2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【リレー小説】〜暁の殺人鬼スネ夫〜

1 :マロン名無しさん:04/03/11 23:14 ID:???
彼の名前は骨川スネ夫。16歳、高校2年生。シャブ中。
夢・幻覚・小説・漫画ネタに悩まされつつも暖かな木漏れ日の下で
爽やかな春風に吹かれながら今日も殺人を犯す・・・

     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /      \| ̄
     |  |   /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     |  |   | \ | / |
     | V    \_人_ノ|_
     (d      _つ  /  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |\     \ ̄ ̄  < 春・・・それは殺人の季節・・・       
       ̄\___ \     \_____________
         └―┘ ̄     

壱.登場人物は基本的にはドラえもんキャラだが、他作品のキャラ使用は自由

弐.【 重 要 】下ネタ・ホモネタは駄目とは言わないが『 控 え め に 』【 WARNING 】

参.【 重 要 】長文レスは『 ほ ど ほ ど に 』【 WARNING 】

四.次スレは>>950取った人が立てる

五.話の前後をつなげる努力をしよう


2 :マロン名無しさん:04/03/11 23:15 ID:???
スネ夫「2ゲットォォォォォォーーーー!!!!!」

3 :マロン名無しさん:04/03/11 23:15 ID:???
スネ夫は思った…
(漢字一文字というのも新鮮なものだな)

4 :マロン名無しさん:04/03/11 23:16 ID:???
ジャイアン「待て!その前に過去スレだ!」

【リレー小説】スネ夫と愉快な殺人奴隷
http://comic2.2ch.net/ymag/kako/1042/10429/1042964666.html
【リレー小説】〜誇り高き殺人鬼スネ夫〜【suneo】
http://page.freett.com/dat2ch12/030718-1043748452.html
【リレー小説】〜帰ってきた殺人鬼スネ夫〜
http://page.freett.com/dat2ch12/030718-1051106280.html
【リレー小説】〜目覚めた殺人気スネ夫〜
http://page.freett.com/dat2ch12/030718-1053076870.html
【リレー小説】〜愛と哀しみの殺人鬼スネ夫〜
http://page.freett.com/dat2ch12/030718-1054393354.html
【リレー小説】〜麗しき殺人鬼スネオ〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1055336266/
【リレー小説】〜華麗なる殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1056900455/
【リレー小説】〜夏休みも殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1058640110/
【リレー小説】〜孤高の殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1059837780/


5 :マロン名無しさん:04/03/11 23:17 ID:???
【リレー小説】〜夢と幻惑の殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1061337253/
【リレー小説】〜荒野の殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1063074611/
【リレー小説】〜戦慄の殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1065228427/
【リレー小説】〜気高き殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1067440391/
【リレー小説】〜祝福さる殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1075013016/
【リレー小説】〜黄昏の殺人鬼スネ夫〜
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1077247908/
[ドラえもん顔文字テンプレ]
http://akasaka.cool.ne.jp/poonya13/d/dora.html


6 :マロン名無しさん:04/03/11 23:37 ID:???
スネツグ「出だしからいきなりだけど兄さん僕はアメリカに帰るよ、ウチの会社の取引も
      気になるし株の動きもあるから・・・」


7 :マロン名無しさん:04/03/11 23:56 ID:TwKuQ2eK
スネ夫「株…?お前、向こうで農業やってたのか」

8 :マロン名無しさん:04/03/11 23:58 ID:???
スネツグ「兄さん、ふざけるのも大概にしないと殺すよ?」

9 :マロン名無しさん:04/03/12 00:06 ID:???
スネ夫「分かった、カーブだろ!? 大リーガーになるのかぁ・・・しかもピッチャーかぁ・・・」

10 :マロン名無しさん:04/03/12 00:10 ID:???
殺し合ったりすることもあったが兄弟仲の良かった、骨川兄弟
なんだかんだ言って別れ話を避けようとするスネ夫はスネツグ
と別れるのが寂しいらしい。

11 :マロン名無しさん:04/03/12 01:34 ID:???
スネ夫「よし、餞別にボクの秘蔵のエロビデオをやるよ。」
スネツグ「本当!嬉しいよ兄さん!」
しかしスネツグは知らなかった。スネ夫が渡したのは
エロビデオではなく貞子が映った呪いのビデオだということを…。

12 :マロン名無しさん:04/03/12 01:43 ID:???
舞台は移って成田空港。スネツグはスネ夫に別れを言うと、アメリカ行きの飛行機へ向かった。
ふと空を見ると、スネツグの乗った旅客機が突然爆発した。そしてまもなく、墜落した。

13 :マロン名無しさん:04/03/12 02:17 ID:???
しかしスネツグは生きていた。
スネ夫は一発やっていたので、遠く離れたスネツグを目に捉える事が出来たのだ。
彼は無人島に辿り着きたった独りで、これからキャスト・アウェイ並みのサバイバル地獄を味わう事になる…。

14 :マロン名無しさん:04/03/12 02:23 ID:???
スネツグ「とりあえず兄さんのくれたビデオでも視姦てみるか・・・」

スネツグは放置されていたテレビビデオを使ってビデオを見ることにした。

15 :マロン名無しさん:04/03/12 02:44 ID:???
スネツグ「凄い!このビデオ凄いYo!」
貞子が井戸から這い出てくるシーンでスネツグは10回目の射精を終えた。
特異な性癖の持ち主である・・・

16 :マロン名無しさん:04/03/12 04:06 ID:???
しかしスネツグは10回も抜いてしまったことをすぐに後悔することとなった。
何不自由なくのほほんと生きてきたスネツグにとって、何もない無人島は地獄そのものであった。
それに加え、10回も抜いたために動く気力さえ残っていない。
スネツグに残された道は一つしかなかった…

17 :マロン名無しさん:04/03/12 05:43 ID:???
スネ夫「13=16は厨設定が好きだな・・・」

18 :マロン名無しさん:04/03/12 07:26 ID:???
動けずにくたばりそうになっているスネツグの目に映ったのは、まぎれもないスネ夫の姿だった…
そう、スネ夫は走ってきたのだ空を…

19 :マロン名無しさん:04/03/12 08:29 ID:???
スネツグは自分の精子を焼いて食っていた。

20 :マロン名無しさん:04/03/12 08:47 ID:???
スネツグ「兄さん!弟が生死不明な時に何精子焼いて食ってんだよ!」

21 :マロン名無しさん:04/03/12 09:44 ID:???
スネツグはキチガイだった。

22 :マロン名無しさん:04/03/12 10:34 ID:???
「というかせめて前レスに書かれた文章くらいちゃんと読んでくれ。
それともリアル知障が書き込んでるのか?」
スネツグはつぶやいた。

23 :マロン名無しさん:04/03/12 10:44 ID:???
スマン・・・スネツグがスネ夫に見えた逝ってきます・・・。

24 :マロン名無しさん:04/03/12 10:48 ID:???
スネツグが精神的ピンチに立たされているその頃、スネ夫は編集部で
キテレツ達につるし上げを食らっていた。

25 :マロン名無しさん:04/03/12 10:59 ID:???
10年先まで原稿料前借りしておいて、一枚も書いていなかったのがバレたのだ。

26 :マロン名無しさん:04/03/12 12:08 ID:???
その時、スネツグは自分の腹の中に子供をやどしていた…

27 :マロン名無しさん:04/03/12 12:20 ID:???
スネ夫「だから書いた原稿が風に飛ばされて無人島まで逝っちまった
んだから仕方ねーだろゴラァ!」
とスネツグ妊娠を無視して逆ギレしながら無理な言い訳をするスネ夫

28 :マロン名無しさん:04/03/12 12:41 ID:???
出来杉「生きる価値ナシ。」
ジャイアン「犬のウンコ喉に詰まらせて氏ね。」
静「最低。」
のび太「死んで詫びろ。」
ドラえもん「乞食に掘られて氏ね。」
スネツグ「見損なったよ、兄さん。」

29 :マロン名無しさん:04/03/12 12:58 ID:???
いきなり皆が現れての罵声だったので、
スネ夫は実写版エヴァンゲリオンの撮影だと勘違いしてしまった。

スネ夫(この俺が主人公役か、イケてる殺人鬼はつらいぜ…)

そこで、スネ夫は…

30 :マロン名無しさん:04/03/12 14:18 ID:???
アナルを広げて言った。
スネ夫「どうにでもしやがれ!!」

31 :マロン名無しさん:04/03/12 14:44 ID:???
キテレツはスネ夫のアナルの中心で「アイ!」と叫んだ。

32 :マロン名無しさん:04/03/12 14:48 ID:???


33 :マロン名無しさん:04/03/12 15:34 ID:???
じゃあ次のスレタイは?

34 :マロン名無しさん:04/03/12 15:53 ID:???
〜弾劾の殺人鬼骨川スネ夫〜

おだやかな春の午後、スネ夫はいつものように庭園の薔薇を手入れしていた。
スネ夫が一休みをしようと庭園のベンチに腰掛けた時、じぃが血相をかえて走ってきた。
「坊ちゃま警察の方です。」
スネ夫は黙って茶をすすった・・・数分後に刑事が現れた。
刑事「おまえが骨川スネ夫だな、殺人容疑だ所まで来てもらおうか。」



35 :マロン名無しさん:04/03/12 16:22 ID:???
スネ夫「イヤラシイわね、このスケベ!」

36 :マロン名無しさん:04/03/12 16:35 ID:???
間髪入れずスネ夫は刑事を瞬殺すると、再び黙って午後のティータイムを楽しんだ。

37 :マロン名無しさん:04/03/12 16:39 ID:???
すると、また・・・
「坊ちゃま警察の方です。」
スネ夫は黙って茶をすすった・・・数分後にまた刑事が現れた。
刑事「おまえが骨川スネ夫だな、殺人容疑だ所まで来てもらおうか。」


38 :マロン名無しさん:04/03/12 16:40 ID:???
スネ夫「イヤラシイわね、このスケベ!」

39 :マロン名無しさん:04/03/12 16:41 ID:???
しかしこの時は何かが違っていた。

40 :マロン名無しさん:04/03/12 16:52 ID:???
ややためらった後スネ夫は刑事を瞬殺すると、再び黙って午後のティータイムを楽しんだ。

41 :マロン名無しさん:04/03/12 16:55 ID:???
しかし警察も馬鹿ではない、狂った殺人鬼逮捕の為2000人規模の機動隊を動員し
骨川邸を完全包囲していた。


42 :マロン名無しさん:04/03/12 16:59 ID:???
スネ夫「イヤラシイわね、このスケベ共!」

43 :マロン名無しさん:04/03/12 17:02 ID:???
いままで事態を見守っていたじぃが、ついに警察と銃撃戦を始めた。

44 :マロン名無しさん:04/03/12 17:06 ID:???
「FIRE!FIRE!ヒャッハー!!」
じぃは恍惚の表情でマシンガンを乱射しまくった。

45 :マロン名無しさん:04/03/12 17:11 ID:???
なんで同じことばっかり書いてるの?くだんね。

46 :マロン名無しさん:04/03/12 17:22 ID:???
と、ありえない光景を目にして発狂した機動隊員>>44が骨川邸にパトカーで突撃した。

47 :マロン名無しさん:04/03/12 17:43 ID:???
スネ夫は寝転がってケツ掻きながら眺めていた。

48 :マロン名無しさん:04/03/12 17:52 ID:???
隊員「なんだあのじじぃ!銃弾が効かないぞ!」

49 :マロン名無しさん:04/03/12 17:56 ID:???
なぜならじぃは亀仙人だったからです。

50 :マロン名無しさん:04/03/12 18:10 ID:???
亀仙人は女隊員の乳をモミモミしている。

51 :マロン名無しさん:04/03/12 18:13 ID:???
隊員「今だ!じじぃの注意がそれたぞ!スネ夫の部屋に突っ込め!」

52 :マロン名無しさん:04/03/12 18:57 ID:???
突入した隊員達は部屋で信じられない光景を目撃した

53 :マロン名無しさん:04/03/12 19:19 ID:???
かったのだがこれといって珍しいものはなかった。

54 :マロン名無しさん:04/03/12 20:24 ID:???
行方不明だった近所の幼女の生首、抉り取られた局部、ありふれた物ばかりだ。

55 :マロン名無しさん:04/03/12 21:04 ID:???
それらは全部リカちゃん人形の部品だった。
隊員の一人、とんがりは自分と同じものを感じていた。・・・・

56 :マロン名無しさん:04/03/12 21:43 ID:???
肝心のスネ夫の姿が見えない・・隊員のトンガリは布団に触ってみた。
まだ暖かい・・・と言うより何かヌメェとしたものを感じた。

57 :マロン名無しさん:04/03/12 23:52 ID:???
それはスネ夫の精液だった…

と思わせて実はただの片栗粉を溶かした水だった。

58 :マロン名無しさん:04/03/13 00:44 ID:???
尖がり「やれやれ、下ネタかよ。春だねぇ」
と前スレの奴らと同じことを言ってると・・・

59 :マロン名無しさん:04/03/13 01:09 ID:???
「すぐ下ネタに走るのは今に始まったことじゃない」
と言いながらスネ夫が部屋に入ってきた。

60 :マロン名無しさん:04/03/13 01:11 ID:???
「こうなったらとことんまで下ネタを追求してやる!」
スネ夫は全裸になりうんこをもらしながらオナニーをはじめた。

61 :マロン名無しさん:04/03/13 01:19 ID:???
尖がり「後は誰かが乱入してきてホモれば完璧だねw」


62 :マロン名無しさん:04/03/13 01:23 ID:???
スネ夫が61を漫画の世界に引きずりこみオカマを掘った。

63 :マロン名無しさん:04/03/13 01:25 ID:???
そして62もまざっての3Pが始まった。

64 :マロン名無しさん:04/03/13 01:26 ID:???
肛門を引き裂かれ61は死んだ。
隊員たちは殺人を目撃し我にかえった。
「射殺しろ!」
スネ夫は蜂の巣にされた。

65 :マロン名無しさん:04/03/13 01:28 ID:???
尖がり「やっぱりレス番を安易に使用するのはどうかと思うが」


66 :マロン名無しさん:04/03/13 01:30 ID:???
蜂の巣にされたスネ夫は、再び地獄へ・・・

スネ夫「また来ちゃった」
閻魔大王「もう慣れたよ。とりあえず、向こうの部屋で手続きしてくれ」

67 :マロン名無しさん:04/03/13 01:34 ID:???
もはやスネ夫は地獄の常連
鬼たちからも一目置かれる存在である。

68 :マロン名無しさん:04/03/13 01:37 ID:???
スネ夫は手続きを済ませた。
そしてスネ夫は
・ワニ地獄
・宇宙地獄
・血の池地獄
・焦熱地獄
・竜巻地獄
・砂地獄
のどれかを選ぶことになった。

69 :マロン名無しさん:04/03/13 01:43 ID:???
スネ夫「とりあえず、あまり暴力的な響きを感じない"宇宙地獄"にしておくか。」

70 :マロン名無しさん:04/03/13 01:49 ID:???
宇宙地獄、それは提示された中で一番過酷な地獄であった…

71 :マロン名無しさん:04/03/13 01:58 ID:???
はやい話が宇宙空間に

72 :マロン名無しさん:04/03/13 02:01 ID:???
江田島平八がいるという地獄である。

73 :マロン名無しさん:04/03/13 02:21 ID:???
塾長が宇宙空間にいるだけのどこが地獄なのかとスネ夫は小一時間問い詰めたかった。

74 :マロン名無しさん:04/03/13 02:23 ID:???
しかしスネ夫はすぐに宇宙地獄の恐ろしさを知ることになる。

75 :マロン名無しさん:04/03/13 02:28 ID:???
スネ夫「塾長がホモっていうのはかんべんしてくれよ。」

76 :マロン名無しさん:04/03/13 02:42 ID:???
塾長はモノホンのサディストだったのだ。

77 :マロン名無しさん:04/03/13 02:45 ID:???
「わしが男塾塾長江田島平八であるーー!!」
塾長の鉄拳がスネ夫の顔面に炸裂した。
スネ夫の歯はすべてヘシ折れ、鼻はつぶれ、眼球も飛び出した。
「こんなものはまだ序の口だ…。」
塾長はニヤリと笑った。

78 :マロン名無しさん:04/03/13 02:57 ID:???
しかしここは地獄


79 :マロン名無しさん:04/03/13 03:20 ID:???
ホームで負けるわけにはいかないスネ夫は泣きながら反撃を試みた。
スネ夫「チクショウ!死ねよぉ!何で死なねーんだよ、この野郎ぉぉ!」

80 :マロン名無しさん:04/03/13 03:36 ID:???
塾長「あの世で死ぬわけなかろう。事実お主とて死んでないではないか。

81 :マロン名無しさん:04/03/13 04:35 ID:???
地獄といえばあの男がいる。
そう、生きていた時はテレビ埼玉でドカベンばかり観ていた。
755だ!!

