構える。何もない空間に向かって。
そのまま、全ての機体が流れるような連携で動いていく。
……観客達は理解した。
ちょうどボクシングのシャドーのように、「見えない敵部隊」を想定して動きだしたのだと。
……高レベルのボクサーによるシャドーは、外の人にも「仮想の敵」がありありと見えるという。
この模擬戦闘も、まさにその通り。動きから言って、相手はほぼ同数のバクゥ部隊か?
相手の攻撃を回避し、牽制射撃を打ち込み、接近戦で確実にしとめる……その様子が手にとるように「見える」。
個々の機体のレベルは悪くはないが、他の『ドールズ』ほど高いわけではない。
ただ、その連携が素晴らしい。そして戦術の立て方が驚異的。
まさに理想の小隊行動の手本を見せながら、マグアナック隊は「架空の」バクゥ隊を殲滅した。

全ての演舞を終了し、『メタルドールズ』は再び整列すると、深々と観客席にお辞儀をする。
割れるような拍手を背に受けて、彼らは会場を後にした。

420 :金髪少女:03/04/20 19:02 ID:???
(一応あの後に体調は立て直し、観戦中。)
>413-414 >417 >419
……………凄いな…。
(然るべき場所に預けておいたビデオカメラその他によって撮影に集中している。
因みに撮影対象は赤銅と青銅、(興味本位で)白金が主である。)
……。

421 :赤毛:03/04/20 19:06 ID:???
最期のマグアナック隊とその隊長・・・・・・あれほどの指揮能力を誇る人が、
無名だったっていうの?あの動きは、訓練だけでできるもんじゃない・・・・・・
あの部隊。何かあるわね・・・・・・

422 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 19:15 ID:???
(「メタルドールズ」の演舞を貴賓席から見ている)

……すごいですねぇ♪
しかし、自分達の手札を白日に晒すなんて……好戦派のみなさん、よっぽど自信あるんですね☆
この人たちに対抗するのは、ちょっと骨ですよぉ……

423 :電波ジャック:03/04/20 19:33 ID:???
あらゆるテレビ画面が、一人の軍服をまとった少女の映像に切り替わる。その瞳に生気はない。
『サイド6市民の皆さん、聞いておられますか?私の名は、メイファ・ギルボード・・・かつて
ミネバ・ラオ・ザビと呼ばれていました。現在、企業と政府が合同で行っている観覧式を
ご存知でしょうか?政府は中立を破り、企業に組することでこのサイドを戦火に巻きこもうと
しています。我々はこの背信を見逃すことが出来ず、義の為にここに決起するものです。
・・・・・・そもそも、皆さんは、このサイドがどれほど多くの核弾頭を装備しているか、
ご存知でしょうか?
(テレビの画像に現れるデータ。サイド6に存在している核弾頭の数、そして威力が記されている。
控え目に言っても、それは地球を100度は滅亡させるに足るだけの量と質とを誇っていた)
これほどの核戦力を有しながら、現政府は惰弱にも、企業とAEMAの戦争に介入しよう
とはせず、安穏と自らの保身のみを計ってきたのです。
 政府打破のあかつきには、我々はこの核をもってAEMA・企業の両者をひれ伏させ、
全ての戦争を終らせる心積りでいます。
 ニュータイプ・・・人々の革新こそは、我らが父祖たるジオン・ズム・ダイクンの理想
でありました。この革新を、戦争こそが妨げているのです。ニュータイプが生まれいずるための
健やかなる土壌を作り出す為、皆さん、共に起ってください。ジーク・ジオン!』


424 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 19:36 ID:???
ん〜 …………うゃ?
(遠くから聞こえる観客の拍手喝采で目を覚ます)
え〜と……僕……寝てた……?

425 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 19:37 ID:???
>423
(ショー会場の近くの食堂でハンバーガーを食べながら見ているザク乗り)
ジーク・ジオン!
・・・って、俺には関係ねえか。
しかし、あの子・・・メイファ・ギルボードね・・・
なるほど、「白狼」のおっさんの迎えが来るわけだ・・・


426 :白狼:03/04/20 19:40 ID:???
(モニターをにらみながら)
ミネバ様・・・何故決起などと!戦に頼らず、平和に代って起つ道を模索していたと
いうに・・・ザビ家再興、もはやありえぬものとなったか・・・
(呆然と立ち尽くす白狼。どやどやと部下達が駆けこんできて、口々に決起を促す)
ひとまず、ミネバ様の元へ向かうぞ。せめて、この事件を無事収束させるのが、
股口の臣としての勤め・・・(沈痛な表情のまま、自室を去る)

427 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 19:40 ID:???
>423
ジオン・・・・遂に動き出しましたか…
・・・思想はともかく脅威には変わりありませんね♪(微笑

428 :自称17歳の少尉:03/04/20 19:41 ID:???
む・・・これは・・・。

(コックピットのモニターの一つに>423の映像が映し出される)

なるほど・・・。
そういうことか・・・。


429 :首相:03/04/20 19:41 ID:???
首相
「ミネバ・ザビ!盲点だったよ。彼女は隠遁しているのではなかったのか?」
補佐官
「担ぎ出した馬鹿がいるのでしょう。…・・・報告が入りました。彼らは「プルートー」
を占拠したとのことです。まずいですね……あそこは……」
首相
「戒厳令を出すんだ。それと、市街区域を封鎖。住人は速やかにシェルターに移るよう
放送してくれ。無用な混乱を招かない様注意を払う様。デマの発生を避けるため、
報道規制は最小限のものにとどめることを忘れるな」
補佐官
「承知しました!」

430 :企業艦隊:03/04/20 19:45 ID:???
無能な提督
「種、芽吹いたり!か!よし、作戦行動を開始する!第1目標はサイド6、1番地、
政府政庁の制圧!名目は治安維持の為、でよろしい!第2目標は例の施設だ。適当
に交戦したら、連中は降伏するはずだからな。全力で戦闘する必要はない!
 さて、行くぞ!」
メガネの副官
「お待ち下さい!サイド6政府の反応を待つべきです!」
無能な提督
「何をいっとるのだ?テロリストが蜂起したのを、偶然通りがかった我々が『助けて
やる』というのに。時間がなかった、とでも後で言ってやればいい」
メガネの副官
「(そういうことじゃないのよ……)」


431 :白金 ◆0HPB.K3Ils :03/04/20 19:45 ID:???
>423
(航空ショーの終わった専用格納庫にて放送を聞いている)
……ジンクは上手くやってくれたようですね。
あとは、「企業」の看板を穏健派に押し付けて、「企業」を分断して彼女の側に付くだけ……。
ジオン軍再生のためには、いくら「企業」を憎んだとしても「武器の供給者」は必要なのですから。
そして大きな戦乱が訪れ……わたくしたちの時代がやってきます。

整備員のみなさん、武装を実弾に戻しておいてください。
それから、ジンクが帰ってきた時のために、キュベレイのMDシステムを外してくださいね。
ファンネルも電波無線操作の偽物ではなく、ちゃんとサイコミュ式に。
……さぁ、これから忙しくなりますよ……

(格納庫はにわかに慌しくなる。存在しないはずの実弾装備が、メタルドールズ専用機に取り付けられる)

432 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 19:45 ID:???
(ホテルの一室)
>423
へぇ…あの子凄かったんスね。
でもなぁ〜んか本心に聞こえない気がするなぁ〜。

433 :金髪少女:03/04/20 19:47 ID:???
>423
……嘘…。戦争の早期終結…それはわかる。でも…核だなんて…。
大体、NJ使えば終わりなのに…。何でこんな事に…!大体…あいつ・・!
(混乱中。)

434 :NTコ−ス生徒:03/04/20 19:49 ID:???
(携帯テレビをコクピットで見ている)
なっ!ミネバ・ラオ・ザビ!?ってザビ家?
…まぁ指輪の紋章からしてゆかりがあるとは思ってたけど…。
……その理論は間違っている!!政府が持っているだけで本当に使うと思っているのか?!
あんたは…ザビ家はまた血が血を呼ぶ戦争をつくるのか?!!あぁああぁぁぁ!!!
(コクピットに響く叫び声、NTなら感じることができるであろう強い意思)

435 :放送:03/04/20 19:49 ID:???

指揮官「我々は、ミネバ様の志に意を同じくする者である!
見よ!我らが制圧した、この禍禍しき設備を!プルトニウムを大量に生産するための、高速増殖炉…
…核弾頭生産の為の設備が、このような市街地に存在する事を、諸君はどう思われるか!
 我々はこの戦果をもって、次の事をサイド6政府に要請するものである!
一つ!現サイド6政権は、即刻退陣せよ!
一つ!サイド6所属の軍は、直ちに武装解除すべし!
一つ!ミネバ様をサイド6最高権力者として認定を終えた後、議会は即刻解散せよ!
以上である!この提案が受け入れられない場合、我々はこの施設・・・「プルートー」を
即刻爆破するものである!この結果、このバンチに存在する市民の全てが死亡しようと、
それは決断が遅れた政府の責任である!!

436 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 19:49 ID:???
ミネバ・ザビですかぁ?!
なんでそんな大物が今ごろになって……!!

……まずいですねぇ。これでは、ジオン系の人たちが一気に動き出しますねぇ。
あたしのポジションとしては………。
とりあえず今は、養成所のみなさんと合流しますか♪
こういう言い方はしたくないですけど……あの人たちは、あたしにとって一番の「切り札」ですからねぇ☆

(慌てるSPを引き連れ、養成所の人々と合流するべく移動を開始する)

437 :整備部門生徒:03/04/20 19:50 ID:???
>423
な…か、核ですと?!
(格納庫のモニタに映し出された真実にただただ愕然)

438 :AEMA艦隊:03/04/20 19:58 ID:???
AEMA艦隊
「事態発生、か。あまりこのような作戦、好きにはなれんが・・・出撃するぞ」
(サイド6へ向け進路を取るAEMA艦隊)


439 :伯爵家旗艦「ホワイトレディ」 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 20:02 ID:???
艦長代理
「緊急事態発生ですね。了解しました、さっそくサイド6宙域に向かいます!
 ……しかし伯爵殿は、この事態を予想していたのでしょうか………?」

(サイド6近くの暗礁に隠れていた「ホワイトレディ」が、ゆっくりとサイド6に向けて動き出す)
(そのカーゴスペースには……養成所に置いてきたはずの、養成所MSたちの実戦用武器が)

440 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/20 20:03 ID:???
(>435の放送をぼーっとながめつつ)
……3点。
一つ、核弾頭は自衛手段という言い訳が通じる。
一つ、高速増殖炉は発電施設という言い訳が通じる。
一つ、君達は市民を敵に回す交渉をしている。そんな建て方の政権なんて必ず崩れるよ……


ふぁぁ〜……えーと、ホテルに戻った方が良いのかな……?

441 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 20:03 ID:???
・・・・やはり見せ掛けだけの平和だったか・・・・
人々が求めた偶像が崩れ去るハッキリとした兆し・・・
・・・フフフ・・・さてどう動こうか・・?

442 :首相:03/04/20 20:08 ID:???
「不穏な動きをしている部隊がいる。航空ショーで警戒任務にあたっている2個MS中隊でもって、
警戒・監視を行わせるよう通達するんだ。この事態を無事収束させることができれば、
彼らがこのコロニーに実戦兵器を持ち込んだことは良い外交カードになる・・・・・・」

443 :企業艦隊:03/04/20 20:12 ID:???
無能な提督
「こちら企業第弐艦隊!そちらの変を聞きつけ、治安維持に協力するために参上した!
陸戦隊、MS部隊ともに即時展開可能!応答を求む!」
メガネ
「・・・提督、巡洋艦レナウンより入電。『先行する艦隊あり。データ照合結果、
AEMA所属の艦隊であることが判明』とのことです」
提督
「なにー!やつらも事件が起ることをしっていたのか!?先を越されるわけにはいかん!
全速前進!砲撃準備!奴らを地獄に追いおとしてやれ!」
メガネ
「閣下!ここは既にサイド6領域内!戦闘行為は、中立協定への厳重な背信です!」
提督
「がーーーーーー!敵を見ながらにして何もできんのか!」



444 :シーマ:03/04/20 20:15 ID:???
さて、楽しくなってきたじゃないさ。
間違ってもあたしらの名前出すんじゃないよ。あたしらは企業かAEMAの「尖兵」
として、サイド6の暴動鎮圧に協力するんだからねぇ・・・・・・ククク・・・・・・ハハハハハハハハハハ!!!!

445 :サイド防衛艦隊:03/04/20 20:18 ID:???
接近中のAEMAおよび企業艦隊、および「ホワイトレディ」に通達しろ。
貴殿らは領海航行協定「サイド6領域における非武装」に違反している!
ただちに停船せよ!くりかえす!ただちに停船せよ!

446 :NTコ−ス生徒:03/04/20 20:19 ID:???
整備の人!なにか実戦用武器ないの?
え?キュベレイはファンネルだけ?MSの戦いになって人が危機に晒されるかも知れないのに!!
どっちにしろここで燻っているよりはいい!状況を理解理解するためにも…!どいてください!
NTコ−ス生徒、量産型キュベレイ行きます!!

447 :暗礁空域にて:03/04/20 20:21 ID:???
「クーデター始まっちゃったね」
「何も心配する必要はないさ。
俺たちは企業とAEMAの艦隊が戦闘始めたらどさくさ紛れにブリューナクとこいつの実戦テストをしていくだけだ」
「そうだね・・・でも・・・」
「でも?」
「死なないでね・・・いつもの君じゃないよ、死に急いでるような感じ」
「・・・・・・・そんなことはないよ。終わったら、二人でアッガイ寿司に晩御飯食べに行こう。」
「・・・・・・・・うん」

448 :首相:03/04/20 20:21 ID:???
首相
「彼らは依然領海内に居座っているのかい?やむをえないな・・・・・・
両艦隊に通達してくれ。『警告する。警告する。貴艦隊は領海内の船舶交通に
関する条例及び中立協定への厳重な違反をおかしている。直ちに武装を解除、
領海内よりすみやかに退去せよ。繰り返す。速やかに退去せよ。
 もし貴艦隊が退去しない場合、サイド6は貴艦隊の行動を侵略を目的とした
ものであると判断、国防法第2条及び第9条6項に基づき、国土防衛の
ため、宣戦を布告。迎撃行動を開始する。
 なお、迎撃に用いられる弾頭は通常にあらず』以上だ。速やかに頼むよ。
事前計画通り、反撃は最大威力のもので行う」
補佐官
「『ドゥームズデイ』を使うというのですか!?・・・せめて議会を緊急召集
するべきです!あれは、あれだけは、たとえ軍事目標に対してでさえ使っては
ならない!25テラトンの核です!それを連射すると!?」
首相
「あらゆる権利は行使する為に有る。我々は、中立を犯す者はあらゆる手段を
用いて撃破・殲滅すると常に公言してきた。それが事実であることを、知らし
める必要がある。もし、ここで引けば……公言は形骸であると認めることにな
る。舐められるわけにはいかないんだ。せめて、この恫喝で引いてくれればい
いが……」
補佐官
「もし彼らに核攻撃を行った場合……企業及びAEMAがサイド6に侵攻して
くる可能性は極めて高い……それもご承知でしょうな?彼らも舐められるわけ
には行かないのです。どちらかが艦隊による侵攻を駆ければ、均衡が保たれて
いた軍事バランスも崩壊、世界はかつてない戦争の炎に包まれることになるでしょう……」
首相
「解かってるさ。でも、やるしかないんだ。このサイドが国家としてあるためには」
補佐官
「……了解しました」
(補佐官の電話の声が小さく響く)


449 :伯爵家旗艦「ホワイトレディ」 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 20:23 ID:???
>445
「どうします、艦長代理?」
「仕方ない、停船しよう。幸い、武装解除せよとは言っていない。
 ……この位置なら、コロニーから出てきた養成所のMSも来れるだろう。
 状況を常に確認、後々の問題になることだけは避けるんだ!」

(その場で停止するホワイトレディ。「領域の確認のミス」という下手な言い訳がこれで口にできる)

450 :伯爵家旗艦「ホワイトレディ」 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 20:29 ID:???
>446
「……仕方ない。サイド6領域のギリギリまで引く。
 間違っても2つの艦隊の戦闘に巻き込まれないようにするんだ……。
 我々の任務は何よりも伯爵たちを守ること……
 彼女にとって、政治的に不利になるような真似は避けたい……」
「……了解しました……」

(ゆっくりと後退。サイド6側に謝罪のメッセージを送りつつ。
 ……ただし、全速ではない)

451 :サイド6MS隊員:03/04/20 20:29 ID:???
>446
止まりたまえ!状況はきわめて複雑なんだ!君が激発すると、事態が収集不可能に
なる可能性がある!君の手で、サイド6での戦争をはじめさせたいのか!?(5機のヘビーガンが銃口を向ける)

452 :AEMA艦隊:03/04/20 20:30 ID:???
AEMA提督
「・・・・・・サイド6の首相殿、風評とは裏腹に決断力のある方のようだ。
 艦隊反転用意。作戦中止を高官に具申しろ」
オペレータ
「企業艦隊、停船しません!なおも前進中!!!」
オペレータ2
「高官より入電!企業艦隊反転せざる限り、貴艦隊はサイド6への前進を継続せよ・・・・!」
AEMA提督
「・・・・・・何をばかな!地獄の蓋をあけるつもりなのか!!」


453 :企業艦隊:03/04/20 20:31 ID:???
メガネ
「提督!進撃中止を具申します!政府がこちらの助力を拒絶した時点で、こちらの
作戦の大義は失われているのです!」
提督
「・・・・・・却下する。しょせんブラフだ。中立の名の元に平穏をむさぼる連中に、
一体何ができると言うのだ。こけおどしで引いたとあっては、ワシの沽券に関わる!」
メガネ
「(馬鹿が!!!世界を全面戦争に叩きこむつもり!?そのきっかけが核攻撃ならば、
その戦争はあらゆる手段を用いたものになる可能性がある……コロニー爆弾による地表攻撃、
サテライトキャノンによるコロニー群の殲滅!人類が……滅ぶかもしれないのに!そもそも、
サイド6を占領したからといって、橋頭堡が一つ増える程度の戦果でしかないし、
政治的影響を考えると寧ろ作戦そのものが無価値……)」
 呟きながら、拳銃を抜こうとする副官。
提督「狂乱したか!取り押さえろ!」
取り押さえられる副官。
提督「君には休暇が必要なようだ。独房で、ゆっくり休むがいい。帰還したならば、
ゆっくり査問会でも開こうではないか。連れて行け」
副官(どうにもならない・・・・・・もう、止められない・・・・・・)





454 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 20:36 ID:???
(一連の放送を聞いて)
な・・・?!
どういうことなんですか!?

455 :NTコ−ス生徒:03/04/20 20:38 ID:???
>451
ちっ!うざってぇ!!
(機体を停止させて渋々通信を開く)
『ちょっと待ってください!すぐ近くに艦があるんです!
自分は艦に行って連絡をまつだけです!ここを通してください、お願いします!』
(でまかせだけどたしかにここらに艦がある筈だ…)

456 :金髪少女:03/04/20 20:38 ID:???
>454
…どうもこうも…聞いたとおりさ。
(少し落ち着くが、明らかに顔が青ざめている。)

457 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 20:40 ID:???
(既に行動開始)
ちっ、ここのルートも閉鎖済みかよ!
とりあえず皆さんと合流しなきゃなぁ…
(右往左往)

458 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 20:40 ID:???
さて、どうしたらいいのかな・・・
とりあえず、「別命あるまで待機」って所か?
(格納庫内で相変わらず、ハンバーガーを食べているザク乗り)

459 :堕天使と呼ばれた教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/20 20:40 ID:???
>454>456

……知らんよ。
要するに、戦争好きなバカがたくさん居たってだけのことさ。
いつの時代も、大戦争のきっかけは数人のバカの間違った選択なのさ。

……とりあえず、MSを動かせるようにしておけ。
事態がどっちに転んでも、俺たちの武器はこれしかない。
可能な限り、火が小さいうちに消し止める……!!

(厳しい目で呟く。その目はすでに「やる気のない」教官のものではない)

460 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 20:40 ID:???
>456
なんだって今更ザビ家の血なんてものを持ち出すんです!
そんなに血筋が大事なんですか!?
・・・っと、貴女に言っても意味が無いですね・・・すいません。

461 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 20:41 ID:???
>454
>456
…とにかく落ち着けよ、今は静かにしているべきだろう…
……だが…備えは必要だ……警戒はしておくんだ……

462 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 20:43 ID:???
>459
ういーっす。
(「ワイルドシング」のコクピットに潜り込み、起動準備をするザク乗り)
・・・どう動くかな・・・
まあ、いい。
俺は振り下ろされるだけの斧の頭。
的は選ばねえ・・・

463 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 20:43 ID:???
>459
その通りだな・・・出来ることをしようか。
手伝うぞ、堕天使。

整備班、紅龍のメンテは如何だ?四頭龍が無事なら色々と活路を見出せる。

464 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 20:43 ID:???
>455
まって!まだうごいちゃだめ!!
(眼前に立ちふさがる)

465 :金髪少女:03/04/20 20:45 ID:???
>459
……でも…こんな状況で出て行けば…宣戦布告するような…。

>460
……さぁな。そういうのに拘る奴もいるってことだろ。

>461
……確かに…供えはする必要は…。
(納得する。)

466 :某国会議:03/04/20 20:46 ID:???
「……やはり…双方はサイド6への侵攻狙い…か。どういたしましょう。」
「勿論我々が方針をかえることはない。今まで通り中立を貫き通す。
但し…衛星軌道上と周囲への警戒は強化するべきでしょうな。」
「まぁ…そうですな。こちらは新型Gの指揮官への配備も進んでいるしな。」
「では…その旨を発表します。」

(事件が起こって20分後、改めてこの国より表面上の公式発表がされる。それは、
どの国に対しても。例えジオンのクーデターが成立しても全ての国と中立を保つという
姿勢である。)

467 :噂好きの女生徒 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 20:46 ID:???
(養成所のメンバーの所に走って到着)

ハァ、ハァ……みなさん、いらっしゃいますかぁ?!
この事態……どう静めます?
武器が必要なら、ホワイトレディが近くまで来てます……でも、これ以上は近づけない……

468 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 20:47 ID:???
>459
了解しました!

ネロはまだ使える状態じゃ・・・何か代用機があれば・・・!
(格納庫へと)

469 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 20:48 ID:???
>463
一通りの作業は終了しています。
ただ・・・フレームの歪みが一部修正しきれていません・・・。
もう少し時間をいただければ、なんとか9割方が終わらせられます!

470 :自称17歳の少尉:03/04/20 20:49 ID:???
>455
ほらほら、それ以上進むと、大事な彼女踏んじまうぞ。

(接触回線に切り替えて)
相手は小型だし、飛べるといってもジェガンと大差ない。いざとなればいつでも撃破できるような相手だ。
焦って飛び出すなって。


471 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 20:50 ID:???
っと!到着ぅ!!
(ズサササーーと砂もないのに変な音を立てながら格納庫入り)
はぁはぁ・・面白いことになっちまったッスねぇ、旅行がさ。

472 :自称お姉さん ◆wjp6F0LD8M :03/04/20 20:50 ID:???
なんだかきな臭くなってきたねぇ・・・。
ブラッディ・ローズを偽装して持ってきたのは正解だったかな?

473 :整備部門生徒:03/04/20 20:51 ID:???
>469
手伝います。
非常時です、ピッチを上げていきますよ?


