2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【☆☆】日露戦争物語11チェストー【中尉】

1 :歩兵:04/02/20 01:34 ID:6k7P/g60
未だ終わらない日清戦争、平壌包囲作戦は始まった
そしてこのスレの内に黄海海戦まで進むだろうか?
註)掲載場所が一番最後にされていても打ち切りと関係ありません。
前スレ 
【☆】日露戦争物語10ゾナモシ【少尉】
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1071307262/
過去ログは>>2-5あたり

2 :歩兵:04/02/20 01:36 ID:6k7P/g60
江川達也 日露戦争物語〜天気明朗なれども浪高し
http://salad.2ch.net/comic/kako/986/986772923.html
日露戦争物語を語るスレ
http://salad.2ch.net/comic/kako/997/997767886.html
☆天気晴朗ナレドモ波高シ・・・・日露戦争物語★
http://comic.2ch.net/comic/kako/1003/10038/1003838275.html
☆天気晴朗ナレドモ波高シ・・日露戦争物語 弐★
http://comic.2ch.net/comic/kako/1011/10114/1011475832.html
【江川】日露戦争物語【達也】
http://comic.2ch.net/comic/kako/1019/10195/1019533444.html
【秋山】江川達也「日露戦争物語」PART6【真之】
http://comic.2ch.net/comic/kako/1030/10304/1030465617.html
【背景青空】日露戦争物語【人間直立不動】
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1043838210/
【人は苦心の】日露戦争物語8【日清戦争】
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1056893312/
【】日露戦争物語9【】
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1064242988/

3 : 賀覆 ◆GAO/OdWh0A :04/02/20 01:55 ID:ZS7bkfyh

    _____________________________
 ★|註)掲載場所が一番最後にされていても打ち切りと関係ありません。 |★
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



4 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 02:12 ID:ET8LMLul
>>1さん だんだん

5 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 02:21 ID:3Xk0YxQn
松山に旅行に行きたい。

6 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 03:23 ID:U7/7gcsA
>1
モツカレー

7 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 03:34 ID:0q8ie6Ov
>>1
おつ
    ____
   (ノ___)
     |__☆_|_      
    ヽミ# ゚Д゚ミノ チェストーー!!
     | 个 |     チェストーー!!
    〆| ̄ ̄ヽ  
     ∪⌒∪

8 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 10:15 ID:2Ea07gq6
>1
乙です
スレタイの☆が増えたおかげで探しやすくなりますた

9 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 10:20 ID:VsZCcc7l
>1
乙カレー

>7
カワ(・∀・)イイ!

10 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 13:17 ID:2XT5baCl
最新号やっと読めた。
田舎では入手しづらいな…

それはともかく、
日本軍は清軍の罠にはまって死傷者続出、大苦戦だな。
清軍のほうが装備がいいとは知らなかった。
学校の教科書程度の知識しかなかったからなあ。
小なりといえども近代国家の日本だから、当時最先端の近代兵器を備えており、
これに対して、封建老大国の清国は兵の数は日本の10倍くらいもあるが
青龍刀や旧式の銃砲で武装しているのかと思った。

無知でした・・・。

11 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 14:09 ID:WtCtSB25
>>1
おつ、だれかチェストーAAつくれ。

12 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 15:08 ID:PgC2WdBv
上原勇作なんかよりも
秋山好古とか柴五郎のほうが
どうしても好きだ。

13 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 16:18 ID:oLi8pUAb
清国は、指揮権がバラバラで一部が戦ってるうちに前線の兵置いて
逃げ出してるよ。


14 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 19:04 ID:ZKqXIBFI
どうりで、欧米諸国の数百程度の兵にしょっちゅうボロ負けしてるわけだw


15 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/20 22:54 ID:luw8XyiB
>>10
国の体力(経済力)にモノを言わせて新型兵器を買い揃えてるからな
ただ、それを扱う兵士がアレなので・・・

16 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/21 01:06 ID:MivVm1wO
韓国がアメリカでジュードーの起源は韓国のユドと主張  2
http://news4.2ch.net/test/read.cgi/news/1077268051/l50

◆ユド(柔道)は、韓国から日本へ伝わった? ◆
http://sports6.2ch.net/test/read.cgi/budou/1077189864/l50

【電波】柔道の起源は韓国です!!
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1077247713/l50

17 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/21 05:44 ID:60RAuUnn
規律や指揮系統がしっかりしてこそ軍隊だからな

良い武器持ってる盗賊団ってとこだろ軍には勝てんよ。

18 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/21 17:38 ID:IXDosogD
人が来ないね(´・ω・`)

19 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/21 19:39 ID:tRtiVwVM
清国軍、軍艦の砲塔にロープ回して洗濯物干していたって話を聞いたことがあるな・・・

20 :猛牛フェルナンドス:04/02/21 21:20 ID:Qac1PGFw
>>19
それ見て東郷が『清国軍はダメポ』と言ったのは有名すぎる話。

21 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/21 23:30 ID:aPo2Z9aI
我らがイタリア海軍もやってた気がしたが…>洗濯物
あとでちょっと調べてみるよ。

22 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 00:09 ID:LmFNselL
そりゃまあイタ公海軍じゃ、ありそうな話だ。

23 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 02:11 ID:ukz7dCBm
伊太利亜人は戦争には弱いが喧嘩には強い。(らしい)

24 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 10:09 ID:T6ujfGVj
>>23
規律や指揮系統が駄目なんだろな。

25 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 10:11 ID:0DiNGzfu
戦争ってのはどんだけまとまってて
真面目に命令遂行するかっていうのが大事なんかな。
ケンカの強さだったら日本人がロシアに勝てるわけないし

26 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 10:21 ID:K82YdwKa
>>13
清国軍って、
なんだかいくつかの私兵軍団が集まっただけのいわば烏合の衆みたいですね。
しかし、現時点での“戦況”は
平壌に立てこもる清国軍が日本軍に相当なダメージを与えて圧倒的優勢のようにみえる。
今後、どういう形で清国軍が崩れるのかな。
>>23
第二次大戦の頃は、ドイツの足を引っ張るだけの存在だったからね。
小国ギリシャに攻め込んだら逆襲されてイタリア領アルバニアにギリシア軍に
攻め込まれるという体たらく。
見かねたヒトラーが電撃戦であっという間にギリシャを含むバルカン半島を制圧
してしまったのとは大違い。

でも、ローマ共和制・帝政時代最盛期の「ローマ人」は強かったな。

27 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 15:56 ID:lV+EzgrU
>>26
ベルリンオリンピックの聖火リレーの時に
攻略ルートを下調べしてたらしいですから。

28 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 16:34 ID:gCo+g7Oe
山本五十六は三国同盟締結を記念して寄港したイタリア海軍の士官に葉巻と陛下から贈られた上等な葉巻ケースを盗まれて「泥棒と同盟を結ばねばならぬとは情けない」とたいそう嘆いたそうな

29 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 17:16 ID:C3makr06
イタリアは昔優秀だったが偉い人が皆処刑されて駄目になったと聞いた事がある。

30 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 17:24 ID:cv5TLI2Q
まるで今の日本だな

31 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 19:44 ID:asiABPFO
>>29
現代でも越後屋を名乗る店はいくつかあるが、某店主曰く、
「悪い越後屋はみんな成敗されたので、今いる越後屋はいい人ばかりですよ」

スレどころか板違いか。

32 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 21:14 ID:s1NArPf2
>>31
いい越後屋は死んd(ry

33 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 22:11 ID:T6ujfGVj
    ____
   (ノ___)
     |__☆_|_      
    ヽミ# ゚Д゚ミノ チェストーー!!
     | 个 |   気合が足らんぞ!!
    〆| ̄ ̄ヽ  
     ∪⌒∪

34 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/22 23:06 ID:LmFNselL
有名な小話を一つ。

「総統!イタリアが参戦しました!」
「よし!3個師団を以てイタリアを殲滅せよ!」
「総統、イタリアは我がドイツの味方として参戦したのです」
ヒトラー、がっかりとした様子で
「……そうか、では、6個師団を以てイタリアを援護しろ」

35 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 00:31 ID:zaeLjiAL
ドイツ人が日本人旅行者に
「今度はイタリア抜きでやろう。」

と言ったとか言わないとか。

36 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 02:04 ID:txT5ks7S
>>35
それは本当に言われた。
日本漫画はサイコーにCoolだそうだ。
ジョジョを知っていたので「ドイツの科学力は世界一ィィィ」は日本人にとって真実だ。と言ってやった。

37 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 08:36 ID:O+3nVh0V
日本漫画って、欧州では人気あるのかな?

38 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 09:50 ID:3KcmjeDh
>37
何と比較してかはしらんがわりとある

39 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 13:57 ID:HIYJGu7p
アニメは人気ありそうだね。
エヴァンゲリオンなんかも、
むこうのオタクあたりに人気がでそうだね。

40 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 14:29 ID:KxDtuGUy
http://maa.main.jp/ruri/gulfwar_02_05_16.html

↑アニメはドイツで大人気みたいだね

41 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 14:29 ID:3dcgCVb2
なんか駄目だそうですよ。安易に天使とかの名前使っちゃってるから。

42 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 16:11 ID:9l/mm7vc
>>41
キリスト教原理主義者でもない限り大丈夫なんじゃないの?
その辺は。

43 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 20:23 ID:aZeAZoPt
キン肉マンはまず駄目だ


44 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 21:06 ID:AadTScbo
【日韓】米紙「日韓の若者たちが双方の虜になっている」
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1077528848/
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2004/02/23/20040223000054.html


45 :猛牛フェルナンドス:04/02/23 21:34 ID:xUY2/i4W
>>41
ドイツは、欧州では比較的宗教に寛容な方と聞いたが?