82 :マロン名無しさん:04/03/13 07:27 ID:J05NkgcS
「おはようございま〜す」とのん気にやってきた
「明日ホワイトデーだからクッキー買いにこれから
行こうと思ったのに・・」>>755がいった

83 :マロン名無しさん:04/03/13 08:38 ID:???
そんな755にスネ夫は冷たく言い放つ。

スネ夫「俺はお前なんかにチョコあげてねぇよ、気持ちわりぃ。」

84 :マロン名無しさん:04/03/13 09:04 ID:RBoCJ/Oe
「このチョコがっ!このチョコさえ・・・ウリィィィッ!

85 :マロン名無しさん:04/03/13 09:06 ID:???
そしてドカベソ好きな>>755の我がままにより、次から
暁の殺人鬼スネ夫〜地獄甲子園・春の選抜編〜
がはじまるのだった

86 :マロン名無しさん:04/03/13 09:16 ID:???
まもなくプレイボール。
ジャイアンズの今日の相手はあの外道高校だ。
ジャイアン「スネ夫、今日は好きに殺っていいぜ…!」

87 :マロン名無しさん:04/03/13 10:07 ID:???
スネ夫「ほんとうかい?バコバコに犯っちゃうぜぃ!」
ジャイアソ「あぁ、かまわねぇ。殺っちゃいな」
やるの意味をスネ夫は勘違いしていた・・・

88 :マロン名無しさん:04/03/13 11:09 ID:???
スネ夫がバコバコ犯ることを考えている頃、外道高校のベンチでは
ジャイアンズ対策の最終ミーティングを行っていた。

89 :マロン名無しさん:04/03/13 13:14 ID:???
そんなことはどーでもいいので試合開始。
スネ夫は全裸で犯る気マソマソ。
外道高校はバッドに釘を打ち込み殺る気マソマソ。
アンパイヤ「それではプレイボーズ、なんちゃって」
アンパイヤをいけにえにしてゲームは開始された。

90 :マロン名無しさん:04/03/13 14:36 ID:???
755「さあ、始まりました。プレイボーイです。
   実況は私>>755がお送りいたします。
   宜しくズラ。(テレビ埼玉でドカベンやってるんですよ。)
   さて先攻は外道高校の様ですね。
   おや、スネ夫選手は全裸です。ヤル気満々ですねー、期待出来そうです。」

91 :マロン名無しさん:04/03/13 14:48 ID:???
しかし調子に乗ったスネオは開始早々にヤンキーに囲まれる。

92 :マロン名無しさん:04/03/13 14:57 ID:???
ヤンキー達の得物は様々だ。
釘バット、鉄パイプ、スタンガン、警棒、チェーン、ナイフ、角材・・・。
スネ夫「おいおい、どんなプレイだよ?」
その問いには答えず、ヤンキー高校球児はスネ夫のタコ殴りを開始した。

93 :マロン名無しさん:04/03/13 15:04 ID:???
スネ夫「タイム!タイム!」

94 :マロン名無しさん:04/03/13 15:48 ID:???
もちろん審判は聞こえないフリ

95 :マロン名無しさん:04/03/13 15:58 ID:???
一時間殴られ続け、ようやくスネ夫は気づいた。
(こいつら……俺を殺る気だ!)

96 :マロン名無しさん:04/03/13 16:01 ID:???
755「犯る気満々だったスネ夫選手が逆に殺られるとはこれいかに」

97 :マロン名無しさん:04/03/13 16:17 ID:???
スネ夫「しかたないわね。私のほうが弱かったから」

98 :マロン名無しさん:04/03/13 17:21 ID:???
気が付くとスネ夫は息絶えていた。でも試合は続行。

主将「きばっていくぞー!」
ALL「おおおおおお!!!」

99 :マロン名無しさん:04/03/13 18:14 ID:yUiSVfcX
755「俺のスネ夫が・・・俺のスネオが・・オレノスネオガ・・・・」
スネ夫を愛していた755はスネ夫ならきっと大丈夫、だって殺人鬼だものと、思っていた。
しかし現実は一時間殴られ続けた人は死んでしまうという厳しいモノだった。
スネ夫の仇を取る為にもスネ夫の穴を埋めるべく審判>>755はその地位を>>801に任せ、
ジャイアンズに参加するのだった。
755「スネオ…オレガ…カタキ…トル」
怒りの力はDIOやフリーザ、セルをも倒す。>>755は今、最凶の戦士となった。

100 :マロン名無しさん:04/03/13 18:25 ID:???
「とっくに御存知なんだろ・・・(省略)激しい怒りによって目覚めた
伝説の戦士。超変人、スネオだ!!!」という掛け声と共にスネオは
立ち上がった

101 :マロン名無しさん:04/03/13 18:29 ID:???
>>755は死ぬ程の喜びのあまり超号泣!!
755「ああああぁあぁぁっぁあっぁあっぁぁっぁぁぁぁぁーーーーーーーーー!!!!」
スネ夫に抱きつき激しく感情的に腰を振りまわす!

102 :マロン名無しさん:04/03/13 18:32 ID:???
スネオ「邪魔なんだよ・・・消えろ」755「!!!」そして抱きつく
755を振り払い、スネオの手から閃光が走る

103 :マロン名無しさん:04/03/13 18:42 ID:???
閃光の直撃を受け755は消滅した。二度と我々の前に姿を現すことはないだろう。
スネ夫「さあ…次は貴様らだ!」

104 :マロン名無しさん:04/03/13 19:00 ID:???
ヤンキー高校生A「なんだよぉ〜さっきの弱っちぃカスかぁ〜まだ生きてやがったんかぁ〜」
ヤンキー高校生B「まだぁ殴られたりねぇ、みてぇだなぁおぃ」

105 :マロン名無しさん:04/03/13 19:39 ID:???
スネオ「カスは消えてろ」そしてまたスネオの手から閃光が。
ドカーン ドカーン・・・・・・・・・・・・・
なんて事は起こらない


106 :マロン名無しさん:04/03/13 20:17 ID:???
スネ夫はボコボコにされた。
ヤンキー高校生「ケッ!これが伝説の殺人鬼とは聞いてあきれるぜ!」


107 :マロン名無しさん:04/03/13 21:04 ID:???
スネオ「言いたい事はそれだけか?折角生かしてやろうと思ったが、
消えてもらう・・・ハアアアアアアアアアアアアア!!!!!」
ヤンキーA「ま、まさかこれが伝説の超へ・・・・」ボン!
ヤンキーAの体はコナゴナに消し飛んだ。本気になったスネオの力は触れず
とも人をコナゴナにするパワーを持っていた。
そして周りのヤンキーも同様、その後灰と化すのだった

108 :マロン名無しさん:04/03/13 21:19 ID:???
結局、野球場から無事に出てこれたのはスネ夫だけであった。
「いい汗かいたな、居酒屋にでも寄るか」

109 :マロン名無しさん:04/03/13 21:27 ID:???
地獄の居酒屋ではぼたんがホステス兼裏風俗をやっていた。
「いらっしゃい。お兄さん、一発どう?ただし霊界探偵になるのと引き換えよ」

110 :マロン名無しさん:04/03/13 21:30 ID:???
と帰り道暴走族に囲まれたスネ夫。
やられたヤンキーのお礼参りである。
スネ夫「いまどき暴走族かよ、プ」

111 :マロン名無しさん:04/03/13 21:32 ID:???
暴走族と言えばバイクを想像するだろうが、そう早合点してはいけない。
彼らが愛用しているのは、ずばり馬車だ。

112 :マロン名無しさん:04/03/13 21:52 ID:???
「さすが地獄は違うぜ、技術のレベルがダンチだ。車なんてボロッちいもんじゃあなあ」
妙に感心するスネ夫。

113 :マロン名無しさん:04/03/13 22:10 ID:???
ぼたん「どうする?幽霊探偵になるなら助けてあげるわよ」

114 :マロン名無しさん:04/03/13 22:18 ID:???
幽霊探偵とはどういうものなのか?幽霊のままギャルに取りついて
あんなことやこんなことし放題のステキな仕事なのか?
必死に族から逃げながらスネ夫は悩んだ。

115 :マロン名無しさん:04/03/13 22:21 ID:???
ここでスネ夫は思った。
もしそうなってもジャイ子には間違っても取りつきたくないと。

116 :マロン名無しさん:04/03/13 22:23 ID:???
「ガキが! さっさとここにハンを押せばいいんだよぉ!!」
業を煮やしたぼたんは、スネ夫の指を強引に書類に押し付けた。
「これで、アンタは探偵よ。じゃあね」

117 :マロン名無しさん:04/03/13 22:28 ID:???
そのときスネ夫はぼたんの乗っている「かい」を掴んだ。
「おい、なったら一発犯らせる約束じゃねえか?さっさと降りろ!」
性欲の権化と化したスネ夫によって族はいつのまにか全て瞬殺されていた。

118 :マロン名無しさん:04/03/13 22:35 ID:???
面倒だからプルトニウム撒いといて

119 :マロン名無しさん:04/03/13 22:43 ID:???
ぼたんではなくぼんたんだった。

120 :マロン名無しさん:04/03/13 22:46 ID:???
ってことは男?
スネ夫は思った、これはやはり・・・

121 :マロン名無しさん:04/03/13 22:52 ID:???
「そうそう、これはやっぱり夢だよ」

122 :マロン名無しさん:04/03/13 22:54 ID:???
ぼんたん「なわきゃねぇだろ、早速幽霊探偵初仕事だ。さっさと仕事してこいや」


123 :マロン名無しさん:04/03/13 23:00 ID:???
事件の内容は簡単だった。
48歳の中小企業の社長が、昨夜何者かに鈍器で殴られ死亡したとのこと。
スネ夫「やれやれ……地獄で殺人とわな」
コナン「ふっふっふ、ご無沙汰だったね骨皮君」
スネ夫「お前は……!」

124 :マロン名無しさん:04/03/13 23:07 ID:???
コナン「容疑者はこの5人だ。」
そこには、ジャイアン、のび太、ドラえもん、スネツギ、ぼたんが立っていた。

125 :マロン名無しさん:04/03/13 23:08 ID:???
スネ夫「マンコナン?」

126 :マロン名無しさん:04/03/13 23:14 ID:???
スネ夫は取りあえずコナンを犯すと事件解決への糸口を見つけた。

127 :マロン名無しさん:04/03/13 23:25 ID:???
スネ夫が見つけたのは巨大な七色のラーメンマンコだった。

128 :マロン名無しさん:04/03/13 23:29 ID:???
ラーメンマンコ「私ラーメンマンの妹なんです」

129 :マロン名無しさん:04/03/13 23:36 ID:???
そして僕が弟のラーメンアナルです。

130 :マロン名無しさん:04/03/13 23:38 ID:???
ラーメン一族は事件の全てを目撃していたのだ。
ラーメンアナル「犯人は・・・・・・そこの少年です」
コナン「何っ!?」

131 :マロン名無しさん:04/03/13 23:42 ID:???
スネ夫「やはりマンコナンが犯人か。最初から怪しいとは思っていたんだよね。
    その証拠に…」

132 :マロン名無しさん:04/03/13 23:46 ID:???
マンコナン「ばれちゃあしょうがねえ〜、正体を見せるぜ!」
マンコナンの体が砕け、中から何者かが現れた。
その正体は…。

133 :マロン名無しさん:04/03/13 23:57 ID:???
大魔王バーンだった。
「あの社長は余が殺したのだ……」

134 :マロン名無しさん:04/03/14 00:12 ID:???
スネ夫「そうだったのか…。よし、事件解決!」
そう言うとスネ夫はさっさと帰ってしまった。

135 :マロン名無しさん:04/03/14 00:18 ID:???
家に帰るとママンが心配して待っていた
スネママ「スネちゃま!何処にいってたザマス!心配してたザマスよぉ!」

136 :マロン名無しさん:04/03/14 00:23 ID:???
「うっせーババァ!」
反抗期だったスネ夫は、ママを瞬殺した。

137 :マロン名無しさん:04/03/14 00:28 ID:???
スネママ「ス・・スネちゃま・・・ぐふぅ!・・・・・・」
スネ夫のママンは血をダラダラを吐きながら死んでいった
死体はまるで魚のような目をしながらスネ夫をじっと見ていた・・・。

138 :マロン名無しさん:04/03/14 01:01 ID:???
スネ夫「これで飯三杯はいけるな!」

139 :マロン名無しさん:04/03/14 01:36 ID:???
調子に乗って食べすぎたため、米びつが底をついてしまった。
「ちっ、米屋に買いに行くか」

140 :マロン名無しさん:04/03/14 01:50 ID:???
「ついでにブタゴリラのところで野菜でも買っておくか。」
しかし、ブタゴリラの店で売っている野菜は全て腐っていた。
ムカツイタので店を燃やしておいた。