474 :NTコ−ス生徒:03/04/20 20:51 ID:???
>464
『まだ?!今動かなきゃいつ動くんだよ!!こうしてる間にも人が……人が…どいてくれぇぇえぇ!!』
(コクピットで頭を抱え込む、頭の中では過去の惨劇がうつしだされる)

475 :金髪少女:03/04/20 20:52 ID:???
>468
(小声)
……あいつの機体、使ってみるか?かなりピーキーな設定だから操縦し難いかもしれないけどな。


476 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 20:52 ID:???
>469>474
すまないな、無理をさせる。


477 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 20:53 ID:???
>473
お願いします!!
左足の第三フレームから、変な音がしてるんです!
他にもドラゴンハングの一つも動きが若干ぎこちないみたいで。

478 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 20:54 ID:???
>474
だめ・・・。
いま、このくういきはかやくのつまったたいほうのつつ・・・。
あなたがひきがねになってもいいの?

479 :白狼:03/04/20 20:55 ID:???
(高速増殖炉「プルートー」内部にて)
白狼
「ミネバ様!このような愚挙はお止めください!無用の騒乱を起こして何になりましょうや!
民を思うてこその為政者!そも、ザビ家がジオン様と共に起ったのは、迫害に苦しむ宇宙の民を
救わんと思ったからこそではありませんか!なにとぞ!なにとぞお聞き入れを!!」
ミネバ
「・・・・・・命である」
白狼
「ミネバ様!?」
ドルク
「ああ仰せや。さっさと部隊率いて、プルートーの警戒にあたらんかい。ぼけじじい」
白狼
(・・・・・・あのようなことを申すお方ではない・・・・・・薬?どうにか確かめられぬ
ものか・・・・・・)

480 :整備部門生徒:03/04/20 20:55 ID:???
>477
ちっ、やはり多少なり昨日の演武の影響が残っているみたいですね。
フレームを開きます、貴女はハングの根元と間接を見てみてください!

481 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 20:56 ID:???
(起動準備完了)
よし、これでいつでも出られるな。
ま、出番があるどうかはわからねえが・・・
(一旦、降りてきて)
「ワイルドシング」いつでも出せます。
武装はお飾りですがね。
>467
・・・さあな。
あんたはどうしたい?
親父さんなら・・・どうしただろうな・・・

482 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 20:56 ID:???
>475
あいつって・・・、茶髪の彼のですか?
あれなら・・・でも、彼用の設定で私に使いこなせるか・・・。

483 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 20:58 ID:???
>476
これがわたし達の仕事ですからっ!!

>480
はいっ!
全力でやりますっ!
(急ピッチでドラゴンハングを解体。原因を探る)

484 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 20:58 ID:???
>481
(WTの下にいるザク乗りに駆け寄る)
んふふふ〜今ならアレを振るえますよ♪
どうします?

485 :灰色の疾風と呼ばれた教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 20:59 ID:???
…俺のバーストは……何とか大丈夫か……。

>480
…糞っ…!俺の独断の所為か…!

>467
ホワイトレディが来てるのか……
…俺のグレイなら、ファントムで行けるが…皆の機体は無理か…

486 :金髪少女:03/04/20 20:59 ID:???
>467
(小声)
……私には…わからない。でも無闇に動くと大変な事になるだろうな。

>482
(小声)
……手はある。普通には使えこなせなくてもこっちの機体に乗っかって、
移動はこっちで、攻撃はそっちでやれば問題はないさ。

487 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 21:00 ID:???
>484
おお!心の友よ!
念のため、火薬も持ってきてて良かったぜ。
これでいくらかはまともに戦えるな!

488 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 21:01 ID:???
>467
大掛かりな芝居を打つしかないですかねぇ?
あれは、デモンストレーションの一環で、昨日の模擬戦の続きにするとか・・・。

>486
しかしそれでは貴女の負担が・・・。

489 :噂好きの女生徒 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 21:02 ID:???
>481
(ザク乗りとのいさかいがあったことも忘れ、相手の言葉をかみ締める)
……パパなら?
パパなら……そもそも、こんな事態にならなかったでしょうねぇ……。
(自虐的な微笑み)

あたし……このサイド6で、パパと昔仕事の付き合いのあった人たちに会って、何度も言われたんですよぉ。
『我々が付き合っていたのは前伯爵だ、伯爵家ではない』って……
あたしの器じゃ、パパの領域には手が届かないんですかねぇ………

490 :漆黒の戦艦:03/04/20 21:02 ID:???
「さて、・・・そろそろ出るか」
「がんばってね・・・それと・・・・・・・・・・・・死なないで」
「・・・・・・・・・。俺が、約束破ったことあったか?」
「ないよ・・・・・。でも・・・。(何時もより、暗い顔・・・)」
「大丈夫だ。心配せずにいつも通りやろう」
「うん・・・」

両勢力の艦隊に向かって、1機のMSと、戦艦は前進を始める。

491 :整備部門生徒:03/04/20 21:03 ID:???
(フレームを開き、原因であるフィールドモーターの伝達系部品の破損を取り替えている)
>485
教官殿の所為ではありません!こんな事態、誰が予想できましょうか!
後悔している暇は無い筈です、グレイの調子を少し確認願います!(強い口調)

492 :金髪少女:03/04/20 21:05 ID:???
>488
(小声)
それに、あいつが一時的にコロニー出る間に何かがあった時の事も考えてて
機体のOS一般用にした可能性もあるしな。何とかなるよ。
もし無理だったらホワイトレディに離脱すればいいしさ。

493 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 21:06 ID:???
>485
やってしまった事を悔やむよりも、今できることをお願いします!
戦闘が始まるまでは、ここがわたし達の戦う戦場。
始まれば、戦場は教官殿達の手に委ねられるんですから!

494 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 21:07 ID:???
>487
OK、了解でーす♪
では作業開始ですね♪
(アダムは港に…しかし今は閉鎖の最中…あとで取りにいきますか)

495 :灰色の疾風と呼ばれた教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 21:07 ID:???
>491
…そう言ってくれると、有り難い…!
(機内コンソール…チェック)
…各装備・系統に異状無し…良し、行ける……!

……不安なのは…フレームにガタが来てる事か……

496 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 21:09 ID:???
>489
そうかい・・・
手が届かないのなら・・・俺が踏み台になろう。
君が入りたい部屋のドアは俺が開けてやる。
教えてくれ。
俺はどこに走ればいい?
>491
とりあえず、武器がいるな・・・
「WT・DA」なら一気に突っ切れるんだが・・・
(整備部門生徒に)
・・・DAパーツはホワイトレディの中だったな?
くそ、DAパーツを取りに行くためにDAパーツが必要になるとはな・・・
悪い冗談だぜ・・・


497 :NTコ−ス生徒:03/04/20 21:10 ID:???
>478
『…俺はあいつを知っている…少し…ほんの少しだが……だけど止める!あいつを止めるんだ!
俺が引きがねになるんじゃない!引きがねを俺が…俺が止める!!』


498 :所長:03/04/20 21:10 ID:???
皆さん、研修旅行を楽しんでいらっしゃるでしょうか?
サイド6での航空ショーは勉強になりましたか?
帰還した際、レポートを原稿用紙10枚程度で提出するようおねがいします。
(こちらはうわさ好きに向けて)
あの二人の放校処分のことですが、退学届を出されたわけでもありませんし、
在学扱いということにさせていただきます。
当校は中立地域ですので、そちらが退学処分を申し出てきても、
却下するつもりでしたけれど。

それでは、みなさん。勉強、がんばって。



499 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 21:10 ID:???
>496
んふふふ〜こんな事もあろうかと!
ロイヤルミストのコントロールをWTに回して擬似的ですがSFSに出来ますよ♪

500 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 21:11 ID:???
>492
そうですね・・・ここでうじうじしててもしょうがないですし、やってみますか!

>496
FALSEなら動けるはずです、お使いになりますか?

501 :自称17歳の少尉:03/04/20 21:13 ID:???
>496
バックウェポン装備形態ならMS乗せたままホワイトレディーまでいけるんだが、
昨日のショーで使っちまって全部宇宙に漂ってるらしい・・。

せめてそれが回収できれば他のヤツの分も携帯火器ぐらい持ってきてやれるんだが・・・。

502 :噂好きの女生徒 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 21:13 ID:???
>493
(自分に向けられた言葉ではないが、言葉の一節が耳に飛び込む。
 『やってしまった事を悔やむよりも、今できることを』)

……そうですね。今できること………。
コロニー防衛隊はクーデターを制圧しきれず、外の状況に手一杯……
諸悪の根源はあのクーデター……あれを制圧すれば……
あたしたちが制圧するためには……
(高速で思考していく)

(>498のメールの内容が、突如脳裏に浮かぶ
……そうか………わかりました!

……あたし、首相に会ってきまぁす! 出撃準備しながら、待っててくださぁい☆
(来たとき同様、勢いよく飛び出していく)

503 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 21:14 ID:???
>497
(うつむいてしばし考慮中)
そう・・・ならわたしもいく!
(見上げた顔には決意の表情が)

504 :金髪少女:03/04/20 21:15 ID:???
>500
……一応言っとくがすぐ出撃する訳じゃないからな。それと…
これ、確認しといてくれ。
(武装データと位置に関するデータファイル。)

505 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 21:17 ID:???
>504
ええ、事の発端になる気は無いですよ。
OS等の確認作業に行ってきます。

506 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/20 21:18 ID:???
(ズゴックFタイプのコックピット内、コンソールを操作中)
ったく武装は模擬戦ん時のままかよ、ま、悔やんだところで意味なしだ!

507 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 21:19 ID:???
>502
そうこなくちゃ!(勘違い)
(「WT」にワイヤーを使って、飛び乗るザク乗り)
さあ、乗りな!
(しかし、反対方向に走り去る噂好きの女生徒)
・・・あれ?どこ行くの?

508 :金髪少女:03/04/20 21:21 ID:???
>502
……何か思いついたのか…。

>505
…そうか…分かった。

509 :NTコ−ス生徒:03/04/20 21:22 ID:???
>503
……分かった…。俺一人より楽になる!
コクピットに乗せるぞ!まず手に乗ってくれ!!
(キュベレイの手を猫目少女の前に置く)

510 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 21:24 ID:???
>508
貴女こそ・・・この戦い、学ぶことが多いと思いますよ。今後のためにも。

(アストレイのコクピットでシステム調整)
これなら・・・私でも使える。
推進系の反応速度をもう2ランク上げて、武装は・・・。
斬艦刀は・・・使い切れますかねぇ?

511 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 21:26 ID:???
>509
うん!
(満面の笑みを浮かべて、差し出されたキュベレイの手に乗り移る)

512 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 21:26 ID:???
(サイド6首相、カムラン・ブルームの所に乗り込む)

突然で失礼ですけどぉ、面会お願いしまぁす☆
政治的に全て上手くいく方法があるんですよぉ!
時間との戦いになるんで、早くお願いしまぁす!
ここで戦争になったら……紅茶を飲む約束、果たせなくなっちゃいますよぉ☆

(首相官邸の警備員に止められながらも叫び続ける)

513 :首相:03/04/20 21:28 ID:???
カムラン
「彼女は・・・・・・」
補佐官
「警備兵!彼女を通してやれ!どうやら妙案があるようですね、あの様子だと」

514 :金髪少女:03/04/20 21:29 ID:???
>510
それくらい……わかってるさ。
(それはお前が想像してるのとは別の物だろうけど…。)
まぁ、今回は近接戦はお前に任せるさ。

515 :整備部門生徒:03/04/20 21:30 ID:???
(額の汗を拭いながら立ち上がる)
全機チェック完了、「もしも」の事態に耐え得る状態になりましたよ!!

516 :海賊娘。 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 21:30 ID:???
海賊娘「あ〜ん、そんな大掛かりなぁ!」
ゾック娘「えっと、どないせぇっちゅうねん!」
種馬の娘「とりあえず……親父のとこ戻ってみよう……」

種馬「……なんてこったぁ。俺達はスタンバって置くが……」
??「……俺も、でよう。
 まさか、こんなふうに出番になろうとは……

 ……出ろ!ガンダ――ム!」

 その声に答え、港に搬入されたMS用コンテナが弾け、1機のMSが主目がけて飛び出す……

517 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 21:32 ID:???
(ドラゴンハングの最後のネジを締める)
これでよし、っと・・・。
熱い教官殿!いつでも行けます!!

>515
こちらも終わりました!
(帽子が油まみれになっている)

518 :噂好きの女オーナー ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 21:33 ID:???
>513
(入れてもらって、カムランに向き合う)

……クーデターを抑えるだけの能力、どうやらないようですねぇ………。
外への備えで手一杯なのは、わかってますよぉ……。頼りの私兵軍も動かせませんし……

でも♪ あたしは、首相のために動かせる人たちを知ってるんですよ☆
……航空ショーでも大活躍した、ウチの養成所の人たちです☆

あの人たちは、あくまで「中立の」コロニーに存在する「中立の」養成所……
どこから資金援助受けてようと、どこが領空侵犯して戦闘になろうと、「中立」なんです。
「企業」でも「AEMA」でもないんですよ♪

519 :整備部門生徒:03/04/20 21:35 ID:???
>517
ご苦労さまです、いやぁ貴女がいなければこうも早く行かなかったでしょう。
もう一度お礼を言わせていただきます、ご苦労様、ありがとうございます。
それにしてもお互い油まみれですね…いつもならもう少しスマートに仕事を終えられる筈ですが(苦笑

520 :NTコ−ス生徒:03/04/20 21:36 ID:???
>511
(キュベレイの手をコクピットに接近させる)
……ハッΣ(゚Д゚;どこに乗せれば?!……考えてる暇はない!俺の膝の上に乗ってくれ!
(頭を精一杯使って考え始める)
あの時…白狼に会わせると言ってた……しかしあの有名な白狼はそんな事させる筈がない…あの車の女は偽者!?
あいつはあたしの主はあたし自身と言ってたし…電話番号で確認を…!!
(携帯で電話をかける)

521 :とあるホテルにて:03/04/20 21:37 ID:???
「デ、デュオ、ちょっと来て!」
「ったく、なんだよヒルデ・・・!」
(そのテレビには、AEMA、企業の両艦隊を相手に戦っている2機のサーペントの姿が映し出されていた)
「デュオ、お前も見ていたか」
「トロワ!?じゃ、じゃあこのサーペントはもしかして・・・」
「嗚呼、ヒイロと五飛だろう。さっきから連絡が取れない」

(不意に、部屋の壁は吹き飛び、何かが飛び出してくる)
「生ませろぉぉ!」
「ち、またホモか!」
「時よ止まれ!! ザ・ワールド!」
「行け!前髪君!」

522 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 21:37 ID:???
>519
いえ、センパイの指示が無ければこうは・・・。
こちらこそ、有難う御座いました!!
・・・確かに、油まみれですね。(にっこり)

523 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 21:38 ID:???
>515>517
おう!その言葉待っていたぞ!
ご苦労さん、後は俺達パイロットの役目になるだろう。

(愛機を見上げる)
紅龍、何があってもこいつ等は守り通すぞ。
(自分に言い聞かせるかのように呟く)

524 :首相:03/04/20 21:39 ID:???
首相
「・・・・・・一本とられたかな。どうやら、伯爵はよい後継者を持たれたようだ。
よろしい。サイド6政府は、君たちに本騒乱の鎮圧を依頼する!武装等は
こちらの防衛隊から供出しよう!」
補佐官
「彼らの戦艦が1隻、こちらに入港許可を申請しています。受け入れ許可を、
彼らに打電することとしましょう」
首相
「それでは、頼みます。こんな馬鹿げた茶番は、早く終わらせないといけないからね」
補佐官
「私は、彼らと同行することにします。一応監視役が必要でしょう?」
首相
「頼んだ」


525 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 21:40 ID:???
>520
りょうか〜い☆
(NTコース生の膝の上にちょこんと座る)

526 :宇宙港:03/04/20 21:41 ID:???
「ホワイトレディ、着艦許可!」
「よし!武装搬入急げよ!戦争を防げるのは・・・・・・あいつらだけなんだからな!」
(すさまじい勢いで作業を進めるサイド6港湾員)


527 :噂好きの女オーナー ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 21:41 ID:???
>524
ご理解、感謝いたします☆
それでは「ホワイトレディ」、入港させますねぇ☆
心配しなくても、戦艦自体の砲は封印しますから♪

(即座に連絡が入る。「ホワイトレデイ」はサイド6に向かい、養成所のみなにゴーサインが)

528 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 21:41 ID:???
>514
近接戦ですか・・・。
昨日は完璧にやられましたからねぇ。
う〜〜ん、こんな大きなのを振り回すくらいなら・・・。
(外の整備兵に向かって)
すいません、こいつでも使える出力が高めのサーベルありませんか?

529 :謎の宇宙忍者:03/04/20 21:42 ID:???
ジンク「……うふふ……さぁ踊れ踊れ僕らの手の平で……」
ガンメタル&ニッケルシルバー「……コイツ、目が逝ってるよ……」

サンダール「ええい、ハマーンは何をやっていたのだ……彼女をあのように……

……違う、これは……(ピキーン)」

ジンク「(キュピーン)ハゥアッ!」

530 :灰色の疾風と呼ばれた教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 21:42 ID:???
(パイロットスーツに着替え戻って来る)
>515
…了解だ。
……君達の力…決して無駄にはしない…
…俺達を…信じてくれると…有り難い…!

……………。
(そのまま颯爽と自機へと歩みを進める。
 その程良い緊張と気迫は、正に東洋の戦士を思わせる物だ。)

531 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 21:44 ID:???
(既に宇宙港に到着、様子を見ていた)
あれは噂好きさんの……(少し笑う)
流石は伯爵殿、これですんなり事が行える…。
(秘密裏に停めてある船舶に乗り込み船内の格納庫に消えていく)

532 :伯爵家旗艦「ホワイトレディ」 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 21:45 ID:???
>526
「受け入れ、感謝します。
 ……それにしても、伯爵殿はどんな魔法を使ったんだ?」

(コロニー港に入港、養成所の武器が続々と下ろされていく)

533 :灰色の疾風と呼ばれた教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 21:45 ID:???
>527
…始まった……!
…グレイ・ヴィクトリア…出るぞ…!
(カタパルトから射出される機体、行き先は宇宙港。)

534 :補佐官:03/04/20 21:46 ID:???
>527
(車を回して)
 お急ぎでしょう。この車でお送りします。
・・・ほな、パーティータイムやな。市民の避難は完了しとる。首相から、
市街の損害にかまわず敵を殲滅せよとの許可もとったしなぁ!
 さっさと終わらせて、観光の続きでもしよかぁ!

535 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 21:47 ID:???
……まさか、演舞の為に来たはずが、実戦の為に出撃する事になるとはな……

…………種馬の、そっちはそっちでしっかりやってくれよ……
(鋼鉄の武神は主の指し示すがままに歩みを進め、同胞達の元へと向かう)

536 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 21:47 ID:???
>527
了解だ!行くぞ紅龍!
(他の機体と同じく発進)

537 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 21:48 ID:???
>527
さて、行くか!
(コロニー港に移動)
ショットガンにバズ・・・BS、グレネード、左腕内蔵瑠弾ミサイル・・・
全部あるな!?
「ドズル」は間に合わなかったか・・・
まあいい!これだけあれば・・・
<通信>
ザク乗り機、実戦装備に換装終了!
いつでも出られます!



538 :金髪少女:03/04/20 21:50 ID:???
>527
……OK…か。でも一体どうやって…!
(mail)
どうやって許可をとったんだ?一体…。


539 :白狼騎士団オフィス:03/04/20 21:50 ID:???
ぷるるるるるる 
事務員「はい、こちら白狼騎士団オフィスです。仕事の依頼の件でしょうか?」

540 :整備部門生徒:03/04/20 21:51 ID:???
(同じく作業用ジェガンに乗り込み宇宙港に到着)
>537
ザク乗り生徒、これを。
貴方の相棒でしょう。
(ジェガンからドズルが手渡される)

541 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 21:52 ID:???
>527
始まった!?
換装を急がないと!
(武装を全て実戦用に変更。さらに、RX-93のサーベルを一つラックにしまう)
これで・・・!
出撃準備完了!いつでも行けます!!

542 :謎の宇宙忍者:03/04/20 21:52 ID:???
ジンク「……やられた」
ニッケルシルバー「何?」
ジンク「誰だか知らないが、強力なサイコミュを使ってボクのそれを打ち消したんだ!」

そして、ジンクが席を立つと、周囲に組み上げられたサイコミュが次々とへ煙を吹き、機能を停止する。

>532
クレイ「へへ、クレイ・ガーンズバック、ゲルググM改、でるぜぇっ!」
ウィン「……俺のドライセンも積んであったんだなぁ……うんうん」
マードック&シーラ「我々の分も頼んだぞ――」

543 :噂好きの女伯爵 ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 21:52 ID:???
>534
(補佐官の独特の訛りに気づき、一瞬驚き、すぐに微笑みを浮かべる)

……全く、どうやって潜り込んでたんですかぁ☆w
でもおかげでなんとかなりましたね♪
市民の避難とか、あなたのおかげで間に合ったんでしょう?

さ、あたしたちも行きますよぉ☆
とりあえず、港の方にお願いしまぁす☆
ゼファーUを起こしてあげないと♪

544 :灰色の疾風と呼ばれた教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 21:56 ID:???
(宇宙港)
…皆来てるな……。

…弾薬補給完了…チェック完了。
…エネルギー供給システム…チェック完了。

…これか…良し……。
<通信>
出撃準備完了、行けるぞ…!

(その機体には、腰回りに一振りの日本刀の様な物が…)


545 :NTコ−ス生徒:03/04/20 21:56 ID:???
>539
突然だが予定でミネバ・ザビが来る筈だっただろう?来てるのか?
くそっ!時間がない!!NTコ−ス生徒、量産型キュベレイ出る!!
(電話したままキュベレイを操縦する)

546 :偵察中:03/04/20 21:56 ID:???
伊達や酔狂で特務はやれんわなぁ。本物の補佐官殿にはちょいと旅行にいってもらっとるわ。
さて、港やったな。その前に・・・・・・
(通信)
「おい、養成所の連中、元気しとったか?ひとまず、部隊を地上
制圧と、高速増殖炉占拠の二つにわけたほうがええで。
高速増殖炉は現在リンクが絶たれ、外部から運転を停止するのは
不可能や。直接端末を接続してハッキングを仕掛けるほかないわ。
外壁ルートを辿って高速増殖炉に侵入、ハッキングを仕掛ける。
爆弾で強制的に爆破する可能性もあるから、爆弾処理ができる、
手先の器用な連中もほしいところやな。データは今送るよってに。
地上班、連中の増援が来る可能性があるよって、地上の戦力の
殲滅・撃破につとめちゃもらえんか?いまんとこ確認されとるのは
武装バギーと歩兵ぐらいやが、サイド防衛隊の一部に不穏な動きが
あるんや。ほな、よろしく!」

547 :白狼騎士団オフィス:03/04/20 21:57 ID:???
は?!彼女は今・・・・・・
もしかして、こちらに来る、と言っておられたのですか?!
では、なぜあのようなことを!(激しく混乱)」

548 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/20 21:58 ID:???
>546
手先の器用な・・・。
わたしでも、役に立てる?
でも・・・戦場に・・・。
(迷いながらフラフラとドラゴン・フライの前に)

549 :金髪少女:03/04/20 21:58 ID:???
こっちはOKだけど……あいつの準備は…。(準備完了状態、機体に乗り込んでいる。。)
>541
…行けるな?早くこっちの機体の上に乗せろ。あいつらを…倒す!