46 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 22:18 ID:Fw6bVsn8
【事件】元北朝鮮兵士脱走(レイプ犯)→すぐに確保
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/soci_news.html?now=20040223112325
拘置所を脱走した元北朝鮮兵士の身柄を確保しました。
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1077504802/l50



47 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/23 23:51 ID:KnqEhoVM
っていうか日露戦争の話しようぜ。

48 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 00:42 ID:4Nus18nm
>>47
その前に日清戦争が現在進行中なんですが・・・
平壌でも1巻まるまる使うつもりなのか?江川は

49 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 01:12 ID:b0rhnaBm
平壌のメインは、まだ出てきてない立見支隊・佐藤支隊だから、1巻じゃすまないんでは・・・

50 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 01:16 ID:jrge3df4
大苦戦中の日本軍、これで逆転できたのが不思議な気がする。
今回一番DQNなのは誰?
1.激戦真っ只中への砲兵移動を言い出した長岡
2.それを認可、ごり押しする大島
3.隠し陣地に砲撃しなかった柴田

この時点で北・西はどうなってるのだろう。



51 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 10:24 ID:S+ImFKrE
囮がボコスカやられるんなら、ええんじゃろうきに?


52 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 13:06 ID:umsRRuhR
ドイツは倒錯的なものにも寛容らしいけど……
自分はゲーテとシラーが出た国柄を信じる。

53 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 13:19 ID:phcvHozw
松坂は
「同じアジアでも韓国と違って、台湾とはお互いに頑張っていい試合にしたいという気持ちがある。
もちろん、勝つのは僕ですけどね」

詳細は引用元で
http://www.sankei.co.jp/reon/yakyu/1998/2004html/0222_005.htm

54 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 13:31 ID:za1Ew0wA
>>53

板違い。


55 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 15:13 ID:eRyxCwEY
>>51
どこの訛だ?

56 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 15:28 ID:WFRGIqan
>>48
黄海海戦は、すくなくとも1巻ぐらいは使うだろうね。
豊島沖会戦は、1巻近く使ったからね。(第十巻)

57 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 15:48 ID:SGLLr7Y4
>>56
じゃあメインの日本海海戦は2巻ぐらい使うのかな。

58 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 16:21 ID:4ZASf/IN
>>57
いやいや、五巻ぐらい・・・。
つーか100周年に拘らなくていいから、
ドンドンマニアックに細かく描いてってくれ。

59 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 17:47 ID:9iTQYcj2
>>58
ハゲドウ

60 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 19:50 ID:SGLLr7Y4
児島襄の「日露戦争」読了。

まあこの戦争は苦戦に継ぐ苦戦だったのが良くわかったが(敵失で拾ったようなもんだ)、
マンガ的には描くのが大変だろうなあと思った(w

61 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 21:32 ID:xiyHl/WQ
【政治】"日本を評価" 訪日のアナン国連事務総長、初の国会演説
http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1077623671/l50
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040224-00000004-yom-int
※画像URL:http://jp.a1.yimg.com/7/50/6316/1077600608/img.news.yahoo.co.jp/images/20040224/yom/20040224-00000004-yom-int-thum-001.jpg
※動画URL:http://news.tbs.co.jp/asx/news912971_7.asx


62 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 22:56 ID:a8oedMby
前スレで見た
乃木は無能無能言ってる人達の根拠って、
まんま司馬遼太郎の受け売り?

この前の読売新聞に坂の上の雲の乃木無能説を
否定する記事が出てたよ。

63 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 23:01 ID:a8oedMby
それと、前スレで日清戦争終わったら
すぐZ旗シーンになるって言ってた人、(ネタレスだと思うけど)

その前にのぼさんが病臥生活ながらも
俳句を作り続けカリエスの痛みに苦しみながら死んで行くシーンで
長くなるからもっと後だと思うよ…
日露開戦の前年に死んじゃうから

64 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 23:16 ID:I/oLjR4O
三国干渉と、義和団の乱もありますよ・・・・


65 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/24 23:32 ID:KM2Dt/jf
>>62
無能とも思わんが有能とも思わん。

66 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 00:16 ID:ihjpiRrS
つか、司馬遼太郎は「殉死」でもそうだけれど
乃木には辛辣というか、腹に一物ありそうな書
き方するけれど、なにかあったのか?

67 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 00:53 ID:LbQFktDL
>>66
政治家や軍人は人格者であるより有能であるべき、ということか

68 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 01:38 ID:HmzSmCDJ
軍団長って能力をどう評価していいのかわからんよな。
大抵、戦歴が華やかな大将が選ばれるんだろうけど。

69 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 02:10 ID:LkGrrhCs
戦歴が華やか、ていうのはそれだけ戦争な時代だった、てことだからなぁ。

70 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 08:27 ID:j4cbgLJK
>66
司馬は軍隊で生まれて初めて殴られたから恨みがあるんだよ


71 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 08:37 ID:oaZ8UZRp
>>62
機関銃で待ちかまえた敵陣に馬鹿の一つ覚えの正面からの銃剣突撃ってのは作戦とは言えんな。
これでなまじ成功しちまったもんだから大東亜戦争でも銃剣突撃が繰り返され犠牲を増やす事になった

72 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 12:59 ID:vWqbCsRf
乃木の戦歴って他の大将連中と比べたら
やっぱ少し見劣りすんのかな?

73 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 13:48 ID:kwkpShIE
>>71
その話何の本で見たの?
乃木さんのことは大して知らないんで…教えて下さい。

それで、”そんな作戦”が成功したってことはその時の
状況においては何か理に適ってた可能性があったとは考えられない?
大東亜戦争でそれが繰り返されたってのは乃木のせいじゃなく
それを一側面でしか捉えられず妄信して教育・指示した人達が悪いわけだし



74 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 14:06 ID:kLBuHBYa
失敗を教えなかったって話が戦後に出たそうだよ。
でもノモンハンとかで小松原将軍がどう考えても無理だが
日本の兵隊は強いからなんとかなるかもって思ってたって
逸話があるから犠牲が大きければ大きいほど失敗を隠そうとして
美談にしたりするってのもあるのかも。

75 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 14:46 ID:s7BSNwQK
つか補給が大丈夫なときは普通に戦って勝ってた訳で
劣勢を精神力とかで補おうとしたのが失敗じゃない?

76 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 15:29 ID:oaZ8UZRp
>>73
映画化もされてるから二百三高地でググッてみそ。
嘘かまことか真偽の程はわからんが、次から次ぎへと突撃しては倒される日本兵を見たロシア兵が「これは戦争じゃない!虐殺だ!」と絶叫したという逸話も残されている。

77 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 15:42 ID:kwkpShIE
>>76
それそれ、読売新聞には
203高地とかで犠牲が増えたのは
乃木が無能だったからじゃなくて
そうせざるおえない状況(物資が全然ないとかなんとか。
でもこれは前からいわれてるし…うろ覚え。取ってあるので見てきます)
だったからだと擁護していた。


78 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 16:12 ID:dMOc9oPc
機関銃の前に考えなしに突撃した馬鹿げた作戦のように考えてるヤツいるが
砲撃で前もって敵陣地に打撃をあたえておいたりいろんなルートを使ったりした(詳しくは知らん)
それに全滅するまで突撃なんてこともなく、味方が崩れてきたら退却させてた
さらにイギリスは旅順で日本が大損害出したの知ってたのに
第一次大戦で要塞戦があった時に乃木と同じ作戦して1日に数万の損害を出した
つまり乃木の作戦は世界が普通にとってた作戦
無能というのは筋違い


79 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 16:13 ID:oa6R6fhc
>>70
ぶったね……親父にもぶたれたことないのに!

80 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 16:25 ID:oaZ8UZRp
>>77
せっかく2ちゃんやってるんだし、軍事板でも覗いてきなよ。この漫画のスレもあるしジパングスレもある。
ヲタなだけあって新聞記者なんかよりは余程詳しいですよ。
記者なんてキャタピラが付いてりゃ何でも戦車という程度の見識でしか無いからな。
まぁ門外漢だろうし仕方ないのかもしれないけど

81 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 16:40 ID:WoP/ehwr
>>78
なるほど。

>>80
んーようするに、あなた自身は
そんなに知識もなくて、軍事板の受け売りだったってことですか?

それと読売にあった乃木擁護の意見は新聞記者の話でなく
防衛大学教授とか戦史研究科のなんとかさんの話。

どこで得た情報か分からない、しかも匿名掲示板の
ヲタのレスよりは少なくとも俺は信頼出来るかなって思う。

82 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 16:57 ID:oaZ8UZRp
>>81
ネットやってるのに読売新聞、読売新聞うるさいからそういっただけだ。
新聞記事なんてものは記者の主観によって大きく左右される、乃木マンセーな記者なら肯定的な意見だけピックアップしてる事も考えられる
そもそも2ちゃんにはソース主義という物があるし、右よりな奴、左よりな奴、単に兵器に萌えてる奴、史実として戦略的に捉えてる奴、色々な立場から意見を述べているわけで結論なんて出るわけもなく新聞記事なんかよりは余程客観的だと思うが?