141 :マロン名無しさん:04/03/14 04:21 ID:???
炎は町中に拡がった。

142 :マロン名無しさん:04/03/14 08:45 ID:???
ドラえもん「スネ夫のヤロー、シメる必要がありそうだな。」
スネ夫の蛮行はドラえもんの怒りを買ってしまった。

143 :マロン名無しさん:04/03/14 08:55 ID:???
生意気なスネ夫をシめてやるッ!
ドラえもんが見守る中、制裁は行われた。
既にスネ夫の口にはのび太のサオがねじ込まれている。
「ジャイアン、コマしたれ」
ドラえもんがいうと、ジャイアンは稽古廻しの横から一物を取り出した。
ゆうに一尺はあろうかという巨大な業物に、スネ夫はぶるっと震えた。
しかし、その恐怖とは裏腹に〜いや、スネ夫にとってはその恐怖こそが
色欲を沸き立たせるものだったのかもしれないが〜
スネ夫の花らっきょうの
ような小振りの一物は痛い程にそそり立っていた。
その「花らっきょう」の皮を出来杉が唇でちゅるんと器用に剥く。
出来杉の口中にアンモニア臭が広がる。
そして、ジャイアンの一尺竿がスネ夫の菊門にねじり込まれていく…
四人総体重700kgを越えるド迫力の4Pファック。
まだ、幕が開いたにすぎない。
悦楽は、ここから始まる。夜はまだ終わらない…。


144 :マロン名無しさん:04/03/14 09:16 ID:???
スネ夫は犯されながら「俺らってそんなに重かったんだ…」などと考えていた…

145 :マロン名無しさん:04/03/14 09:24 ID:???
そして制裁が終わり…、スネ夫は精神的に大きなダメージを受け
引きこもりになってしまった。

146 :マロン名無しさん:04/03/14 09:59 ID:???
755「元気を出しなよ、君には僕が居るじゃないか。」

147 :マロン名無しさん:04/03/14 11:04 ID:???
今は亡き755の声がスネ夫の心の中に響く。

148 :マロン名無しさん:04/03/14 11:29 ID:???
しかし閉ざされたスネ夫の心はそう簡単には開かなかった。

149 :マロン名無しさん:04/03/14 11:34 ID:???
そこに喪黒福造がやってきた。

150 :マロン名無しさん:04/03/14 11:47 ID:???
「黒豆舐めときゃオールOKさ!」彼はそう言った

151 :マロン名無しさん:04/03/14 11:53 ID:???
「マジかよ!」スネ夫は黒豆を舐めた・・・するとまるで今までの自分が嘘の
ように陽気な心がみなぎってきた!スネ夫は真夏の太陽のように晴れ晴れした
心で全裸になると大通りに向け走っていき「みんなーーーー!」と人々の注目を集めた。
そして彼は・・・

152 :マロン名無しさん:04/03/14 12:02 ID:???
三段跳びの世界記録に挑戦!

153 :マロン名無しさん:04/03/14 12:03 ID:kDmOnwv4
またもや、引きこもりになり、その後、30年、押し入れから出てこなかった。

154 :マロン名無しさん:04/03/14 12:24 ID:???
スネ夫もいい加減良い歳になっていたので押し入れから出てきた
すると押し入れ以外の周りはすべて破壊しつくされ街はすべて廃墟と
化していた、周りに人は誰も居ない。

155 :マロン名無しさん:04/03/14 12:35 ID:???
スネ夫(落ち着け・・・冷静になるんだ・・・この状況から推理すると導き出される答えは・・・)

156 :マロン名無しさん:04/03/14 12:52 ID:???
スネ夫「我が家の押入れは世界一ぃぃぃぃぃ!!

157 :マロン名無しさん:04/03/14 12:53 ID:???
スネ夫「そうか、これは夢なんだ!だったら無問題。」
そういってスネ夫は寝てしまった。
そして再びスネ夫が目を覚ますと…。

158 :マロン名無しさん:04/03/14 12:55 ID:???
スネ夫は某ゲームと似ている状況だと思い込み、ヲタと同じようにゲームでえた知識を活用しだした。

159 :マロン名無しさん:04/03/14 13:02 ID:???
しかし、状況は変わらなかった。
「もしかして、これが現実?」
「その通り、お前が寝ている間に世界は我々ホモホモ団の
支配下に置かれたのだ。」
スネ夫の前に屈強な男たちがあらわれた。

160 :マロン名無しさん:04/03/14 13:08 ID:???
「フフフフ・・・・貴様は騙されていたんだ。貴様が現実だと思っていた事
が夢だったんだ。そしてこれこそが現実・・・つまり貴様の仲間などいない
のだ。22世紀の青狸も、大飯喰らいのデブも、あのバカのパシリも、皆
いなかったんだよ。分かったか・・・」

161 :マロン名無しさん:04/03/14 13:13 ID:???
「そ・・・・そんな・・・ジャイアンも、ノビタも、ドラえもんも
居ない・・・みんなみんないない・・・そんな、そんな、そんなーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!」
謎の男の言葉を聞いて、スネオの目からは自然と涙が溢れていた

162 :マロン名無しさん:04/03/14 13:20 ID:???
スネ夫「まっ、しかたないか、たたかわなきゃ現実と!!」
2秒後には立ち直った

163 :マロン名無しさん:04/03/14 13:21 ID:???
…はずもなく単なるウソ泣きだった。
「どんな世の中でもオレ様は殺人鬼!殺して殺して殺しまくる!」
スネ夫は出刃包丁を振り回して男たちにつっこんでいった。

164 :マロン名無しさん:04/03/14 13:22 ID:???
謎の男「まぁそんなにクヨクヨするなよ・・・例え現実に君の友達は居なくても
君の心の中に友達は居るじゃないか!」
と謎の男は突き落としたいのかなぐさめたいのかわからない言葉を投げかけた。

165 :マロン名無しさん:04/03/14 13:23 ID:???
「黙れーーーーーーーーーーーーーー!!!」ブスリ!
スネオの出刃包丁は謎の男を貫いた

166 :マロン名無しさん:04/03/14 13:26 ID:???
スネ夫は謎の男を殺した後も目に付く人間を次々に殺していった。
そして93人殺した時点で取り押さえられ刑務所に送られた。

167 :マロン名無しさん:04/03/14 13:27 ID:???
スネオ「どうだ、この俺様に殺される気分は!?」すると
謎の男「それが本気か?少し痒かっただけだ」
スネオ「!!!あ・・・・ああああ・・・あああああああああ」
そしてスネオの出刃包丁は謎の男の体に吸い込まれていった

168 :マロン名無しさん:04/03/14 13:28 ID:???
という空想にびびりながら犯人輸送のトラックに積まれているスネオ


169 :マロン名無しさん:04/03/14 13:30 ID:???
スネオは被害者遺族により訴えられ、裁判に掛けられた

170 :マロン名無しさん:04/03/14 13:33 ID:???
裁判長「面倒だから死刑ね。やっちゃてね。」
ダンダンダーン。ダダッダダダダダダダダダダダ・・・・・・・
そこにはスネオの死体が転がっていた

171 :マロン名無しさん:04/03/14 13:34 ID:???
スネ夫はまた地獄に落ちた。

172 :マロン名無しさん:04/03/14 13:35 ID:???
当然判決は有罪、スネ夫は檻の中で、看守に監視カメラがあると自慰ができない、グラビア雑誌が欲しいなどと要求しますた。

173 :マロン名無しさん:04/03/14 13:41 ID:???
       ,,r――― 、
      r''∨∨∨∨ ヽ     
      rl __ノ  ヽ、_ |    ボエー      
     (,,   J _ L  |'")         
      /   ⊂⊃  'i"          r‐'''''''""""""~~~Z
     |("~ヽ,,__,,ノ~") )          i' ,,,,,,,,,,,..................r’    
 / 三)nrヽヽ r‐―、 ノ /、          | i' /, −v--、i
 | ニ)ノヽ ヽ"''" ̄"''" ノ ノ--、 rっ/)/) r‐ / |  ・ |・ |.|  ∩/)/)  
 'i ノ''ノ  ~  ̄ ̄ ̄  ~    c   ⊃( 6   λー'o-´ノ_  n'  ⊃
  lー- |                \_ヽ "l r"(/、____ノ ノ_/
 .l  |                  \ ヽ l ヽ、_ ( _  / /
 .l  |                   \  "'ー-ニニニニノ'  /


174 :クラ〜ピ! ◆uvFco7Jv0I :04/03/14 13:48 ID:???
さらにタンク山の模型を要求した。

175 :マロン名無しさん:04/03/14 14:30 ID:???
次々と要求が叶えられ、図に乗り始めるスネ夫。
「テレビが欲しいな、ついでにDVDプレーヤーも。あ、あとゲームボーイも用意しとけ。
 白黒のじゃなくてSPだぞ、分かってんな。それに酒とタバコ……」

176 :マロン名無しさん:04/03/14 14:34 ID:???
要望はすべて叶えられた。
スネ夫「うっひょ〜ここは天国かよぉ!ついでに女も呼んできてくれ」

177 :マロン名無しさん:04/03/14 15:11 ID:???
しかし看守が普通とは違った趣味のもちぬしだったためジャイコと腐女子軍団を連れてきてしまった。

178 :マロン名無しさん:04/03/14 16:18 ID:???
連日のようにジャイ子や腐女子に詰め寄られ、スネ夫は発狂してしまった。

179 :マロン名無しさん:04/03/14 16:49 ID:???
そしてスネ夫は要望として要潤を要求した。

180 :マロン名無しさん:04/03/14 17:10 ID:???
そして恐怖に耐えかねたスネオは脱走を試みる

181 :マロン名無しさん:04/03/14 17:11 ID:???
しかし、要潤がそれを許さなかった

182 :マロン名無しさん:04/03/14 17:43 ID:???
腐女子VSスネオ

183 :マロン名無しさん:04/03/14 18:05 ID:???
腐女子とは文字通り女の子の腐乱死体のことだ。
よく見ると皆スネ夫が手を下した者ばかりだ。

184 :マロン名無しさん:04/03/14 18:24 ID:???
こうしてスネ夫は発狂したまま50年以上生きたが、
独房の中で糞尿にまみれながらの哀れな生涯であった。



185 :マロン名無しさん:04/03/14 18:27 ID:???
…という小説をスネ夫は書き終えた。
そして、その小説を近所に住む小説家、伊佐坂先生に見せることにした。

186 :マロン名無しさん:04/03/14 18:28 ID:???
しかし、伊佐坂先生は要潤と取り込み中だった

187 :マロン名無しさん:04/03/14 18:30 ID:???
ジャイアン「スネ夫は情けねーなジャイ子と腐女子ぐらいで死ぬなんて」
のび太「まったくあなたには失望しましたよ。」
出来杉「はっきり言ってクズだね、主役交代かな。」
しずか「スネ夫さん・・・あなたってダメ人間ね・・・」
ドラえもん「さっさと逝け悪魔が!」

188 :マロン名無しさん:04/03/14 18:39 ID:???
等の会話を妄想しつつスネ夫は・・・

189 :マロン名無しさん:04/03/14 18:50 ID:???
自慰行為にふけりました。

190 :マロン名無しさん:04/03/14 19:45 ID:???
小説にも飽きて自慰にふけっていた、ある日珍しくスネ夫の家に
みんなが遊びに来た。
ジャイアン「おーい、スネ夫ー遊びにきたぞぉ!」

191 :マロン名無しさん:04/03/14 20:01 ID:???
スネオ「ああ?!あのデブゴリラが?どうせお菓子でも食いに来たんだろ?
貴様にやるくらいなら世界中6億人の今にも餓え死にしそうな方々に捧げる
わ!毎回ゲーム壊すわラジコン壊すわで、もういいかげん訴えるぞコラ!」
自慰行為を邪魔されたスネオは不機嫌だった。そして彼のポッケには
スタンガンが・・・

192 :マロン名無しさん:04/03/14 20:08 ID:???
ジャイアン「ギャアアアアアアアアアアア」
バチッ!バチバチッ!
凄まじい轟音とともにジャイアンの体が黒こげに。
スネ夫「俺はデリケートなんだよ」

しかし偶然望遠鏡を買ったしずかがこの光景を覗いていた。

193 :マロン名無しさん:04/03/14 20:10 ID:???
しかしポッケのスタンガンが手を突っ込んだ瞬間、
誤作動で局部を刺激し、一人リモコンオナニーとなってしまった

194 :マロン名無しさん:04/03/14 20:11 ID:???
しずか「ち、あのブタが使えねえ・・・まーいい。のびた!!!
片付けて来い!!」
のびた「は!!!」のびたはスネオ邸に向かった

195 :マロン名無しさん:04/03/14 20:13 ID:???
そう、しずかはスネオを始末する為、学校の生徒達を支配下に置いて
いた。そう、彼女こそこの町のドンなのだ

196 :マロン名無しさん:04/03/14 20:16 ID:???
あ、リロードすればよかった。
ゴメン、飛ばして

197 :マロン名無しさん:04/03/14 20:18 ID:???
しずか「いや、むしろこの方が私の恐ろしさが読者に伝わるわね。お手柄よ>>196
196「ハッ・・・ありがたき幸せであります」

198 :マロン名無しさん:04/03/14 20:57 ID:???
その頃、骨川邸に到着したのび太はインターホンを押しながら叫んでいた。
のび太「スネ夫くぅ〜〜ん僕だよぉ〜〜〜のび太だよぉ〜〜」

199 :マロン名無しさん:04/03/14 21:02 ID:???
「やられる前にやってやる!」
スネ夫は拳銃を構えつつドアを開けた。
すると玄関にはのび太の死体があった。
「!?俺が殺す前にのび太が死んでる?」
「のび太は私が殺した。」
そう言ったのは…。

200 :マロン名無しさん:04/03/14 21:14 ID:???
「お、おばさん!!!」そう、のびたを殺したのは紛れも無いのびた
の母、本名片岡玉子だった。
「あんな糞ガキじゃあんたには勝てないと分かってた。だから先に
逝かせてあげたの。あなたも同じ所に送ってあげるわ」
彼女の手には鎖鎌。そしてのびたの生首が刺さっていた

201 :マロン名無しさん:04/03/14 21:23 ID:???
「く、イカれてやがる!!」ダダン!、ダダン!スネオは拳銃を
玉子の顔面めがけ放つ。しかし・・・
「遅いわ、当たらないよ。」「!!!」彼の放った銃弾はかすりすら
しない。そして気づいた時には彼女のパンチがスネオを腹を捉えて
いた。「が・・・・ぐ・・・・」そして何十発とパンチの嵐。
「アタタタタタタタタタタタタタタタタタタタタ!!!」
スネオは死に掛けていた

202 :マロン名無しさん:04/03/14 21:29 ID:???
しかし、スネ夫の危機を察して二匹の愛猫が飛び込んできた。
チルチルとミチルである。
二匹は玉子の頚動脈を掻っ切り、あっさり瞬殺してしまった。