550 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 22:00 ID:???
FALSEをいつでも出せるようにしてください!
使うことにならなければ良いんですが・・・。

>549
了解!
こちらもある程度は動けます。
危なくなったら一人でも戻ってください!
(ソードランチャーツヴァイの背中に乗っかる)
いつでもどうぞ!!

551 :金髪少女:03/04/20 22:01 ID:???
>550
落ちるなよ。…出るぞ!
(即座に出撃。)

552 :助教授:03/04/20 22:02 ID:???
「さてと、君たちはどうするんだい?どうやら養成所の連中、動き出しちゃった
みたいだねぇ。中佐殿にしても、自分が預かり知らないところで戦争はじめられる
のはやだろうしさ。君達も、連中に協力してみたらどう?籍、まだ残ってるみたい
だよ?」

553 :堕天使と呼ばれた教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/20 22:03 ID:???
>546
……了解した!
俺の機体は……地上制圧の方がいいな。
メガキャノンは……下手に使うとコロニーに穴を開けかねん。
こっちの「航空ショー用の花火バズーカ」を持っていく!
なに、こんなオモチャも、使い方次第さ!

トールギスW、出撃準備完了! みんな準備はいいか?

554 :NTコ−ス生徒:03/04/20 22:04 ID:???
>547
来てないのか?!やはりあの女は…!養成所の生徒からだって白狼に伝えろ!
ミネバはお前の所に行こうとしてた!あれは……たぶん精神操作だ!切るぞ!
(白狼なら養成所の生徒で分かるだろ…。問題はミネバの場所だ!)

555 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 22:06 ID:???
>551
(小声で)
離すわけ無いでしょう・・・。

全武装、セーフティ解除。
さあ、やりましょうか!

556 :ホワイトレディ管制官:03/04/20 22:06 ID:???
<通信>出撃機体
(>546の通信の通信を転送)
…発進OK…グッドラック!

557 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 22:07 ID:???
>554
おちついて・・・。
あせったらだめだよ☆

558 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 22:09 ID:???
>546
種馬「お前達!馬鹿な真似はやめて……うわっ!それは本当に馬鹿者の所業だぞ!」
反乱兵『あんた達に俺達ジオン出身者の気持ちがわかるか!』
キムラ「……やります」

……俺だ、CV.若本だ。俺は既に出撃し、地元の連中を手伝って離反者の始末をしている。
何、いまコロニー内にいる程度を何とかするなら身体は持つさ。

559 :熱い教官 ◆yzWIJOuMUg :03/04/20 22:09 ID:???
OK、実装搭載完了、本領発揮だ。

>553
俺も同行する。

560 :オフィス:03/04/20 22:10 ID:???
>554
「もしもし!もしもし!?」
 大変だ・・・・・・連絡しなきゃ!(オフィスを飛び出す事務員)

561 :NTコ−ス生徒:03/04/20 22:10 ID:???
>557
そうだな…落ち着け…落ち着け…俺…!
>547
(電話を切りそうになったが寸前で止める)
っとそうだ?!ミネバの場所分かるか?!それか白狼の場所だ!!
教えてくれ!どこだ!!

562 :ジオン部隊?:03/04/20 22:10 ID:???

ドルク
「MS部隊!計算外や!まぁええ。サイドの連中やろうと誰やろうと、みんなぶっつぶしてしまえば
ええだけの話やないか!おい!サイド防衛隊のMS奪取、成功しとるんやろな!」
部下
「もちろんでさぁ!一声かければすぐにでもこちらにつきやすぜ!」
ドルク
「企業の連中が到着するまではここを守らんとあかんからな!いくでぇ!」


563 :灰色の疾風と呼ばれた教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 22:12 ID:???
>556
<通信>
了解した。

…俺は…地上制圧だな。
…篤い教官殿よりは、遥かに楽だ……(微笑)

>553
<通信>
こちらはOkだ、先行する。
…落とされるんじゃ無いぞ…?(微笑)

(ホワイトレディ艦橋に向けて軽く答礼すると、
 カタパルトに乗り、射出される)

564 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 22:13 ID:???
(暗く狭い個室のような空間…中央には淡い青の光を放つ球体)
(男の手がそれに触れた瞬間呼応するかのように空間に光が灯っていく)
(その空間は中央に椅子と操縦桿、丸い球体のような機器が置かれている)
(そう、コックピット内だ。男は何かを呟きながら作業を黙々と続けている)
火器管制…機体管制システムクリア…ロックボルト…パージ…。
(独特の駆動音が船内に響き渡ると共に低く重い音が重なる…)
全天周囲モニター…起動。
(暗かった空間はガラリと変わり外の…格納庫の風景が周りに映り込む)
さて、武装は持ちましたね、【Adam】 初陣ですよ?
(甲板が音を立てて開放され、ウィングを広げた見たこともない機体が飛翔する)



565 :中立軍潜伏のジオン部隊:03/04/20 22:13 ID:???
「中立国だけあって流石は…だな。」
「我々がガンダムを使う事になるとは…。」
「そんな事をいっている場合か、出るぞ!」
(ガンダムMkU部隊(10機)町方面に出撃。)

566 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 22:14 ID:???
「Wildthing・DA」、出ます!
>553
教官!俺もご一緒します。
(くるくると「ドズル」を振り回しつつ)
今回はいろんなやつに会いそうだな・・・

567 :NTコ−ス生徒:03/04/20 22:14 ID:???
>560
ああ!くそっ!切れた!
感覚だ集中して白狼を探すんだ!白狼はミネバの所に行ってる筈だ…集中集中……。
(NTコ−ス生徒の周りをオーラが纏う)

568 :謎の宇宙忍者:03/04/20 22:15 ID:???
クレイ「僕らはハッキングの手伝いだね」
ウィン「ああ……『九天』!いまどこだ!」
九天『いまからホテルの屋上に……うん、大天使のほうの!そこに上がるから拾って!』
ウィン「了解……腕利きのハッカー一人確保した!」

569 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 22:15 ID:???
>567
がんばって・・・。
(NTコース生の手に自分の手を重ね、静かに目を閉じる。
柔らかなオーラがNTコース生のオーラを包み込み、増幅させていく)

570 :事務員:03/04/20 22:15 ID:???
>561
(電話から携帯につながる)
は、ミネバさまは高速増殖炉で直接指揮をとっておられると!!
閣下の位置は現在不明です!おそらく待機しておられるものと!」

571 :金髪少女:03/04/20 22:16 ID:???
>555
(通信)
ああ…。わかってるさ!
(機体を加速させる。)

572 :自称17歳の少尉:03/04/20 22:17 ID:???
(宇宙港に到着)
さて、俺の武装は・・・・。

・・・・って、予定と違う機体だから武装が揃ってるわけはないか。
(マシンガンとビームソードのみを交換し、市街地に向かう)

573 :白金の聖少女 ◆0HPB.K3Ils :03/04/20 22:18 ID:???
(続々と情報が入ってくる。「養成所が出撃」と聞き、プラチナを除く全員が驚きの声をあげる)

「な、なんであの甘チャンたちが?!」
「……予想外の事態だな」
「いいえ、予想外ではありませんよ。可能性は計算していました。ただし、こんなに迅速に準備が進められるとは……。
 はっきり認めてしまえば、この事態はわたくしが想像していたあらゆるケースの中で、最悪の状態です」
「最悪ってプラチナ、あの甘チャンたちをアタイらが叩きのめせばいいだけの話だろ?」
「いいえカッパー、わたくしたちがこの事件の背後にいることは、悟られてはいけません。
 目撃者を全て消せるのなら問題ないのですが……あの養成所相手では、難しいでしょう。
 戦って負けるとは、わたくしも思ってませんがね」
「……ではどうする。静観するのか?」
「ええ。今はクーデターに関しては静観です。
 わたくしどもが手を下さずとも、案外上手くやってくださるかもしれませんしね」
「クーデターに関しては、って……?」
「状況次第ですが……外に来ているAEMA艦隊、無傷で帰す理由などありませんよね?」

(少女は天使のような笑みを浮かべ、部下達に問い掛ける。全てを理解した部下たちは、新たな準備にとりかかる)

574 :ジオン残党兵:03/04/20 22:19 ID:???
隊長「ついにこの時が来たか・・・」
隊員A「長かったなぁ」
隊員B「ああ、だがこれで報われる!」
隊員C「やりますかね?」
隊長「やらいでか!」
立ち上がる4機のゲルググ。見た目は一年戦争時のものだが、ギラ・ドーガクラスの
性能を誇る。

575 :NTコ−ス生徒:03/04/20 22:21 ID:???
>569
居た!!白狼は向こうだ!!
(キュベレイの向きを変えて飛んでいく)
>570
高速増殖炉…!それもこっち方面だ!!
よし、ありがとう!!

576 :謎の宇宙忍者:03/04/20 22:22 ID:???
>573
ガンメタル「……ジンク?」
ジンク「……あいつ……もし、戦場で出会ったら……殺してやる。と言うか、『死んだほうがまし』ていわせてやる……」
(少年は思念波を破られた事で憔悴し、その表情は今まで誰一人見たことがないほど憎悪に歪んでいた)

577 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 22:22 ID:???
……自分は高速増殖炉の方を担当しましょうか。
(背部の羽がシフトし、広がる、それと同時に光を放ち増殖炉の方へと飛び去る)

578 :白狼:03/04/20 22:23 ID:???
(モニターの光点、識別信号を調べて)
 もっとも戦いたくない連中と、戦うことになるとは・・・・・・
このような戦に大儀などないというのに。これも宿命か・・・・・・
やむをえまい!白狼、出る!
(プルートーの物資搬入口から、白く機体を染め上げたゲルググの群れが
整然と現れる。その戦闘を行くのは、無論白狼の高機動型ゲルググであった)

579 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 22:23 ID:???
>571
火力は十分に落としてください、コロニーに穴を開けるわけには行きませんからね。


580 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 22:25 ID:???
>574
(コロニー内を飛行する「ワイルドシング」)
・・・ゲルググ・・・「あの放送」にのせられた残党か?
<通信>ゲルググ小隊
どいてくれ。あんた達に用はない。
武装を解除して、投降してくれ。
今なら大した罪には問われないはずだ・・・
頼む・・・

581 :偵察中:03/04/20 22:26 ID:???
(単独でとってかえして、養成所の連中と合流)
 このハンガーのハッチの下に、非常時用のリニアラインがはしっとる。
これで、高速増殖炉の地下までは一直線やな。
 どうにか炉心まで突破するで!
(リニア車両がハッチの下に滑り込み、ハッチが開く。はしごを降り、運転席に
かける偵察中)
地獄行きの特急列車や!乗込むんならお早めに、やな!)

582 :金髪少女:03/04/20 22:27 ID:???
>579
そんな事はわかってる!アグニが使えないことくらいな!
(明らかに焦っている。)

583 :白狼:03/04/20 22:27 ID:???
>580
 武人が語り合うに言葉は不要・・・刃で来るがいい!
(ナギナタ抜刀。後ろのゲルググもそれに従い、次々に抜刀していく)

584 :茶髪少年:03/04/20 22:28 ID:???
>581
……僕もいきますよ。やっと武器の運び出し終わりましたし、あの機体使うのは拙いですし。

585 :ジーン:03/04/20 22:28 ID:???
(地上)
「手柄を立てるのは、早いほうがいいってね!!」
(飛来する養成所の機体に、無差別にマシンガン連射)

586 :ジオン残党兵:03/04/20 22:29 ID:???
>580
隊長「ザクに乗った奴がそんな事を言うのか!その根性、叩きなおしてやる!」
A「あ〜あ、怒らせた」
B「とばっちりはごめんだぜ」
C「無駄口を叩く前に、行きますよ!」
隊長機を先頭に、A,Bがサイドを固めCがバックの陣形で突っ込んでいく。
隊長「おらぁっ!」
隊長機がBRを発射。BとCが回避方向をふさぐように援護射撃。

587 :金髪少女:03/04/20 22:31 ID:???
>585
あれは…!
(かなり被弾するが、例によって装甲に弾き返される。)
…よくも中立コロニーに!
(350mmガンランチャーで攻撃)

588 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 22:31 ID:???
>582
落ち着いて下さい。
そろそろ敵が来ますよ。

589 :自称17歳の少尉:03/04/20 22:32 ID:???
>585
狙いが甘い!
(ほとんどを回避し、金髪少女とは別の方向からマシンガンで攻撃)


590 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 22:33 ID:???
>583
きたな・・・「白狼」!
しかし・・・
>586
どけと言ってるだろう!
ザクに乗ってるからこそ、お前らをぶっ殺したくはねえんだよ!
(ザク改を追い込むようにされる援護射撃の前にに、次第に追いつめられていく)

591 :偵察中:03/04/20 22:33 ID:???
(通信)
「増殖炉制圧班で、MS、MAで発進した連中!八番のビルの陰に資材搬入用の通路がある!
そっから先行して、先にトーチカなんぞつぶしといてもらえると助かるわ!
若干やが、機動可能なスペースもあるはずや!たのんだで!」

592 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 22:34 ID:???
>585
いってるそばから!
>588
無駄弾を使わないで!
(トリケロスのビームで狙いをつけて攻撃(出力は半分程度))

593 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 22:34 ID:???
>565
若本教官「あたら街中で火線を開くわけにもいくまい!」(クーロンガンダム、Mk-Uの一機を粉砕)

種馬「サラ、お前は娘達と首相官邸を守っていろ!俺は……増殖炉を見てくる!」

594 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 22:35 ID:???
>590>583
(コロニー港から、高速で飛んでくる一体のMS。
 RX-78-2初代ガンダムに酷似したデザインのガンダム、ただ両肩に翼のようにシールドをつけている)

『男爵さぁん! 止めて下さぁい!』

(噂好きの女伯爵の声を外部スピーカーから流しつつ、ザク乗りを助ける形でビームピストルを連射する)

595 :ガンタンク部隊:03/04/20 22:36 ID:???
「間違っても教官に当てんなよ!殺される」
「わかってらぁ」
「よっしゃ、一機撃破!」

>593の援護も兼ねて、>565に制圧射撃中

596 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 22:38 ID:???
>591
…了解です、トーチカ破壊作業開始します。
小型ですから多少は動きやすいでしょうしね。
(羽を折りたたみ八番ビルの陰の搬入通路に侵入)


597 :ジオン残党兵:03/04/20 22:38 ID:???
>590
隊長「ジオンの志を解さぬ愚か者がっ!今すぐその機体から出て行けっ!!」
A「性能差もあるんだよ」
B「大人しく言うこと聞くかね?」
C「(>594をみて)新手です!それも・・・ガンダムタイプ!!」
隊長「おのれ・・・連邦の白い悪魔と手を組むか!」
隊長機BRを撃ちながらBNを片刃だけ出して切りかかる。
Cは待機したままBRを構え、A,Bは後ろへと左右から回り込む」

598 :謎の宇宙忍者:03/04/20 22:40 ID:???
>591
ウィン「了解、8番ね……うん、クレイ、先に行くぞ!」
九天「お願いね〜〜」
クレイ「うん!……やっぱり狭いね……」

599 :白狼:03/04/20 22:40 ID:???
(ことごとくを僅かな機動のみで回避)
 こと戦が始まった以上、貴女とて容赦はしませんぞ・・・・・・
引かれよ!
(ザク改の方をねめつける)
 無謀すぎるわ・・・・・・集団戦の極意をおしえてやろう。
 それは、敵の頭をたたくことだ。単機で集団に克つには、それしかあるまいよ。

600 :金髪少女:03/04/20 22:41 ID:???
>588
焦ってなんかいない!

>592
無駄弾だと?狙いはしっかりしているはずだ!

601 :ジーン:03/04/20 22:42 ID:???
「ひぃっ!!!」
(金髪、少尉の攻撃を無様に転がりながら回避するザクU)
「てめぇふざけんな!!!」
(対空クラッカー投擲。爆発、大量の鉄球が飛び散る)


602 :灰色の疾風と呼ばれた教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 22:42 ID:???
>590
(>594の射撃が降り注ぐ中、ゲルググ隊長機がいきなり
 地面に叩き付けられる。
 …何も無い空間から突如現れたのは…灰色のマントを羽織り、
 一振りの日本刀を装備したグフカスタムの改造機……)

<通信>ザク乗り
…ザク乗り…お前の気持ちは解った……お前は…

…「白狼」を倒せ……此処は俺に任せろ……!

(起き上がったゲルググを含む、ゲルググ部隊と戦闘開始…!)

603 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 22:43 ID:???
>600
マシンガンタイプはもっと近づいてからでないと、当たりにくいし当たっても効果が薄いんですよ。
牽制が目的なら別ですけど。
さっきの距離ならビームガンを低出力で使った方が、効果的です!

604 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 22:44 ID:???
>597
どけって言ってるのが・・・わからねえのか!
(接近するゲルググ隊長機に向かってブーストダッシュ)
(「ドズル」を背から抜きざまに半回転、背を向けたままドズル背部ブースターに点火)
(爆発的な速度と、それによる遠心力を利して斬りかかる)
くらえ!
「必殺・・・」
いや、技の名前出すとちょっとかっこわるいか・・・
とにかくぶっとべ、おらあ!!
(一回転しながら隊長機に斬りかかる)

605 :スペシャルゲスト ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 22:44 ID:???
>597
種馬「援護する!」(横合いから放たれたビームスマートガンがゲルググの1機の腕を飛ばす)

キムラ「……愚かな」(足元には数機のMSの残骸が転がっている)

606 :白狼隊:03/04/20 22:45 ID:???
>602
 噂に名高きグレイドール!お相手できるはむしろ光栄というもの!
 参る!(倒された隊長もすかさず立ち上がる。全ての機体が有機的に
機動しながら、602を包囲。射撃と白兵を各機がかわるがわる仕掛ける
さまは、まるでひとつの生き物のようにさえ見える)


607 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 22:46 ID:???
>597
(悔しいけど、ザク乗りさんの近接戦闘力は養成所でもピカイチ……接近できるよう援護しないと……
 ……って、なんで今更あたしは「悔しい」なんていってるんですかねぇ……?)

(噂好きの苦悩をよそに、ゼファーUは流れるような動きで敵の反撃を回避し、ザク乗りの支援射撃を続ける)

608 :トーチカ:03/04/20 22:46 ID:???
>596
 なんだ?あの変な機体は!?いいからとにかく打ち落とせ!
(通路に出現した596に、サーチライトをむけながら対空射撃を開始。

609 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 22:47 ID:???
>602>604
(しかし、斬りかかろうとしたとき、そこに隊長機はいない)
あれ?
(むなしくコマのように回るザク改)
あれ?どこいった?
(見ると、ゲルググと戦闘するグフカスタム改)
あれは・・・助かった!
(白狼の方に目を向ける)
・・・勝てるか?あの伝説の英雄に・・・
・・・関係ねえ!
あの子が進むべきドアは俺が開ける!
この「ドズル」でな!
(胸の前に「ドズル」を捧げ持つザク改はその白いゲルググに突進していく)

610 :ジオン残党兵:03/04/20 22:49 ID:???
>602
隊長「ぬおっ!?何奴!!」
A「今度はグフかよ・・・」
B「なぜこうもジオンの機体が!」
C「気をつけてください、こいつ・・・只者じゃない!」
隊長「わかってらぁっ!」
そこへ>604の斬撃が。
隊長「この若造がぁっ!」
シールドを囮に残し、ナギナタで受け流そうとするが、パワーに押される。
隊長「ぬううううっ!」
A&B「隊長!」
横合いからザク改にBRを発射。
Cはグフカスタムに牽制射撃。

611 :金髪少女:03/04/20 22:49 ID:???
>603
(少し不満そうに。通信。)
…………とりあえず…一気に近づくからな!

>601
当たるか!
(急上昇し射線から逃れ、ザク目掛け急降下しながら。)
これでどうだ!
(220mm6連装ミサイルポット×2で攻撃、更にそれなりに接近した所で120mm対艦バルカンで攻撃。)

612 :灰色の疾風 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 22:49 ID:???
>606
…俺も…その名高き「白狼騎士団」と戦える事を喜ぼう…
……だがしかし!今は戦いをする時代では無い……っ!
…参る………!

(手始めに煙幕を発射、直後に接近していた一機に
 急加速、ガーベラストレートで斬り込む)

613 :ジオン残党兵:03/04/20 22:50 ID:???
>610はスルーで。

614 :漆黒の戦艦と1機のMS:03/04/20 22:50 ID:???
虚空から、幾筋かの閃光が走り、企業、AEMAの両艦隊を貫く
「行け!」
少女の掛け声とともに、12機のMDがさらに1隻の巡洋艦を火球へと変えていく。
「俺も負けていられないな」
少女が操るMSとは別のやや大きな機体のパイロットはそう呟くと、戦艦の前に急停止し、ブリッジを火の海に変えてゆく。


615 :謎の宇宙忍者:03/04/20 22:50 ID:???
>596の後に続いて地下道に入る忍者たち。

一方その頃……
サンダール「……精神操作はやんだか。しかし、ミネバはいまだ目を覚まさず……」
そう呟く彼のマスクは膝の上にあり、金髪の影から覗く額の傷痕に薄らと汗がにじんでいた……

616 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 22:51 ID:???
>608
(狭い通路の中最低限の回避運動のみで砲撃を回避)
…潰れて見ますか?最低出力ですが十分でしょう…ハイインパクトガン・・発射
(右腕に握られた異形な形をした兵器から歪んだ光が放たれる)


617 :堕天使と呼ばれた教官:03/04/20 22:51 ID:???
>606
(突如、ゲルググ隊の目前に弾ける花火。
 ……花火?
 閃光弾ほどの光ではないが、その無意味に華やかな輝きに、戦士たちの思考が一瞬停止する。
 ……その隙に、乱れた隊列を蹴りとばしつつ、包囲の中に漆黒の影が飛び込む)

……一対多数とは、いただけないな!
この俺も仲間に加えてくれないかな……?
援護させてもらうぞ、『灰色の疾風』!

(花火弾バズーカを放り捨て、ビームサーベルを抜刀、グレイバーストの死角を守るように立ち回る)

618 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 22:52 ID:???
>601
させないんですよっ!
>611
その調子です!
(ランサーダートで援護射撃)

619 :ドルク:03/04/20 22:53 ID:???
「なに?ミネバが気絶?放っておけ!そんなやつにもう価値はないわぃ!」
(グリフォン地上に出現。同時に、ジオン兵と戦闘していたはずの防衛隊の
マラサイ隊15機が突如養成所側に発砲をはじめる)


620 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 22:54 ID:???
>607
援護、感謝する!
・・・ん?えーと・・・なんだっけ、このガンダム・・・
・・・あ、お嬢ちゃんか!
<通信>噂好きの女生徒
何とか「白狼」を他のヤツから切り離す!
お嬢ちゃん、言いたいことがあるだろう?