83 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 17:07 ID:Ii79zSBS
ロシア兵にとっても機関銃は新兵器で、日本軍の機関銃の前に無謀な突撃かまして大損害を出してたって話は聞いたことあるなあ。

84 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 17:15 ID:cfUZcCiq
>>82
ネトも新聞もそういうところは同じだと思うが。

それに、ソース主義って言ったって
ネットで拾えるようなソースで
当時の実際の戦場でどういう状況だったとか、
明確に分かるわけないでしょ?それこそまさに
その一部分のソースとやらを見て一側面だけを捉え
主観によって論じてるかも知れないし。少なくともあなたの
ソースも定かでない>>71>>76のレスよりずっと客観的で
信憑性があるように思える。

しかもマンセー記事なんて言ってないし。
あくまで司馬遼太郎の乃木無能論への反論として防衛大教授の
話とかを載せてるまで。そこで最近こういう動きが活発で、
ある主の固定観念にとらわれる前に、歴史を客観的に見ようで締めてる。
つまり有能だったかとは無能だったかとかそういうふうに結論着けてない。


85 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 17:26 ID:cfUZcCiq
とりあえずID:oaZ8UZRpさんは
実際に先週土曜の読売新聞を見ることをお薦めする。
話はそれからだ。

何も言ってないのに新聞記者の話だとか
マンセー記事だとか決めつけて筋違いな反論されても困る
話が噛み合わない

86 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 21:13 ID:x88GnSZe
日露戦争物語の話をしようや。
もうわかったからお二人さん。

87 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 21:25 ID:fz4tVw70
江川さん、漫画の題材はいいと思うんだが
人物が汚くありませんか?常にツバとばしてるような

88 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 21:39 ID:o7viiD/j
一番汚いのは江川の性根で(ry

89 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 21:47 ID:1Qwo8SjK
■2004/02/25 (水) 国連至上主義は、どこへ行った?


http://www4.diary.ne.jp/user/401628/


90 :平壌攻防戦:04/02/25 22:01 ID:nenkd8F0
清国軍の小銃は、連発式で、
日本軍の小銃は、単発式…
しかも、清国軍はガトリング砲まで所持。
装備では圧倒的に不利だな。
しかも、遮蔽物に隠れて攻撃している清国軍に対して、
日本軍は遮蔽物がないので損害が清国側に比べて大きい。

ただ、日本軍がやってくるほうの河岸の岸辺に清国軍は陣地をつくっているが、
そこにいる兵士は“捨て駒”?
陣地取られたら、逃げる場所がない。

91 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/25 22:44 ID:EWFjDaru
>>90
それはカナヅチの発想だな。

92 :平壌攻防戦:04/02/26 11:25 ID:AJzgGqfY
なるほど(^o^)
たしかにカナヅチだw

93 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 13:48 ID:wcimIskr
乃木無能・無能じゃない論争は∞ループだなw

>90
背水の陣です


94 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 15:06 ID:hoCFGVm1
>>93
さすが中国人。
孫子の兵法を実践したわけだ。
対岸の離れ小島みたいな陣地を守備しろって言われたら、
いくら泳いで逃げればいいって言っても、
俺だったら嫌だけどな。



95 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 15:44 ID:8AsygfQ4
孤立する危険も高いけど、それ以上に効果のある陣形なんだな。
敵味方の交換比率を高めるという点に限っての話だが。

96 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 15:54 ID:Mtw2RCWn
清軍って、なんで平野で会戦しようとしないんだろう。
なんで包囲されるがまま
都市に立てこもっているんだろう。

それに人口差からいえば、
清軍は10万人〜20万人くらいは動員できるんじゃないの?
会戦で一気に決着をつけることもできたはず。
装備もいいんだし。

無知でスマソ


97 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 15:56 ID:Mtw2RCWn
>>95
「敵味方の交換比率を高めるという点」って、
どういう意味ですか?
ご教示ください。

無知でスマソ

98 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 16:14 ID:rffG0vdR
城砦に寄ったほうが有利だから。
日本と違ってあちらは都市が城壁で囲まれてるのが普通

Aが1人殺す間にBは2人殺せるとかってことじゃない?
背水の陣は逃げ場を無くして死にたくなければ
前方の敵を殺せって自らを窮鼠とすることで士気をあげる陣

99 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 16:31 ID:f9A3pr7y
>>96
平壌に関して言うなら、主将の葉志超が腰抜けで、出撃を嫌がったから。

当時の清に、国軍なんてない軍閥の集まりだから、全体として大兵力があっても、
それをまとまって使うのは無理。
軍閥の頭領の中には、「お前行け」と李鴻章に命令されて、「いやじゃ」と断った奴もいた。

100 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 16:42 ID:wcimIskr
100チェストー!

101 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 17:32 ID:YaKrPN0K
>>96
>それに人口差からいえば、
>清軍は10万人〜20万人くらいは動員できるんじゃないの?

日本は近代国家そのものの徴兵制国軍
中国は領主制とは言わないまでもそれに近い軍閥
見かけ上動員出来そうだが、「俺の代わりにオメー行ってこいや」的な水増し当たり前で
実質として揃うかはなはだ疑問。
出来たところで動きやしませんて。

102 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/26 18:24 ID:/j5WumxC
>>97
味方が1人死ぬ間に、何人の敵兵を殺せるか、ということ。

ちなみに背後に障害のある陣形は、退路が断たれる危険が大きいが、同時に背後にまわりこめなくするという効果もある。

103 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 00:46 ID:KagozZFO
>>99
>>101
なるほど。やっぱり組織が大切なんですね。
「国家という組織」「軍隊という組織」
小なりといえども日本側は統率がとれていて効率的に人を動かすことができる
組織を擁していたのに対し、
清側は図体だけがでかくて動きが鈍いステゴザウルスみたいな組織だったのか…

>葉志超が腰抜けで

ロシアのクロパトキンと似ているかも

>>98
>>102
なるほど。
それは定石とでも呼称すべき
セオリー通りの戦い方なんですね。

104 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 01:01 ID:BRGkBEkO
うをぉぉぉぉおおおおおおお!!!!!!!
大日本帝国万歳!!!!!!!!!!

105 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 01:13 ID:SUNjsSwC
>>104
(´-`).。o0(その時歴史の再放送でも見たんだな…)

106 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 01:14 ID:BRGkBEkO
>>103
クロパトキンは戦略的撤退を粛々と進めていただけかもしれない
しかし、諸般の事情がクロパトキン戦略の完遂を許さなかった

107 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 01:14 ID:SUNjsSwC
俺のIDには太陽があるが、114のIDには牛がいるな(ちょっと無理があるが)

108 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 02:53 ID:N8GoOh2h
来週の大久保の日清戦争回避なんかおもしろそう
台湾問題かな?

109 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 09:15 ID:LC64e+QC
信さんも行ってるんだよね?彼は何をしてるんだい?

110 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 11:05 ID:LPUppIgV
>>103
広大な領地内で撤退を繰り返し、
敵軍を引きずり回して疲弊させるのはロシア軍の伝統的な戦術だから、
とにかく兵力の温存を図ったクロパトキンを単なる臆病者と批判するのは的外れかと。
被包囲恐怖症だったのは事実だろうけど。

実際、講和の時点で満州には80万のロシア軍が集結しており、
中身も開戦当時のシベリア軍ではなく、(精鋭の)欧州軍に入れ替わってた。
日本軍は60万、しかも今までの戦いで損耗して予備役から補充かけてるから、中身はボロボロ。
あのまま戦いが続いてたらとか思うとぞっとするやね。


111 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 15:52 ID:aT/VLWIT
>>109
騎兵第一大隊長だから、第二軍の登場まで待たないと。

112 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 19:57 ID:WynVD4fD
このころの騎兵って大隊ぐらいまでしかないのか

113 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 20:13 ID:SOwxlzrz
師団騎兵に軍旗が授与されるのは日清戦争後の明治29年
騎兵旅団ができるのは、明治35年頃

114 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/27 20:18 ID:iITUJmCG
好古兄さんマジで大変だな

115 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 08:55 ID:aHTOwrDQ
帝都高速度交通営団が無くなってしまう・・・・
なにが東京メトロだよ、テイトという響きが好きだったのに。

116 :abc:04/02/28 11:50 ID:zdcdjaBL
しかし、日清戦争どころか戊辰戦争ですらガトリング砲が使われていたのになぜ
日露戦争で、機関銃に慌てるのだ。

117 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 12:18 ID:zqsCTiUl
セイントセイヤの人形みたいなので
秋山好古のフィギアほしい

118 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 12:54 ID:Jvj68ihr
>>116
なんか威力を解ってなかったらしいよ。

>>117
髪は着脱可能がいいな。

俺は樺山or野津フィギュアだな

119 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 13:22 ID:l6fJClo6
信さんの贅沢嫌いは筋金入りで、中学校長時代、贅沢な私服を着て
歩いてる子供を見ると、その場で脱がして持ち去ったらしい。

120 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 15:23 ID:H8hePI7j
>>119
お偉いさんがみんな信さんのようだったら
いいのに

121 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 15:56 ID:nFMKcXtn
>>116
更に言うとガトリング砲は重すぎ、でかすぎで取り回しづらく、命中率もあまり良くなかった。
当時は弾薬の大量製造技術も無く、弾の無駄遣いと思われていた。

122 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 16:18 ID:ZfZO5In9
信さんって男前だったの?

123 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 17:39 ID:1XF4Zx7E
>>119
ホントは違う理由で脱がしてたりしてな(w

124 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 17:40 ID:LgLP+Gr4
>>122
超イケメン

125 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 18:23 ID:Mpwhqkl8
男前というか、かなり変わった骨相だね>好古さん
同郷の後輩で、可愛がってた白川義則もそうなんだけど、やや垂れ目で彫が深い。
若い頃は、2人とも随分騒がれたそうだ。

126 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/28 18:25 ID:IWcDk66M
>>119
単なる追剥ぎじゃないか。それ。

127 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 00:48 ID:tMF/i+K3
好古校長馬で出勤。かっこいいね。

東京の神田ではたまに騎兵?なんつうの?(馬に乗った警官)を見かける。
かっこいい。

>>119
そう言う事はさすがに弟だけにしといた方が…w

128 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 00:52 ID:4CPK7TsE
>>116
ガトリング家老があっさりあぼーんされちまったから、
「使えねぇ」と評価されてたのかもな。

129 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 01:34 ID:NsaDv88B
>128
奉天会戦時には機関銃の数はロシアを上まっていましたが、、、

130 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 01:41 ID:T4nmOmZx
好古アニキも使ってたしな。さすがに日露のころは進化してたんじゃないか?