203 :マロン名無しさん:04/03/14 21:32 ID:???
「しずか様のご命令だ。氏んでもらう」スネオはもはや動く力すら
なく、倒れていた。玉子はスネオの拳銃を奪い、スネオに突きつける
「貴様のしずか様に対する蛮行、許し難い」そして、「ダーーーン!」
「そ・・・・ん・・・な・・」「スネチャマ!スネチャマ!」
スネオが振り向くと、そこには猟銃を手にした母の姿が
「間に合って良かったザマス・・・」「ママーーーーー!!」
この瞬間、親子の愛は最高潮に達した

204 :マロン名無しさん:04/03/14 21:35 ID:???
だが猫たちはアタタタを食らって顔面変形したスネ夫を敵と誤解して襲いかかってきた。

205 :マロン名無しさん:04/03/14 21:38 ID:???
そしてスネオの命を守るためまた母は猟銃を手に取り、
「ダーーーン!ダッダーーーン!」「ギャ!ギュア!」
そしてまた母はスネオの命を救った。猫達はブチャブチャになった

206 :マロン名無しさん:04/03/14 21:38 ID:???
翌日、二匹の死体が三味線屋に引き取られた。

207 :マロン名無しさん:04/03/14 21:40 ID:???
しずか「こうなったらアタシが直接出向くしかないわね。」

208 :マロン名無しさん:04/03/14 21:40 ID:???
今回のポイント

スネオ:スコア3700 ボーナスポイント2000= 5700
スネオ母:スコア1800 ボーナスポイント7900=9700 

209 :マロン名無しさん:04/03/14 21:43 ID:???
事件から一週間後、ママの死体が発見された。
手口から見て、しずかの仕業に間違い無さそうだ。

210 :マロン名無しさん:04/03/14 21:44 ID:???
しずか率いるSKB(スネオを屈辱的にぶっ殺す)の一角、のびたファミリー
は倒れた

211 :マロン名無しさん:04/03/14 21:46 ID:???
しずか「ふふふ、しかしこうこなければ。おいそこの屑ロボット2匹
あいつらを片付けてこい!「ハ!!」真の闇が動き始めた

212 :マロン名無しさん:04/03/14 21:53 ID:???
スネ夫「メル欄[age]一人でつまらん」

213 :マロン名無しさん:04/03/14 21:56 ID:???
しずか「スネ夫のヤロー、タブー中のタブーに触れやがった…。
このスレのレスが基本的に自作自演の嵐だということに…。」

214 :マロン名無しさん:04/03/14 21:57 ID:???
闇の組織はタイム・パトロールが壊滅させたらしい。
そんなこと気にせず、スネ夫は・・・
スネ夫「ちょっとコンビニに買い物に行こう」

215 :マロン名無しさん:04/03/14 21:59 ID:???
「諦めんぞ、ドラえもん、ドラミ、出来杉、ジャイコ。退却だ!」
「ハ!!」悪の根は絶やされなかった

216 :マロン名無しさん:04/03/14 21:59 ID:???
しかし、絶やされてしまった。

217 :マロン名無しさん:04/03/14 22:01 ID:???
ドラえもんとドラミはスクラップにされ、地球の資源になった。
出来杉は家庭教師、ジャイコは漫画家になった。そしてしずか一人、
刑務所送りとなった


218 :マロン名無しさん:04/03/14 22:02 ID:???
ということでスネ夫はコンビニで肉まんとヘルシア緑茶と
少年ジャプンを買った。
「さあて今週のライオン仮面はどうなってるかな?」
スネ夫はジャプンをめくった。

219 :マロン名無しさん:04/03/14 22:02 ID:/4Sodsta
刑務所にて。
755「新入りか…。」

220 :マロン名無しさん:04/03/14 22:03 ID:???
スネ夫「age野郎、君はつまらん。」

221 :マロン名無しさん:04/03/14 22:03 ID:???
しかし何も書いていなかった。真っ白のページが続くだけだ

222 :マロン名無しさん:04/03/14 22:04 ID:???
コードネーム「アイシールド21」が、スネ夫抹殺のために招集された。
「何か御用でしょうか?」
「うむ、この男を抹殺して欲しいのだ」
スネ夫に新たなる魔の手が迫る。

223 :マロン名無しさん:04/03/14 22:05 ID:???
という案がまとまり漫画を描き始める

224 :マロン名無しさん:04/03/14 22:11 ID:???
しかし書き始めると意外な方向に話が進んだ。
なんと主人公が・・・

225 :マロン名無しさん:04/03/14 22:20 ID:???
あっさり死んでしまった。

<完>

226 :マロン名無しさん:04/03/14 22:25 ID:???
「ちくしょう、編集部め。俺の漫画を打ち切りにするなんて許せん」

227 :マロン名無しさん:04/03/14 22:26 ID:???
スネオ「おもしろくない漫画だなあ!」

228 :マロン名無しさん:04/03/14 22:29 ID:???
スネオ「そう、他の漫画はつまらないなあ
僕の漫画の方がおもしろいのに!」

229 :マロン名無しさん:04/03/14 22:33 ID:???
スネオはムシャクシャしてきた

230 :マロン名無しさん:04/03/14 22:46 ID:???
しょうがないのでジャンプをムシャムシャ食べはじめた。

231 :マロン名無しさん:04/03/14 22:46 ID:???
スネ夫「ムシャクシャする〜!!このスレのレベルが落ちたせいだ!」

232 :マロン名無しさん:04/03/15 00:30 ID:???
そう言うとスネ夫はいきなりあぐらをかき、自分の股間のイチモツをしげしげと眺め始めた。

233 :マロン名無しさん:04/03/15 01:27 ID:???
スネ夫「俺が一番セクシー。」


234 :マロン名無しさん:04/03/15 01:55 ID:???
ジャイアン「いや、俺の左曲がりのムスコの方がセクシーだ。」
全裸のジャイアンがあらわれた。

235 :マロン名無しさん:04/03/15 06:26 ID:???
ジャイアン「俺達二人でアイドルデビューしよう!」

236 :マロン名無しさん:04/03/15 08:38 ID:???
とりあえずジャニーズに履歴書を送ったが、

237 :マロン名無しさん:04/03/15 11:41 ID:???
佐川急便の着払いで送り返された。
スネ夫「なんだ、この値段は!!」

238 :マロン名無しさん:04/03/15 12:35 ID:???
スネ夫「まあ送料1000万円くらい俺にとってははした金なわけだが。」
そういうとスネ夫は現金で1000万円を支払った。

「それよりお前ら、前スレとっとと埋めないから落ちちまったじゃねぇか。」

239 :マロン名無しさん:04/03/15 12:45 ID:???
のび太「マっマジで!落ちちゃったの・・・なんて事だこれは全部僕の責任だ・・・」
責任感の強すぎるのび太は一人責任を感じ自分を責め続けた。

240 :マロン名無しさん:04/03/15 12:46 ID:???
ジャイアン「おれのせいじゃない(`3´)」

241 :マロン名無しさん:04/03/15 13:36 ID:???
出来杉「とりあえず300とったやつがageとけ」

242 :マロン名無しさん:04/03/15 13:49 ID:???
しかたなくスネ夫はジャイアン、のび太、出来杉と共に、「おチンコくらぶ」を結成した。
路上で露出して逃げるだけの活動である。

243 :マロン名無しさん:04/03/15 14:23 ID:???
しかし中々毛のはえないのび太に他のメンバーは苛立ちをかくせずにいた。
ついにキレた出来杉が、

244 :マロン名無しさん:04/03/15 14:51 ID:???
出来杉「は、早く毒を吸い出してくれ!」
そう言ってアナルを広げてのび太の顔に押し付けた。

245 :マロン名無しさん:04/03/15 14:57 ID:???
のび太は頬を紅く染めつつ、出来杉の肛門に顔をうずめた。
「クチュッ…どうだ、出来杉……チュパチュパッ……ジュルジュルジュル………」
「あんっ…! 勃ってきちゃった、漏れそうだよ」
「仕方ないな……」
そう言いながらも、のび太は嬉しそうな顔で出来杉の肉棒をしゃぶり始めた。

ジュルジュルジュル・・・

246 :マロン名無しさん:04/03/15 15:15 ID:???
樹液に群がるカブトムシのように、のび太は出来杉の精液に熱中した。
液が食道を通るたびに、体内が洗浄されていくような快感に襲われる。

247 :マロン名無しさん:04/03/15 15:24 ID:???
スネ夫とジャイアンも乗り遅れまいと、慌ててブリーフを脱ぐと、堀り合った。
「ジャイアン、い、いいっ。」

248 :マロン名無しさん:04/03/15 16:39 ID:???
話が続かないので>>236まで戻ります。

249 :マロン名無しさん:04/03/15 16:47 ID:???
数日後ジャニーズ事務所から返事の封書が届いた。
驚くべきその内容は・・・

250 :マロン名無しさん:04/03/15 16:55 ID:???
ホモビデオを撮影して至急オクレ!

251 :マロン名無しさん:04/03/15 17:08 ID:???
http://do.halhal.net/~tokusen/main.htm

252 :マロン名無しさん:04/03/15 17:13 ID:???
ではなく、ジャニーズではなくチャイニーズマフィアから返事がきました。
ジ「ジャニーズ…チャイニーズ……ジャニーズ違いかよ!(爆笑」
ジャイアンは一人で笑っていました、

253 :マロン名無しさん:04/03/15 17:35 ID:???
スネ夫はジャイアンの背中を思い切り蹴飛ばすと呟いた。
スネ夫「行くか…中国に」

254 :マロン名無しさん:04/03/15 17:42 ID:???
出来杉「ニイハオー!ニイハオオォォォォ!!」

255 :マロン名無しさん:04/03/15 18:05 ID:???
とりあえず出来杉はスルーしといた。

256 :マロン名無しさん:04/03/15 19:29 ID:???
スネ夫はさっそくジャイアンと共に香港行きのツアーを予約し
飛行機に乗った・・・ここで切りたいところだが飛行機に乗ってる
ところで切るとかなりの高確率で落ちるので香港まで無事到着した
ところまで記しておこう。

257 :マロン名無しさん:04/03/15 19:43 ID:???
しかし着陸に失敗してしまった。

258 :マロン名無しさん:04/03/15 21:02 ID:???
機長「大丈夫。ちょっと転んだだけデース」

259 :マロン名無しさん:04/03/15 21:05 ID:???
スネ夫は機長の服をはぎ取り、犯し始めた。
「何するんデスかー!」
「口で言ってもムダだろうから、体で覚えさせる」
機長はあえぎ声を挙げた。

260 :マロン名無しさん:04/03/15 21:29 ID:???
と良いところで機体は爆破炎上した、スネ夫の運命や如何に・・・。

261 :マロン名無しさん:04/03/15 21:36 ID:rGYCQ1k/
スネ夫は間一髪でドラエモンのタケコプターで逃げ出していた

262 :マロン名無しさん:04/03/15 21:38 ID:???
タケコプターはブリーフの中に隠し持っていたのでちょっと匂うぞ

263 :マロン名無しさん:04/03/15 21:41 ID:???
そんな時、スネ夫はある男と空中で出会う。妖霊大帝オドロームであった。
「お前ほどの悪人ならば、すぐに幹部にしてやるぞ」
「条件が一つある」
スネ夫が要求したのは、「オドロームの童貞」であった。
驚愕の空中セックスが、今始まる・・・!

264 :マロン名無しさん:04/03/15 21:58 ID:???
という夢を見ていた。
実際には香港の病院に担ぎこまれていただけだった。

265 :マロン名無しさん:04/03/15 22:00 ID:???
看護婦が裸でスネ夫の上にまたがりそして・・・・・・

266 :マロン名無しさん:04/03/15 22:00 ID:???
スネ夫は軽傷だったので即退院、とにもかくにも香港上陸したスネ夫が
街を歩いていると何処かであったような謎のチャイニーズが声をかけてきた。

ところでジャイアンは死亡か?

267 :マロン名無しさん:04/03/15 22:03 ID:???
中国人は突然服を脱ぎだすと、スネ夫に襲い掛かってきた。
一応抵抗するが、まんざらでもないスネ夫。

268 :マロン名無しさん:04/03/15 22:09 ID:???
「 ヤ リ 厨 い い 加 減 に し ろ 」
そう言い捨てるとスネ夫は267を瞬殺した。

269 :マロン名無しさん:04/03/15 22:13 ID:???
この場所は病院ではなく風俗店だと気付いた頃にはもう遅かった。

270 :マロン名無しさん:04/03/15 22:15 ID:???
早速、ダンディーな中年男性とベッドで横になった。

271 :マロン名無しさん:04/03/15 22:18 ID:rGYCQ1k/
スネ夫は疲れていた。短い時間にたくさんの人と
交わっているため殆どの精を使い果たしていた。

272 :マロン名無しさん:04/03/15 22:19 ID:???
まぁそれはそれとしてスネ夫はせっかく香港に来たのにいつもと
同じ事をしてても仕方ないと思い、観光名所に向かった。

273 :マロン名無しさん:04/03/15 22:26 ID:???
当時、まだ香港はイギリスの土地であった。
英国兵士「ジャップ! いいボディしてるな、犯らせろ!!」

274 :マロン名無しさん:04/03/15 22:27 ID:???
スネ夫「うほ!いい男」

275 :マロン名無しさん:04/03/15 22:29 ID:???
スネ夫「犯る前にちょっと待ってくれ!当時っていつだかはっきりしてくれないか!?
俺は今いつの時代を生きてるんだ!?教えてくれ!頼む!!!」

276 :マロン名無しさん:04/03/15 22:31 ID:???
「五年前に起こったアヘン戦争で、ここは大英帝国の植民地になったのだ!!」

277 :マロン名無しさん:04/03/15 22:34 ID:???
そう、スネ夫は飛行機事故の影響で十九世紀にタイムスリップしていたのである!

278 :マロン名無しさん:04/03/15 22:35 ID:???
スネ夫「なっなんてことだ・・・江戸末期かよ・・・」

279 :マロン名無しさん:04/03/15 22:37 ID:???
スネ夫はちょんまげを結うことにした。

280 :マロン名無しさん:04/03/15 22:38 ID:???
具体的には1847年
日本は鎖国の真っ最中
ペリー来航も当分さきである。

281 :マロン名無しさん:04/03/15 22:38 ID:???
あの髪型でちょんまげはキツくないだろうか・・・?