621 :ジオン残党兵:03/04/20 22:55 ID:???
>617
隊長「またしてもガンダムタイプ!」
A「ちょっと違うような・・・」
隊長「構わん!」
隊長機とAがトールギスに左右から切りかかる。

>609
B「お前の相手は・・・」
C「わたしたちですよ!」
Bが切りかかり、Cが援護射撃。

622 :自称17歳の少尉:03/04/20 22:55 ID:???
>601
慣れない手つき・・・新兵か?
>595
向こうでも閃光・・・。

ここはあの2人に任せておけば問題ないな。
(その場から離脱し、ガンダムMK-2 部隊のいる方角へと飛んでいく)

623 :ジーン:03/04/20 22:55 ID:???
「ぐぇ・・・」
(地面に伏せた姿勢のまま、無様に胴を射抜かれるザクU)
「俺の出番って、これだけで終わりかよ・・・・・・」
(脱出)

624 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 22:57 ID:???
>620

『ええ。けれども、言葉で分かってくれる人じゃなさそうですねぇ☆
 あたしが援護しますんで、ザク乗りさんは突っ込んで下さぁい♪
 ……最悪の場合、男爵を斬る必要がありそうですし……』

(そのまま支援射撃。近づいてきたゲルググの斬撃を、左手で抜いたBSで止める)

625 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 22:57 ID:???
>606,617
種馬「おっと、俺も手伝わせて貰うぜ」(蒼いZ+が彼らのそばに降り立つ)

若本教官「……数に頼んでも……無駄だ!」(ビームサーベルで切りかかる敵のわきの下に入り、腕の一振りで弾き飛ばす)

キムラ「ああ、新手だ……」(地を這うバクゥ4機と対峙する)

626 :金髪少女:03/04/20 22:58 ID:???
>618
…わかった!次は…あっちだ!
(ドルクの養成所がわへの攻撃を確認後、そちらへ向かう。)

627 :白狼:03/04/20 22:58 ID:???
>620
(スラスターの残光を引きながら、ザク改に向かって高速で飛行する
ゲルググ)
 小ざかしい手を弄さずとも、こちらから挑んでやる!
 MS戦闘の極意というものを教育してやろう!

628 :堕天使と呼ばれた教官:03/04/20 22:59 ID:???
>621
いい腕だ……だからこそ、ゼロシステムにも予測しやすい!

(翼をはためかせ、「上方へ」回避。そして左手のヒートロッドでAを切りつけ、右手のBSで隊長機に切りつける)

629 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 23:00 ID:???
>626
了解!
マラサイ部隊・・・いくら数が有っても!
(遠目から両手でBR乱射。相手の陣形を崩しにかかる)

630 :トーチカ:03/04/20 23:01 ID:???
なんだよ、この光は・・・・うわぁぁぁぁぁ!!!!!
(トーチカ3機蒸発)
くそ、プチモビ隊、ランチャーだ!やつを撃墜しろ!

偵察中
「さすがの手際やな・・・・・・どうにか間に合うか!!」
(高速増殖炉に向け、突進を続けるリニアカー)

631 :ジオン残党兵:03/04/20 23:02 ID:???
>628
隊長「飛んだっ!?うおっ!」
A「速いっ!!」
隊長はBSをBNで受けるが、パワー負けして吹き飛ばされる。
AはかわしきれずにBRを持つ右腕を根こそぎ持っていかれる。
隊長「んなろう!」
ナギナタを回転させ、突進。

632 :灰色の疾風と呼ばれた教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 23:02 ID:???
>617
…来たか…遅い…(苦笑)
……解っているとは思うが…こんな奴達でも…殺すなよ…!
…では…参るぞ…「堕天使」…!

(トールギスWと背中合わせの状態で、戦闘は続く)

633 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 23:03 ID:???
>621
どけって言ったろ!
(Bの攻撃をドズルのブレードで弾き、そのまま離脱、Cの射撃をかわす)
個々の技量は俺と同程度・・・か?
二対一じゃ・・・
>627
しかも、「白狼」まで・・・
こうなりゃ、最後から二番目の武器だ!
<通信>全周波数(近くにいるMS全機に)
お〜い、誰か助けて〜!
今こそみんなの結束の力を見せるべきだ!
誰でもいいから助けて〜!
(ふざけたような言い方)
(むろん、白狼に対する挑発も含んでいる)

634 :ドルク隊:03/04/20 23:04 ID:???
ふん、あまちゃんどもがぞろぞろと・・・・・・じゃり、すっこんどれ!
(マラサイ隊、回避と金髪にむけ対空射撃開始。しかし、それは統制が取れていない)

635 :堕天使と呼ばれた教官:03/04/20 23:04 ID:???
>632
……ちょっと寄り道しててな。
殺すなだと? 分かってる! この狂信者どもは……昔の俺だ!

(背中あわせのまま、戦闘を続ける)

636 :ジオン残党兵:03/04/20 23:05 ID:???
>624>633
B「こいつら、おちゃらけているが」
C「腕はたちますねぇ・・・それだけに惜しい!」
Bはゼファーに斬撃。Cは距離を取ってザク改に射撃。

637 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 23:08 ID:???
>634
海賊娘「雑魚はすっこめ!」(狙撃)
>622
若本教官「いや、ここは俺一人で充分だ!他を頼む!」(いいつつまた1機葬る)
>633
種馬「引き受けた!(Bを射線で押さえ込む)……そっちは自分でやれ!」

638 :金髪少女:03/04/20 23:08 ID:???
>629
(通信)
単独でも少しはできるな。少しの間分離するぞ!
(あいつら…絶対…許さないからな!)

>634
…来たか!
(回避後、180度転換してアストレイを落とし、相手小隊に向け閃光弾を撒く。)

639 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 23:08 ID:???
(潰れ、蒸発するトーチカを恍惚として表情で見下ろす)
フフ・・・陛下、この威力、確かに見させていただきました・・この力ならばいずれ・・
>630
プチモビ程度では…。
(背部に付いているウィングの一つがビームの翼を形成、飛び立ちプチモビの正面で機体が舞う様に一回転)
(ビームの衣がプチモビ隊を襲う)

640 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 23:09 ID:???
>633
(……やっぱりこの程度の人ですかぁ……(←しっかり誤解w))

>636
『邪魔は……させませぇん!』
(Bの斬撃を肩のシールドで流しつつ、カウンターの斬撃。さらにCにも射撃するオマケつき。
 すべてMSの達人クラスの動きで正確かつ迅速に叩き込まれる)

641 :白狼:03/04/20 23:09 ID:???
(味方機に通信)
このザクは私が相手をする。これしきの相手に私が苦労するとでも思うか?
それより、堕天使、人形の二機を迎撃しろ!
(ザク乗りへ)
 邪魔はさせん・・・・・・貴様の力量、見せてもらうぞ!
(教科書どおりの、隙の無い剣閃を片手で放ちつつ、モノアイすら向けずに
ゼファーへこれまた正確な射撃)
 もう一度言います。引きなされ!貴女はこのような戦場で命を散らしてよい
存在ではないはずだ!

642 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 23:10 ID:???
>638
解りました!

>634
その程度で!
(ことごとくトリケロスで防ぐ)
大人しく、寝ててくださいっ!
(頭部や武器を持った腕を狙い、ガンランチャー・収束火線ライフルで攻撃)

643 :NTコ−ス生徒:03/04/20 23:12 ID:???
ここが高速増殖炉…!?混戦じゃないか!!
突っ切って進入するか?……考えるよりも先に行動だ!!猫目少女、突っ切るからつかまれ!!
(量産型キュベレイが高速増殖炉に向けて突っ込んでいく)

644 :プチモビ隊:03/04/20 23:12 ID:???
「うぁーーーーーーーーーーーーーっ!」
(あっさり蒸発するプチモビ。戦力が違いすぎた・・・・・・進路はクリア。
高速増殖炉に到着するリニア)
偵察中
「各員降車!制圧にかかるで!」

645 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 23:12 ID:???
>641
(敵の隊列をかいくぐって白狼に接近)
(白狼の射撃で、シールドの片方が吹き飛ぶ)

『……ここで死ぬわけにいかないのは、男爵も同じでぇす☆
 あなたが無駄死にしたら、誰がメイファさんを守るんですかぁ!
 今の彼女が自分の意思であの状態にあるわけじゃないことくらい、わかってますよねぇ?』

(全く引こうとはせず、ザク乗りと連携して斬撃を打ち込む)

646 :ジオン残党兵:03/04/20 23:13 ID:???
>637>640
B「ちいっ!次から次にっ!!」
C「隊長たちも苦戦しています!」
それぞれの攻撃を掠りながらもかわし、後ろに下がる。
>641
B「はっ!了解いたしました!」
C「それでは、あの人形を!」
グレイドールに向かい、二機が交互に前に回りながらBR攻撃。

647 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 23:14 ID:???
>643
は〜い☆
(しっかりとNTコース生の手を握る。さらに、周りの状況をNTコース生に思念波で流す)

648 :プチモビ隊2:03/04/20 23:14 ID:???
>643
 こっちからも!
 ええい、とにかく進入させるな!
(高速増殖炉からわらわら出てくるプチモビ隊。ビームランチャーで対空砲火を
浴びせる)

649 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 23:14 ID:???
>644
(通信)
防衛戦力は根絶やしました♪
あとは貴方方のお仕事ですね♪
自分達は別ルートから中枢に侵入しますよぉ♪
(通路を抜け、比較的広い空間に出る)

650 :自称17歳の少尉:03/04/20 23:15 ID:???
>633
・・・・・・。
本気で言って・・・・ないよな流石に・・・。

(ザク乗りの通信を無視し、>634の閃光を見つけて、二人の援護に向かう)

651 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 23:15 ID:???
>649訂正
(こちらのルートの迎撃隊ですね)

652 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 23:15 ID:???
>636
この野郎、おちゃらけてなんてねえよ!
俺はいつでも大まじめだ!
(右前に構えたシールドで直撃を避けながら、アクティブスラスターユニットに点火)
(爆発寸前のネズミ花火のように火花をまき散らしながらCに接近)
くらえ!「必殺回転切り!」(結局、技名を言ってしまう)
(回転しながら、ドズルの重量と背部ブースターの加速でとてつもないパワーで襲いかかる)
>641
(そのまま、半回転した余勢を駆って、斬撃をはじき返す)
うれしいねえ、伝説の「白狼」と剣を交えられるとは!
このまま、消えない伝説として葬ってやる!


653 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 23:17 ID:???
>641
種馬「……曰くありか……よし、若いの(ザク乗り)、骨は拾ってやるぞ!」(増殖炉本体へ)

>634
海賊娘「へへ――ん、遅いよ!(一機撃墜)」

654 :ドルク:03/04/20 23:17 ID:???
ちぃ、へたくそどもが!
(金髪、回避の火線に次々と打ち倒されるマラサイ)
しゃあない、わいが相手したるか!
(ドルクのグリフォンが、隊列を飛び出して、金髪の機体へ向かってライフルを
連射。その狙いは異常なほどに正確)

655 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 23:20 ID:???
>654
やらせないっ!
(打ち出されたビームを狙ってランサーダート2本発射)

656 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/20 23:20 ID:???
>648
…軌道が見え見えなんだよ!!
模擬戦仕様だが当たると一時的に機能停止だ!!
(アクティブカノン砲を二発撃ち、その後ろを突っ込む)

657 :白狼:03/04/20 23:20 ID:???
>652
 ふん、口ほどには手も動くか・・・・・・
(はじかれた反動を利用し、間合いを取る。すかさずグレネードを連射、
横に回りこみライフルを射撃。単機での十字砲火である)
さて、どうさばく?
(非常に楽しそう)

658 :自称17歳の少尉:03/04/20 23:21 ID:???
>654
チャンスっ!

隊列崩すなんて甘いんだよ!
(シールドの突起部分を突き刺すように体当たり、そのままビームソードできりつけ離脱)


659 :電波気味の少女:03/04/20 23:22 ID:???
おくれた……(走りながらザクレロに向かっている)
戦況はどうなって…
「養成所川がやや有利だ」
……誰?
「匿名希望だ…」
何の用事?
「君にジオン残党側に協力してもらいたい」
何で?
「質問の多いパイロットは売れないぞ?」
あぁ……そういう事。
「悪いが、デモンストレーションとしては実戦に勝るものは無い
 この前のショーでは不服だと言う人もいる
 曰く、メタルドールズの正確さは機械的なプログラムを先に施したのではないかとか、色々言われてね?」
でも……
「もちろん、機体は違うものを用意した。撃墜さえされずに帰ってきてくれれば、身柄は保証する
 機体はサザビーだ。特に改造はしてないが、識別信号はかの赤い彗星だ。機体はココに置いてある」
了解……
(紙に書いてある別の場所に移動する)

660 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 23:22 ID:???
>656
ちょっとおてつだいっ☆
(ファンネルを3基射出し、進路方向へ先回りして攻撃させる)

661 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 23:22 ID:???
>657
『あぶないッ!!』

(ザク乗りをかばうように飛び出すゼファーU……その腹部を、ライフルが貫く。
 コクピットがあるはずの場所に……大穴が!)

662 :プチモビ隊:03/04/20 23:23 ID:???
「動力ダウン!?」
「ピケットを抜かれた!追え、追え〜!!!」
 しかし、その速力ゆえ、対空砲火は一発もあたりもせず、またプチモビなどでは追いつけもしない


663 :謎の宇宙忍者:03/04/20 23:23 ID:???
>644
九天「はいはい、ちゃちゃっとやっちゃおうね、ちゃちゃっと(端末に取り付く)」
(5分経過)
クレイ「……敵?」(ウィンが一気に飛び掛ってドムを制圧する)
九天「は〜い、今から言う端末を探してね〜〜。で、それをぶっ壊してきて。
 その後は最深部のコントロールルームまで移動ですよ〜〜」

664 :ジオン残党兵:03/04/20 23:24 ID:???
>652
C「なっ・・・!」
B「お、おい!!」
Cは胴体を真っ二つにされ爆発。
B「こんの野郎っ!!ぶっ殺―――」
しかし、そこへ流れ弾が直撃し、Bの機体もまた吹き飛ぶ」

665 :白狼:03/04/20 23:25 ID:???
>661
 愚かな・・・・・・若さゆえ、無為に命を散らしたか・・・・・・(慨嘆)
(倒したと思い込み、ザクの方向に向き直る)
 結局、貴様は、誰も守れん存在だということが、これで判明したな、野良犬!
なぜとめようとさえせんかったのだ!愚か者めが!

666 :金髪少女:03/04/20 23:25 ID:???
>654
くっ…避けるだけで精一杯で…狙いが…いや…当たる?
(避けつづけていたが当たりそうになった為
ビームを防ぐ事も可能なアンカークローをパージして盾にする。)
…でも…中立コロニーにまで仕掛けてくるような連中に負けるか!
(閃光弾を相手付近で炸裂させ、それに紛れてグリフォンに接近していき、右腕側に350mmガンランチャー→左腕側に対艦バルカン
→ど真ん中狙いでビーム砲→右側を通り抜けるようにして先端のビームサーベルを当てに行く
→今度は上部から220mm6連装ミサイルポット)

667 :白狼:03/04/20 23:26 ID:???
>661
 愚かな・・・・・・若さゆえ、無為に命を散らしたか・・・・・・(慨嘆)
(倒したと思い込み、ザクの方向に向き直る)
 結局、貴様は、誰も守れん存在だということが、これで判明したな、野良犬!
なぜとめようとさえせんかったのだ!愚か者めが!

668 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 23:26 ID:???
>657
これしきのこと!
(射出されたグレネード群をショットガンの抜き打ちで迎撃)
(そして、相手が距離を取ると見るや、両足のブースターに点火)
(一旦飛び上がりながら、頭を下に向け反転)
(ちょうど、あるはずのない天井を蹴るかのように、射撃を回避)
くそ、距離を取られると俺の負けだ!
何とか食らいつかないと・・・
(腰部ブースターに点火、ゲルググに向かって突進)
(しかし、あまりにも直線的な機動)
>661
・・・!
(あまりのことに、「ドズル」を振りかざしたまま、固まってしまう「WT」)

669 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 23:28 ID:???
>667-668

(完全にコクピットブロックを貫通する大穴)

(ヨロヨロと、数歩だけ前に歩を進める。そのまま前のめりに倒れ……ない。
 突如、二刀を手にしたまま白狼の機体を切りつける!)

『今です、ザク乗りさん!!』

(幻聴か亡霊の声か、ザク乗りの機体の通信機から噂好きの声が響く)

670 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 23:29 ID:???
>666
またそんな無茶撃ちを・・・。
しかし、今がチャンス!
(ソードランチャーの攻撃にさらされたグリフォンに横合いから接近。BRを連射)

671 :電波気味の少女:03/04/20 23:30 ID:???
各部機体チェック……OK
出れる、かな?
『音声出力は外してある。戦意高揚の意味も兼ねてな?』
……
『精々派手に戦ってくれ。それと、捕獲されそうになった場合は自害してくれ。
 無理ならこちらで容赦無く処分する』
了解。サザビー……壊して構いませんね?
『構わんよ』
……出ます!
(サザビーで出撃)

672 :ドルク:03/04/20 23:31 ID:???
ふふん、横に回れば勝てるとでも思ったんか、木瓜が!!!
(機内音楽 HIGHWAY STARが流れる中で)
(ガンランチャーとバルカンの弾を、爆導索を射出、ケーブルに当てると同時に
起爆して破壊、サーベルを鋭く避けた後、ミサイルを抜き打ちで切り落とす)
曲芸は終わりか、小僧!!!
(すばやくサーベルを投擲、ついでそれをビームで射撃。金髪の進路に爆風を作り出し
視界をさえぎると、ライフルで射撃)


673 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 23:32 ID:???
>667
(力を失い、ゆっくりと降下していくゼファーを受け止めるザク改)
ウソだろう・・・
(大穴の空いた胴体部に確かめるように触れる)
・・・ははは、スカスカだ。
(突如大粒の涙がザク乗りの目に現れる)
ウソだろう!
>667
(モノアイを反転させ、ゲルググをロックオンするザク改)
止めようとしたのは彼女だ!
こういう悲劇を生まないために止めようとしたのは!
なぜわからない!
俺はいま、あんたが憎いぞ!
その肉を喰らいたいほどに!
>669
く・・・こんな解きに幻聴が聞こえるとは・・・(勘違い)

674 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 23:33 ID:???
増殖炉に一番乗りを果たす種馬。といっても、外壁に辿り着いただけでは何も出来ない……

キムラ「こっちは片付いた、さぁ、次は……」(マラサイたちに向き直る)

若本教官「ふんぬ!」(コクピットを抉り出す。あと2機)

675 :白狼:03/04/20 23:33 ID:???
馬鹿な!!!???
(ゼファーの攻撃をナギナタの両刃で受け止めるが、そこに僅かな隙が生まれる)

676 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/20 23:34 ID:???
プルートーの物資搬入口!?
入れる!!どけぇぇ!!
(プルートーの物資搬入口にキュベレイが入る)
さぁてこっからは歩きかな……。猫目少女、この機体…まかせた!
(言い残してコクピットから降り、通路に入って行く)

677 :ドルク:03/04/20 23:35 ID:???
>回避
ちいいっ!!しつこいわあほんだら!

(どうにか、避けきるがショルダーアーマーに被弾。バランスを崩す)

678 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 23:35 ID:???
>672
だから言ったのに!
(射線上に割り込み、両手のシールドで防御を試みる)

679 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 23:35 ID:???
>678はなしで・・・。

680 :自称17歳の少尉:03/04/20 23:36 ID:???
>672
・・・。
すごいな。
(模擬弾のミサイルを囮に、距離を取ってマシンガンで攻撃)

681 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 23:36 ID:???
>676
いってらっしゃ〜い☆
(こっそり一基のファンネルに後をつけさせる)

682 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 23:36 ID:???
>675
あれ?なんで?
(涙目のまま、ゲルググに襲いかかるゼファーを見る)
・・・執念か・・・ありがとう、フロレンティナ!
また一つ、教わった・・・最後の教え、忘れないよ!
(勘違いしたまま、白狼に突進)
(ゲルググに向けて、「ドズル」を投げつける)
(そのまま、右手に格納したBSを展開)
(ゲルググの隙に向かって、体当たりのような突きを放つ)
「白狼」!あんたの伝説は終わりだ!
墓標は俺が刻む!

683 :金髪少女:03/04/20 23:37 ID:???
>672
…うわっ…!
(いきなりの爆風とその後の攻撃によって対艦刀をもぎとられる。)
でも…こっちの攻撃も見えないはずだ!
(爆風に突っ込み、その中から相手がバランスを崩している所に再びビーム砲と350mmガンランチャー、120mm対艦バルカンで攻撃。)

684 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/20 23:37 ID:???
>677
いけるっ!?
(左のランサーダートを全弾射出。右手にサーベルを展開し、切りかかる)
おおおっ!!

685 :偵察中:03/04/20 23:37 ID:???
どうやら取りつけたようやな・・・・・・
(リニアを飛び出す偵察中。高速増殖炉の入り口から、機銃の猛射が来るのを、
跳躍することで回避。手榴弾を放り込み、沈黙させる)
こっから先は地獄の一丁目や!腹ぁくくってついてこいや!

686 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 23:37 ID:???
>676
種馬「あ痛っ!(蹴っ飛ばされる)
……仕方が無い、援護してやるか(マシンガン担いでコクピットからでる)。
 お嬢ちゃん、俺のZ+も見ててくれよ?(NTを追いかける)」

687 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 23:38 ID:???
ドシュゥゥゥ…ゴゴゴゴゴ・・・
(轟音と共に最後の一番堅牢な装甲壁が崩れる)
ルート確保、炉心はあの先ですね♪

688 :電波気味の少女:03/04/20 23:38 ID:???
……(到着
乱戦状態…?
識別信号オープン。赤い彗星…と……
さて、始めよう…
(用心のため、何時もの虎スーツではなく、じおん兵一般スーツ

689 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/20 23:40 ID:???
>686
はいは〜い☆

・・・なんかひま〜。

690 :謎の宇宙忍者:03/04/20 23:43 ID:???
>688
サンダール「……何?まさか……そんな……私以外のMSがこの識別信号を……

……行かねば。こやつが何者であれ、倒さねば……(仮面を被りなおす)……
 過去の過ちを繰り返すのも、繰り返されるのもごめんだ」

直後、とある貸し倉庫から赤いリゲルグが発進した……

691 :白狼:03/04/20 23:44 ID:???
ぬかった!
(スラスターを全開噴射、ゼファーを弾き飛ばして回避しようとする。しかし、
反応が間に合わず、ライフルを握った片腕をもぎとられてしまう)
迂闊・・・・・・この私が、これほどの損害をこうむったのは、初めてだ・・・・・・
ならば、本気でいくとしようか・・・・・・
(殺気の質が、変わる。白狼が、今本性を明らかにしようとしていた・・・・・・
その足元に、一人の男が駆け込んでくる。なにか叫んでいるようだが、
ぜんぜん聞こえない)

692 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/20 23:45 ID:???
持ってるものはキュベレイ乗る前に盗んだ携帯銃だけ…か…。
集中…集中…ミネバの…気配は……こっち…!