131 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 03:26 ID:kmyyfH2y
>>130
そして大東亜戦争の頃には先祖がえり…

132 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 10:30 ID:4G+gVhKy
ガトリングガンは最初期の機関銃で、重くて使い勝手が悪く、ガス圧駆動の機関銃が
登場すると省みられなくなり歴史の中に埋もれていきました。
再び脚光を浴びるようになったのは遥か後、第2次大戦の後の事です。

133 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 11:07 ID:FzeTGQfK
>>127
それは救世軍ではないか?

134 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 13:40 ID:jFwCJ5mx
俺のお祖父さんは満州逝った時は騎兵で、
太平洋戦争の時はもう騎兵の時代じゃ
なくなっただとか何とかで工兵になったらしいんだが、

この話を元にすると日本の騎兵隊の寿命って短かったのかな?

135 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 13:56 ID:lin5JU//
昭和16年に騎兵監が廃止され機甲本部になった。
その前後から、騎兵連隊は捜索隊に改編。
ただ、騎兵第四旅団をはじめ、ごく一部の乗馬騎兵は終戦まで残った。

136 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 14:26 ID:jFwCJ5mx
>>135
サンクス。
なるほど。じゃあ俺のお婆ちゃんが
言ってたことは本当だったんだ…

せっかく好古さんが心血注いだのにって思うけど
時代の流れだからしょうがないよね。
コザック騎兵に勝っただけでも十分だ。

137 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 14:27 ID:jFwCJ5mx
コサックだったっけ?まあいいや

138 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 14:30 ID:jO09J65/
人のあんまりやりたがらない仕事について
文句一つ言わずにやりとげ、あんまり報われない
そんな好古兄さんが大好き

139 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 14:37 ID:FzeTGQfK
>>136
騎兵第四旅団は第二次大戦末期の老河口作戦で最後の光芒を放った。
秋山の苦労は実になったと思う。


140 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 14:45 ID:lin5JU//
元々大正年間には、騎兵廃止論が噴出し、それに抗議して
騎兵旅団長が自刃するというような事件もあったくらい騎兵の立場は低かった。

141 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 15:14 ID:SZ+PkOkC
日本史板の軍閥スレによると、騎兵科は評判良くなかったみたい。

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1047455220/538-540

142 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 16:24 ID:0uuIKxND
指揮する兵隊が多いほど階級が偉くなるからなぁ・・・。
騎兵は最初っから主力にはなんない科。


143 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 16:45 ID:MXu8FyAe
輜重兵なんて、その騎兵の分家だからね。
味噌っかす扱いされるのも当然だわな。

144 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 16:55 ID:wtsEthwp
騎兵自体日本向きじゃないんだから
扱いが悪いのもしょうがないかもな。
そして人材も。好古にしても立派な人だとは思うけど
こう、人の配置とか利益とかのバランスとって
組織を運営する能力とかはなさそうだ。

145 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 17:42 ID:HjUQF63f
何百年もの騎兵の伝統がある西洋と違って、日本の騎兵はせいぜい
50年の寿命だったから、活躍の場が少ないものやむを得まい

146 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 17:50 ID:5dRF/a8D
たしかに警視庁は騎馬隊を持ってるが、神田で見たことは…
朝、世田谷の馬事公苑の近くでよく見かけるね。

147 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 19:07 ID:0w9xAGaN
>>145
神武天皇
義経
信長
みな馬によって歴史を変えた英雄ぞな
おらの田舎では馬は30年位前まで
バリバリ現役だった。
近所の爺曰く
「馬だば 嫁さんよりめんこいべさ」

軍馬もずいぶん出征したそうだが
一頭も帰ってこなかったそうな…(つAT)

148 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 19:41 ID:Q1ANyupz
>>147
義経と信長はポット出の軍事的天才であって伝統にはならんよ。
しかも信長自身が二度と騎兵敵作戦を使わなかったし

149 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/02/29 21:34 ID:tMF/i+K3
>>133
そういえば白山通りに救世軍があったな。あれなのかぁ…
ちと残念。
でもかっこいいんだよなぁ。靖国通りをさぁパカパカやってんだよ。

でもやっぱそれは馬がでかいから迫力があるんだよ。
当時はもっとかわいい馬だったそうだからな。

150 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 14:25 ID:p7P6TvhY
おまえはこの漫画に出てくる「パン」の数を数えたことがあるか?

151 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 15:14 ID:TTNAiY1j
数えるほど出てきたか?

152 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 15:22 ID:HeB4X+xJ
銃声のほうだったりしてな。

153 :一在日朝鮮人の感想:04/03/01 16:00 ID:ZXSw4axi
7 名前:  メール:sage 投稿日:04/01/07 18:12 ID:LU2SY/cL
日本海海戦を礼賛するヤシは建国義勇軍。日露戦争なんか力の空白地帯に逐次投入されてくる
士気最悪の烏合の衆を人海戦術で潰しただけ。なーんにもえらくない、と民族学校で習いましたが何か?

9 名前:  メール:sage 投稿日:04/01/07 18:14 ID:LU2SY/cL
わかったか糞ジャップども
いつまでも古い思い出掘り出してサルみてえにオナってんじゃねえよ

10 名前:  メール:sage 投稿日:04/01/07 18:18 ID:LU2SY/cL
ジャップは生まれながらにして劣等民族
この糞漫画はそのことを隠蔽する目的で書かれた程度の低いプロパガンダ用の落書き
あろうことか朝鮮人に対する嘘を書き並べて事実を抹殺しようとするチンカス漫画
わかったかよだらしなく口あけて呆けた顔した糞ジャップども
わかったら全員ソウルの方向むいて毎朝宮城遥拝しろ

154 :一在日朝鮮人の感想:04/03/01 16:01 ID:ZXSw4axi
13 名前:  メール:sage 投稿日:04/01/07 18:23 ID:LU2SY/cL
アジア諸国が力をつけた今となっては日本は金輪際日本海海戦のようなエセ勝利すらあげられない。
所詮ジャップは弱いものいじめと奇襲しか能がない卑屈で野蛮で狡猾で意地汚い民族プゲラ

14 名前:  メール:sage 投稿日:04/01/07 18:31 ID:LU2SY/cL
中韓国民は何百年かかろうが絶対ジャップに仕返しするつもりだよ。
その頃にはたっぷり利子がついてるだろう。
もうおまえらは未来永劫互角の戦いはできない。次の戦争でジャップはただ虐殺されるだけの受身の存在になる。
おまえらがアジア人にしてきたようにな。泣くなよ。自業自得だろ?汚いジャップは機関銃の的、ジャップの住む薄汚い
列島はミサイルの的 オメえらのケツを中韓同盟軍の銃剣で追いまくって両手をあげてぞろぞろ歩くジャップは
全員太平洋にドボンだ

155 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 16:06 ID:CH+V5A8A
在日朝鮮人も大変だな

156 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 16:12 ID:ROwQQFQW
植民地のくせに生意気ですね。

157 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 16:17 ID:HeB4X+xJ
どこからのコピペだ?

158 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 16:52 ID:WCMbVCXu
今回は兵隊さんが大量に死んで陣地が微妙に動いただだけなのか……
海戦まで何ヶ月かかるんだろうか?

159 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 17:19 ID:NgXIqRzT
つーか「中韓」という言い回しに涙を誘われる。
やはり宗主国様には逆らえないのか・・・

160 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 17:28 ID:HML5SQ1G
>>159
中華から分離してたったの100年くらいだしな

あわれな民族だよほんと、民族的に劣ってるとは言いたくないし
言わないが彼らのたどった歴史はあまりにも情けなさすぎる・・・

161 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 18:32 ID:WCMbVCXu
>>160
本気で国民が全滅する勢いの戦争を経験してないからじゃないのかな、と思う。

ベトナムはフランスからの独立戦争とか、ベトナム戦争とか経験してるし、
台湾も国民党とかの介入からの開放とかもあったわけだけど、
朝鮮半島だけは独立国家としてそういう戦争をしてないからね……
朝鮮戦争があったけど、あれは国連軍vs中国・ロシア……

162 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 18:33 ID:05XJiB2B
大清国属高麗国の中の人も大変なんだろうな、多分。

・・・今週までの展開を見ていると、戦局が大きく動くのは
河を上ってきた日本艦隊が加わってからなのか? と思ってしまった。
史実はどんなかは知らないけれど。

163 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 19:07 ID:CWDWBidr
>>161
中国と地続きで本拠地とも近い朝鮮がそんなことしたら本当に全滅してしまうワナ。

164 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 19:27 ID:ax3PweCu
>>163
高句麗みたいに勇ましく撃退すりゃいいじゃん。
まあ他人事だから

165 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 20:06 ID:QunqYjtA
来週あたり、朔寧支隊、元山支隊の登場か?
大島旅団はもういいだろう。

166 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 20:08 ID:TtWkDXot
>>157
http://ex2.2ch.net/test/read.cgi/korea/1073453294/l50



167 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 20:20 ID:fFL9jUvA
>>162
明清交代の時に朝鮮は小中華主義に移行し、中国を敬わなくなったと習ったが(北方の蛮族である清が漢民族の国家である明をうち倒したため)。

168 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 21:39 ID:0IpMpqE+
>167
当初はそうだったんですが、中原を支配した清が朝鮮のそんな態度を許すはずも無く、
結局、恫喝に屈して再び奴隷状態に・・・
モンゴルの時だって結局中華と認めて服属してるんだから、最終的にこうなるのは解り
きっている。

169 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/01 23:07 ID:27d0CaAl
江川が引っ張りすぎるから漫画の話題が尽きてこういう粗悪な燃料でも食いつきがいいのかな?
まあ153-154みたいな意見はあまりに典型的だから釣りのような気がするけどな。
大体在日だって生活基盤は日本にあるわけで、日本が攻撃されたら困るのは
日本人と一緒なわけだし。
在日にリアルでこういうこと言いそうな香具師がいる、
というイメージが出来上がってしまってるのが痛いな。自業自得だけど。

170 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 00:33 ID:ft/j335x
こりゃ、今年中に日清戦争が集結すれば上出来だな

171 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 00:37 ID:yHpWmh3w
関係ない質問なんだが
この頃から日露あたりにかけて
大将、中将、少将、大佐あたりって
それぞれ軍に何人ぐらいいたんだろうか?