282 :マロン名無しさん:04/03/15 22:44 ID:???
とか考え絶望してるスネ夫に同じく飛行機事故でこの時代に飛ばされたジャイアンが言った
「スネ夫!良い方に考えろ!俺達で歴史を変えるんだ!」

283 :マロン名無しさん:04/03/15 22:45 ID:???
二人は阿片を吸いまくった。
「やっぱコカインのが、トリップ具合がいいな」

284 :マロン名無しさん:04/03/15 22:46 ID:0zUHUgHb
『ペリーじゃなくきれいなペリー』

285 :マロン名無しさん:04/03/15 22:49 ID:Twe66+I8
『開国、してくださ〜いよ〜』

286 :マロン名無しさん:04/03/15 22:52 ID:???
かなり幻覚を見ている二人にイギリス兵士が心配して声をかけた
「ダイジョーブデスカ?」

287 :マロン名無しさん:04/03/15 22:54 ID:0zUHUgHb
『駄目だゃ。無駄無駄』と言い放つのはスネオの先祖・ススオ

288 :マロン名無しさん:04/03/15 23:01 ID:0zUHUgHb
阿片戦争の最大のキーマンのススオだ。ススオは未来人だ。

289 :マロン名無しさん:04/03/15 23:09 ID:???
???「スネオの先祖なのに未来人かよ」
そうつっこんだのは・・・

290 :マロン名無しさん:04/03/15 23:15 ID:???
フランス国王ルイ14世であった。

291 :マロン名無しさん:04/03/15 23:29 ID:???
ススオ「うむっ・・・実は話せば長くなるので短く説明するが・・・
ワシは時を賭ける少年なんだ・・・」

292 :マロン名無しさん:04/03/15 23:41 ID:???
と言って、いきなり「30年」を賭けてきた。
ススオ「名付けてタイムギャンブル・・・! 負けた者は、その分老いるコトになるっ・・・!」

293 :マロン名無しさん:04/03/15 23:49 ID:???
トリップ状態から醒めたスネ夫は言った。
「話は聞かせて貰った!僕は50年賭けよう!」

294 :マロン名無しさん:04/03/16 01:35 ID:???
その時ジャイアンが申し訳なさそうに言った。
ジャイアン「すまん、今の状況を簡単にまとめてくれないか?いまいち状況がつかめん」

295 :マロン名無しさん:04/03/16 01:43 ID:???
飛行機事故の影響で、1867年の香港にタイムスリップしたスネ夫とジャイアン。
二人はちょんまげをして変装し、歴史を変える工作に出ることになった。
しかし、いつものクセでアヘンを吸ってしまう二人。
アヘンによりペリーの幻覚を見るも、英国兵士の声で目を覚ます。
そんな二人の前に現れたのは、スネ夫の先祖であり未来人でもあるススオだった。
ルイ16世の突っ込みを無視し、ススオは自分がギャンブラーだと告げる。
そのギャンブルとは、「タイムギャンブル」という時間を賭けるものだ。
賭けに負ければ賭けた時間分老いるという危険な賭けに、スネ夫はあえて挑戦する。
ススオは30年、スネ夫は50年、時間を賭けた。
そして、傍から見ていたジャイアンは状況についていけず独り言を呟いていた・・・。

296 :マロン名無しさん:04/03/16 02:25 ID:???
スネ夫「・・・と、こんなもんだ。わかったか?」
ジャイアン「ああ、よくわかったよ(大腸のしくみが)」

297 :マロン名無しさん:04/03/16 02:32 ID:???
ジャイアン「とりあえず、言いたいことが一つある。」
スネ夫「なんだい?」
ジャイアン「とっとと今の展開終わらせようぜ。」
ブーーーーー!!
ジャイアンは屁をこいてススオをふっとばした。
そしてジャイアンとスネ夫は現代にもどった。

298 :マロン名無しさん:04/03/16 02:44 ID:???
スネ夫「ふう、疲れた。しばらく休暇をとろう。」
ジャイアン「そうだな、温泉でも行こう。」
そして二人は名湯として知られるフニャコ温泉に行くことにした。
しかし彼らは知らなかった。そこが全国のホモが集まるハッテン場だということを…。

299 :マロン名無しさん:04/03/16 03:05 ID:???
その時スネ夫が思い出したように言った。
スネ夫「あ、忘れてた!香港に行くんだった!」
ジャイアン「そうだ、温泉なんか行く暇ないじゃないか!」
こうして最悪の事態は免れた。

300 :マロン名無しさん:04/03/16 03:08 ID:???
かに見えたが…。
香港のホモマフィアが二人を狙っていた…。

301 :マロン名無しさん:04/03/16 03:47 ID:???
スネ夫「(何でここまでホモネタにこだわるんだろう・・・)」
そう思いながらスネ夫は香港行きの飛行機に乗り込んだ。

302 :マロン名無しさん:04/03/16 09:16 ID:???
指定の席に座ると前に座っている酔っ払った先生がスネ夫達にからんできた。

303 :マロン名無しさん:04/03/16 09:35 ID:???
只今のスネ夫のストレス値:20
これが100になると殺人鬼となり200になると魔人になる。
逃げろ!先生!


304 :マロン名無しさん:04/03/16 09:40 ID:???
狭い機内に逃げ場はないぞ。

305 :マロン名無しさん:04/03/16 10:14 ID:???
そこに一緒に乗り合わせてたドラえもんが「先生この
タケコプター使ってにげなよ!」とタケコプターを
手渡された。先生はそれを付けて逃げようとした。

306 :マロン名無しさん:04/03/16 10:16 ID:???
スネ夫「また厨設定かよ…。何がストレス値200で魔人だ…。」
スネ夫は先生のタマキンを蹴り上げた。
先生は気絶した。

307 :マロン名無しさん:04/03/16 11:11 ID:???
気絶しているうちに窓から投げ捨てた。

308 :マロン名無しさん:04/03/16 11:14 ID:???
その後スネ夫は、フライトアテンダントや機長を犯して空の旅を満喫した。

309 :マロン名無しさん:04/03/16 11:19 ID:???
何事も無く香港に到着

310 :マロン名無しさん:04/03/16 11:34 ID:???
しかし到着した瞬間に飛行機が炎上。

311 :マロン名無しさん:04/03/16 11:35 ID:???
爆発

312 :マロン名無しさん:04/03/16 11:43 ID:???
スネ夫「うわー綺麗な花火だねー」
ジャイアン「ホント綺麗だわ」

二人のムードは鰻上り

313 :マロン名無しさん:04/03/16 11:48 ID:???
そして二人は花火を背景に白鳥の湖を踊りだした。

314 :マロン名無しさん:04/03/16 11:51 ID:???
ジャイアンは白鳥というよりもダチョウという感じだ。

315 :マロン名無しさん:04/03/16 11:59 ID:???
ジャイアンは太っているので踊っても美しくないのだ。
周りの観客から野次・罵声を飛ばされる

のび太「おらー!引っ込め豚白鳥!」
しずか「やだーキモーイ」
出来杉「やれやれ、目の毒だよ」
ドラエモン「まったく君という奴は」

ジャイアンは傷ついた。

316 :マロン名無しさん:04/03/16 12:01 ID:???
そのころ>>307で窓から投げ捨てられた先生は北朝鮮に着弾した。

317 :マロン名無しさん:04/03/16 12:10 ID:???
金正日「君、私にそっくりだね。影武者やらないか?」

318 :マロン名無しさん:04/03/16 12:14 ID:???
先生「Yes I do」

319 :マロン名無しさん:04/03/16 12:57 ID:???
その頃出来杉は自分のアナルがどれだけ美しいかを原稿用紙500枚に面々と綴っていた。
そしてキテレツの元へ持ち込んだ。タイトルは

   「ピンクのつぼみ ー男のプライドー」

出来杉「スネ夫の書く殺しオチエロ小説よりはマシだと自負しているよ。」

320 :マロン名無しさん:04/03/16 13:32 ID:???
出来杉は北朝鮮へ強制送還された。
そこで彼を待っていたのは・・・

321 :マロン名無しさん:04/03/16 13:35 ID:???
その頃スネ夫は何の為に香港に来たのか考えた

322 :マロン名無しさん:04/03/16 13:43 ID:???
スネ夫はよく考えてみた・・・ほんこんにここはほんこんなの?

323 :マロン名無しさん:04/03/16 14:13 ID:???
朝鮮だの香港だの、設定ばっかりで話進まなくてつまんねえ。

324 :マロン名無しさん:04/03/16 14:17 ID:???
スネ夫はつまらなくなり、>>323をボコボコに蛸殴りにし
犯し殺した・・・。


325 :マロン名無しさん:04/03/16 14:22 ID:???
スネ夫は>>323を埋め終わるとジャイアンに提案した。
スネ夫「とりあえず香港でアイドルデビューしよう」

326 :マロン名無しさん:04/03/16 15:20 ID:???
スネ夫は人間の生首を持ちながら、超高性能スピーカーで自慢話を繰り返した。
その横ではジャイアンが自慢話に調子を合わせるように歌っている。
「絶好調だな、スネ夫」
「うん、でも気になる事が一つだけあるんだけど」
二人の前には、装甲車が並んでいた。上空には戦闘機も飛んでいる。

327 :マロン名無しさん:04/03/16 16:37 ID:???
スネ夫はうんこをもらした。

328 :マロン名無しさん:04/03/16 17:12 ID:???
世界はスネ夫のうんこに包まれた

329 :マロン名無しさん:04/03/16 17:28 ID:???
だが、レギュラーの面々は今更スネ夫のうんこなど平気だった。
一般人にはだめだったが。

330 :マロン名無しさん:04/03/16 17:35 ID:???
一般人が死んでしまい、レギュラーだけの世界になった。

331 :マロン名無しさん:04/03/16 17:38 ID:???
となると女キャラは静ぐらい種を残すためには壮絶な争いに打ち勝たねばならなかった。

332 :マロン名無しさん:04/03/16 19:55 ID:???
とりあえず、静を四等分にしてみた。

333 :マロン名無しさん:04/03/16 19:56 ID:???
とりあえず、静を四等分にしてみた。



334 :マロン名無しさん:04/03/16 20:10 ID:???
4×4=16等分

335 :マロン名無しさん:04/03/16 21:22 ID:???
静「あら?なんで私が16人もいるのかしら」

336 :マロン名無しさん:04/03/16 21:30 ID:???
それが静の最期の言葉となった。
スネ夫たちは食べ物の大切さ、命の尊さを噛み締めながら美味しくいただいた。

337 :マロン名無しさん:04/03/16 22:35 ID:???
しかし、食が中った。食中りというヤツだ。

338 :マロン名無しさん:04/03/16 23:56 ID:???
「つまり食中毒と言うことさ!」
病院の一室でスネ夫はいきなり叫んだ。

339 :マロン名無しさん:04/03/16 23:59 ID:???
そうスネ夫は先日バイクで事故って入院していたのだ、今はそこで執筆活動を
している。
スネ夫「我ながら素晴らしい名作だ・・・これは芥川賞は間違いないな。」

340 :マロン名無しさん:04/03/17 00:38 ID:zsYj59kz
出来杉「また小説ネタか・・・やれやれだぜ。スネ夫!とっとと来い、殺しの依頼だ」
スネ夫「そういえば最近仕事をサボっていたな。で、今回のターゲットは?」

341 :マロン名無しさん:04/03/17 00:45 ID:???
スネ夫「また厨設定かよ…。何が殺しの依頼だ…。」
スネ夫は出来杉のタマキンを蹴り上げた。
出来杉は気絶した。


342 :マロン名無しさん:04/03/17 01:12 ID:???
そしてスネ夫は出来杉を殺害し、山に埋めにいくことにした。

343 :マロン名無しさん:04/03/17 01:45 ID:???
その途中、出来杉のポケットの中にメモが入っていることに気付いた。

「出来杉を殺してくれ byのび太」

344 :マロン名無しさん:04/03/17 02:29 ID:???
「このメモは…一体…?!うんこしたい。」
スネ夫は野グソをし、メモでケツを拭いた。
「さて出来杉を埋めるか…。!死体がない!」
スネ夫が野グソをしている間に出来杉の死体が
忽然と消えてしまった。

345 :マロン名無しさん:04/03/17 09:45 ID:???
スネ夫「そうだ、さっき食べたっけ。」

346 :マロン名無しさん:04/03/17 09:48 ID:???
そのとき何故か飛んできたタイム風呂敷がスネ夫にかかり
スネ夫はあの子供時代の純真なスネ夫に戻ってしまった。

347 :マロン名無しさん:04/03/17 10:00 ID:???
…そして、風呂敷の効力でさらにスネ夫は胎児の状態にまで戻り、消滅してしまった。
あの世に逝く事すらない、完全な消滅だった。



348 :マロン名無しさん:04/03/17 10:03 ID:???
…というリレー小説をスネ夫は読み終わった。
「こいつら知能低すぎ。」
そしてスネ夫は食事をするために吉野家に向かった。

349 :マロン名無しさん:04/03/17 10:35 ID:???
現在吉野家は豚丼をはじめて他の牛丼屋に対して巻き返しを図ってる
ところだった、しかし反骨心旺盛なスネ夫はここで評判の悪いカレー丼
を注文した。

350 :マロン名無しさん:04/03/17 10:44 ID:nIsqu6lE
しかし、その丼は・・・・

351 :マロン名無しさん:04/03/17 10:47 ID:???
カレー味のうんこ丼・・・。

352 :マロン名無しさん:04/03/17 10:55 ID:???
「店長を呼べ!」
スネ夫は大声で叫んだ。

353 :マロン名無しさん:04/03/17 11:09 ID:???
店長「お客様。何かご不満でも?」

354 :マロン名無しさん:04/03/17 11:18 ID:???
スネ夫「このコクのある深い味わい・・・店長良い仕事してるな。」

355 :マロン名無しさん:04/03/17 11:20 ID:???
スネ夫「でも、オレのうんこのほうがうまい!!」
その場でスネ夫は信じられないほどの量のうんこを大量放出した。ぶりぶりぶりりゃーん。


356 :マロン名無しさん:04/03/17 11:27 ID:???
スネ夫「まず米が良い。魚沼産コシヒカリを米を炊く直前に自家精米しているから
     米本来の旨み・風味を存分に味わえる。
     飯の上に乗せられたうんこもまた格別なうまさがある。
     一見硬そうなのだが身が柔らかい。しかも思いもよらず脂が乗っていて香りも立つ。
     驚いたことにご飯と相性がいいぞ。」

357 :マロン名無しさん:04/03/17 11:37 ID:???
店長「黙ってさっさ食え」

358 :マロン名無しさん:04/03/17 11:48 ID:???
その頃のび太はホームページを開設し、まぐわった漢たちのアナルをうPしていた。
スネ夫のアナル映像には特別に住所、電話番号、顔写真までついていた。

359 :マロン名無しさん:04/03/17 11:52 ID:???
開設と同時に24時間素早い対応の警察が乗り込んでのび太はあえなく
逮捕された

360 :マロン名無しさん:04/03/17 11:57 ID:???
お昼のニュースです。
今日午前11:52分、自分のHPに
『まぐわった漢たちのアナル』をネット上で公開していた
野比のび太容疑者が逮捕されました。