693 :戦士候補生:03/04/20 23:45 ID:???
(格納庫の休憩室で、場違いなほどにのんびりと、クーデターを傍観している)
そんなんじゃ、ねえ…戦争を終わらせるにゃあ、大元を叩かなきゃ。「臭い匂いは元から」ってねえ…
(突如、部屋が大きく揺れる)
ふうん、ここが誰のものか分かって喧嘩売ってるのかな?
…そうだとしたら救いようもない大馬鹿だし、そうじゃなかったら救いようのない愚か者…
ま、どっちにしろ、頭の上の虻は叩いておかないとねえ。うっとおしいったらありゃしない。
(襲撃に右往左往する整備兵を捕まえ)
俺のメリクリウス、修理終わってる?OK、じゃあちょっくら害虫退治に行ってくらあな。
(数分後、格納庫からよく似たフォルムを持つ2機のMSが出撃した)
(その数分後、格納庫周辺には静寂が戻り、周辺の光景に数塊のマラサイの残骸が追加されていた…)

694 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/20 23:46 ID:???
(順調に敵を確実に止めていく……が…。)

……何ッ…!!??
(回避運動の末、遂にフレームが悲鳴を上げる。
 そんな中、動きの鈍くなったグフに敵部隊の集中砲火が
 襲いかかる)

……糞っ!…すまん…グレイ……!
(避けられる訳も無く、全て直撃。
 爆発こそしない物の、力を失い倒れるグレイバースト。)

695 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/20 23:49 ID:???
>691
さらに!
(瞬時にBSを格納、細い弾性ワイヤーでつながれた「ドズル」を引き戻す)
・・・ふんがぁ!
(超重量のドズルを引き戻すために、全身のスラスターを展開)
(身体を後ろに傾けて全身のバネで「ドズル」を振り回し、斧頭で「白狼」の頭部を狙う)


696 :自称17歳の少尉:03/04/20 23:49 ID:???
>688
何か、ユンユンとした威圧感みたいのが・・・あのMSからか・・・?
(彼自身はNTではないが、何かを感じ取ったらしい)

識別信号は・・・赤い彗・・・いや、絶対に違うやつが乗ってる。
普通のNTの殺気はもっと尖ってるような刺すような・・・ブツブツ

697 :防衛隊:03/04/20 23:49 ID:???
>692
 入ってきやがった!生かして返すな!
(設置された侵入者撃退用の自動機銃が、弾丸の雨を降らせる。
わらわらと湧き出してくる隊員たち)



 侵入された!やむをえん!爆破の準備にかかれ!
(時限爆弾の取り付けが始まる)

698 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 23:50 ID:???
>692
種馬「よぉ(ぽんと肩を叩き)、クーデターを止めるんだろ?俺も行くぜ。
 と言うか、俺がメインで行くのが筋なんだぜ?ホント。
 銃、あるか?無いなら俺のマグナム貸すか?」

699 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/20 23:52 ID:???
さぁて、行動開始の第二ステップですね♪
(アサルトライフルを片手にアダムから降りてくる)
炉心は死守しませんと♪
(炉心へ向け走り去る)

700 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/20 23:52 ID:???
(はじき飛ばされるゼファー)
(腹部貫通の傷を負ったMSが……なお動く! 全身をきしませて立ち上がる!)

(白狼のコクピットにも、噂好きの声が響く)

『……男爵は、何のために戦うんですかぁ………?
 男爵は、何を夢見てザビ家の再興を望むのですかぁ……?
 それは、こんな形でいいものなんですかぁ………?』

701 :電波気味の少女:03/04/20 23:53 ID:???
選り取りみどり……どーれーにーしーよーおーかーなー…
てーんーのーかーみーさーまーのーいーうーとーりー…
アレにしよっと…>693
沈め…(ビームショットライフルを構え、三連射

702 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/20 23:55 ID:???
>697
くそっ!見つかった!!
打ってくる……!!くそっ!爆破だと!?
(とっさに壁に隠れて銃弾をかわす)
銃を撃つのも久しぶりだな……。まぁ何とかなるだろ!
(壁から一瞬で身を出して相手の手を狙い3発撃つ)

703 :白狼:03/04/20 23:55 ID:???
>695
 カラクリに頼るか!そのような攻撃・・・・・・!?
(足元の事務員に気づき、バランスを崩すマツナガ。首が、高々と飛んだ。
しかし、片足のスラスターを噴射、首のないゲルググはザクのりの機体
にむかって突進した。ナギナタのビーム噴射口をコクピットに押し当てる)
さらばだ。これほど苦戦したのははじめてだったがな・・・・・・
(通信)
 閣下!戦いをおやめください!ミネバさまは操られていたのです!

704 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/20 23:56 ID:???
>697
種馬「ひょおっと!(マシンガンで薙ぎ払う)雑魚が俺の相手になるものか!
 さぁ、行くぞ!」

若本教官「これで、最後だ……(最後の一機の頭を踏みつけ)イ・ナ・ズ・マ・キ――ック!」

……踏み台にされたMk-Uを圧壊させ、クーロンガンダムはマラサイ部隊のど真ん中に飛び込んだ……勿論、着地点には敵がいて破壊されている。

705 :堕天使と呼ばれた教官:03/04/20 23:56 ID:???
>694
物静かな教官!!

(慌てて途中から体を割り込ませ、彼の機体を守る。だが少し遅くグレイバーストは崩れ落ちる)

……大丈夫だ。あの男なら大丈夫だ。
これ以上攻撃されなければな………!!

貴様らの相手はこの俺、『殺戮の堕天使』だ!
死にたくない奴だけかかってこい!

(昔の名を叫びつつ、敵の中に突進。しかしなおも「殺さない戦い」を続ける)

706 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/20 23:58 ID:???
>701
(不意打ちにも関わらず回避運動をする)
・・・・残党か・・・識別信号が赤い彗星・・・だと?
(キャノンを構えるがまだ仕掛けない)


707 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/20 23:58 ID:???
>704
何でここに…まぁ俺がいるほうがおかしいな。大丈夫、持ってる。
それにマグナムを16才の奴が使いこなせると思ってる?手がいかれるって。
…ミネバは向こうか…!
(急いで走って行く)

708 :謎の宇宙忍者:03/04/21 00:01 ID:???
>701
サンダール「その識別信号……不愉快だ!」

九天「ふぅむ、なるほど成る程。よし、これで施設内の防衛システムは沈黙。
 ウィン、どうやらここはクレイ一人で守ってくれそうだから先行ってもいいわよ」


709 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 00:01 ID:???
>700
うう・・・
(再び目に涙をあふれさせるザク乗り)
フロレンティナ・・・そんな姿になってまで・・・
君の執念、見せてもらった!
>703
・・・下手しなくても、殺されちゃうな。俺・・・
どうせだったら・・・一緒に行こうぜ。
いっせーのせで、やってみるかい?
「白狼」のおっさんよ!
(左手のミサイル発射口をゲルググの脇腹に突きつけるザク改)
じゃあな、おっさん・・・
俺達はきっと、フロレンティナみたいに天国には行けないだろう・・・


710 :偵察中:03/04/21 00:01 ID:???
(通信) 
 通路が非常用のハッチで閉鎖されとる!わいの腕じゃあ、ちいとこれの
解除は酷や!
(増殖炉マップと、管制室の位置が表示される)
 ここでロックを解除できるはずや!近いやつ!だれかおらんか!!

711 :戦士候補生:03/04/21 00:01 ID:???
>701
(直衛のPDで弾く)
いきなりかい。あいつらの仲間かね?
ま、いいや。そっちがやる気なら…追っ払うまでさ。
シェルクラント、サポートよろしく。
分かってるたあ思うけど、ビームキャノンは威力を押さえてるから気をつけるさ。
(8割程度の推力で、ジグザグに距離を詰める)

712 :電波気味の少女:03/04/21 00:03 ID:???
……(広域放送をONにし、音声を再生する)
『私は、かつてジオンの赤い彗星と呼ばれたことの有る男だ!
 今回の決起に、微力ながら力添えさせて頂く!』
……さてぇと。
避けられたかぁ……構わない…
ふ、うふふふふふふふふ…
あーはっはっはっはっはっはっはっはっは!
(ビームトマホークを構えて>706へ突進)

713 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/21 00:03 ID:???
>700>709
『……勝手に殺さないで下さぁいっ!!』

(絶叫と共に、ゼファーが二機のMSを突き飛ばす)

『……この子は無人機です! あたしはちゃんと「ホワイトレディ」にいるんですから!!
 なにより、そんな相撃ち狙いなんて、二人ともやめてください!』

714 :白狼:03/04/21 00:04 ID:???
>709
・・・・・・まて。この男が言うことが確かならば、戦う理由は無い。
降伏する。
>噂好き
 確かに、貴女の言う通りですな。ふふ、そんなことすっかり忘れておったわ。
久しぶりに戦いを楽しませてもらったわい。ふふ、はははははは・・・・

715 :ジオン残党兵:03/04/21 00:04 ID:???
>705
隊長「くそっ・・・!ここまでか」
A「こっちも動けませんぜ・・・あいつらは、やられちまったみたいだし」
トールギス改の猛攻をうけ、全ての武器を失った状態で背中合わせのまま話し込んでいる。
二人ともタバコの煙をくゆらせている。せまいコクピット内には煙が充満してきた。
隊長「おい、お前は降りな・・・恋人が、まってるんだろう?」
A「それをいうなら隊長だって家族が」
隊長「言わなかったか?つい一月前に別れたんだよ。愛想つかされたって奴だ」
A「それは偶然だ、俺もこの間振られっちまったんですよ」
隊長「ハッ・・・馬鹿野郎が・・・じゃあ、逝くか」
A「逝きますか・・・」
二人同時に自爆装置のスイッチを入れる。
かなりの衝撃だが、コロニーの外壁を壊すには至らなかったようだ。

716 :謎の宇宙忍者:03/04/21 00:04 ID:???
>710
九天「あらら、これは……あらやだ、システムから独立してるわ。クレイ、また乗っけてね(端末を片付ける)」

717 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/21 00:04 ID:???
>708
・・・・もう一機・・・だと?
敵なら破壊するのみだ・・・。

>711
・・・了解した、サポートに徹する


718 : ◆ObSeRVSYDQ :03/04/21 00:05 ID:???
>710
わ、なんて良いタイミング。
僕丁度今そこに着いた所ですよ〜
今解除しますので少々お待ちを〜

(転がる死体をまたいでコンソールを操り出す。
 ハッチのロックを解除しながら警備装置の攪乱も始める)

719 :ドルク:03/04/21 00:07 ID:???
くぉっ?!あほな!?
(かろうじてコクピットブロックへの直撃は避けるが、足をやられ、
どうにもならずに不時着)
こうなったら・・・
(脱出。地下に降りていくドルク)

720 :堕天使と呼ばれた教官:03/04/21 00:07 ID:???
>715
(爆発に手を伸ばす……だが少し遅く、自爆の爆風にトールギスは吹き飛ばされる)

……バカ野郎どもがっ!!
死んで何になるっていうんだ!
ジオンの亡霊どもに魂を引きずられやがって……!!

(怒りに震える拳でモニターを殴りつける)

721 :謎の宇宙忍者:03/04/21 00:08 ID:???
>712
サンダール「……(グリップを握る手が痙攣する)……貴様!私がどれほど苦労してきたかわかっているのか!
 名乗りたくとも名乗れず、正体を言い当てられても無様に否定するしか出来なかった男の気持ちがわかるか!」
(ビームライフルをサザビー目がけて9連射)

722 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 00:08 ID:???
>713
うう・・・また幻聴が・・・(涙)
・・・あれ?違うの?
・・・ううう・・・良かった・・・(今度は喜びの涙を流すザク乗り)
>714
(涙で頬をぬらしながら)
・・・ははは!じゃねえ!
(各部がぼろぼろのザク改の中で叫ぶザク乗り)
死んじゃうかと思ったじゃねえか!
・・・ち!最初から本気じゃなかったって言うのか!?

723 :防衛隊:03/04/21 00:10 ID:???
(あらぬ方向に射撃をはじめる自動機銃、次々に開いていくシャッター)
 
警備装置が・・・・・・ハッキングされている!?
自爆装置機動だ!タイマーは30分後!外壁非常口に係留してあるランチで
脱出する!
「この娘はどうします?」
ほうっておけ、もう利用価値は無い!!

724 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 00:11 ID:???
>719
倒した・・・?!

<通信>金髪少女
無事ですか?

そうだっ!高速原子炉の制圧はっ!!
(センサーを使って状況確認)

725 :電波気味の少女:03/04/21 00:11 ID:???
>721
……3・2・1、来る!
(地面を転がるMSの残骸を蹴り上げ、ビームライフルの連射を幾らか防ぐ)
まだ、来る!?
あたらねーよぉ!(そのまま残骸にまぎれて残りのBRを回避する)

726 :戦士候補生:03/04/21 00:12 ID:???
>717
…言葉の綾さね。
隙だと思ったら俺に構わず撃ちこんでくれさ。
俺は乱戦は得意なほうだからきっちりかわしてみせるし、嘘か本当かはともかく「赤い彗星」なんて名乗ってる相手だ、そんくらいやらなきゃ失礼さな。
>712
さて、そういうわけでまずはフロントのこの俺を突破してもらおうかい?
(脚部狙いでBRを撃ちこむ)

727 :白狼:03/04/21 00:12 ID:???
>722
 いい戦だったぞ。さて、私はミネバさまをお救いしなければならぬ。
 すまぬが、失礼するぞ!
(ハッチを飛び出し、地下へ降りるマツナガ)

728 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/21 00:12 ID:???
変ですねぇ…炉心防衛組みはたった5人ですか?
(床に転がる兵の死骸)
やはり制御室に向かいますかぁ。
(アダムに乗り込み狭い通路をなんとか通過し制御室を目指す)

729 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 00:13 ID:???
>723
…!!!!!
行かせはしないんだよ!!!
(走ってきて相手の足に狙いをつけて撃つ)
動くな!!さあ、次はどこだ?心臓か?頭か?
撃たれたくなかったら自爆装置を止めろ!!

730 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/21 00:14 ID:???
>723
種馬「逃げるな!(マシンガン掃射、さらにマグナムリボルバーが火を吹く)」

>719
キムラ「これで、終わりに……」
海賊娘「あ!逃げやがった!畜生」

731 :通常の名無しさんの3倍:03/04/21 00:14 ID:???
爆破装置起動 爆破装置起動
29:31

732 :ゼファーU ◆oFk.XKUV0M :03/04/21 00:15 ID:???
>722
『まだ終ってませんよぉ☆ 立てますかぁ?』

(こちらもボロボロのゼファーが、WTを助け起こす)

>727
『男爵、あたしの仲間たちも行ってるハズでぇす☆ 彼らにも男爵を助けるよう、伝えておきまぁす♪』

(そのまま、突入班の方に連絡を入れる)

733 :自称17歳の少尉:03/04/21 00:15 ID:???
>712
いや、これあからさまにテープ再生だろ。
ダカール演説の時のをコンピュータで処理してるな・・・前半の音性パターンが完全に一緒だし、音性がクリアすぎる!
(何だかんだ言ってるが、サザビーと戦う気は毛頭ないようだ)

>719
おや・・・乗り捨てたか。
資料になりそうだし、持っていこうかな。どっちみち弾ないし。
(乗り捨てられたMSを牽引して、宇宙港に弾の補給に向かう)

734 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 00:16 ID:???
>727
いかせるか!まだ話は終わってねえ!
(すぐさまコクピットハッチを飛び出し、白狼の後を追うザク乗り)
おい!待て、「白狼」!
(若さゆえの脚力で一気に追いつき、飛びかかる)

735 :シェルクラント ◆CB/ZUDkh0k :03/04/21 00:18 ID:???
>726
…解っている・・・しかしもう一機を警戒するためにも敢えてサポートを行う。
(多少サザビーの方へ接近)

736 :端末画面:03/04/21 00:19 ID:???
(ハッキング中の人は見ることができます)

ナトリウム壁、注水まであと24:31(こちらはハッキング可能)

壁のいたるところに貼り付けられている、赤くデジタル数字を光らせている、
時限爆弾・・・・・・

737 :電波気味の少女:03/04/21 00:19 ID:???
>726
そこかぁ〜…(ニヤリ
(スラスターを吹かして一気に回避する
ファンネル……コクピットを潰せぇ!!
きゃははははははは!
(ファンネル2基射出。細かく動きながら攻撃を仕掛ける)

738 : ◆ObSeRVSYDQ :03/04/21 00:22 ID:???
>736
!?!!?!?
そんな危険な化学反応をさせる訳にはっ!!
(神速のハッキングで注水を停止にかかる)

739 :白狼:03/04/21 00:22 ID:???
(ザクのりに向き直り、レバーブローをカウンターで)
 一体なんだ!勝負なら、すでについたはずだが!?


740 :謎の宇宙忍者:03/04/21 00:23 ID:???
>736
九天「(再接続)……ねぇ、あたしは原子物理学には疎くってさ……ナトリウム壁に注水するとどうなるの?」

>737
サンダール「やらせないといっている!(ファンネル撃墜)」

741 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/21 00:24 ID:???
(要所の壁に満遍なく取り付けられている時限爆弾)
…これは少し大変ですね。まぁ・・・やれるだけの事はしませんと。
(四の五の言う暇がないので早速解体作業開始…かなりの速さで爆弾を無力していく)

742 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 00:25 ID:???
>739
か、カウンター・・・
(よろよろしながら、白狼につかみかかる)
あんた、この間何か言ってたな!?
「美しい夢だけでは生きていけない」だと?
あほか!
夢の方が、正しく美しいのなら、なぜ「現実」の方を「夢」に近づけない!?
「部下達を喰わせなくては」だと?
噂に名高い「白狼騎士団」は労働者集団か?
喰いもんで吊らなきゃついてこねえのか?あんたの仲間は!
違うだろう!あんたについてきたんだろう!あんたの信念に!
どうして、その仲間を、自分の信念を信じない!
あんた、それでも男か!
男じゃねえなら、そのご大層なキン○マなんざいらねえだろう!
俺がもぎ取って犬に喰わしてやるから、ここに出して見ろ!

743 :偵察中:03/04/21 00:26 ID:???
>740
(通信)
 ナトリウムは水と反応して燃焼、炉心崩壊!コロニー市街は放射能汚染で
全滅や!
(逃走を拒み、戦い続けるジオン兵に手間取り、前進することができない・・・)
ちいっ!おまえら、炉の方は任せたで!わいはこいつらをここに引きとめる!

744 :戦士候補生:03/04/21 00:27 ID:???
>737
やはり来たさねえ。
(足を踏ん張るように急停止、逆噴射でファンネルとの距離をとりながらBRでファンネルを撃つ)
重力下じゃあ、ファンネルも本領発揮とはいくまい?
(突如、ファンネルにバルカンを撃ち牽制。BRも使いつつファンネルを誘導、狙いすましてBR連射)
(ちなみに、この間ファンネルの攻撃は距離を保ったままPDで弾いている)

745 :ドルク:03/04/21 00:28 ID:???
(増殖炉一室。倒れるミネバを抱えあげる)
ふん、こいつをうまく使えば、うまいこと逃げ出せるわな・・・・・・
(走り去るドルク)

746 :金髪少女:03/04/21 00:29 ID:???
>719
……よし。次は…!…あれは…!(戦士候補生達のほうが目に入り、駆けつけようとする。)

>724
(集中しすぎてて聞こえていない。)

747 :謎の宇宙忍者:03/04/21 00:30 ID:???
>743
九天「うわぁ……(>738のハッキングをサポート)。ウィン、爆弾処理はお願いね」
ウィン『了解!(天井にぶら下がって前進)』クレイ『わわわ、足元に歩兵がまとわりついて……』

748 :電波気味の少女:03/04/21 00:30 ID:???
>740
ファンネルが……ま、いっか。
>744
ん?
……上手い。けど、これはどうよ!?
えぇ!? 避けれるもんなら避けてみせてぇ!!
(メガ粒子砲を一発撃ちながらビームサーベル2本を構えて突進

749 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/21 00:30 ID:???
>745
(ピクン)
あ〜〜、わるだくみですかぁ〜。
だめですぅ!
<思念波>NTコース生
ミネバさんがつれてかれちゃうよ。
あっち。
(大体の位置のイメージを送る)

750 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/21 00:31 ID:???
・・・タイマーは刻々と・・次は炉心でも設置されているはず・・・時間が惜しい・・。
(要所一区画をすべて解体し終わり、走って炉心へ戻る)

751 :噂好きの女生徒 ◆oFk.XKUV0M :03/04/21 00:31 ID:???
>742
ザク乗りさん……!

(ゼファーUのモニター越しに全てを見て全てを聞いている。
 ゼファーU自体は、ザク乗りが飛び出した機体を支えたまま)

752 :白狼:03/04/21 00:32 ID:???
>742
 ふん、言いたいことばかりいいよって・・・・・・(何か言おうとするが、口を閉ざす)
 理想、か・・・・・・青臭い・・・・・・しかし、わしもまたそれを捨てきれないでいる・・・・・・
 すまんが、これ以上貴様の話を聞いているひまは無い。今度、酒でも交わしながら
ゆっくり聞いてやろうではないか。
 
(ミネバを助けるために、再び走り去る白狼)

753 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 00:32 ID:???
>746
って、どこに?!
(向かう先をセンサー探索)
この反応は!
まさかあの二人に!?
(大急ぎで後を追うが、スピードが違いすぎる)

754 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 00:35 ID:???
>749
…!!!
ちっ!やらせるかよ!!
もっと集中するんだ…集中…集中!!
(急いで部屋から出て行く)

755 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/21 00:36 ID:???
若本教官「あれは……(サザビーを巡る戦いを見て)手の出しようが無いな」

>749
種馬「ええい、奴らメ……ん?(NTの様子に気がつく)何か見っけたか!」

756 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 00:37 ID:???
>752
(走り去る「白狼」を見送り)
・・・俺はもうぼろぼろだってのに・・・
元気のいい爺だぜ・・・
(這うようにして「ワイルドシング」に戻るザク乗り)
・・・ちっ!
(もう一度振り返り、小さくなった「白狼」の背中に)
俺があの年になったら・・・あんな男になれるのかな・・・
余裕こきやがって・・・見てろ!
いつか、追いつき・・・追い越してやる!
(ようようとザク改に乗り込む)
<通信>噂好きの女生徒
・・・疲れたよ・・・
言いたいことはもう言った・・・

757 :戦士候補生:03/04/21 00:37 ID:???
>748
ビームなら避ける必要など…ねえ。
(PDで弾き、直衛のPDを交代させつつ脚部を狙い、BRを数発発射)
(小さくジャンプで後退しながら、Cシールドを構える)

758 :ドルク:03/04/21 00:39 ID:???
兵士諸君!私はミネバさまを無事お助けしなければならぬ!
ここは敗れたが、しかし、ミネバ様さえ安泰ならば、再び起つこともかなおうぞ!
いずれ興る新たなるジオンのために、諸君、すまんが命をささげてくれ!」
「はっ!」
 追撃するNT生徒に隊列の壁を作り、追撃を阻止しようとするジオン兵。
(へ、理想馬鹿は利用しやすいわい・・・ほな、逃げの一手やな)

759 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 00:39 ID:???
>745
…!!!!
この感じ!!ここっ!!
動くなっ!撃つぞ!!
(部屋に走り込み銃を構える)

760 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 00:41 ID:???
>759
ちっ!
もういない?!どこだ!?どこなんだ!?
(目を閉じて集中する)

761 :噂好きの女生徒 ◆oFk.XKUV0M :03/04/21 00:41 ID:???
>756
……お疲れさまでぇす☆

(この人……あの気難しい男爵に「酒でも交わしながらゆっくり聞いてやろう」なんて言わせちゃいました……。
 じつはかなりの大物……? なんだか顔つきが前と変わった気がするのは、あたしの気のせいですかねぇ……?)

762 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/21 00:42 ID:???
>758>760
だから、あっちだって・・・。


763 :制御システム:03/04/21 00:42 ID:???
ナトリウム隔壁への注水作業、開始・・・・・・・
(僅かに間に合わず、溶け始める外壁・・・・・・・)

764 :謎の宇宙忍者:03/04/21 00:43 ID:???
>748
サンダール「ええい、小賢しい!」

>754
九天「……っと、後は相方一人で十分さね。で、中身はどうかな……ん?(モニターでミネバたちを発見)
 これはこれは、よっと(自動ドアのアクセスできるのにアクセスし、動きを封じる)さて若者(NT生徒)よ、やるだけやってみな」

765 : ◆ObSeRVSYDQ :03/04/21 00:43 ID:???
くそっ、流石に簡単には突破出来ないか……防護壁に防護壁が絡みついて……
援護が付いてるとは言え……かなり時間が厳しいなぁっ!