172 :木口小平:04/03/02 08:00 ID:tIAlE68Y
答えは、たくさん≠カゃ〜〜!!

173 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 08:15 ID:CBN787lg
んー、

第二軍上陸 1ヶ月
旅順攻略 1ヶ月
黄海海戦 3ヶ月
イカイエイ攻略 2ヶ月
下関条約とかごたごた 1ヶ月
三国干渉 1ヶ月
のぼさんの従軍 1ヶ月

ぐげぇー本当に今年いっぱいかかるわなw

174 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 09:09 ID:spNIkLIL
>>161
朝鮮戦争で韓国軍は踏ん張ったと思うぞ。
確かに国連軍に助けられたが、参謀総長はよくやったと思う。
ほとんど現地召集だった多くの若者も。
悪いのは李承晩とその後の政府ではないか?

175 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 10:08 ID:3spP24xT
>174
まぁ、5年ぐらい前までは臣民だったしな・・・

176 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 10:25 ID:J3ZL66T1
描写ほど・・・戦死者でてないんだけどね。
まぁ死んだとは描かれていないか。

負傷したら後送されるから搬送要員込みで戦力が減っていく。
二割死傷したら全滅扱い。一人を二人で運ぶとして計算すると


177 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 11:15 ID:ksWN5tCy
これ結局そこら辺の歴史好きしか読んでないから、当初の目的を果たしてないよね
意味なし

178 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 11:33 ID:3spP24xT
>176
うーん、旅順要塞の第一次総攻撃の第九師団とかどーなるんじゃろうか、、、((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル

>177
当初の目的ってなんでつか、、、

179 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 13:55 ID:8AxCrBZT
>>174
日本で育てられた官僚や軍人さんたちはガッツがあった
らしいがあとから入ってきた文民さん(連合国の息のかかった)
は台湾での中国国民党よろしく弾圧&酷使したらしいからね

>>177
俺も聞きたい>当初の目的ってなに?

180 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 17:16 ID:Fysg0HVB
多くの人に日露戦争しってもらうとか

181 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 17:33 ID:CiIRbwny
騎兵の数が少ないってのは
当時の日本人の身長も関係してるのかな?

婆ちゃんの話だと
俺のじいちゃんが満州の時騎兵だったのは身長が175ぐらいと
当時では高い方だったからだと言ってたような…好古さんもそれが理由の一つらしいし。
関係ないけど婆ちゃんのお父さんもシベリア逝った時騎兵だったらしいから
うちの家は馬と縁があったのかなあ

182 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 17:56 ID:vqxaKPKN
■2004/03/02 (火) 愚かな韓国のナショナリズム

http://www4.diary.ne.jp/user/401628/


183 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 20:19 ID:LHPTelOv
>>181
それもあるだろうね。足が短いとあれだし。
馬の数が少ないのが一番の理由だろうけど

184 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 20:54 ID:MUVJB3H9
>>183
なるほど。サンクス。

185 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 21:09 ID:ldVnXL5h
昭和8年、騎兵第一旅団、第四旅団を基幹とした騎兵集団というのが満州に創設されて、
17年まであったから、おじいちゃんが騎兵だったという人は、そこの兵隊さんだったのかもね。

186 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 21:35 ID:tDIDW6/7
>>185
おお、詳しい情報ありがとう。
お爺ちゃんはもう死んじゃったから
お婆ちゃんに聞いたんだけど、そういう詳細はいまいち分からなくて…
どうもです。

187 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 22:13 ID:WVBnIwTj
パンパンパンパン

アシスタントさんパンの書きすぎで逝っちゃってるんじゃないか。

188 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/02 23:36 ID:klf78n7Z
イラクのことニュースで見てると
日本の廃藩置県とか、制度面での
近代化はよくスンナリできたもんだと感心する

189 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 00:08 ID:bPkY9VsZ
>>181
どこのスレで見たか忘れたが、とにかく日本は馬が貧弱貧弱ゥ!! だったから。
西洋では馬は国家ぐるみで品種改良を重ねて馬体が大きく、スピードやスタミナのある馬が生み出されていったらしい。

190 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 00:45 ID:ApTokd9j
イラクに派遣された自衛隊の取材で映った車両に「毘」の文字がペイントされていた・・・・
さすがに気合い入ってるなぁ・・・(´∀`)

191 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 01:50 ID:roSXV/7b
日本の馬は大型犬を一回り大きくしたぐらいだったらしい

192 :風鈴火山3:04/03/03 03:47 ID:A5ZyHHIH
>190
無性に武田菱をペイントしたくなった。

193 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 07:55 ID:+NZTF7m8
>>188
日本は全てにおいて特殊な国だよな。

194 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 08:02 ID:7KGj6F0L
西洋から繁殖馬を何頭か購入した時、一頭で船一隻買えるような値段だったらしいからな〜


195 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 09:54 ID:MwEpcV02
日本馬と日本狼は見てみたい・・・

196 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 11:04 ID:myOfkrXR
日本の競馬は軍馬の改良が目的の国策だったらしいし
平成になってやっと欧米に追いついたかどうかってところか

197 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 11:48 ID:ZZSjhWgD
>日本馬
ムツゴロウさんとこに道産子がいる。
>日本狼・・・これは難しい
蝦夷狼なら露西亜にいるやつが似ているはず


198 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 13:04 ID:MYRWW3Kl
元来の日本馬がポニー並みの馬体しかないからって聞いた。
外国人にアレは馬じゃなくてロバだって哄笑されたとか。
品種改良が騎兵の課題だったけど、軍馬に使うような種は貧乏国日本ではとても買えない。
日英同盟で英王室から皇室に送られたばりばりに高価な馬を元に繁殖させて馬体を改良したと。
んで、その皇室御用達の牧場が下賜されたのが小岩井牧場かどっかだという話をどこかで見ました。


199 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 13:45 ID:ApTokd9j
とはいえ、日本馬はサラブレッド種なんかより随分頑丈。
速度は出ないけど軍用としては走破力・輸送能力のほうが重要では?

200 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 15:42 ID:D1Id6Ajr
今でも競馬のダービーなどクラシックレースに煽馬が出れないのは、
レースの目的が優秀な種馬を見つけるためだからね。

もっとも軍馬としては>>199氏のおっしゃる通り、
ガラスの脚のサラブレッドよりもアラブなど丈夫な馬が重宝がられる。

201 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 15:43 ID:j8DSD+wB
普通に考えて馬の方がデカいから鉄砲の的になるよな・・・。
近代戦というか鉄砲が出た時点でもう騎兵って用済みじゃん。

装甲ないし。

202 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 16:28 ID:nzK1iECi
>>201
伊達に鉄砲騎馬隊があったらしいが。

203 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 18:10 ID:4nbKm5Qz
昔の銃は単発で命中率も悪かったから。
高速で動く馬に当てるのは難しかったし、二発目を撃つ前に距離を縮めることも出来たから。
日清戦争で出たように偵察任務もあった。

204 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 18:20 ID:wP2yuwRM
この頃は車もないし、機動力に特化した部隊として
それなりに必要だったんじゃないの?
日本軍はあんまり活用できてないみたいだけど

205 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 18:28 ID:nzK1iECi
韓国で「反日法」成立 統治下の「親日行為」断罪
http://news.goo.ne.jp/news/sankei/kokusai/20040303/KOKU-0303-01-03-15.html
北の強硬姿勢、側面支援も
韓国で二日、日本統治時代の“親日行為”をあらためて断罪し歴史に残そうという
「日帝下の親日・反民族行為真相糾明に関する特別法」が国会を通過し成立した。
今後三年間、大統領任命による委員会が関連の資料収集や調査活動にあたり報告書
をまとめるが、一九四五年の日本統治終了からすでに六十年近くたち関係者のほと
んどが故人になっている今、その狙いに関心が集まっている。

 法律の趣旨は表向き「歴史の教訓として後世に伝えるため」というが、韓国は日
本支配から解放後、日本時代の人的遺産を活用しながら国家建設や経済発展を図っ
てきた経緯がある。このため、その中心になってきた保守層を「親日派」として否
定する意図が背景にあるとみられている。
【以下略】


206 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 18:34 ID:Nkf2ksvQ

維新政党・新風を応援するスレッド
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1078234291/


207 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 18:36 ID:bPkY9VsZ
>>201
近代以降、騎兵の主な任務は偵察と連絡。つまり敵に見つからないことが前提の任務。

208 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 19:54 ID:gkhqrpDn
昔の日本の馬は全力で走って分速150メートル、それも10分でバテバテ。
後に陸軍が決めた騎兵の基準では駆け足で分速310メートル
最高では420メートルを要求されていたそうだ。
これじゃあ信さんが苦労するわけだ。


209 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 20:56 ID:7nLNk4QH
>>201
第2次大戦の時点でも、軍隊を完全に自動車化できていたのはアメリカぐらい。
その他の国は馬匹に頼るところ大だったのよ(特に輜重面)。

そういやアフガンでは米軍の特殊部隊員が馬に乗ってましたな。
あれは萌えた。

210 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 23:33 ID:qt4+aQtE
ソ連もだよ。
輜重面の機械化を甘く見てコテンパンにやられたのがノモンハン。

211 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 23:53 ID:gkhqrpDn
ノモンハンはそうかもしれんが完全に自動車化できているなら
東部戦線の戦車跨乗兵なんていないだろ。
あれは装甲兵員輸送車が圧倒的に足りなかったからじゃないの。
>>209のいう完全自動車化は戦闘部隊含めてのことなんじゃないか?
ってこれ以上はスレ違いかな。

212 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/03 23:56 ID:7nLNk4QH
ソ連はアメリカからのレンドリースで一気に自動車化が進んだね。
それでも足りなかったからタンクデサントとかやってたけど。

あースレ違いですね、すんません。

213 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/04 03:21 ID:KD3nP6nZ


   ち ぇ す と −

214 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/04 11:31 ID:oG/7qWCp
見ろ、まるで、軍事板の様だ!