361 :マロン名無しさん:04/03/17 12:00 ID:???
という理由で、お昼のお茶の間にアナル映像が垂れ流された。のび太のねらいは当たった。

362 :マロン名無しさん:04/03/17 12:11 ID:???
ドラえもんは身元引受人として警察に向かった。

363 :マロン名無しさん:04/03/17 12:51 ID:???
吉野家のテレビに自分のアナルが画面一杯に広がりスネ夫はうんこ丼を噴出した。

364 :マロン名無しさん:04/03/17 13:05 ID:???
噴出した分のうんこ丼を弁償させるべくスネ夫もまた警察に走った。

365 :マロン名無しさん:04/03/17 13:08 ID:???
ジャイアンはもっと写りのいい写真をうPしてほしくて警察へ向かった。

366 :マロン名無しさん:04/03/17 13:10 ID:???
出来杉は自分のアナルとキテレツのアナルが逆になっているのを怒って警察に向かった。


367 :マロン名無しさん:04/03/17 13:11 ID:???
警察署には行列ができていた、行列のできる警察署としてグルメ雑誌
に掲載されたようだ。

368 :マロン名無しさん:04/03/17 13:43 ID:???
キテレツ「うんこうんこって…お前ら赤ん坊か!?」
キテレツの乗ったトラックが行列に突っ込んだ

369 :マロン名無しさん:04/03/17 14:15 ID:???
しかしジャイアンに跳ね返された。

370 :マロン名無しさん:04/03/17 14:19 ID:???
キテレツは出来杉のアナルといっしょくたにされたのが気に入らなかったらしい。

371 :マロン名無しさん:04/03/17 14:43 ID:???
24時間迅速対応の警察によってキテレツは即逮捕された。
その頃取調室ではのび太に対する激しい取調べが行われていた。

372 :マロン名無しさん:04/03/17 14:55 ID:???
チンコとアナルを使った取り調べである。

373 :マロン名無しさん:04/03/17 14:56 ID:???
刑事「さぁ、言え!貴様チ○コを何処に隠した!」
のび「だからマ○コの中だっていってるだろ〜」
刑事「嘘をつくな、この素人童貞が!貴様ごとき真性が静のマ○コにチ○コを隠せるわけがないだろ!」
静「ファイナルアンサー?」
刑事「ファイナルアンサー!」
静「・・・」
刑事「・・・ゴクリ」
静「・・・残念TT」
刑事「何!」
静「おしい、正解はお尻の中でした。たしかにマ○コじゃないんだけどねぇ〜」
のび「いや、挿れようとしたよ、マ○コに。でも、間違えちゃったんだよ〜」
刑事「ちっ、これだから素人童貞は(ry」

374 :マロン名無しさん:04/03/17 15:30 ID:???
スネ夫「つまんねーよ、てめぇら。
    これからは下ネタ、厨な設定、ホモ、その他目障りな展開になったら、即修正するからそのつもりで」

375 :マロン名無しさん:04/03/17 15:44 ID:???
     __________
     |              <
     |   _______ <
     |  | /     \ |  ̄
     |  |  /  ̄ヽ/ ̄ヽ|
     | v   |  / | \ ||
     (d   \_人_ノ |_      ___________
      |       つ__/    /
      \        \     < マ      ○      コ
        \_____>      \___________
         / ∨L∨\

376 :マロン名無しさん:04/03/17 15:59 ID:???
自由で無軌道な展開がウリの殺人鬼スレが一人の自治厨>>374にのっとられてしまった。
>>374の気に入らない展開は即修正されてしまうという。
>>375の運命やいかに!

377 :マロン名無しさん:04/03/17 16:33 ID:???
スネ夫に犯され殺される。ここはそういうところだ。

378 :マロン名無しさん:04/03/17 17:27 ID:???
あ〜ああ。変なこと言うヤツがいるから誰も書きこまなくなっちゃった〜。

379 :マロン名無しさん:04/03/17 18:01 ID:???
もうここはどうしょうもないと考えたスネ夫は自らレスを書いて話を盛り上げることにした。
スネ夫「俺って天才だな」

380 :マロン名無しさん:04/03/17 18:46 ID:???
とっても暇なスネ夫はおでん屋台を引いてみた。
「お客さん来るかな〜?」

381 :マロン名無しさん:04/03/17 19:23 ID:???
しかし春のため厨な客しかやってこない。
業を煮やしたスネ夫はおでん屋に風俗店を併設した。
おでんで一杯→風俗でお遊び
という客の心理をつく作戦だ。
当然18歳以下出入り禁止になっているため厨廃絶を目指している。

382 :マロン名無しさん:04/03/17 21:03 ID:???
厨を廃絶した結果、今までいたのは全て厨だと発覚してしまった。
スネ夫はあまりのヒマさ加減から店をたたみ、普通に学校へ行くことにした。
「たまには顔出しとかないと退学になるし、肉奴隷のメスどもも寂しかろう。」

383 :マロン名無しさん:04/03/17 21:06 ID:???
肉奴隷といってもノ−パンしゃぶしゃぶのほうだ。

384 :マロン名無しさん:04/03/17 21:10 ID:???
すると先生がやってきた「ほっ骨川君じゃないか!こんなところで何を!?」

385 :マロン名無しさん:04/03/17 21:24 ID:???
「ああ久しぶりだね先生。先生も混ざるかい?」
鏡張りの床の教室でうまそうに松坂牛のしゃぶしゃぶをほおばるスネ夫。
当然その周りにはノーパンの女子生徒が群がっている。

386 :マロン名無しさん:04/03/17 21:37 ID:???
そのそばにはすでに、ハラミだけになっているジャイコが横たわっていた。
先生はあふれるヨダレをとめることができなかった。

387 :マロン名無しさん:04/03/17 22:03 ID:???
もちろんしゃぶしゃぶのためだ。
中性脂肪の塊のジャイ子などすでにアウトオブ眼中だった。

388 :マロン名無しさん:04/03/17 22:12 ID:???
さっそくしゃぶしゃぶしようとする先生、するとスネ夫が言った。
「待ちな先生ここは会員制だからまず会員になってもらわないと」

389 :マロン名無しさん:04/03/17 22:27 ID:???
「どうすれば会員になれるんだね?」
「簡単な事さ」
スネ夫はいきなり先生を殴り倒し、ムリヤリ服を剥ぎはじめた。
そして、合体した。

390 :マロン名無しさん:04/03/17 22:30 ID:???
レエエエエッツ!!コオオンバイイイイン!!!

391 :マロン名無しさん:04/03/17 22:43 ID:???
〜合体後〜
スネ夫「ふぅ最高だったぜ、これなら名誉会員にしてやろう」
先生「おっ・・・終わったか・・・ぜぇぜぇ・・」

392 :マロン名無しさん:04/03/17 23:35 ID:???
スネ夫「ネタが古いな。年代が分かる俺も俺だが」

393 :マロン名無しさん:04/03/18 00:37 ID:???
先生「さあて肉を食うぞー!!」
スネ夫「残念ながらあんたは肉を食えない。」
先生「え、どうして?」
スネ夫「あんたが肉にされるからさ。」
スネ夫は先生のノドに出刃包丁を突き立てた。

394 :マロン名無しさん:04/03/18 00:49 ID:???
スネ夫は先生の肉をしゃぶしゃぶにして食った。
しかし先生の肉は猛毒だった。スネ夫は死んだ。
そして、いつものように地獄に落ちるかと思いきや…。

395 :マロン名無しさん:04/03/18 01:28 ID:???
閻魔大王「お前はもう地獄に出入り禁止だ。」
スネ夫は悪霊として現世をさまようことにした。

396 :マロン名無しさん:04/03/18 03:24 ID:???
しかしコソーリ地獄に舞い戻った

397 :マロン名無しさん:04/03/18 06:07 ID:???
様に見えたがそこは天国だった。
スネ夫「お、今度はここを俺の支配下にするか」

398 :マロン名無しさん:04/03/18 10:14 ID:???
天国は天国でも、ホモ天国だった。
スネ夫「ホモマンセー!」

399 :マロン名無しさん:04/03/18 10:17 ID:???
「なにもそこまでホモにこだわらんでも…。」
天使軍団が現れスネ夫を捕らえた。そしてスネ夫はコンクリ詰めに
され東京湾に捨てられた。

400 :マロン名無しさん:04/03/18 10:28 ID:???
その頃のび太は・・・。
>373で刑事がコケたため、釈放されていた。そして例のホームページ、
「菊畑 −漢達の秘蜜ー」もまた、カウンターはうなぎのぼり。キリ番ゲッター
にケツを貸す毎日が続いていた。

401 :マロン名無しさん:04/03/18 10:38 ID:???
キリ番ゲッター「なにもそこまでホモにこだわらんでも…。」
398=400「うるせえ!俺はマジホモなんだ!だからホモにこだわる!」

402 :マロン名無しさん:04/03/18 10:39 ID:???
その頃スネ夫はコンクリ詰めになったが、運良く
海底火山が爆発しコンクリも粉々に砕かれ助かった。
あとはイルカにのって岸を目指した。

403 :マロン名無しさん:04/03/18 11:23 ID:???
スネ夫は無事陸地についたが、日本でなく北朝鮮に
上陸してしまった。

404 :マロン名無しさん:04/03/18 11:41 ID:???
ホモ厨もなんだけど、北朝鮮厨ってのもどうよ?

405 :マロン名無しさん:04/03/18 12:44 ID:???
あと前スレあたりに多かったコロ助厨とかホモ厨よりはまだマシ。

などとぶつぶつ呟いている老人にスネ夫は出会った。

406 :マロン名無しさん:04/03/18 13:22 ID:???
「たまにはジジイもイイぜ!」
とか言いつつ犯した。
ジジイ「ああ、ああ、お迎えがー。」

407 :マロン名無しさん:04/03/18 13:29 ID:???
誰か登場するたびに犯すor瞬殺のループ地獄

408 :マロン名無しさん:04/03/18 13:37 ID:???
実はスネ夫も密かにこのループ地獄から抜け出したいと思っていた。
そしてスネ夫はある行動に出た。

409 :マロン名無しさん:04/03/18 13:41 ID:???
自分以外のすべての男のチンコ切断、アナル封鎖である。

410 :マロン名無しさん:04/03/18 13:45 ID:???
だが、野党からは反発の声が。

411 :マロン名無しさん:04/03/18 14:06 ID:???
菅直人「下ネタが横行するこのスレは若い純真な子供達にとって精神的に有害でしかない!」
鈴木宗雄「このスレはヤヴァイ!」

412 :マロン名無しさん:04/03/18 14:24 ID:???
スネ夫「アンタ達が一番ヤバイ日本を作ろうと
しているんじゃネーの!!」
スネ夫は賢くなっていた。

413 :マロン名無しさん:04/03/18 14:54 ID:???
そこへ良い子の味方が現れて政治家をたちを瞬殺!
良い子の味方「はっはっはっダメだよこんなスレに政治ネタ持ち出しちゃ」

414 :マロン名無しさん:04/03/18 14:58 ID:???
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    ,, - ―-  .、       ホモ用しおり   ┃
┃  ,. '" _,,. -…;   ヽ                ┃
┃  (i'"((´  __ 〈    }                   ┃
┃  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }   ふう・・・          ┃
┃  ヾ|!   ┴’  }|トi  },  ここまで読んだぜ  ┃
┃    |! ,,_      {'  }                 ┃
┃   「´r__ァ   ./ 彡ハ.  おまえらのレスで ┃
┃    ヽ ‐'  /   "'ヽ    腹ン中が    ┃
┃     ヽ__,.. ' /     ヽ    パンパンだぜ ┃
┃     /⌒`  ̄ `    ヽ\.            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛



415 :マロン名無しさん:04/03/18 15:16 ID:???
本当のホモの方はご遠慮下さい。

416 :マロン名無しさん:04/03/18 16:42 ID:???
レスが完全ストップしてしまった・・・。つまりここにいた連中は全員

 真 性 ホ モ 

だったことが判明しますた。

417 :マロン名無しさん:04/03/18 16:52 ID:???
その頃、諏訪ミツオは自分のコピーロボットとはっちゃけていた。
ミツオ「コピー、コピー!ブービーなんかよりずっといいよ!」
しかしその姿はパーやんによって撮影され、安売り店で880円で販売されていた。
スネ夫はホモの頂点たる自分の聖域を汚されたと感じ・・・・・

418 :マロン名無しさん:04/03/18 17:15 ID:???
まぁ、そんなこんなでスネ夫は誰もしらない世界へ旅立つことにした
スネ夫「おぃ、ドラえもん!タケコプターよこせや」
ドラえもん「はぃ、スネ夫様」
スネ夫はタケコプターを装着し、ブラックホールへ一直線にむかっていった
そしてそこには未知なる冒険が待っていた!