766 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/21 00:44 ID:???
・・・・残り5つ・・・間に合うかな?
(尚も会解体作業続行)

767 :制御システム:03/04/21 00:45 ID:???
>765
ICブレーカー起動、ファイアウォール破砕完了

 排水システム、オンライン YES NO

768 :時限爆弾:03/04/21 00:45 ID:???
01:23

769 :電波気味の少女:03/04/21 00:45 ID:???
>757
ふふふふふふふふ……
シールドがなんだぁ!
(ファンネルを射出準備する)
虎のミンチ、好き?嫌いだよね? 嫌いなハズだよね!?
嫌いって言ったな! 切り刻んでやる!!(壊
(ビームサーベルを横に払うように振り回し、もう片方を上に構える)

770 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 00:46 ID:???
>761
<通信>噂好きの女生徒
あ、もう一つあった。
ごめんな、いろいろ心配掛けて・・・
大丈夫だ、俺は・・・
何が大丈夫なのかわからないけど、とにかく大丈夫だ!
いろんな意味で吹っ切れた・・・
俺は結構やれるんだな・・・何しろ、あの「白狼」と張り合ったんだ・・・
俺がここまでやれたのも、君のおかげだ・・・
フロレンティナ、俺は心の底から・・・君を・・・
(気絶するように眠りに落ちるザク乗り)
・・・う〜ん、ママン・・・
女の人を好きになったらどうしたらいいの・・・?
・・・むにゃむにゃ・・・

771 :おめでたい生徒 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/21 00:48 ID:???
>768
・・・・(黙々と作業手順の繰り返す)・・・・。
・・・・あと一つ・・・精神力はまだ・・・途切れはしない!
(カバーを取り外し線を切っていく)

772 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 00:48 ID:???
>762
隣かよ!?

>758
くそっ!なめるなぁぁ!!
(銃を連射しながら突っ込む)

773 :金髪少女:03/04/21 00:48 ID:???
>757
あいつ…確か…!

>769
させないぞ!
(上に構えたビームサーベル目掛け、ビーム砲を発射)

774 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/21 00:49 ID:???
>758
種馬「行っけえェェっ!」(NT生徒の襟首を掴み、ドルク目がけてブン投げる!)

775 :噂好きの女生徒 ◆oFk.XKUV0M :03/04/21 00:50 ID:???
>770
……全くもぅ。相変わらずなんですからぁ♪
……あなたのおかげでここまでやれた、ってのは、あたしの台詞でもありますよぉ☆

……帰ってきたら、あたしからも謝らなきゃいけませんねぇ………。
短気おこしちゃってごめんなさい、って☆

(中にザク乗りを載せたまま、満身創痍のザク改を、おなじくボロボロのゼファーUが抱き上げる。
 なんだか立場が逆のようだが、ザクを「お姫様ダッコ」したゼファーは「ホワイトレディ」に帰還する)

776 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 00:51 ID:???
>773
待てっ!
(サザビーに攻撃するのを見て)
あれ・・・?もしかして、早とちりしましたか?
それならカバーに入りますかねぇ。
(右のトリケロスをサザビーに向ける)

777 :赤毛:03/04/21 00:52 ID:???
(NT生徒の突撃は、あまりに無謀に過ぎた。横隊を組む隊員たちの
銃口から、弾丸が放たれようとする瞬間・・・)
食らいなさい!
(天井の換気口を突き破り、大量のゴム弾が、ジオンの兵士たちに降り注ぐ。
倒れ伏す兵士たち。どちらを狙っていいかわからず、隊列は明らかに混乱していた)
はぁい☆


778 :茶髪少年:03/04/21 00:53 ID:???
…暴走した時のために…核シェルター装置のロックを…。
(残りの皆とは別に、炉を覆っている核シェルターの制御室の方を制圧、
ハッキングして、作動させるように作業を開始している。)

779 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 00:55 ID:???
>774
なっ何をぉぉぁぁぁぁ!!!…あぁ…カミーユ…刻が見える…
(頭から飛んでいく)

780 : ◆ObSeRVSYDQ :03/04/21 00:55 ID:???
>767
YESYESYESYESYESYESYES!!

781 :電波気味の少女:03/04/21 00:57 ID:???
>773
ちっ……(ビームサーベルの角度を少し変え、ビーム砲を弾く
>776
こっちもか……
邪魔なんだよぉ!!
(展開していたファンネルを1機仕掛け、トリケロスに向けて撃つ)

782 :謎の宇宙忍者:03/04/21 00:57 ID:???
>767
九天「……ふぅ(画面には『注水停止』『排水開始』の文字が)……あ〜つかれた(コキコキ)」

783 :炉心:03/04/21 00:57 ID:???
次の瞬間、炉心は爆発したが、排水システムが作動。爆風は周囲に施された防護壁におしもどされ、
開口部から宇宙めがけて吐き出される。すでに脱出していたランチがそれに巻き込まれ、あとかた
もなくふきとんだ。

784 :戦士候補生:03/04/21 00:59 ID:???
>769
なんなんだ、こいつ…
(呆れた口調で)
まあいい、来るさ、Aリアクト。
(小さく飛びこむようにして横からのBSをCシールドのBS部で受け止める)
(受け止めて一瞬腕の動きが止まった瞬間、下向きにスラスターをふかし、潜り込むように脇の下を潜り抜ける)
(わずかに態勢を崩しかけるものの、すぐにサザビーに向き直り、PDを5基増やしつつ距離をとろうとする)


785 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 01:00 ID:???
>781
ファンネル!?
(右のトリケロスを失う)
落ち着いて対処すれば・・・!
(ファンネルを狙いガンランチャー発射)

786 :金髪少女:03/04/21 01:06 ID:???
>781
…くそっ…!これなら!
(350mmガンランチャー、120mm対艦バルカン、220mm6連装ミサイルポットをフルに使いつつ相手へ向け突進体当たりを試みる。)


787 :謎の宇宙忍者:03/04/21 01:06 ID:???
>783
ウィン「……ふぅ、心臓に悪い(炉心室から回収したおめでたい生徒を小脇に抱え、炉心から脱出していた)」
九天『あはは。助かって何よりw』
ウィン「ったく、炉心崩壊まで居座るなや……」

>784
サンダール「援護する!」(サザビーの周囲に弾幕を張り、さらに足元にトリモチ弾を打ち込む)

788 : ◆ObSeRVSYDQ :03/04/21 01:08 ID:???
…………なんとかなった……?
ふぅ……とりあえず……もう限界…………

(コンソールに突っ伏すぽややん。その腕には派手な痣が浮かんでいた)

789 :自称17歳の少尉:03/04/21 01:09 ID:???
(宇宙港で補給中)
さーて、戦闘のどさくせで拾ったBWSもつけた、ミサイルも実弾に交換した。
再度出撃!

(再び戦場に向かう)

790 :爆弾:03/04/21 01:09 ID:???
(最後の1個が解除され、アダムのコンテナに積み込まれる。
・・・爆弾に用いられている火薬は、どうやら安定性にかけるもののようだ・・・・
はやく捨てたほうがいいだろう。


791 :電波気味の少女:03/04/21 01:10 ID:???
>785
!! 避けて、ファンネル!
戻ってき…遅い!?
(ファンネル1機消失するも、残り全機を自機の周りに射出する)
>784
早い、けど!
(後ろに向き直り、シールド裏からミサイルを射出。
 弾幕をはって、PD目掛けてビームサーベルで切りかかる)

792 :ドルク:03/04/21 01:11 ID:???
なぁぁぁぁぁぁ!?
(すっとんできたNT生徒に、もろにぶつかるドルク。ミネバもろとも吹っ飛び、
壁にたたきつけられる)

793 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/21 01:14 ID:???
>792
種馬「………………すっとらーいく(小さくガッツポーズ)!」

力天使「……もう、でてこないわね……」(周囲には反乱軍のMSの残骸が多数)

その頃すでに、若本教官は血反吐を吐く直前で帰還していた。

794 :電波気味の少女:03/04/21 01:16 ID:???
>787
ちぃ……どいつもこいつも私の邪魔をする!!
むかつくの!!
(近づいてきた鳥もち弾を、着弾する前にサーベルで切り払う)
>786
下がれぁー!!
(メガ粒子砲を拡散状態で放ち、攻撃を相殺する)

795 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 01:18 ID:???
…痛っぁ!!!
っくそがっぁ!!…動くな。
(いち早く起き上がり、ミネバとドルクの間に入りドルクに銃を向ける)

796 :金髪少女:03/04/21 01:19 ID:???
>794
攻撃が…!なら!
(全速力でサザビー目掛けて体当たり。BSは展開しているが真正面から突っ込んでいるのでたいした意味はないw)


797 :謎の宇宙忍者:03/04/21 01:20 ID:???
>794
サンダール「(ぴきーん)邪魔をされるのは、邪魔されるような事をしているからだ!
 邪魔をされるのがいやなら、何もせずに引っ込んでいろ!」
(ツインビームサーベルを抜き放っての回転斬りで拡散メガ粒子砲を弾いてヒット&アウェイ×4)

798 :ドルク:03/04/21 01:21 ID:???
へ、へへ・・・・・・降参や・・・・・
(にやにや)

799 :戦士候補生:03/04/21 01:23 ID:???
>784
(スウェーしてかわそうとするが、かわしきれず、PDが数基撃墜され、本体にも一発受ける)
ち…
(あえてそのままPDを斬らせる。ここでも数基撃墜。ちなみに撃墜された分は随時補充)
思ったより無欲さねえ…それじゃあ。
(腰だめにしたBRをばら撒くように連射)
>796
あ…
(連射を中止)
これじゃあいくつ命があっても足りないさねえ…人事ながら回避命には同情するよ、ホント。
(軽口を叩きながら、体当たりで一瞬動きが鈍ったファンネルにBRの標的を移す)

800 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/21 01:24 ID:???
>798
種馬「……よぉし、これで全員制圧か(マシンガンをドルクに向けながら)?
 おい(NTに)、コイツはこっちで何とかするから、お前はその娘を連れて行け」

801 :【Adam】 ◆4GdoLQNWN2 :03/04/21 01:24 ID:???
(搭乗者により予め組まれたコマンドにより爆弾を抱え、宇宙に飛び出す)
(爆弾を正面に投げ、ランチャーの砲口を向けると青い光を放つ機器に表示される文字)
『Target in,site・・・Fire』
(一条の光が放たれ、着弾。爆弾は大きく眩しい球体に変わる)
(それを見届けたアダムは自動帰還プログラムに則り宇宙港へ戻っていく)



802 :自称17歳の少尉:03/04/21 01:26 ID:???
(ようやく視認できる距離に追いついてくる)
おーい、全員生きてるか。


803 :電波気味の少女:03/04/21 01:27 ID:???
>797
戯れるな……ひゃはははははははははっ!!
(フェンシングのようにサーベルを振り、全てを弾く)
仕留めてやる。ファンネ…!?(>796に気付く
最初にアナタから死んで……あ、金髪サマ……?

マズイ!?(ビームサーベルを当てずに避けさせ、同時に避けきれずに機体の上に着地する)

804 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 01:27 ID:???
>800
通信かなんかいれたら外の戦いも止まる筈…!
通信室はあっちか?!
(ミネバを背負って通信室へ)

805 :ドルク:03/04/21 01:29 ID:???
痛ッ!小突きまわすなや!!
(種馬に連行されていく・・・)

806 :金髪少女:03/04/21 01:31 ID:???
>803
うわっ…!乗っかられ………ぐぅっ…!
(突然の衝撃に機体の後部が地面に接触する。凄まじいショックに意識が飛ぶ。
機体はその後も最高速度を保ちつつとある方向へ突き進んでいく。)

807 :ミネバ:03/04/21 01:34 ID:???
・・・ん?
(目を覚ますミネバ)
ここは・・・一体?あれ、貴方は・・・

808 :謎の宇宙忍者:03/04/21 01:35 ID:???
>806
サンダール「……特攻?」

九天「ふわぁぁん、ああもう、夜更かしは美容に悪いのよ?」
クレイ「……まだその台詞は早いです」
九天「あら、あたしがまだ若いって?」
クレイ「いや、寝る時間には早いって」

809 :電波気味の少女:03/04/21 01:36 ID:???
>806
や、やばっ!?
(客部を引っ掛けてしまい、そのまま連行(w)される)

810 :金髪少女:03/04/21 01:40 ID:???
>809
(…そのまま2機揃って2kmほど進み、それなりに大きなビルにぶつかり、動きを止める。
なおまだ意識は回復しない。外傷はないようだが…。)

811 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 01:41 ID:???
>806
ああっ!またそういうことをっ!!
(追いかけるが、到底追いつけない)

812 :戦士候補生:03/04/21 01:42 ID:???
>806、>809
あ…あーあ、行っちゃった。
(追いかけようとするが)
やめた。これも彼女が選んだことの結果だし、ま、『彼』とかがどうにかするでしょ。
それじゃ、害虫も追っ払ったことですし、帰るとしますか。
<通信>シェルクラント
支援あんがと。
おかげで今日はあまり壊さずにすんださ。助かったさあ。
もうクーデターもおしまいのようだし、俺は帰って休むとするさね。
(格納庫に戻っていく)

813 :自称17歳の少尉:03/04/21 01:42 ID:???
>806 >809
!?
>811
追いかけるぞ回避命、上に乗れ!

814 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 01:44 ID:???
>813
有難う御座います!!
(上に乗る)

815 :NTコ−ス生徒◇覚醒◇:03/04/21 01:46 ID:???
>807
ん?気がついた?
説明は後でするからとにかく戦いを止めろって言ってくれない?
ここだな…
(通信室に入り全空域に通信を入れる)
『テステス、あ〜自分はパイロット養成所の生徒だ!メイファ・ギルボード、つまりミネバ・ラオ・ザビを保護した。
様子からして精神操作を受けていた模様!この戦いは無益だ!!直ちにやめろ!!これ以上戦う事に意味はない!』
はい、とにかく戦いをやめろって言って。
(ミネバに場所を譲る)

816 :電波気味の少女:03/04/21 01:46 ID:???
>810
ぎにゃー!?(ビル衝突)
う、うぅ……
金髪サマ…生きてる?(サザビーのコクピットハッチを開く)
『……デモンストレーションご苦労、機体は乗り捨てていって構わんよ?』
……了解。
(ジオン兵のノーマルスーツを脱ぐ。下は普段着)
これでばれないはず……
(下に素早く下りていき、コクピットハッ血ヲ外部から開く

817 :金髪少女:03/04/21 01:49 ID:???
>816
……。
(まだ意識は無きまま。)

818 :ミネバ:03/04/21 01:51 ID:???
(事情を悟る)意識が消えている間に・・・・・・戦いが・・・・・・私のせいで。
「命令します。未だに交戦を続けているものは、速やかに武器を放棄し、投降して
ください。おねがいします。あなたたちの家族のところに、妻や子供たちのいる所に、
帰ってあげてください・・・・・・」
(そのまま黙り込む。彼女は静かに泣いていた・・・)

819 :電波気味の少女:03/04/21 01:53 ID:???
>817
生きてる? (首筋に手を当てる)
生きてる……起きて、起きて!(平手打ち×3くらいw
駄目だ。起きないや…
……担いでいこ(無理やり引きずりだし、担ぎあげる)

820 :兵士:03/04/21 01:53 ID:???
「・・・畜生!」
「ここまできて・・・いっしょに死ぬ覚悟でいたのに・・・」
「はは、生き長らえちまったか・・・」
(次々に銃を捨て、投降していく兵士たち。事件は、収束した・・・

821 :自称17歳の少尉:03/04/21 01:54 ID:???
(ビルにめり込んでいる2機を確認する)
よーし、追いついて来た!
逆噴・・・・あ、あれ?
(どうやら、廃棄されていたBWSを使いまわしたため逆噴射用のアポジが逝っていた模様)
やば・・・回避命、降りろ、このままじゃ2人ともぶつかっちまう。
(そのまま止まれずにビルにBWSのまま衝突、瓦礫が煙幕のように巻き上がる中、BWSを強制パージ)


822 :謎の宇宙忍者:03/04/21 01:55 ID:???
>816
(主のいなくなったMSの頭部を握りつぶすリゲルグ。『赤い彗星』の識別信号も途絶える)
サンダール「……これでよし、時間もないし、機体を全て壊すまでも無いであろう……
(>818の声を聞いて)うむ、あとの事は白狼に任せて退散するか」(戦線離脱)

823 :金髪少女:03/04/21 01:56 ID:???
>819
……ん?一体…。
(運ばれている途中で目を覚ます。)

824 :電波気味の少女:03/04/21 01:57 ID:???
>823
……(無言で担いだまま歩いている)

825 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 01:58 ID:???
>821
え?ちょっ・・・。
(すんでのところで飛び降りる)
危ないですねぇ・・・。

(>823を発見)
あ!あんなところに!!
・・・ん?なぜ彼女が一緒に・・・。
まさか、あのサザビーは!?

826 :企業艦隊:03/04/21 01:59 ID:???
(熾烈な艦隊戦の最中に)

無能な提督
「なにぃ?!事件が終わったぁ!?これでは、単なる無駄足ではないか!」
憲兵
「失礼ですが、貴方の身柄を拘束します」
無能な提督
「何をする!やめろ!やめんか!」
副官
「まったく・・・あの時反転さえしていれば、サイド6防衛艦隊がコロニーに
急行、事態はもっとはやく収束していたでしょうね。企業の体面はぼろぼろです。
今、指令書が届きました。母港帰還まで、私がこの艦隊の指揮をとることになります」
提督
「きさまー(独房へ連行される)」
副官
「またあの子達に助けられちゃいましたね・・・やれやれ、借りばかりふえちゃって」

827 :金髪少女:03/04/21 01:59 ID:???
>824
……お前が…助けてくれたのか…?
(素。サザビーのパイロットだなどとは欠片もおもっていないw)

828 :NTコ−ス生徒:03/04/21 02:01 ID:???
>818
……精神操作は逃れられるものじゃなかったさ。今は泣くんだ…思いっきり……
そしてもうこんな事を起こさせないようにするんだ……みんなでな…。
(横に立つ、握り締めた手は震えている)

829 :AEMa艦隊:03/04/21 02:01 ID:???
提督
「ようやく、収束したか・・・・・・撤退するぞ。送り狼に気をつけてな・・・・・・」
(aema艦隊、戦域離脱。しかし、その背後を、静かにドールスが追跡していた・・・・・・
彼らが母港にたどり着くことは永遠にないだろう)

830 :自称17歳の少尉:03/04/21 02:02 ID:???
>825
はっはっは・・・。
拾ったものを勝手に使っちゃ不味かったな。

>824
おや、町には避難勧告出てたはずだが・・・。

まさか、寝てた・・・わけはないよな。有りそうで怖いが・・・。

(何時の間にか早々とサザビーとスカグラにワイヤーを巻きつけている)

831 :猫目少女 ◆yBnx4FZW1c :03/04/21 02:02 ID:???
>818
おわったみたいですね〜。
ふや・・・ぁ。ねむいですぅ。
(そのままキュベレイのコクピットで眠りこける)

832 :電波気味の少女:03/04/21 02:03 ID:???
>827
うん、そう。
……ジオン残党の戦闘域を避けながら、MS施設に向かってたら、途中でビルに突撃したから……

833 :ミネバ:03/04/21 02:04 ID:???
うっ・・・うぅ・・・っ
(胸に顔をうずめ、泣き出すミネバ。長年の孤独、そして、元いた住処からの
追放、意識を奪われていたとはいえ、自らが招いた無益な戦争・・・
 今はただ、NT生徒にすがり、泣くことしかできない・・・)

834 :匿名希望さんの3倍:03/04/21 02:04 ID:???
まずいな、回収する気か……
やれ。
部下『ハッ、爆破します』
(スイッチが押され、サザビーの自爆装置が起動する)

835 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 02:05 ID:???
>830
笑い事じゃないでしょう・・・。

(機体を>832の目の前に下ろす)
大丈夫ですか!?

836 :電波気味の少女:03/04/21 02:10 ID:???
>835
だ、大丈夫だけど…あぅ、うわわっ!?(風圧にあおられ、ふら付く)

837 :自称17歳の少尉:03/04/21 02:11 ID:???
あ、あれ?
サザビーから反応!?

迷ってる暇はないな!
(ワイヤーを切り離し、サザビーを誰もいない方向に放り投げる)


838 :偵察中:03/04/21 02:11 ID:???
(殴り倒した兵士の山の上で放送を聞く)
・・・・・・終わったんか。何もかも。
(ふらつきながら、壁にもたれかかる。タバコをくわえ、火をつけて吹かすと、
そのまま眠ってしまう。暗い通路の中、赤い蛍が男の寝息に合わせ、静かに
明滅している。やがてそれは床へと落ち、光を弱め、消えた)

839 :赤毛:03/04/21 02:16 ID:???
(ドアが開いたままの放送室に入ろうとして)
NT君、うまくいったみた・・・・・・・
(静かにドアを閉める)
 お疲れ様。邪魔しちゃ野暮よね、ナイトさん☆
(ぽややん教官のところへ向かう赤毛)

840 :金髪少女:03/04/21 02:16 ID:???
>832
…すまないな…。

>835
……うわぁっ…!……まぁ…な。
(まだ抱えられた状況の為、電波少女がふらついてからだが不安定になった為驚く)

841 :自称17歳の少尉:03/04/21 02:17 ID:???


全員伏せろ!

(言うが早いかサザビーが爆発し、一瞬遅れて爆風が駆け抜ける。距離があったので幸い全員無事)

842 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 02:17 ID:???
>836
(機体から降りてくる)
あ、すいません。
(手を出して、抑えようとする)
でもなんだって、こんなところに?

843 :NTコ−ス生徒:03/04/21 02:18 ID:???
>833
―――――。
(無言で頭を撫でる。もっと早く終わらせれなかったのかと自分に問い、自嘲気味に笑いながら涙を流す)

844 :電波気味の少女:03/04/21 02:21 ID:???
>841
た〜まや〜(全く動じず
>842
……ジオン残党の戦闘域を避けながら、MS施設に向かってたら、途中でビルに突撃したから……(同じ台詞

845 :その頃の1と5の人:03/04/21 02:21 ID:???
「五飛・・・AEMA艦隊は引くようだぞ」
「俺が正義だ! 貴様らは正義かと聞いている!」
「・・・・・・・・」
残っている、企業艦隊を殲滅せんとする五飛。
果たして、企業艦隊も無事に母港に戻れるのであろうか。

846 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 02:25 ID:???
>840
だから突っ込むなって・・・。

>844
はぁ、なるほど。
で、どこのMS施設ですか?
養成所のとは方角が違う気もしますが。

847 :自称17歳の少尉:03/04/21 02:27 ID:???
>846
どうせ、地図を逆さにでも見てたんだろ。
こないだも養成所内で迷ってたし。




しかし、あのサザビーのパイロットのプレッシャー、なんか妙に歪んでたなぁ・・・。
どっかで似たようなのを感じた気がするんだが・・・どこだっただろう。

848 :電波気味の少女:03/04/21 02:29 ID:???
>846
ん……? こっちじゃないの?(全く関係ない方角を指刺す)

849 :副官:03/04/21 02:30 ID:???
私たちは・・・・・・少なくとも私は正義かな。悪は・・・・・・この人!
それじゃ、提督代理として、命令☆
「やめろぉぉぉぉぉぉ」
ランチ、カタパルト射出〜W
(カタパルトから射出された無能な提督のランチ・・・・・・
彼の死亡率は何パーセントであろうか?)