215 :名なしんぼ@お腹いっぱい:04/03/04 12:29 ID:cY9DiN5b
朝鮮人スパイを、その息子の孝行心に免じて許してやり、
尚且つ、いくばくかのお金を与えたってエピソード。
あの時代、あんなに心が広かった軍人さんがいたのかと
感動した。
あと、「死んでもラッパを〜」の逸話って、今まで日露戦争の時の
事だと思い込んでいた。
ありがとう先生、これでまた一つ、世間で恥をかく機会が減りました。

216 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/04 14:15 ID:nYjzZVE1
単行本もうちっと丁寧に塗れや

217 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/04 15:04 ID:gTv+SIRT
>>215
薩摩人は降参した敵には寛容なお国柄らしいしね
むしろ当時のほうが武士道が残ってっただけに
現在よりも心が広いかも。

218 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/04 17:30 ID:XOk++AFe
玄海灘事件の被告曰く「懲役3年は重過ぎる」
http://tmp2.2ch.net/test/read.cgi/asia/1070898927/l50

福岡県沖の玄界灘で漁船がコンテナ船に衝突されて沈没、7人が死亡、8人が重軽傷を
負った事故で業務上過失致死傷罪などに問われたコンテナ船の韓国人航海士、尹國大
(ユングックテ)被告(22)は7日、福岡高裁に控訴した。「懲役3年の1審判決は重過ぎる」
としている。
先月27日の福岡地裁小倉支部判決によると、尹被告はコンテナ船の当直責任者だった
今年7月2日未明、針路を変えずに漁船団の間を通ろうとして鳥取県境港市の共和水産
所属「第18光洋丸」に衝突、沈没させた。【近藤聡司】
[毎日新聞12月8日] ( 2003-12-08-21:52 )

関連 記憶せよ、玄海灘
http://noigel.hp.infoseek.co.jp/genkainada1.html

219 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/04 18:17 ID:Gkzkv/Q4
>>217
薩摩の士風はそうだよね。
そのお陰で関ヶ原で西軍につくハメになり、
秀頼隠匿伝説とか生まれたりする。

220 :石手川の河原にて:04/03/04 19:44 ID:q6JUxvp9

                           ) ぼ  
                          ヽ  の   
                           i  サ  
                           く   ン     
                            ム !!
         __,,,,,,
      ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
   ,.-,/        /::::::::::::::::::::::!,,  \
  (  ,'          i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
   `''|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"
     !       '、:::::::::::::::::::i
     '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ
      \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
                  ``"      \>

221 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/05 00:20 ID:qjELp2wG
三国志・戦国板にて
http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1076426479/l50

222 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/05 00:49 ID:ViyDu7Ba
公爵になりたいんだけど

223 :春獄:04/03/05 11:00 ID:uvv0mdJI
>>219 そんなに生やさしくないよ。薩摩は勝つためにそれを
やるんだから。秀頼(役?)も実際にいたらしいし。関ヶ原で死んだ
はずの宇喜多秀家(関ヶ原でもっとも活躍した大名。西軍主要大名は
ほとんど斬首なのだが死んだということで捜索打ち切り)が薩摩から
自首してきたって前例あるし。薩摩が取り潰されなかったは、裏交渉
で秀家を差し出したからってのもあるんじゃないかな。

224 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/05 17:59 ID:42H1c53l
奄美、琉球からの収奪は容赦がなかったというしな。

225 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/06 02:23 ID:04tFSsf0
百姓は奴隷同然だったらしいね。

226 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/06 04:21 ID:63vm7sNF
>>223
関が原で西軍に付いたのは計算違いだろうが
宇喜多氏を匿い、助命嘆願までしたのは凄くないか?

それに改易お取り潰しにならないのは実力だと思うぞ
宇喜田を差し出すも何も薩摩自体が西軍だしさ
福島正則なんかお城の件だけで結局は改易でしょ。

227 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/06 04:52 ID:AAU4yoIH
>>225
薩摩から具足担いで大坂まで走ってきたり、
生麦で無礼な外人切り捨てる足軽をなめたらいかんぜよ!

228 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/06 10:44 ID:vp5vDNpF
>>227
薩摩の年貢は四公六民だか七公三民という驚異の重税だったそうだからな。

229 :228:04/03/06 10:45 ID:vp5vDNpF
間違えた六公四民ね。

230 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/06 12:21 ID:TnRMhm0y
実際には、農地改良に米の品種改良の結果、単位面積辺りの収穫量が多くなってて。
そんなに重税じゃなかったらしい。

231 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/06 12:28 ID:qddqBOXm
>>226
あの時期は関ヶ原は終わったとは言え、まだ各地の大名が完全に心服してなかったからな
豊臣は無論健在で、上杉毛利は未だ減封処分前、福島は尾張、黒田は本九の接点中津と要所を占め、
加藤など有力な豊臣系大名もおりそれなりに火種は存在していた
徳川方も下手に圧力掛けて、他大名と語らって秀頼担いで一斉蜂起とかってのを恐れたのかもしれん
結局島津独力ではないような、まあその状況を上手に利用したのが島津たる所以だろうが
その後
1602毛利・上杉減封
1604黒田如水没
1611加藤清正没
1615豊臣家滅亡
1619福島正則改易
福島なんかはその辺りの状況の変化を認識出来ずに陥穽に嵌った印象があるな

232 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/06 15:31 ID:18yvjOT6
福島は完全な幕府の言いがかりだよ。
宇喜多は言わなきゃ...(もうスデに死んだことになってるのに)
いいだけのこと。助命は交渉材料で首ってのは体面が悪いだけ。
宇喜多と前田とか親戚だからまだ使えるカードをやるから
裁量しろって交渉材料そのまんま。家康と島津の連名で送った対明使節も
なぜか薩摩沖で襲撃(名目上は海賊だと・・)受けて沈むし
あざと過ぎる外交をやってる。

幕末でも月照とかの入水とかも絶対あれ殺しただけだ。


233 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/06 21:52 ID:qddqBOXm
幕末の薩摩というと江戸市中でやった御用盗だな
西郷本人が指揮してたそうだし、権兵衛とかもやってたかもと考えるとちょっと鬱になる

234 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/07 02:01 ID:F5ARdkj1
薩摩流の戦略・政略ですよ、気にしない気にしない。

235 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/07 07:17 ID:LBeMD6Q6
なんか薩摩隼人の美風に政治の駆け引きを持ってきて
否定するのはフェアじゃねーだろ。

政治・外交・戦争は駆け引き騙し合いの世界だから
それはそれでしょ。

236 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/07 10:11 ID:4/1Sj0c0

   ミミミミミミミミミミミミミミミミ
    ミミミミミミミミミミミミミミミミミミミミ丶
     ミミミミミミミミミミヽ\ミミ/ 彡
     ミミミミミミミミミミ      # ミ彡
     ミミミミミミミミミ┗ ・━ |┏・━ミ彡
     ミミミミミミミミミ<    三   >ミ
       ミミミミミミミミ ∧ 《・ ・》∧ミ <チェストー! 関ヶ原
       ミ ミミミミミミミミミミミ彡彡彡ミミミミ
        ミ    ミミミミミ\ 二○二/
   ドドドドドー     ミ     彡
               ミ     


237 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/07 17:08 ID:L2INk+oT
チェストーキター!

238 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/07 17:57 ID:kbomZLwn
去年の11月から読み始めた坂の上の雲がやっと読み終わった。


239 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/07 22:24 ID:B8mKYxUk
今日の毎日新聞にこの漫画の紹介文が載ってた

240 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/07 23:28 ID:V2ZiSVnw
>>220
のぼサン!じゃない?

>>236
10巻の「凱旋を待て!」の後の
樺山さんが一番藁えた
泣きながらチェストー!

241 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 01:21 ID:RXp/l+Ks
>>239
全体に好意的だったね。
毎日のこったから、明治の日本賛美イクナイとか書きそうだったが。

242 :賀覆 ◆GAO/OdWh0A :04/03/08 01:28 ID:2cVTPGdb
毎日のやつ、書き出しが「司馬遼太郎はおもしろかった」やけどね。(信用低)

243 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 10:07 ID:qO3rLQqp
>241
>242
見ろ、明治は偉大だったが、昭和は魔法にかかったように愚かだった、という定石の予感


244 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 10:07 ID:qO3rLQqp
清国軍が、特撮の悪の帝国みたいでおもろいです

245 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 16:31 ID:wfJQ1yeO
>>243
「日露戦争も悪の侵略戦争だった」に比べりゃはるかにましだと思うぞ。

246 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 16:35 ID:14G+tXCM
いよいよ立見支隊、佐藤支隊の登場ですな。
ラッパ手のこともかなり詳しくやったし、
玄武門破りの原田一等卒のことも詳しくやるんだろうなあ。

247 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 16:58 ID:gDh0Tbjh
で爪の長い総司令官が逃げ出すの?