419 :マロン名無しさん:04/03/18 17:50 ID:???
ふ〜んここがブラックホールの中か・・
なんか目がグルグル回る〜〜
助けて〜〜〜誰か〜〜

420 :マロン名無しさん:04/03/18 19:02 ID:???
「オッス、おらゴクウ!おめぇ、こんなとこで何やってんだ?」
なんと、スネ夫を助けたのはゴクウだった

421 :マロン名無しさん:04/03/18 19:11 ID:???
なんて事があればいいな、と思いつつスネ夫はブラックホールの奥底へと堕ちていった。

422 :マロン名無しさん:04/03/18 20:50 ID:???
ぶっちゃけブラックホールなど二度目なわけだが。

423 :マロン名無しさん:04/03/18 21:23 ID:???
しかし2度目のブラックホールは1度目とは雰囲気が違っていた。

424 :マロン名無しさん:04/03/18 22:31 ID:???
また〜りしていたのだ。

425 :マロン名無しさん:04/03/18 22:39 ID:???
スネ夫「あ〜いいなーここ。しばらくここに居ようかな…」
スネ夫がぷらぷら浮いていると…

426 :マロン名無しさん:04/03/19 00:50 ID:???
「とりあえず今の展開はグダグダなんで仕切り直しましょう」
と神の声が聞こえてきた。

427 :マロン名無しさん:04/03/19 01:13 ID:???
「嫌だね!俺は俺の道を行く!」
神の声を無視してスネ夫はさらにマターリとした。
「いい度胸だ。」
神の怒りでスネ夫はゴキブリに変えられてしまった。

428 :マロン名無しさん:04/03/19 01:23 ID:???
ゴキブリとなったスネ夫は早速しずかの家に侵入、もちろんその目的は・・・

429 :マロン名無しさん:04/03/19 01:37 ID:???
しずかの経血付ナプキンだ。

430 :マロン名無しさん:04/03/19 07:05 ID:???
とつぶやいた>>429は犯罪者だった・・。
スネ夫は警察に>>429を通報した。

431 :マロン名無しさん:04/03/19 09:21 ID:???
しかし、通報したすぐ後、経血付ナプキンで包まれてトイレに流された。
ゴキ化したスネ夫は世を人を神を呪いながら流されていった。

     殺人鬼スネ夫 バーニングファイヤー編  完

432 :マロン名無しさん:04/03/19 11:21 ID:???
そしてスネ夫は美少女スネヲに生まれ変わった。

433 :マロン名無しさん:04/03/19 11:25 ID:???
ジャイアンとのび太も美少女に生まれ変わった。

434 :マロン名無しさん:04/03/19 13:20 ID:???
美少女になりハッテン出来なくなったためスネ夫達は嘆き悲しんだ。
そんなスネ夫達の前に…

435 :マロン名無しさん:04/03/19 14:02 ID:We75SMH0
美少女になった出来杉がやってきた。

436 :マロン名無しさん:04/03/19 14:06 ID:???
スネ夫「みんな美少女になっちゃったのか…。じゃあ、しずかちゃんは
どうなんたんだろう?」
そんな事を話しているとスネ夫達の前にしずかが現れた。
その姿は…。

437 :マロン名無しさん:04/03/19 14:09 ID:???
スネ夫は考えた、美少女とは何か?美とは何を意味するのか?
そして自分は美少女の定義にあてはまるのか?
そして何よりの悲しみはちんこもみもみのあの優越感が味わえないことだった・・。

しずかはムキムキの・・・

438 :マロン名無しさん:04/03/19 15:55 ID:???
三瓶です

439 :マロン名無しさん:04/03/19 17:02 ID:???
でも三瓶は芸能界から消えていったように
やはり2CHからも消えていった。

440 :マロン名無しさん:04/03/19 17:23 ID:???
故に静源も消えた…

441 :マロン名無しさん:04/03/19 18:42 ID:???
男キャラは美少女になるわ、しずかは三瓶になるわ
もはや収拾がつかなくなった。
スネ夫「鬱だ・・・シノウ・・・」

442 :マロン名無しさん:04/03/19 19:28 ID:???
そうつぶやくとスネ夫はロープを持って裏山へ向かった。
頂上の一番見晴らしのいい場所を見つけると、木にロープをくくりつけた。
そしてロープに首をかけようとした瞬間

443 :マロン名無しさん:04/03/19 19:30 ID:???
地雷を踏んでしまった。

444 :マロン名無しさん:04/03/19 20:09 ID:???
美少女スネ夫は爆風で全裸になった。

445 :マロン名無しさん:04/03/19 20:51 ID:???
ついでに嵐になり台風5号が接近してきた

446 :マロン名無しさん:04/03/19 21:15 ID:???
出来杉「いやん、お花見の席が飛んじゃう」
そう、出来杉は美人OLとなり初仕事で花見の場所取りをしていたのだ。


447 :マロン名無しさん:04/03/19 22:21 ID:???
同じく美人女医なっているキテレツが現れて言った。
「初仕事でお花見の場所取りってどうなのかしら・・・?」

448 :マロン名無しさん:04/03/19 22:26 ID:???
「美人ってのはとかくいじめられるものなのよ」
と美人?看板娘のジャイアン。

449 :マロン名無しさん:04/03/20 00:36 ID:???
スネ夫「さあて、男キャラがいなくなってホモネタができなくなったから
百合ネタといきましょう!」

450 :マロン名無しさん:04/03/20 00:38 ID:???
天の声
「幾ら美人がついたってジャイアンとスネ夫とキテレツの
百合ネタじゃホモと変わらない気が・・・」

451 :マロン名無しさん:04/03/20 00:57 ID:???
そしてスネ夫たちは桜の木の下でレズプレイを楽しんだ。
それから時がたち宇宙の寿命が尽き、新たな宇宙がはじまり
殺人鬼スネ夫パラレルワールドに突入した。

452 :マロン名無しさん:04/03/20 01:09 ID:???
もともとパラレルなのにこれ以上何をパラレルんだろう・・・?
などと考えながら輪廻転生したスネ夫が生まれ変わったものは・・・

453 :マロン名無しさん:04/03/20 01:16 ID:???
仮面ライダースネ夫だった。

454 :マロン名無しさん:04/03/20 05:55 ID:???
僕はスネ夫。小学5年生。夢はでっかく地球サイズ。

455 :マロン名無しさん:04/03/20 06:54 ID:???
僕は将来イケメンのお兄さん達と手に手を取り合って
地球を救うんだ!
まずは、仮面ライダーシリーズに出演して共演の
イケメン俳優ゲットしなくては。

「やらないか?」

456 :マロン名無しさん:04/03/20 07:32 ID:???
出来杉「なんだか最近話がすぐころころ変わってしまうな。それとホモネタ多すぎ」

457 :マロン名無しさん:04/03/20 08:54 ID:???
スネ夫「うるせえ!最近はこれでもホモネタ減ったんだよ!」
スネ夫は出来杉のズボンとパンツを下ろし、出来杉のキンタマに
デコピンをくらわせた。
「さ、サムワン!」
出来杉はあまりの痛みに耐え切れず死んだ。

458 :マロン名無しさん:04/03/20 09:33 ID:???
しかし、その耐え難い屈辱と怒りがあタモリの法則によりお蔵入りとなったチ○コピンマンを召喚した!

459 :マロン名無しさん:04/03/20 10:25 ID:???
しかしチ○コピンマンもスネ夫のキンタマデコピンを食らい
屈辱にまみれた死を迎えた。

460 :マロン名無しさん:04/03/20 10:29 ID:???
しかし魔法使いでもな一般市民にそんな召還など出来るはずはなかった。


461 :マロン名無しさん:04/03/20 10:37 ID:???
「キンタマデコピンってどれぐらい痛いんだろう?」
スネ夫は興味本位で自分のキンタマにデコピンしてみた。

462 :マロン名無しさん:04/03/20 10:40 ID:???
パン、とスネ夫の睾丸は破裂した。

463 :マロン名無しさん:04/03/20 11:00 ID:???
スネ夫はあまりの激痛に転げ回った。
「ふぅ・・・ふぅすごい激痛だ・・・しかしクセになりそうだ、この感覚は・・・」
と下を見るともう一つ睾丸が残っている、スネ夫は手がデコピン体制に
入りそして・・・・

464 :マロン名無しさん:04/03/20 12:07 ID:???
途中で止めた。
スネ夫「…ああっ、やっぱダメだ!気持いいけどやっぱ痛い!」
スネ夫はヘタレていた。

465 :マロン名無しさん:04/03/20 12:11 ID:???
そして、スネ夫は旅に出た。さらわれたママを助け出すために。
武器は果物ナイフ一本。

466 :マロン名無しさん:04/03/20 12:20 ID:???
そのナイフとランプをカバンに詰め込んだ。

467 :マロン名無しさん:04/03/20 12:33 ID:???
「でも、よく考えたらあんなババア助けなくてもいいか。」
スネ夫はママ救出をあきらめパチンコ屋に向かった。

468 :マロン名無しさん:04/03/20 12:45 ID:???
今日はなかなか玉が出ない、やはり玉を一つ失ったのが原因だろうか・・・?
などと考えながらパチンコをしていると隣にのび太が座った。
「その台では玉はでませんよ・・・」そうつぶやくのび太の目は間違いなく
パチプロの目をしていた・・・。

469 :マロン名無しさん:04/03/20 12:52 ID:???
「じゃあお前のタマをもらうよ。」
スネ夫はのび太の頚動脈をナイフで切り裂いた。
そしてスネ夫はのび太のパチンコ玉を換金し店を後にした。

470 :マロン名無しさん:04/03/20 13:05 ID:???
口笛を吹きながら歩くスネ夫の前に現れたのは剣心だった。
「スネ夫、早くのび太殿の睾丸をよこすでござるよ」
「やなこった」
剣心の逆刃刀が、スネ夫の顔面に炸裂した。
「ぐぎゃああああああ!!」

471 :マロン名無しさん:04/03/20 13:18 ID:???
持ってもいないものをよこせと言われて渡せるわけがない。
あまりに理不尽な攻撃にキレたスネ夫は、剣心の頚動脈を切り裂きナイフをケツの穴に突き刺して家路に着いた。

472 :マロン名無しさん:04/03/20 13:32 ID:???
家に帰るとゾンビ化したのび太、剣心、そしてスネ夫のママが待っていた。

473 :マロン名無しさん:04/03/20 13:35 ID:???
そんなものは無視してスネ夫はPCに向かった、2chで自分の立てた
スレにレスが付いたかが気になっていた。スネ夫の立てたスレのスレタイは・・・

474 :マロン名無しさん:04/03/20 13:37 ID:???
さくらたんのウンチ食べたいよー!
だった。

475 :マロン名無しさん:04/03/20 13:49 ID:???
2chではよく見る糞スレ。
しかし建てた板が問題だった。

476 :マロン名無しさん:04/03/20 13:58 ID:???
スネ夫はよりによって「生活全般」板にスレを立てていた。

477 :マロン名無しさん:04/03/20 14:20 ID:???
その頃、骨皮家の外では怪しげな二人が会話をしていた。
首領パッチとうずまきナルトである。
パッチ「骨皮スネ夫……ぜひ我が組織に欲しい人材だ」
ナルト「ちょいと脅して、金を渡せばついてきますよ」

478 :マロン名無しさん:04/03/20 14:33 ID:???
そんなことがあったら大変だなぁ・・・とか考えながら自作自演カキコ
に励むスネ夫。

479 :マロン名無しさん:04/03/20 14:43 ID:???
不安は的中してしまった。
いきなり二人に襲われるスネ夫。薬で眠らされ、拉致されてしまった。
パッチ「よし、アジトへ運ぶぞ」
ナルト「へい」

悪の陰謀に巻き込まれたスネ夫、いったいどうなってしまうのか!?

480 :マロン名無しさん:04/03/20 15:02 ID:???
まぁまぁ、あのスネ夫のことだ。
すぐに本拠地でボスを瞬殺して帰ってくるさ。
とスネパパは一人残された家で息子の帰りを待っていた。

481 :マロン名無しさん:04/03/20 15:06 ID:???
本当に瞬殺して帰ってきた。
「パパ〜、お腹減った〜メシ〜」
「うんうんじゃあピザでも取るか。」

482 :マロン名無しさん:04/03/20 15:23 ID:???
さっそくピザ屋に電話をかけた。
ピザ屋「はい宅配ピザの○○です。」
スネパパ「すみません、ピザを注文したいのですが」
ピザ屋「ただ今キャンペーン中につき新商品の激辛青汁コーラ味ピザ
を注文しますと同じピザが5000枚ついてまいりますがいかが致しますか?」
スネパパ「ほぉそれはお得だな、じゃあキャンペーンのピザを頼もう」

483 :マロン名無しさん:04/03/20 17:51 ID:???
しばらくしてピザが届いた。
4tトラックで5001枚の焼きたて激辛青汁コーラ味ピザが届けられ、家に運ばれる様は引越しのようだ。
「いい匂いがしてきたねパパ!」
「さてさっそく食べるとしようか」
普段と変わらない食事風景だ。二人はピザの箱を開けた。

484 :マロン名無しさん:04/03/20 17:54 ID:???
ピザの箱は爆弾だった。
スネパパは顔を吹っ飛ばされて死亡。
スネ夫もチンコ切断という重傷を負った。

485 :マロン名無しさん:04/03/20 18:00 ID:???
スネ夫は病院に運ばれたが、そこで力尽き死んだ。
数日後しめやかにスネ夫の葬式が行われた。
のび太は密かに香典ドロボウをたくらんでいた。


486 :マロン名無しさん:04/03/20 18:01 ID:???
そんなことがあったら大変だなぁ・・・とか考えながら箱を開けるとそこには

487 :マロン名無しさん:04/03/20 18:02 ID:???
爆弾が入っていた。
スネパパは顔を吹っ飛ばされて死亡。
スネ夫もチンコ切断という重傷を負った。


488 :マロン名無しさん:04/03/20 18:27 ID:???
スネ夫は病院に運ばれたが、そこで力尽き死んだ。
数日後しめやかにスネ夫の葬式が行われた。
のび太は密かに香典ドロボウをたくらんでいた。


という無限ループに再び入ろうとしたその時、 驚 愕 の 事 態 が !!!!

489 :マロン名無しさん:04/03/20 18:31 ID:???
そ驚 愕 の 事 態 ががあったら大変だなぁ・・・とか考えながら箱を開けるとそこには

490 :マロン名無しさん:04/03/20 18:32 ID:???
爆弾が入っていた。
スネパパは顔を吹っ飛ばされて死亡。
スネ夫もチンコ切断という重傷を負った。


491 :マロン名無しさん:04/03/20 18:34 ID:???
スネ夫は病院に運ばれたが、そこで力尽き死んだ。
数日後しめやかにスネ夫の葬式が行われた。
のび太は密かに香典ドロボウをたくらんでいた。


という無限ループに再び入ろうとしたその時、 驚 愕 の 事 態 が !!!!


492 :マロン名無しさん:04/03/20 18:35 ID:???
そんな驚 愕 の 事 態があったら大変だなぁ・・・とか考えながら箱を開けるとそこには


493 :マロン名無しさん:04/03/20 18:37 ID:???
遺書が一緒に入ってた

494 :マロン名無しさん:04/03/20 18:39 ID:???
それと普通のピザが入っていた。店員が全て入れ間違えていたのだ。
二人は遺書を無視して普通のミックスピザを美味しく頂いて、寝る準備を始めた。
それぞれの部屋に戻って布団の中にもぐりこんだ。

495 :マロン名無しさん:04/03/20 18:40 ID:???
そこで遺書をよんだ
封筒にはいってた
遺書には
「なんちゃって?」
ってかいてあった
むなしくなった

496 :マロン名無しさん:04/03/20 19:05 ID:???
スネ夫「なんだぁ?この人を小ばかにしたような態度は?殺す!」

497 :マロン名無しさん:04/03/20 19:11 ID:???
「でもめんどくせーから明日にしよう。」
スネ夫は寝た。そして、その夜大地震が起きた。

498 :マロン名無しさん:04/03/20 19:12 ID:???
スネ夫はピザ屋の店員を締め上げて遺書を書いた奴を聞き出した。

499 :マロン名無しさん:04/03/20 19:29 ID:???
店員「そ、それを入れたのは野・・・・・(ガクッ)」
締め上げすぎて全てを語る前に店員は死んでしまった。
火サスのような展開にスネ夫はあきれ返った。

500 :マロン名無しさん:04/03/20 19:58 ID:???
そしてスネ夫はそっと呟いた・・。
「500ゲット・・・したな」

501 :マロン名無しさん:04/03/20 20:03 ID:???
ちなみに町は前日の大地震で崩壊していた。
が、そんなことはスネ夫にとってどうでもよいことだった。
スネ夫の心の中は500ゲットの喜びで一杯だった。

502 :マロン名無しさん:04/03/20 20:39 ID:???
地震で街が崩壊したのをチャンスとみて、ホモ厨が再び動き始めた。

503 :マロン名無しさん:04/03/20 20:52 ID:???
空き地に集結したところをストライダムによって核攻撃され、この世からホモ厨が消え去った。
完全に。
夢ではない。
いや、マジで消え去った。
生き残りすらいない。

504 :マロン名無しさん:04/03/20 20:56 ID:???
やらないか

505 :マロン名無しさん:04/03/20 20:59 ID:???
ちぃ!まだ生き延びてやがったのか!そう叫ぶとスネ夫はマシンガン乱射を
はじめた、こうなったら止まらない久々の大量殺戮のはじまりだった・・・。

506 :マロン名無しさん:04/03/20 21:13 ID:???
まぁ、そうこうしてるうちの核汚染がはじまってこの世の全てがその影響で異形に変形してしまったことをこのときまだスネ夫はしらない。

507 :マロン名無しさん:04/03/20 21:25 ID:???
必死の抵抗も空しくスネ夫はホモにつかまり強制ハッテンされた。
そしてスネ夫はホモに目覚めその生涯をホモの人権と快楽のために捧げた。

殺人鬼スネ夫の物語は終わったのだ。

<完>

508 :マロン名無しさん:04/03/20 21:33 ID:???
という妄想をしていたホモ厨もスネ夫によって殺害された。
スネ夫「ふう、ホモ厨ってヤツは殺っても殺っても湧いてきやがる。まるでゴキブリだぜ。
    こうなったら片っ端から殺ってやる!」
こうしてホモ厨ハンタースネ夫が誕生した。

509 :マロン名無しさん:04/03/20 21:36 ID:???
しかし、ホモ厨は核汚染で一人残らず死んだのでハンターはハントできずに転職した。
スネ夫「これからは石油の時代だ!俺はなる、石油王に!」
こうして見事石油ハンターに早代わりした。

510 :マロン名無しさん:04/03/20 21:53 ID:???
スネ夫はまず自分の家の庭を掘ってみることにした。
「灯台もと暗しと言うこともあるからな、もしかしたら・・・」と言って
掘りあてたものは!