850 :金髪少女:03/04/21 02:30 ID:???
>841
……爆発した?MDの自爆装置でも始動したのか?

>846
……中立地帯にまで手を出してくるのは…許せなかった…んだ…。
(それに、多分こいつが行こうとしてたのは急進派の隠し格納庫だろうな。)

>847
(…そう言えば…こっちに当てようとするはずのサーベルをわざと
避けるようにしていたようなきもしたけど…まぁ…急進派が連中に協力するわけないしな。)

851 :漆黒の戦艦と1機のMS:03/04/21 02:33 ID:???
「・・・・・・AEMAが退いたか。戻るぞヒスイ」
「うん・・・わかった」

閃光弾を大量にばら撒き、撤退していく巨大な剣と12機の人形と1体の鋼鉄の巨人。

852 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 02:33 ID:???
>841
証拠隠滅ですか・・・。

>847
そんなもんですかねぇ?
あの殺気・・・似たものを感じたことがあるんですけど。
(電波少女の方をちらりと見やる)

>848
・・・携帯端末とか持ち歩いた方が良いですよ。
まったく逆方向ですから。

>850
だから、学ぶことが多いって言ったんですけどねぇ・・・。

853 :電波気味の少女:03/04/21 02:35 ID:???
>852
……?
どうかしたの?

……それはそうと、後ろにマッチョな日焼けしたオジサンが……居ないから大丈夫(ニヤニヤ

854 :助教授:03/04/21 02:36 ID:???
(訓練生、戦士候補生の二人に、メールを送る)
さて、二人ともご苦労さん。俺は先に帰って、中佐に経過を報告してくるよ。
それと、最初のお給料、振り込んでおいたから。お疲れさん。
滞在期間ぎりぎりまで遊んでくるといい。なにせ、しばらくは船暮らしなんだから、
娑婆のなごりを惜しんでおいてね。それじゃ。

あのおっさんとは、ケリがつけられなかったか・・・・・・まぁいい。機会はいくらでも
めぐってくるだろうしね。さて、出発しますか。
(1隻のスペースボートが、港を出港する)

855 :金髪少女:03/04/21 02:38 ID:???
>852
……どういう意味だ?

>853
(……こういうところはいまだによくわからないんだよな…。)

856 :自称17歳の少尉:03/04/21 02:42 ID:???
>853 >855
とにかく、帰るぞ。
回避命のMSの手にでも乗せてもらいな。

俺はスカグラの牽引で手一杯なんでさ。
(スカグラに再びワイヤーを巻きつけ始める)

857 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 02:43 ID:???
>853
居ないんなら問題ないでしょう?
(・・・十中八九この人なんだと思うんですけど、確証がないですからねぇ)

>855
いえね、下手に動くと危ないってことですよ。
今回はAEMAとは違う敵でしたし、今回みたいにAEMAがこちらにつくとも限りませんしね。
それに・・・相手の親玉は操られてたみたいじゃないですか?
隙を見せたらああなるって事ですよ。

858 :赤毛:03/04/21 02:44 ID:???
(でかい銃を担ぎながら)さて、ぽややん教官も病院につれてったし・・・
ん?三人とも、なにやってんの?

859 :電波気味の少女:03/04/21 02:48 ID:???
>856
ん、そうする…
>858
やっほ〜…

860 :金髪少女:03/04/21 02:48 ID:???
>856
…ああ…わかった。

>857
洗脳?どれだけの手間がかかるかわかってるのか?
投薬にそれなりの施設その他。そう簡単にはいかないよ。
ニュータイプとか言う奴同士の共振に関係があったらわからないけどな。

>858
いや、ちょっとな。

861 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 02:48 ID:???
>856
解りました。
じゃあ、ちょっと乗り心地は良くないかもしれませんが、手に乗ってもらえますか?

>858
あなたこそそんな物騒なものを持って何を?

862 :赤毛:03/04/21 02:49 ID:???
>859
 やっほー。上も大変だったみたいねぇ。ま、無事で何より☆

863 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 02:51 ID:???
>860
洗脳?
そんな手を使わなくても、弱みを握られてしまったら同じ事でしょう?
そういう変なところで楽観的になるの、悪い癖だと思いますよ。

864 :自称17歳の少尉:03/04/21 02:51 ID:???
>858
ちょっと、回収作業をね

(スカグラをひきずりながら、サザビーの残骸を見つめている)
もったいないな・・・。
売ればギラ・ドーガの数機やムサイ級の巡洋艦なんて楽に買えるのに・・・。


865 :赤毛:03/04/21 02:51 ID:???
>861
あ、これ?地下で敵兵を制圧するのに、ちょっとね。ゴム弾入りのライアットガン。
結構便利よこれ。防衛隊の人からいただいたんだけど。もっててもしょうがないし、
金髪ちゃんにあげよっかな。昨日はちょっと言い過ぎたし・・・・・・
(グラスパーの惨状を見て唖然とする)
・・・・・・またやっちゃいました系?

866 :金髪少女:03/04/21 02:54 ID:???
>863
……。
(見事に白金に弱み握られている事を思い出し、言い返せない。)

>865
昨日…言い過ぎた?何の…事だ?昨日ザクレロに突っ込んだ後の事はあまり覚えていないんだが…。
後、ライアットガン…?どういう銃だったかな…?

867 :電波気味の少女:03/04/21 02:55 ID:???
>865
やっちゃいましただと思う……
>866
え……?

868 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 02:59 ID:???
>865
どうしてそういうのを振り回す女性(ひと)が多いんですかねぇ?

>866
・・・。
(反撃が来ない・・・図星でしたか?)

869 :赤毛:03/04/21 03:05 ID:???
>864
 サイコフレームぐらい、焼け残ってるんじゃない?拾って整備にでも渡して、
解体してもらったら?なんか出てくるかもしれないし。
>866
 あのね・・・記憶混乱するほど・・・(自分も記憶喪失患者であることを思い出す)
ま、ま、そういうこともあるわよね〜(滝汗)
 えっと、ライアットガンって言うのは、見てのとおりのショットガン。こうやって、
下のスライドを引いて弾を装弾して・・・・・・
(手近な車の残骸に向かって撃つ。ゴム弾が派手な音を立ててドアに命中。鉄板がべこりと
へこむ)
 とまあ、こんな銃。ホントは散弾つめて使うんだけど、護身用ならゴム弾使ったほうが
いいんじゃない?
>867
 ましたか・・・やっぱり・・・(回避命の方を見て)大変ねぇ・・・・・・(嘆息)
あ、私、出身特務部隊だもの。こういう武器の扱いにはなれてるってわけ。
 おしとやかな人が少ないのは・・・・・・やっぱり、ご時世ってやつよね。
 しょうがないのよ。きっと。生きてくためには強くなくちゃ、ね?

870 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 03:05 ID:???
まだ話が続くようですねぇ。
少尉殿、そちらに乗せてもらえますか?
彼女たちのためにアストレイは置いていこうと思いまして。
すいません。

ということで、帰る時はこれに乗っていってください。
では、お先に失礼します。

871 :金髪少女:03/04/21 03:09 ID:???
>867
……。

>868
…何だよ。

>869
…まぁ…な。
……………へぇ…なかなかの威力なんだな…。
(上手く知り合いに弄らせれば改造できるかもしれないな。)


872 :自称17歳の少尉:03/04/21 03:10 ID:???
>869
もう、拾ってる
(既に大きな残骸を中心に使えそうなパーツをスカグラの上に載せている)
>870
しょうがないな・・・。
(座席をガチャガチャ操作すると、普段は隠れている後部座席が現れる)
一応、教官機借りてきて良かったよ。

じゃ、先に帰ってるぞ。
(スカグラを車の残骸の上に載せ、文字通り牽引しながら歩いていく)

873 :電波気味の少女:03/04/21 03:11 ID:???
>872
さよ〜なら〜

>871
覚えてないの?
ね〜ね〜(肩つかんでぐらぐらゆさぶり)

874 :金髪少女:03/04/21 03:14 ID:???
>870 >872
ああ…わかった。

>873
……悪かったな、どうせ覚えてないよ、くそっ…。
(目頭が妙に熱くなってきているw)


875 :電波気味の少女:03/04/21 03:20 ID:???
>874
なんで覚えてないの〜?
ね〜教えて〜(気付いていない

876 :赤毛:03/04/21 03:20 ID:???
>回避、少尉
二人とも、お疲れ〜。
>873
 そういわないの!記憶が無いって、結構大変なんだからね!?
 同じことの繰り返しをしちゃったり、教訓を教訓として学べなかったり!
(自分も同じ経験をしているからかばっているつもりなのだが、案の定やぶへび発言)

877 :金髪少女:03/04/21 03:23 ID:???
>875
それがわかったら苦労しない!

>876
………くっ…私…はっ…!
(言い返す要素の欠片もないためかかなり悔しがり、背を向けてアストレイに向かう。
微妙に泣いているが背を向けている為視認は難しい。)

878 :電波気味の少女:03/04/21 03:25 ID:???
>876
そうなの……?
>875
ビクッ!
……(珍しくペースに飲み込まれている)
待って……(後ろについていく

879 :赤毛:03/04/21 03:27 ID:???
(あれ、泣かせちゃった?なんで?いろいろつらい思いしてるのよね、あの子も・・・うんうん)←天然
>878
 人にはいろいろ事情があるってことなのよ・・・・・・慰めてあげて、ね?
それじゃ、私も帰るから・・・・・・(歩いて帰る)

880 :金髪少女:03/04/21 03:30 ID:???
>879
……くっ…そぉっ…!
(相当悔しいようではある。立ち止まりかなりきつい目で後姿を睨みつける。)

>878
あ…すまない。戻るか?


881 :電波気味の少女:03/04/21 03:32 ID:???
>879
慰める……?
>880
あ、うん。
帰る……

882 :金髪少女:03/04/21 03:35 ID:???
>881
んじゃ…行くか。
(アストレイに2人して乗り込み、そのまま格納庫へ機体を移動させる。)

883 :金髪少女:03/04/21 03:44 ID:???
………さ、ついたぞ。…こっちで最後の風呂行くか?
(格納庫にてw)

884 :赤毛:03/04/21 03:44 ID:???
(タクシーを拾い、どうにかホテルの風呂までたどり着く。
避難命令のせいでホテルは無人だったが、ボイラーは生きていて、風呂も無事だった)
つっかれた〜・・・あ〜、ここのお風呂、ちゃんとお湯張ってある・・・
(ざぶん)
疲れがとれる〜☆

885 :電波気味の少女:03/04/21 03:46 ID:???
>833
……クンクン(汗臭いかな…
ん、入る…

886 :金髪少女:03/04/21 03:48 ID:???
>885
…じゃ、行くか。
(携帯武装は多少少ないが、一旦部屋に帰還後、風呂へ。)

>884
あ…。
(様々な要素が絡み合い微妙に鬱になっているのを隠しつつもシャワーを軽く浴び、風呂へ。)

887 :電波気味の少女:03/04/21 03:50 ID:???
>884
ん、先着?
ま、いいや……(流しもせずに風呂にざっぷり

888 :赤毛:03/04/21 03:53 ID:???
ふ〜・・・・・・(木桶を浮かせて、その上に徳利とお猪口を置いてたりする)
いろいろばたばたしてたから、旅行らしいことあんまりできなかったなぁ・・・
さて、最後ぐらいゆっくりしますか。
>887
 あ、お先してるわよW

889 :金髪少女:03/04/21 03:59 ID:???
>888
……。
(妙に目が虚ろ。脱衣所から鞄を持ってきて、そこから取り出したポケット酒を飲み始める。
ペースが常人の2分の一。いつもの彼女からみれば考えられないペース。)

890 :電波気味の少女:03/04/21 04:00 ID:???
ふぅ〜……頭洗お。
シャンプーシャンプーと……
(シャワーのコックを捻って頭を洗い出す)

891 :赤毛:03/04/21 04:01 ID:???
>889
 くっらいわね〜・・・過ぎたことなんだし気にしないの。
・・・それにしても、意外と胸、あるのね(まじまじ。赤毛のは・・・マスクメロン)

892 :金髪少女:03/04/21 04:03 ID:???
>891
……別に気にしちゃいないさ。
(あからさまに嫌味に胸の事を言われてカチンと来つつも、白金関連と今日の事件について考えに耽る。)

893 :赤毛:03/04/21 04:07 ID:???
>892
 ふーん(くぴっ)・・・その年でその大きさなら十分だと思うけど〜(風呂から上がる。すでに酔っ払ってるご様子)
 電波ちゃんはどうなの〜?(後ろから手をまわして、サイズを確かめようとする)

894 :電波気味の少女:03/04/21 04:09 ID:???
>893
んー?(シャワー中で見えない
何が……って、ぎにゃー!?

895 :金髪少女:03/04/21 04:10 ID:???
>893
………ふん…。
(それにしても…この後私はどうすればいいんだろうな…。はぁ…。)

(湯船に大の字になって浮きつつ考える。相変わらずペース激遅。)

896 :自称17歳の少尉:03/04/21 04:10 ID:???
さて・・・ホテルに荷物取りに来たわけだが・・・。

ついでに館内も兵士潜んでないか調べていくか・・・。
(館内の見回りを始める)

897 :赤毛:03/04/21 04:10 ID:???
>894
 ?全然ないじゃない〜?もんだら大きくなるって話、聞いたことある〜?
(電波の背中に胸の感触が・・・・・・)

898 :電波気味の少女:03/04/21 04:14 ID:???
>897
うぁ、あ、のぁ〜……
しゃ、シャワーシャワー!
(シャワーのコックを探して手がふらふら)

899 :金髪少女:03/04/21 04:17 ID:???
……はぁ…。
(周りの騒動などどこ行く風、かなり落ち込んで、赤ワインをとろうして、鞄のなかの赤ワインの中に紛れたとある物を掴む。
そして蓋を開けようとするが、手を滑らせて全部風呂に零してしまう。心なしか風呂の泡がなかなか消えないような気がする。)


900 :赤毛:03/04/21 04:18 ID:???
>898
(酩酊。がしっと手をつかむ)
 だいたい、その年で免疫がないなんて・・・いい、女と男の道っていうのは・・・
(以下の発言は放送コードに触れましたので、脳内音楽でお楽しみください。)

音楽〜magic〜

(発言終了)というわけ。わかった?こんな感じ!(電波子の手をつかむと、浴槽までひっぱっていき、
金髪少女の胸に押し当てる)

901 :金髪少女:03/04/21 04:21 ID:???
>900
…え…え…?わわわ…。
(いきなり不意討ちされた為、完全に混乱。暴れるが、風呂が泡立つ事はあっても、
後の2人に手があたる事はない。)

902 :赤毛:03/04/21 04:21 ID:???
わ!(泡で滑ってずるばしゃーん。金髪少女を押し倒したような状態に)

903 :電波気味の少女:03/04/21 04:22 ID:???
>900
め、免疫がにゃに!?
〜〜〜〜〜〜!!??(声にならない叫び
何させるの!?(とっさに赤毛に飛びつく

904 :金髪少女:03/04/21 04:24 ID:???
>902
……むがむごむぐ…!
(もう理性も何も吹っ飛んで只ひたすら暴れる。勿論溺れかけ。)

905 :赤毛:03/04/21 04:25 ID:???
>903
 ちょ、暴れると・・・・・・きゃー
(さらに滑って、人間知恵の輪状態に・・・・・・)

906 :金髪少女:03/04/21 04:28 ID:???
>905
………はぁっ…はぁっ…。
(運良く赤毛の腹に蹴りがまともに入り、脱出できた。)
…顔を…。
(付近のタオルで顔を拭い、目を開ける。)

…一体…何が?

907 :電波気味の少女:03/04/21 04:30 ID:???
>904
あrねrtべあwr3khなぃえ!!!!(翻訳不能
>905
…!!(風呂から這い出る。
助けて!(走っていってタックル同然にしがみつく

908 :赤毛:03/04/21 04:30 ID:???
・・・・!・・・・・・!!!!
(滑る上に、蹴りで悶絶。泡の中でもだえまくる赤毛。溺死は間近・・・しかも
電波少女絡みっぱなし・・・?)

909 :金髪少女:03/04/21 04:35 ID:???
…まぁ…考えるのは後にするか。
それ!
(すぐさま脇にあった2リットル酒をいっきのみし、酔いの勢いで電波少女の後から抱き付く。)

910 :電波気味の少女:03/04/21 04:38 ID:???
>909
ひぃ!!
な、ななななん何を!?(前に向けて手足じたばた。

911 :金髪少女:03/04/21 04:41 ID:???
>910
……気にするな。たいしたことじゃないさ。
(ここ2日ばかり溜まっていたストレスが変な方向に開放されたのか耳に息を吹きかけ、胸をもむw)


912 :電波気味の少女:03/04/21 04:43 ID:???
>911
な、なにう……あ、あぅ……
(大人しくなってきて、手足の力が抜け出す。何気に涙目w)

913 :金髪少女:03/04/21 04:47 ID:???
>912
……よしよし。大丈夫だ。大丈夫だから…。
(不意に相手の体の向きを入れ替え、正面から抱く。)

914 :電波気味の少女:03/04/21 04:50 ID:???
>913
……う、ぅあ〜……
(ボケーッとした顔で、胸に顔つけたまましがみつく)

915 :赤毛:03/04/21 04:53 ID:???
>915
 見えないよぉ・・・ぜんぜん見えないよぉ・・・・
(どうにか立ち上がったものの、泡のせいで目を開けることができず、ふらふらと
歩き回る。石鹸で足を滑らせてしまい、二人の方に倒れかかる赤毛・・・)

916 :金髪少女:03/04/21 04:55 ID:???
>914
……きゃっ…。
(いきなり胸に刺激がきた為驚いて腰を抜かし、座り込む。勿論こっちは手を離す。)

917 :電波気味の少女:03/04/21 04:57 ID:???
>916
あ……
>915
え……!?
(そのまま抑えきれずに後ろ向き倒れこむ

918 :赤毛:03/04/21 04:59 ID:???
>917
ん・・・?(右手にやわらかい手触り)
あれ、けっこうおっきいじゃない、なによ、さっきはさらしでも巻いてたわけ・・・
(胸ではなくて尻なわけだが。反射的にもんでしまう)

919 :自称17歳の少尉:03/04/21 05:00 ID:???
風呂が何か五月蝿いな。誰かいるのか?
(ボイラー室側のドアを開ける)
(ガチャッ)
・・・・・・・・・。
(ガチャッ)
こいつら、こういう趣味があったのか・・・・。
(何か勘違いしたまま完全に固まっている)

920 :金髪少女:03/04/21 05:02 ID:???
>919
……さぁな。私に聞かれても困るよ。
(何を勘違いしたのか平然と話している。女子風呂で、覗かれているにもかかわらず。)

921 :電波気味の少女:03/04/21 05:03 ID:???
>918
痛た……え、ひっ…
それ、おし……
(起き上がろうとするが、途中で腑抜けて失敗

922 :赤毛:03/04/21 05:06 ID:???
(相変わらず目に石鹸がしみて、前が見えない)
そんな風に動かれたら立てないってば・・・よいしょ・・・
(電波の体にしがみついて立ち上がろうとするが、はたからみると全身を
なでまわしているようにしか見えない)
>919
 誰かいるの?(うまく立ち上がれず、けっきょく片手を床について、どうにかそちらのほうを見ようとする。
少尉からは胸が丸見え・・・)

923 :電波気味の少女:03/04/21 05:09 ID:???
>922
あぅ〜……(脱力中w

924 :自称17歳の少尉:03/04/21 05:14 ID:???
(再びドアを開ける)
>920
それもそうだな・・・。
>922
わわっ・・・
と、ところでぽややんな教官、ほっといていいのか?
また騒ぎ収まったら夜の町へ繰り出すんじゃないかね・・・。
(必死で現実を忘れようとしているようだ)



925 :金髪少女:03/04/21 05:14 ID:???
>919
なぁ、私と飲まないか?こっち来てさ。
(なんと相手をまともに識別していないのか誘うw因みに酒の脇に来ている。)

926 :赤毛:03/04/21 05:16 ID:???
ってことはやっぱり・・・・・・!!
証言ありがと!(つるっ)わっ?きゃぁ
(立ち上がり、表に駆け出そうとするが・・・・案の定滑って少尉を押し倒す
始末・・・)


927 :金髪少女:03/04/21 05:18 ID:???
>923
あ…おい、大丈夫か?
(電波少女を抱いて酒を置いてあるところに戻ってくる。)
どうしたんだ?

928 :自称17歳の少尉:03/04/21 05:19 ID:???
>923
(シャトルの中のあれもあって疑ってはいたが本当にこっち系の娘だとは・・・)
>925
遠慮しておくよ。
酒には弱いっていつだったか言ったろ?
>926
わわ・・・。
(押し倒されてかなり動揺している)
大丈夫?
(手を取って起こしてやると、トラブルにならないうちに壁の切れ目から男湯方向へ消えていく)

929 :電波気味の少女:03/04/21 05:21 ID:???
>927
うぅ……(反応できず
……誰?(かろうじて目を開る)

930 :金髪少女:03/04/21 05:23 ID:???
>929
ああ…もう…今拭いてやるから…。
(顔をタオルで拭いてやる。)
ほら、大丈夫か?
(無防備な状態で声をかける。)

931 :電波気味の少女:03/04/21 05:24 ID:???
>930
ぁぅ……全然……(もたれかかって、ボケーっとしたまま)

932 :金髪少女:03/04/21 05:26 ID:???
>931
…仕方ないな…。ほら、これ飲んで元気出せ。
(栄養ドリンクと少量の酒を取り出し、口に流し込む。)

933 :電波気味の少女:03/04/21 05:28 ID:???
>932
あ、ありがと……
(ふら付いた手でつかんで一気呑み)

934 :赤毛:03/04/21 05:28 ID:???
>928
 うん?ありがと・・・ってちょっと。教官のこと、もっと聞きたいんだけど〜。
いっしょに飲みながら話さない〜?(酔っ払いなのでこちらもまともに
相手を認識できず・・・お銚子もって男湯へ・・・)
二人とも〜、こっちに別のお風呂があるよ〜・・・「酒風呂」〜?

935 :自称17歳の少尉:03/04/21 05:30 ID:???
>934
うわぁ、ついてきちゃったよ。どうする・・・?

(再びフリーズ)



936 :金髪少女:03/04/21 05:30 ID:???
>933
…気にすることはないさ。

>934
酒風呂?面白そうだな…。
(鞄もってタオル巻いて男子風呂に突貫w)

937 :電波気味の少女:03/04/21 05:32 ID:???
>936
……お願い、待ってぇ〜
(後ろから腰の辺りに飛ぶみたいにしがみつく

938 :赤毛:03/04/21 05:36 ID:???
ほらほらまって〜
(湯気の向こうで固まる少尉の方へ歩みよる・・・満面の笑顔で・・・)

939 :金髪少女:03/04/21 05:37 ID:???
>937
…うわっ…!
(男子風呂にて。不意を突かれた為か倒れこむ。)

940 :電波気味の少女:03/04/21 05:38 ID:???
>939
まま〜……ぐ〜……
(抱きついたまま眠りだす

941 :金髪少女:03/04/21 05:41 ID:???
>940
…う…。
(とりあえず電波少女を抱いて湯船から脱出。そこで我に返る。)
…ん…?私は…何をしていたんだ?