248 :ホトトギス帝国臣民:04/03/08 17:22 ID:VMeTKfde
のぼサンの従軍はあと何ヶ月後くらい?

249 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 18:13 ID:qO3rLQqp
>247
やらせわせんぞ〜〜〜

250 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 18:15 ID:qO3rLQqp
>248
殆ど戦争終わる頃でつ

251 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/08 18:37 ID:ypfcpkv5
いきなり爪長くなってたな。

252 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/09 20:57 ID:RnhuZRWI
乃木無能論者へ反論する本が
最近出てるけどお前ら読んだ?
「坂の上の雲では分からない旅順攻防戦」
ってのだけど。

253 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 00:41 ID:atqhyC3v
もう「乃木は無能」でファイナルアンサーだからな

254 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 00:50 ID:cOYgf+pB
>>253
ざんね〜〜〜〜〜〜〜〜ん〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
                      アーーーーーーーー

255 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 01:07 ID:ORtJIfsQ
乃木は超有能全能

256 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 01:45 ID:CuIewpyu
なんで253とか255とか、両極端に振れるんだろう・・・

257 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 02:26 ID:6pWLYnNI
後から見れば馬鹿かと思う事が合っても、当時の状況から見れば
そうするしかなかった場合もある訳で、天才的な先見の明がなきゃボロが出ても当然だと思うが・・・




乃木の下じゃ死にたくねぇなぁ・・・・せめて秋山の大将のもとで・・・

258 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 09:28 ID:9MnpQpGs
乃木の話になると荒れるのはこのスレの仕様ですか?

259 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 11:44 ID:OegVoieX
乃木の話題はどのスレでも荒れる。これ定説。

260 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 15:21 ID:iexJhvjT
>>258-259
まあ最近は再評価の動きもあるから余計だな

スレ違いだが、山田風太郎の書いた明石主人公の「ラスプーチンがキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!」
って作品があるんだが、乃木が糞味噌に書かれててワラタ
軍才だけならともかく、明治帝への忠誠心まで扱き下ろされてるのは珍しい
川上や津田三蔵も出て来るんで興味があるヤシは読んでみれ

261 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 21:11 ID:atqhyC3v
まぁ、司馬以前の「乃木神話」の反動も大きい罠

262 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/10 22:12 ID:s3/ZNKpO
 乃木は将軍としては凡将、欠点は凄じい程の運の無さ。将軍としてはこれは致命的。


263 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 03:15 ID:2gRArPgJ
>>262
まあ国力が数倍も違うロシアと戦争をしなければならない立場を考えても、
当時の軍人・政府閣僚には足を向けて寝れない。
あと甲申政変以後も継続した国内改革に邁進してくれれば、朝鮮半島が
いい弾除けになってくれたのにな・・・・

264 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 06:30 ID:Ah9uwoi8
朝鮮半島を弾除けにするには、
今の在韓米軍のように恒常的に金と人をつぎこむ必要がある。
朝鮮人の民族性を考えるに恒常的な緊張は期待できない。

だったら史実どおりに信託統治ないし併合するのが一番な罠。

265 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 06:46 ID:FmUh0yik
>>263
やっぱやる気の無い子には何を教えても駄目ってこってすよ。

来━━(`八´)━━ い
来━━━(`八´)━━━ い
来━━━━(`八´)━━━━ い

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/03/11 08:07 ID:2gRArPgJ
>>264
朝鮮半島で日露の会戦をしてもいいのではと昔は思っていた。
朝鮮半島の方が補給が楽だからと単純な理由だけど・・・
でもロシアが満州に物量基地を構築しちゃうと、マッカーサーと中国義勇軍の
戦いと同じ構図になるんだよね・・・やっぱり朝鮮併合は必要だね。

267 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 10:05 ID:C0PxdQRf
チョソと関ってはいけない、これだけは何があっても守って欲しい・・・

268 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 13:50 ID:TRLlFThR
>>264
多分それでも、総督府が使った金よりは安いと思うぞ。

269 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 15:25 ID:n9FdAQxa
坂雲ドラマ化延期だってさ。07年以降だとか

270 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 15:37 ID:ZQMKoMDK
あらら、まじですか?
しかしこれで、漫画のスケジュールがドラマに間に合う可能性が?

271 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 15:39 ID:vItMFxv3
ゴミ置き場に捨てていた日露時の手榴弾と砲弾を遊就館へ寄付しろ!

272 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 17:28 ID:C0PxdQRf
もし世界が128人の天皇だったら
14人は実在しません。
 5人は天皇かどうだか疑われています。
 8人は女です。
 18人は少年です。
 23人は幼児です。
 1人は幼女です。
 3人は幼児のうちに位を奪われました。
 5人は気が違っています。
 13人はやりたい放題やりました。
 29人は何もできませんでした。
 9人は貧乏に苦しみました。
 15人は戦争をおっぱじめました。
 6人は戦争に勝ちました。
 8人は戦争に負けて退位しました。
 2人は戦争に負けても居座りました。
 17人は天寿をまっとうしました。
 30人は病死しました。
 6人は殺されました。
 6人は流罪人として死にました。
 1人は自分の仕掛けたいたずらにひっかかって死にました。
 1人はまだ生きてます。
 13人の天皇が、3人の皇太子と、16人の皇子を殺しています。
 2人の天皇は、逆に皇子に殺されています。
 もしもあなたのお父さんが死んだとき、お葬式をあげることができるのなら……あなたは3人の天皇よりは裕福
で、5人の天皇よりは親孝行です。
 もしあなたが戦いの危険や位を奪われる恐怖や流罪の苦悩、あるいは飢えの悲痛や即位の礼ができない恥辱を一度
も経験したことがないのなら……あなたは58人の天皇より恵まれています。
 もしもあなたの生みの親がどちらも健在で、ともに暮らしており、あなたが兄弟や親戚と殺し合いや財産の奪い合
いをしたことがないとしたら……あなたはたった9人の天皇と同じくらい幸せです。
 だからあなたは、心を込めて祈ってください。
 ……天皇に生まれませんように、と。

273 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 17:37 ID:tdPt6Jd0
数が合ってない部分があるのだが。


274 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 18:07 ID:4IlPZVTa
春だね〜廚ドモ
コ━━━( `ハ´)━━━イ !!
コ━━━━( `ハ´)━━━━イ !!
コ━━━━━( `ハ´)━━━━━イ !!

275 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 18:29 ID:7wUfCBXK
>>272
全部数字が合ってるとしたらなかなか面白い。

276 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 19:53 ID:eE4kBCzt
「予備隊じゃん」
「先頭じゃん」には誰も突っ込まないのか?
静岡県人はどうなのよ?あんな感じなの?

277 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 20:06 ID:TRLlFThR
そりゃ、現代の日本で天皇に生まれるくらい不幸なことはないだろ。
日本国民はある種、天皇の犠牲によって安泰してるんだから。

278 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 20:11 ID:dLwVB1bf
>>277
天皇の犠牲で安泰しているというところには引っかかるものがあるが、
憲法で保証されているはずの職業選択の自由が無い唯一の日本人だわな。

279 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 20:22 ID:HkDKCgB9
あのヌボーっとした山路一善って、山本権兵衛の娘と結婚するんだな・・

しかし、その婚姻関係や、兄が日本興業銀行副総裁と愛媛県師範学校長だったり、
本人も実績(海軍航空隊の父)あるのに、なんで中将どまりなんだろ。 勲一等は
もらってるけどさ。


280 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 21:27 ID:jwr/JsDS
山路を整理したのは加藤友三郎。
他にに森山慶三郎、佐藤鉄太郎、山屋他人、名和又八郎等も加藤によって整理された。
権兵衛が我儘勝手に振舞ったその反動というのも少しはあるだろうが、
大将になるほどの人物ではなかったと思う。
思想的にはリベラルっぽいのかな。宇垣が大命を受けたとき、その支持に回った
軍人の中に名前を見ることができる。

281 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/11 22:02 ID:WzEvYXOf
同じ女婿でも財部親王は生き残ってますね。

282 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/12 00:04 ID:Tup08awW
>>278
天皇って日本人なの?

283 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/12 00:05 ID:9ekaAakq
>>282
日本国民ではないかもしらんが、
日本国憲法に規定がある以上、日本人といえるんじゃない?

284 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/12 03:19 ID:vMCqB9px
最新号読んだ。
清国の葉将軍というのは、腐敗しきった将軍として描かれているね。
死んだ兵の給与を私物化しようとしたり…。
それに比べ、敵ながら、左将軍は、“漢”だな。


285 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/12 08:46 ID:4x8qJQL6
>284
名前だと女真族か、漢人かわからんな。


286 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/12 14:25 ID:u6Guco12
>284
役人が私腹を肥やすのは、大陸ではデフォルトですよ。


287 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/12 14:59 ID:ykmczuLZ
山路って昭和30年代まで生きてたんでしょ。
ほんとにあんなボケキャラだったのか?

288 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/12 22:12 ID:fL5VKxTL
>>284
実際、葉志超は平壌から真っ先に逃げ出したヘタレだからな
ところで、ぐぐってて知ったのだが左宝貴って回族(イスラム系)なんだな

289 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/13 11:38 ID:P3W4M6d8
清国軍の描写だけ絵が蒼天航路になったらおもしろい・・・

290 :回教徒って言えば:04/03/13 14:38 ID:POSI2m5u
蒙古兵の末裔?

291 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/13 17:07 ID:EKSrTSoU
2006年大河ドラマ化だっけ?映画化?