511 :マロン名無しさん:04/03/20 22:29 ID:???
ジャイアンの尻の穴だった。

512 :マロン名無しさん:04/03/20 22:34 ID:???
「おおおおお!!スネ夫!いい!たまらんぞ!」
ジャイアンとスネ夫はハッテン行為を開始した。

513 :マロン名無しさん:04/03/20 22:44 ID:???
「ぼくたちも混ぜて!!」
のび太と出来杉も乱入してきた。
「俺さまも仲間に入るぜ。てめえらをフィストファックでイかせてやる。」
ドラえもんもホモに目覚めていた。
「わたしも男だったら…。」
腐女子のしずかは物陰でハッテン行為を見ながらオナニーをしていた。

514 :マロン名無しさん:04/03/20 22:50 ID:1t17k7mQ
「みなさん、我々中年の魅力も知ってください。」
先生、のび太の父、小池さんも祭りに参加した。
彼らは既に全裸でムスコも臨戦体勢になっていた。

515 :マロン名無しさん:04/03/20 23:07 ID:???
そんなことがあったら大変だなぁ・・・とか考えながら穴を掘るとそこには

516 :マロン名無しさん:04/03/20 23:10 ID:???
またブラックホールが出てきたり出てこなかったり

517 :マロン名無しさん:04/03/20 23:26 ID:???
「おい、きさまら我々ホモ厨を無視するんじゃない!」
515,516はホモ軍団にレイプされてしまった。

518 :マロン名無しさん:04/03/20 23:50 ID:???
ホモ厨な傍若無人な振舞いに対抗するためホモ厨討伐隊が結成された。
↓メンバーはご覧のとおり

519 :マロン名無しさん:04/03/20 23:52 ID:???
「あいかわらずホモが横行してるんだなァ」
とか思いながらいい加減ホモネタにも飽きてきたスネ夫は、
突然アイスクリームが食べたくなった。

520 :マロン名無しさん:04/03/20 23:58 ID:???
スネ夫「チョコ味のソフトクリーム=うんこってネタはやめてくれよ。」

521 :マロン名無しさん:04/03/21 00:03 ID:???
アイス屋の主人は全裸でスネ夫を待っていた。
「さぁ……僕のアナルに飛び込んでおいで」

522 :マロン名無しさん:04/03/21 00:14 ID:???
ここまでホモが横行していては仕方ないと思ったスネ夫は
自らのちんこを噛みちぎった、そしてアナルは引き裂いた。
スネ夫「ふふふ・・・これならホモれねぇ・・・はははははははは・・・」
スネ夫は笑いながら死んでいったホモ厨に対する深い呪いを残して・・・。

523 :マロン名無しさん:04/03/21 00:16 ID:???
あの世に行く途中いかりや長介に出会った。

524 :マロン名無しさん:04/03/21 00:20 ID:???
いかりや長介は全裸でスネ夫を待っていた。
「さあ……僕のアナルに飛び込んでおいで」

525 :マロン名無しさん:04/03/21 00:56 ID:???
スネ夫は523と524をぶん殴るといかりや長介に静かに上着をはおらせ、現世に戻っていった。

526 :マロン名無しさん:04/03/21 00:58 ID:???
現世に戻ると、そこは集中治療室だった。
医者「奇跡です! 完全に心拍数が止まっていたのに蘇生するなんて!!」
そう言いながら、病み上がりのスネ夫の唇を奪った。

527 :マロン名無しさん:04/03/21 01:16 ID:???
スネ夫「何故俺は523を殴ったのだろう・・・お前知ってるか?」

スネ夫は医者を解体しながら聞いた。

528 :マロン名無しさん:04/03/21 01:23 ID:???
だが即座に解体を止め、元に戻し再生させた。
526は医者が男だと思っていたようだが肝心なところを書き忘れていた。
医者は女医だったのだ。しかもジャイ子でも静でもない美人女医だ。
スネ夫の愚息は見事に再生し、雄雄しくいきり立つ。

※お前らホモネタと女が出てきたらジャイ子にするか瞬殺するか犯して放るしかないのか。
 少しくらい厨臭くてもいいからもう少し考えて書け。それとも既におつむの足りない春厨ばかりかここは?
 あと故人を愚弄するようなレスは控えろ。マジで人間性を疑うぞ。

529 :マロン名無しさん:04/03/21 01:27 ID:???
しかし528は自分の過ちに気付かなかった。それは・・・

530 :マロン名無しさん:04/03/21 01:28 ID:???
一番の春厨である>>528は、美人女医と共にスネ夫によって瞬殺された。
そして、スネ夫は歌舞伎町へ向かう・・・。

531 :マロン名無しさん:04/03/21 01:40 ID:???
スネ夫「いや〜ひっさしぶりの歌舞伎町だなァ、なんかおもろい店ねえかなァ」
と、そこで見つけたものは、看板に「裏本屋」と書かれた裏でもなんでもない裏本屋だった。
スネ夫「人間こういうふうに堂々としてなきゃダメじゃん」

532 :マロン名無しさん:04/03/21 02:29 ID:???
スネ夫「もうチョーさんの出るドリフの大爆笑は見られないのか…。
親父一杯やろうぜ。」
スネ夫と裏本屋の親父はいかりや長助の思い出を語りつつ酒を飲んだ。

533 :マロン名無しさん:04/03/21 02:41 ID:???
スネ夫「しかし…裏本屋ってネーミング…。相変わらず厨設定が横行
してやがる…。正直ホモネタの方がマシだな…。」

534 :マロン名無しさん:04/03/21 03:00 ID:???
とスネ夫は思ったがやはりホモもどうかと思うわけで、自分を使って
本屋の親父を犯させようとする誰かのホモ進行を見透かしつつ、酒の続きを飲み始めた。
「ドリフでドラえもんのネタやってほしかったな・・・」

535 :マロン名無しさん:04/03/21 09:28 ID:???
裏本屋「いやドリフにドラえもんなんてダサいネタはやってほしくないね。」
スネ夫「なんだとコノヤロー!!表出ろバカヤロー!」
二人は表へ出た。

536 :マロン名無しさん:04/03/21 10:36 ID:???
そして表へ出た二人に待ちうけていたものは
おおきな落とし穴であった。
勿論、2人は落ちていった。

537 :マロン名無しさん:04/03/21 10:59 ID:???
5時間が経過。まだ落ちている。

538 :マロン名無しさん:04/03/21 11:11 ID:???
10時間が経過。まだ落ちている。

539 :マロン名無しさん:04/03/21 11:33 ID:???
24時間落ち続けた、落ちるのも良いがさすがに腹が減ってきた。スネ夫「何か食いものはないか?オヤジ」

540 :マロン名無しさん:04/03/21 12:34 ID:???
親父「よし、じゃあこれいくぞ。しっかり取れよ!」
そう言うと親父はスネ夫の顔面めがけてパイを力一杯投げた。

541 :マロン名無しさん:04/03/21 13:03 ID:???
親父のパイは甘くてクリーミーきっとぼくは特別な存在なんだなと思いました。

542 :マロン名無しさん:04/03/21 13:39 ID:???
スネ夫「…なんて思うわけねーだろバカヤロー!!」
怒り狂ったスネ夫は出刃包丁を親父に投げつけた。
しかし親父は白羽取りで包丁を受け止めた。
スネ夫「で…できる!この親父只者ではない!!」

543 :マロン名無しさん:04/03/21 13:41 ID:???
親父「おまえの攻撃など既に見切っておるわ!」


544 :マロン名無しさん:04/03/21 13:49 ID:???
スネ夫「ならば・・・・これならどうだ!」

545 :マロン名無しさん:04/03/21 13:54 ID:???
親父「チンポ、うんこなどの類を出したら瞬殺するぞ。」
スネ夫「…ごめんなさい。出そうと思ってました。」

546 :マロン名無しさん:04/03/21 14:03 ID:???
はたして下ネタを封印されてしまったスネ夫に勝機はあるんだろうか?

547 :マロン名無しさん:04/03/21 14:13 ID:???
スネ夫「僕を舐めてもらっちゃ困るなぁ・・・」
スネ夫はそう言うと・・・・・

548 :マロン名無しさん:04/03/21 14:15 ID:???
いかりや長介、ジャイアント馬場、藤子・F・不二雄、渥美清を召喚した!

スネ夫「さぁお前たち、やっておしまい!!」

549 :マロン名無しさん:04/03/21 15:05 ID:???
と、次の瞬間スネ夫は落とし穴の底に叩き付けられ潰れたトマトと化した。
ちなみに親父はスネ夫に召喚された人たちに助けてもらい無事だった。

550 :マロン名無しさん:04/03/21 15:09 ID:???
スネ夫はボロボロになりながらも生きていた。
しかし両手両足は使い物にならず切断することになった。
そしてスネ夫はスポーツライターになることにした。

551 :マロン名無しさん:04/03/21 15:59 ID:???
素晴らしいスポーツ選手としての才能に恵まれていながら
両手両足を切断した、スネ夫スポーツライターとして日々
仕事に生きてきた、そんなある日、運転手に命じて職場に
へと向かう途中一人の少年が素振りの練習をしているのを見かけた。
スネ夫「車と止めろ!・・・」
スネ夫「間違いない・・・あの少年はきっとプロ野球界に名を残す
あのナガシマを越える名選手となるだろう。」

552 :マロン名無しさん:04/03/21 16:24 ID:???
スネ夫「…若い芽は今の内に摘み取っておくに限る!」

553 :マロン名無しさん:04/03/21 17:02 ID:???
スネ夫「運転手・・・あのガキを轢け!」
運転手「はい・・・」
そして運転手はアクセルに足をかけた。

554 :マロン名無しさん:04/03/21 17:19 ID:???
運転手「えーと、左がアクセルで右はブレーキ、と」

555 :マロン名無しさん:04/03/21 17:30 ID:???
ここで致命的な疑問がスネ夫の頭に浮かんだ。
「なぜこいつは今まで運転手をやってこれたのだろう」と。

556 :マロン名無しさん:04/03/21 17:43 ID:???
運転手「すっすみませんちょっとど忘れしまして・・・今説明書読みますから」
スネ夫「もぉ良い!貴様には任せておけん!」
そう叫ぶとスネ夫は義手に付いている銃でガキを狙った。

557 :マロン名無しさん:04/03/21 18:04 ID:???
「わかった!右がブレーキ!」と言いつつ運転手はアクセルを踏み込んだ。
スネ夫はその瞬間銃を発射した。銃弾はガキのそばにある柱に当たり、
跳弾がスネ夫の額を直撃した。

558 :マロン名無しさん:04/03/21 18:22 ID:???
運転手「ウソ、じゃあこっちがブレーキ!?」
そう言って運転手はブレーキをおもいっきり踏み込んだ。
その衝撃でスネ夫はフロントガラスを突き破り、なす術なく車外に飛び出した。

559 :マロン名無しさん:04/03/21 18:42 ID:???
スネ夫は車外に飛び出し少年目がけて飛んでいった。
そして少年は素振り中。スネ夫は顔面をバットで強打され上空へと消えた。
「見事な打撃だ…。王選手を超えるね。」運転手はつぶやいた。
そしてスネ夫は火葬場に落下し火だるまになった。

560 :マロン名無しさん:04/03/21 19:38 ID:???
火葬場で激しく焼かれかと思われたスネ夫しかしこの時スネ夫は
スネ夫タイフーンを使い炎を消し飛ばし一命を取り留める事に成功した。

561 :マロン名無しさん:04/03/21 20:00 ID:???
次に↓は「また厨設定かよ…。何だよ『スネ夫タイフーン』って…」と言う。

562 :マロン名無しさん:04/03/21 20:00 ID:???
そしてスネ夫は肉体の大半をサイボーグ化することで生き延びた。
サイボーグ化してないのは脳とチンポだけである。


563 :マロン名無しさん:04/03/21 20:01 ID:???
「また厨設定かよ…。何だよ『王選手』って…」

564 :マロン名無しさん:04/03/21 20:01 ID:???
正直、また厨設定かよ…って書こうと思ってたw

565 :マロン名無しさん:04/03/21 20:08 ID:???
スネ夫はまさにスタートレックにでてくる
「ボーグ」そのものであった。

566 :マロン名無しさん:04/03/21 21:47 ID:???
ジャイアン「スネ夫、お見舞いにきてやったぞ。」
スネ夫「げ、来るなよブタ野郎。」
ジャイアン「手土産に俺の歌を聞け!」
ボエエエエエエ〜!!
ジャイアンボイスによってスネ夫のサイボーグ化したボディが暴走した。

567 :マロン名無しさん:04/03/21 22:29 ID:???
暴走したスネ夫は自分が房総半島の先端に居ることに気が付いた。

568 :マロン名無しさん:04/03/21 22:57 ID:???
スネ夫は暴走した勢いで海に飛び込んだ。
水に浸かったせいでスネ夫のボディはショートし爆発した。

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)