942 :自称17歳の少尉:03/04/21 05:41 ID:???
>938
うわぁあぁぁぁlんhd、jtぅいl?!
(意味不明な言葉を口走りつつ、逃げるように脱衣所を抜け、そのままホテルの正面口に向かって走り出す)

943 :赤毛:03/04/21 05:45 ID:???
>942
 ???シャイな娘(こ)ねぇ・・・???
(酒湯で飲みなおす赤毛)
>941
 あ〜、飲みすぎ飲みすぎ。そういうときは飲みなおし〜・・・
(そろそろ酔いつぶれそう・・・)

944 :金髪少女:03/04/21 05:48 ID:???
>942
……少尉…?

>943
そうだな、泡風呂戻ってのみなおすか。
(女子風呂に撤退w)

945 :電波気味の少女:03/04/21 05:51 ID:???
う、ん…むにゃ……(睡眠中

946 :金髪少女:03/04/21 05:52 ID:???
……おっと。
(女子風呂に戻って少したった後に転倒。抱えていた電波少女は上にかぶさるようにして落ちてくる。)

947 :赤毛:03/04/21 05:58 ID:???
一人で飲むのもアレよねぇ・・・
(女風呂に戻る)
・・・二人とも、お風呂でおよいじゃだめでしょ?(違
まったくもう・・・(近づく)

948 :赤毛:03/04/21 06:20 ID:???
まったくもう・・・(風呂に入って二人に酔っ払い説教を観光しようとするが・・・・
案の定というか、泡風呂で水の中の様子が見えないため、足がもにょんと胸に触れ、
バランスをくずしておしりを金髪の頬ににこすりつけることに・・・)
あ、ごめん。

949 :金髪少女:03/04/21 06:23 ID:???
>948
…きゃっ…え……え?
(ヒップドロップにて水中に沈みつつ、いきなりの事に完全に錯乱状態。)

950 :赤毛:03/04/21 06:27 ID:???
だから、さっきも言ったけど、もがいたらこっちも・・・きゃっ!
(もがく金髪の手ががっしと赤毛の足をつかむ。とっさに何かにつかまろうとして、
金髪の食料バッグをつかんでしまう。バッグは着水・・・水に濡れたスタンスティック
が漏電を起こし・・・・風呂は地獄の電気風呂に・・・)
の馬場馬場馬場F区HSふぉ位でゅYGFJんDHFづぎおうHDGHどいYJんGぼDFYHDSFHT!!!!!
DJふぁいえRGなDふぃおばSDTR!!!!!
(大感電・・・)
序襟がJ簿幸HSG部NY印DHGDぴほDFGHづJDYT!!!!!!!!!

951 :金髪少女:03/04/21 06:29 ID:???
(ヴ…全身が…痺れる…。)
同じく感電、浮いてくるw

952 :赤毛:03/04/21 06:35 ID:???
(結局・・・感電に始まって・・・感電に終わった旅行だった・・・わ・・・ね・・・)

失神。無言で浮かぶ馬鹿が二人、知らずに眠る馬鹿が一人・・・
結局、三人は翌朝まで眠りつづけることになるのだろう・・・(かぽーん)

953 :通常の名無しさんの3倍:03/04/21 14:10 ID:Rn1MIUVX
|    あなた達は愚行の数々を繰り広げる低脳で無知で強欲な生物です(^^;   . |
|     しかしこのFLASHを見ればきっと神は御救いになられるでしょう(^^)     |
\      (^^) http://f2.aaacafe.ne.jp/~eagle/flash/flash.htm (^^)        /
  \                                            /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(    )


954 :回避命の生徒 ◆lnkYxlAbaw :03/04/21 14:47 ID:???
(昨日の戦闘を振り返って)
ファンネル・・・本体との同時攻撃でなかったから何とか対処できましたが、
厄介な武器ですねぇ。本格的な対処法を考えませんと。
ネロの改造を急がないといけませんか・・・。
問題はパーツの余りがあるかという事と、単位が足りるかということですねぇ。

955 :山崎渉 ◆yGAhoNiShI :03/04/21 15:17 ID:???
|    あなた達は愚行の数々を繰り広げる低脳で無知で強欲な生物です(^^;   . |
|     しかしこのFLASHを見ればきっと神は御救いになられるでしょう(^^)     |
\      (^^) http://f2.aaacafe.ne.jp/~eagle/flash/flash.htm (^^)        /
  \                                            /
    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ∧_∧
                   (  ^^ )
            (っ)    ,,,,l ` γ l,,,,,
             \ \/~~.... |。  ~~ヽ
               \,,/ |   |。田}}\ \
                    |   |。  |  ヽ_ヽ
              _    |   |。  |   ゝつ
             |\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
   ∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧
 <      山  崎  !   山  崎  !   山  崎  !   >
  ∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨∨
    、        、        、       、        、
  /っノ      /っノ      /っノ     /っノ      /っノ
 / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧ / /  ∧_∧
 \\(    )\\(    )\\(    )\\(    )\\(    )

956 :??? ◆DkiyhL22xI :03/04/21 19:16 ID:???
(港区、養成所の面々の帰還準備が行われている。
 その外れの,誰も居ない公園……
 額や腕、足にも包帯…右手には松葉杖を持った男が
 真剣な眼差しで、しかし何を見るまでも無くそこに居た。)

…医者の話では…常人では死んで当たり前…
……運良く三日で治るらしいが……因果な体だな…全く……。
………もう、俺にはこんな事は許されない…
……見ててくれ…頼むぞ……!

(立ち上がり、ゆっくりと歩き始める)

957 :白金の聖少女 ◆0HPB.K3Ils :03/04/21 19:27 ID:???
(サイド6から少し離れた宙域にて。
 無数のジャンク漂う暗礁空域に、一隻の戦艦が浮かんでいる。
 金属光沢を放つ『メタルドールズ』旗艦『ドールハウス』である。
 一体いつの間にサイド6を出港していたのだろうか……)

(……少し訂正しよう。
 ここは暗礁空域ではない。このような暗礁は航図には載っていない。
 30分程の戦闘によって、つい先ほど生み出された、できたての『暗礁空域』なのだった。
 周囲を漂う戦艦やMSの残骸には、『AEMA』の文字が見える)

みなさん、ご苦労さまでした。
一隻の戦艦で一艦隊を殲滅……『企業』の上層部にアピールするには、十分な戦果です。
残念ながらこれは、わたくしが想定した全てのケースの中で、最も利益の少ない状況なのですが……仕方ありません。
今後は、あの『パイロット養成所』の評価をもっと高く計算することにしましょう。
おそらく彼らは……今後のわたくしたちにとって、一番の障害となることでしょうね……。

(白金の髪の少女は、艦橋の外の闇を見つめる。血にまみれた人形たちは、次の戦場に向かって旅立っていった)

958 :NTコ−ス生徒:03/04/21 19:28 ID:???
(もくもくとMSの残骸をあさる)
あっ!これなんか使えそうだ…あとはこれとこれを……。
っく!死臭が…!でも新しいファンネルのために…人を守るために使うんだ…。

959 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/21 20:12 ID:???
>958
(ズシーン…ズシーン…と重い音と共にズゴックが現れる)
ジャンク漁りッスか?俺もやるッスよ♪
はっはっはー!懐かしいッスねぇ〜地球にいた頃は戦場跡でよく隊の仲間と漁ったもんだ!
(ハイテンションでMSの残骸から使えそうなパーツをズゴックで持ち合わせていたコンテナに入れるていく)

はぁ〜…昨日は圧倒的推力に耐え切れなくなって黒視症にはなるし
間違って宇宙空間に放り出されて三次元酔いはするし…ああ、マジでパイロットスーツに助けられたッスねぇ。(しみじみ


960 :NTコ−ス生徒:03/04/21 20:32 ID:???
>959
俺はジャンク漁りはあまり経験はないけどゴミ漁りなら地球で週3回くらい経験があるよ。
昨日は自分も敵地に乗り込んで銃一つで数人の兵士と銃撃戦してそのあと5メートルくらい投げられて…。
まぁいい事もあったけどね。膝の上のあの感触…忘れはしない!
(感慨深げに話す)

961 :金髪少女:03/04/21 20:33 ID:???
(何時の間にか運ばれていて、悪夢を見て、その直後部屋で目を覚ます。)
生きて…る?
……何でこんな事になったんだったかな…。
(一部を思い出し、顔を赤らめる。)
……酔いすぎたんだろうな。……風呂に持ち込んだ武器類も消えてて、
荷物の大半は送り返してて、今あるのは服とゴム銃とスタンスティック一つに
煙幕類とアレ…くらいか。これじゃ予備ないしかなり心もとないな…。
………ん…?まず服着ないとな。
(服を着用)
………戻ったらあれの解析だな…。

962 :陽気な傭兵志望生 ◆F8jomr1yKI :03/04/21 20:47 ID:???
>960
にゃに!?まさか炉の方に行ってあの子(ミネバたん)を!?
き、貴様猫目のあの子が居るにもかかわらず!!!
このこのこのこのこのこのこのこの(ry
(NT生徒の頭と胸を小突きまくる)

…ゴミ漁り…ッスか。
まぁ俺にも経験あるッスよ。おっさんと出会う前だから…8歳くらいかな?
地獄だったッスよ紛争で両親失ってさ。身寄る親類は居ないし。一人で生きてくのかなぁとか思った時
皮肉にも紛争で活躍してる傭兵の部隊に拾われて……今の俺が居るって事だなぁ…。

……うーんシミっぽいなぁ。似合わねぇッスね、こんな『爽やかな好青年』の俺にゃ!(因みに18
さぁて『ヴァズデイル』の足しになるパーツを集めなきゃな!




963 :やる気のない教官 ◆tAKM6DkvGg :03/04/21 20:54 ID:???
(サイド6、場末の居酒屋にて)

「へぇ〜、じゃ、昨日の騒ぎ収めてくれたのは、お兄さんたちだったんだねぇ」
「俺はちょっと白狼さんの部下と戦っただけだけどね〜♪」
「それでも凄いよ。それに、あたいたちを守ってくれたんだろ? はい、がんもどきサービスだよ!」
「ありがと〜、女将はいい人だ〜w」
「昨日のクーデター未遂……ジオンの人たちだったんだろう? まだ続けてる人がいたなんてねぇ……」
「あれ? 女将もジオンの関係者だったの?」
「……古い話だよ。忘れておくれ」
「……悪い。人間誰しも触れられたくない過去の一つや二つ、あるもんだしね……」
「しんみりさせちゃったねぇ。もう一杯どうだい?」
「おっ、ありがと〜。やっぱミハル女将は最高だよ!」
「や、やだねぇ、おだてたって何も出やしないよ!w」

(……そのまま出港直前まで飲みつづける、やる気のない教官………)

964 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/21 21:04 ID:???
種馬「……首相!どういう事ですか!(群がるSPを蹴散らして)」
首相「アイル少佐、おとなしくしたまえ(小林七十二芸の一つ、一指禅で種馬の胸をつく)」
種馬「グハァ!(胸に傷痕が。いまの所5つ)……首相、それは貴方の技では……」
首相「黙りなさい。君が傷付くのは一緒だ。
……とまあ、余計な御遊びはここまでだ。私が許すよりも早く養成所の者をけしかけたのは……」
種馬「緊急避難。

……責任は戦死者がその命であがなった事にすればよろしい。どうせ下種な傭兵だ、それで我等が罪が消えるなら本望だ」
首相「傭兵嫌いの君らしい意見だな」

海賊親分&姐御『へーちょ』

965 :NTコ−ス生徒:03/04/21 21:12 ID:???
>962
痛ッ!痛!痛いって!
炉の方には言ったけど別に誰とも……あの子ってミネバの事?
髪の毛がさらさらだったなぁ…。部品そろったし俺先帰るよ、じゃ。
(わざと聞こえるように言い、急いでキュベレイで逃げる)
陽気な傭兵志望生…俺はな……惚れた女一直線だよ……。
(コクピットで微笑みながら呟く)

966 :S教官 ◆n5AtJDhVaE :03/04/21 21:16 ID:???
(親父狩りならぬチンピラ狩りに精を出しながら)
白狼がねぇ・・・・
てっきり私は、ドズルがコンペイトウで死に、戦争が終わった今となっては
牙が抜け落ちた上に爪もすり減った老いぼれ狼かと思っていたが。
ふん・・・・・マツナガ大尉・・・・このサナダを忘れたとは言わせんぞ・・・・
クックック・・・・今度は負けない・・・・・
(実は一年戦争当時に戦ったことがあるが、こっちが一方的に覚えているだけ)

967 :物静かな教官 ◆DkiyhL22xI :03/04/21 21:22 ID:???
(頭や手足に包帯を巻いている。
 …普通なら絶対に動き回れない筈だが、
 何故かこの男は、ヤクザの様な集団に囲まれている)

…面白い……意地でもあの情けない連中の分の清算をしたい訳か…

………良いだろう、怪我人に襲いかかる貴様達の
「仁義」……どれ程の物か見せて貰おうか……!

(包帯を巻いたまま、抜刀。
 そこに更に現れる敵増援。
 だが、その灰色の瞳は怯む事無く、静かな決意を現している。)

………気が済むまで打たれ続けろ……!


968 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 21:35 ID:???
(一軒のラーメン屋で巨大なラーメンを食べているザク乗り)
・・・よかった・・・
帰る前にここのラーメンを食べられて・・・
ずずずずずずずず・・・
う、うめえ!
まさに最大級の賛辞「ブラボー」に値する!
ぐびぐびぐび・・・

969 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 21:43 ID:???
(中破して搬送されたグレイ・バーストを見て)
教官機でさえここまで・・・。
あの下手くそ達、よく生きて帰ってこられたなぁ・・・。
相変わらず、変な使い方でボロボロだけどね。
さて、どれから手をつけようかしら・・・?

970 :S教官 ◆n5AtJDhVaE :03/04/21 21:49 ID:???
(チンピラから巻き上げた金の量に笑いが止まらず、その金で土産でも買おうかと
街を散策中、>967発見)
やっぱりチンピラ狩りは基本だな。うんうん。(激しい勘違いをしつつ、土産物を物色しに
街のネオンの中に消えていく)

971 :金髪少女:03/04/21 21:50 ID:???
(流石に機能の事を反省しているのか、ホテルから出てきて格納庫にて荷物運びの類を手伝い中。)
>969
……。
(彼女を傍目に見つつ黙々と別部位を手伝っている。)

972 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 21:54 ID:???
>971
あら珍しい。
自分から手伝うなんて、どういう心境の変化?
(ワイルドシングのフレームチェックをしながら話し掛ける)

973 :金髪少女:03/04/21 22:01 ID:???
>972
……別に…どうってことはないさ。
(……次こそは…。絶対に…。)

(焦点のかなりずれた返事をする。)

974 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 22:03 ID:???
>973
ふ〜〜ん。
ま、いいけど。

ところでさぁ、聞きたいことあるんだけど。

975 :金髪少女:03/04/21 22:07 ID:???
>974
……何…だ?
(結構焦っている。)

976 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 22:10 ID:???
>975
(作業を止めて振り返り)
教官達でさえ、機体をやられて自分も怪我をして帰ってくる。
そんな戦場に出ていって怖くないの?
死ぬかもしれないって思わない?


977 :金髪少女:03/04/21 22:14 ID:???
>976
…!
(一瞬動きが止まる。)
…私の場合…もっと怖い物もあるからな。
それに比べれば…戦場くらいマシさ…。

978 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 22:16 ID:???
>977
なにそれ?
死ぬより怖いこと?
それって死んだ方がマシ、って言いたいの?!(語気を強めて)

979 :謎の宇宙忍者:03/04/21 22:19 ID:???
>968
(ザク乗りと同じラーメン屋に入った……)
ニッケルシルバー「おぅ親父!チャーシューメン大盛!」(傍目にはシルバーアクセをちゃらちゃらとつけているように見える人相の悪いパンク野郎)

980 :金髪少女:03/04/21 22:19 ID:???
>978
…そんな事はない。でも…!……なんでもない。
(あんな目にあうのだけは…!)

981 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 22:24 ID:???
>980
でもそういう風に取れるじゃない。
それとも何?あなたの命ってそんなに軽いものなの?
パイロットってのは死にたがりばっかだっての?

982 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 22:24 ID:???
>979
(ラーメンを食べている「パンク野郎」を見ながら)
ふ・・・コイツ・・・出来るな!
味を見もせず、薬味を入れるのは邪道!
まずは、麺、スープと味わい、それから自分の好みに合わせるのが正しい・・・
コイツはその基本を守っている・・・
多少なりとも「ラーメン道」の心得があるに違いない・・・
ズズズズズ・・・
(店員に向かって)
・・・替え玉を頼もうか・・・


983 :金髪少女:03/04/21 22:26 ID:???
>981
…………そんな事はない!でも……。
(言い返せなくなりつつある)


984 :謎の宇宙忍者:03/04/21 22:27 ID:???
>981
(たまたまその場を通りかかり)
クレイ「……あの言葉、『忍者』に置き換えても……」
ウィン「いや、俺達の場合は『忍術遣い』だから、古典的な忍者と比べられてもなぁ……」

>979
ニッケルシルバー「(ずず〜〜)っぷはぁ!ワンタンメンとギョーザライス大盛もな!」

985 :謎の宇宙忍者:03/04/21 22:32 ID:???
>982
(聞いていません)
>984
ニッケルシルバー「(もりぱくむしゃ)豚角煮ラーメンくれ」

その頃、サンダールは……

……首相に会いに行こうかそれともミネバ(&白狼)に会いに行こうか考えていた。

986 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 22:35 ID:???
>983
大体あんたはおかしいのよ。
いくら装甲に自信があるからって、軽い戦闘機で相手に体当たりかますなんて、
自殺行為以外の何者でもないじゃない!
直ればいいってものじゃないのよ!!
(反論が無いのをいいことに一方的にまくし立てる)

987 :金髪少女:03/04/21 22:38 ID:???
>986
あれは…先端に増設したビームサーベルで攻撃しようとして…
(必死に抗弁するが声が尻蕾み。)

988 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 22:40 ID:???
>987
だから!なんで戦闘機にビームサーベルが要るの!?
仮に接近戦対策だとして、自分から積極的に使う武器じゃないでしょう!?
何のためにMSって兵器があると思ってるの?
役割分担するためじゃなくて?!

989 :金髪少女:03/04/21 22:43 ID:???
>988
……不得意なレンジを練習しておけば…
いずれMSに乗り換えた時に役に立つとおもっただけだ。
それに、あれだけの火力振るいつつ突っ込んでいけば普通は避けるか
防ぐかしようとするだろうし。

990 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :03/04/21 22:43 ID:???
(格納庫に現れる)
よぉ、手伝いに来たぜ?
(口論を聞き)
何もめてんだよ?

991 :ザク乗りの生徒 ◆PlF7QzaFyA :03/04/21 22:44 ID:???
(サイド6亭を出てホテルに戻るザク乗り)
(ふと、一軒のホテルの前にさしかかったとき、一組の男女がホテルから出てくる)

男「やれやれ、一時はこのコロニーもどうなることかと思ったけど、無事に済んでよかったな」
女「そうね。今日で旅行も終わり。あ〜あ、なんだか名残惜しいな」
男「またくればいいさ。・・・さあ、ソロモンに帰ろう、クリス」
女「うん、そうしましょう。次の結婚記念日にね!・・・それにしても、ニュース映像に映っていたザク改・・・思い出すわね。」
男「ああ。大分いじってはあるが、ザク改に間違いないよ。でも、あんなぼろでアレックスに挑むなんて・・・危ないことしたんだな、俺。」
女「ねえ・・・また、あんなことが起こったら・・・また、ザクで出る?」
男「・・・どうだろう。その時になってみなくちゃ、わからない。でも・・・」
女「守るものがあれば・・・でしょ?」
男「そうだな。・・・さあ、帰ろう。」

(二人とすれ違うザク乗り)
(なぜか、二人を知り合いと勘違いして声を掛けようとするが、途中で思いとどまる)
(代わりに)
お幸せに・・・
(と、声を掛けてホテルに戻る)

992 :ぽややんな教官 ◆ObSeRVSYDQ :03/04/21 22:45 ID:???
(サイド6の病院にて退院準備をしている)
いつまでも寝てると入院費がかかっちゃう〜♪
「ちょっと、ぽややんさん!貴方まだ動ける体じゃ──」
あぁ、もう大丈夫ですよぉ〜
信じられないならお医者さんに診察して貰いましょうか?


「……信じられん。本当に君は、昨夜全身肉離れで運ばれてきた人物かね?
 もしかして君は──」
……きっと昨夜の慌ただしさでお医者様も疲れてたんじゃないですか?
ささ、こんな医者泣かせは放っておいてお医者様を待ってる人達を診て上げてください〜
「ん……むぅ……」



僕は……人でも人外でもないから、ね……人に世話を焼かせたくないよ……
(病院からの帰り道。誰が聞く訳でもない囁きだった)

993 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 22:47 ID:???
>989
MSとじゃ操縦系が違いすぎるでしょうに。
MSの練習がしたいならMSに乗ればいいでしょ!
それに、あんた達が相手にしてるのって「普通じゃない」敵の方が多いんじゃない?

>990
外野は黙ってる!
(振り返りもせずに一喝)

994 :謎の宇宙忍者:03/04/21 22:49 ID:???
>989
ウィン「……さすがに見苦しい、止めようか」(腕まくり)

その頃ニッケルシルバーは……

店員「……MA−08、歴代3位……」

……アプサラスに挑もうとしていた……

995 :金髪少女:03/04/21 22:50 ID:???
>993
…まだ、MSしっかりのりこなせる技量がないだけさ。
機体もMAと違ってややっこしいし。
後…戦う時、相手なんて作為的に選んでないからな。
見つけた相手から…ってのが大半だよ。

996 :帽子を被った整備班女生徒:03/04/21 22:53 ID:???
>995
(カチン)
それが解っているんなら、それ相応の戦い方ってものをしなさいよ!
心配してくれる人の一人や二人居るでしょう!?
(さらに後半の台詞に引っかかり)
ハァ?行き当たりばったりで戦ってるっていうわけ?
信じらんない・・・(天を仰ぐ)
あんた戦いを、戦争をなめてない!?

997 :謎の宇宙忍者:03/04/21 22:55 ID:???
>995
ウィン「はいはいはい、そういう屁理屈はやめやめ。MAや戦闘機の経験値はMSにはあんまり生かせないんだから。
 やるんなら最初からMSでやったほうが効率いいよ?」

998 :噂好きの女生徒 ◆oFk.XKUV0M :03/04/21 22:56 ID:???
(リムジンで「ホテルアークエンジェル」に戻ってくる)

……ふぅ。これでサイド6でのお仕事、全部終わりですねぇ………。
あのクーデター騒ぎは予想外でしたけど、なんとかなりそうですねぇ☆
あと、あたしがやるべきことは………。
……ザク乗りさんのこと…………。

あたしは………どうしたいんでしょう?
あの人のいい加減さ、あたしの忙しさ……もう必要ないと思ったのに………。
あんな人なしでもやっていける、頼ってるようじゃだめだって確信したのに………。
昨日の白狼さんとの戦いを見て、あたしはまた何かを期待してる……。

……………。
あたしは………あたしは………。

(一人煩悶しながら、ホテルの中へ入っていく)

999 :メガネをかけた生徒 ◆zRCBVqqlGE :03/04/21 22:57 ID:???
>993
話してる内容聞いてる限りじゃ完全に外野って訳でもねぇみてぇだぜ?

>995>996
とにかくストップ!
仲間同士で言い争いして如何すんだ!
……いや俺も似たようなもんだから金髪の事はとやかくは言えねぇけどな
つーか、帽子女、てめぇもがなりすぎだ

1000 :CV.若本規夫な教官 ◆eAwRb9qzdQ :03/04/21 22:57 ID:???
>997
ほほぅ、わかったようなことを言う小童だ!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

287 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)