292 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/13 17:25 ID:STqLpX6q
>>291
2007年大河ドラマ。
通常の大河ドラマと違い、1回・75分、20回程度を予定。
http://www.nhk.or.jp/matsuyama/sakanoue/

293 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/14 01:09 ID:tKVwColC
75分はちょっと長いな。
普通に1時間ドラマでやってくれ。


294 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/14 01:37 ID:TNaYORoV
>>293
NHKの75分はCMがない正味の75分だから
民放でいえば2時間ドラマを20回やるようなものだ
心して見よ

295 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/14 02:24 ID:6n51pZUg
上原勇作の役は俺がやる

296 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/14 04:31 ID:CmhWuvus
毎回、

パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン
パンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパンパン

ばかりで、激ウザ。このマンガ。だいたい最近の江川ヘンだっつーの。

297 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/14 09:49 ID:F1QEjsHP
元から変だがな。

298 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/14 10:29 ID:8PdJiKEt
戦闘描写はもうちょっと工夫なり勉強して欲しい
今の状態はずっと引きの画ばかりでつまらん

コンバットとか見て勉強汁

299 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/15 12:16 ID:p3SR46Gb
立見って・・・幕末戦人数少ないからいつも主力戦になんの寄与も
しないって会津とかから結構嫌われてたんだが。勝手なことして
自分らだけ勝ったもないだろって。

要は、いいとこ取りだと。奥羽側の記録では、あんま評価していない。
ちなみに政府側では今週号のように評価が高い。
政府に出仕して出世したから妬まれたのかもしれないけど。

300 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/15 15:55 ID:YOJQHoHZ
    ____
   (ノ___)
     |__☆_|_      
    ヽミ# ゚Д゚ミノ チェストーー!!
     | 个 |     進まんのー!!
    〆| ̄ ̄ヽ  
     ∪⌒∪



301 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/15 17:38 ID:DSyq1DrC

在日韓国人・朝鮮人にオススメの漫画は?2
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/csaloon/1078938204/l50


302 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/15 18:36 ID:L/IhkRsf
>>299
あの時代の幕府側で組織的に戦ったのはごく一部だからねぇ。
敵からの評価が一番正しいでしょう。

303 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/15 18:48 ID:s76+Ex/w
というか、寄り合い所帯の奥羽越で、だれそれの手勢とかで指揮権が一本化
してなくて、しかも有能な士官が全体統括して指揮を執れない状況じゃ
どうしようも無いわな〜。
土方も河井も局所では勝利できたけど、結局ひっくり返しようがなかったしな。


304 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/15 20:16 ID:m4BscjxF
土方さんとか、口閉じたまましゃべるのやめて下さい

305 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/15 22:15 ID:6v+GQpxz
実はみんな腹話術の人形

306 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/15 23:45 ID:3OUWIDSU
とっとと話を先に進めてくれーーーーー
地図と「パンパン」ばかりでちっとも面白くねえ。

307 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/16 01:42 ID:3jT3sDNj
>>306
パンパンはともかくw
地図と各中隊長の顔コマはいい感じだと思うんだが
戦史物とか読み付けてないと馴染めないのかなあ

後、立見のアップ見てひろゆき思い出した

308 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/16 01:46 ID:1BBMWV5M
やっぱ日本じゃ立見最強なんかね

309 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/16 10:13 ID:qNvMiRPB
立見だけはガチ

310 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/16 12:47 ID:ph5/eHJi
>>260
スレ違い&亀レススマソだが
風太郎の明治物(・∀・)イイ!自分は司馬より(比べる対象ではないが)好きっす
「日露〜」関連の人物だと権兵衛が主役の連作とか
熊楠とのぼサン+金之助が出てくる短編とかがあったね

311 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/16 14:48 ID:wNomksE6
立見は隊員の色札(投票)で選ばれた門閥外での抜擢男。
佐幕側では珍しい。



312 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/16 22:20 ID:fdMNg9VH
今週も面白かった、攻めてる感十分。

でも敵の将軍はバカに書きすぎ、あの状況で笑ってられないだろう。

313 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/17 07:04 ID:k95uI6vl
立見オサーン(・∀・)カコイイ!!
翔ぶが如くのもよかったがやっぱビジュアルが付くと違うな。

314 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/17 19:16 ID:lJQDicbs
 (この漫画の)清国軍強すぎ。日本軍とほぼ同等の強さじゃないか。
 しかも、地の利があって、国力ははるかに上・・・・
 メッケルがこの漫画読んだら「清国の勝利」と断言しそうだな。

315 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 02:37 ID:JSZ3JBia
ここから世界最強の日本軍兵士による驚異の大逆襲が始まるのでつ

そして伝説へ・・・

316 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 07:22 ID:e/j20D61
右翼とか言われるかもしれんが
日本の名称って大日本帝国のままであって欲しかった
帝国・・・なんかいい響きだ

317 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 08:52 ID:wCfN1jD5
植民地がなくなったからダメです。

つか今でも陛下は海外でエンペラーだから、
日本は帝国ですよ。

国号なんて外務省が勝手に変えまくってますから。

318 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 09:05 ID:w+MjtEaE
日本帝国か・・・

319 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 10:42 ID:SkuSwZJK
>316
帝都交通なくなっちゃうよ、、ママン...
>317
イギリスだって、王国だしな、

でも'大’はいらんな、なんか一生懸命背伸びしてるみたいで、
どっかの大○民国みたいだし、


320 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 11:38 ID:9gYEJFhZ
>>319
時代の流れなんだろうね。当時のことを考えると、大はアリだと思うけど。
今、「大」をつけるのって、ちょっと恥ずかしいな。

321 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 12:24 ID:G6lcRMBd
最近1巻読んだのですが、まだ日露戦争は始まってないのですか?

322 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 13:41 ID:szyZVBlE
帝都高速度交通営団って名前がいいのに
東京メトロって何でもカタカナにすりゃいいってものでもないだろうにな

323 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 16:33 ID:0rqw8/sD
日清戦争て日本軍が鬼のように強くて勝っちゃうんだろ?

324 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 16:47 ID:CZOHrJCH
どこの国訪問の時だったか、「何故大統領の待遇が天皇より低いのだ?」と聞いたK国に対して
「EmperorとPresidentではEmperorが上で当たり前だろう」的な解答をされてすごすご還っていったとか何とか・・・・

325 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 19:20 ID:MhILYhiF
なんか民主国家だけど帝国はいいな
自衛隊が海外ニュースでインペリアルフォースとか
インペリアルトゥルーパーとか言われたら(*´∀`)

326 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 20:03 ID:b4oAwqYe
日露師団長をゴールドセイントとすると
立見はサガ

327 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 20:25 ID:1A1DB9+5
>>325
まんま皇軍ですね。でもカコイイ。

328 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/18 22:30 ID:rIk71gjl
>>320
「大日本」というのは奈良や畿内など当初から大和政権の勢力化であった地域をさす「小日本」に対して用いられる王権に服せしめた諸領域を含めた国土全体の呼称。
同化しているとはいえ、日本は現在でも植民地を有しているわけでその意味では現在でも日本は帝国といえる。

329 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 01:43 ID:AE4KATFn
あーあーまろにえにー♪  咲く勇気〜♪
帝国化したら、プロパガンダとしてまずは歌劇団設立







別に「軍隊なんてありませんヨ?」と言い張って
自衛隊が世界最強の軍事組織になるってのも(*´д`)=3

330 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 02:13 ID:oCVmPsVe
>>320
イギリスだって今じゃ日本より狭いのにGreatがついてまつよ

331 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 03:27 ID:+AyBKUww
おまえらインペリアルガードにだったらなれるぞ。
(`・ω・´)>
ttp://www.npa.go.jp/kougu/toppage.htm

332 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 08:41 ID:GUifT8Bn
あきやま-さねゆき 【秋山真之】
(1868-1918) 海軍中将。愛媛県生まれ。日露戦争で東
郷司令長官の参謀。戦略家として知られた。「天気晴
朗なれども波高し」などの戦報の文章は有名。
三省堂提供「大辞林 第二版」より
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BD%A9%BB%B3&kind=jn&mode=0&base=1&row=4

【写真】秋山真之
http://www.pref.ehime.jp/izanai/images/jitudate/akiyama_saneyuki.jpg
【写真】秋山真之(軍服)
http://www.pref.ehime.jp/rekimin/saneyuki.jpg

真之マジでカコイイ。
軍人とは思えない繊細な顔。

333 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 08:49 ID:Vm8TM4IQ
1941年12月9日の朝刊見出し
「帝國・米英に宣戦を布告す」

帝國はやはりロマンですよ。

334 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 09:03 ID:GUifT8Bn
まさおか-しき まさをか― 【正岡子規】
(1867-1902) 俳人・歌人。松山市生まれ。本名、常規。
別号、獺祭(だつさい)書屋主人・竹の里人など。新聞
「日本」・俳誌「ホトトギス」によって写生による新しい
俳句を指導、「歌よみに与ふる書」を著して万葉調を
重んじ、根岸短歌会を興す。また写生文による文章
革新を試みるなど、近代文学史上に大きな足跡を残
した。著「竹の里歌」「俳諧大要」「仰臥漫録」など。
三省堂提供「大辞林 第二版」より
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%C0%B5%B2%AC%BB%D2%B5%AC&kind=jn&mode=0

写真
http://www.pref.ehime.jp/izanai/images/jitudate/masaoka_siki.jpg
http://www.pref.ehime.jp/izanai/images/jitudate/matsuyama_masaokashiki.jpg


のぼサン。

335 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 10:37 ID:pAFxXlQj
国号を帝国にせよ、

336 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 10:43 ID:OxqVQJR2
んなことしたら、朝鮮中国、社民共産が(ry

337 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 11:36 ID:3/B04tqS
>>331
年齢的になれません・・・・。

>>336
んでも、中韓、社民共産を完全無視して
国号を日本帝国にできてしまったら、
ちょっとのことでは文句言われなくなりそうだけどね(ワラ

ま、ここでよしりん的主張をするつもり無いけど、
シナが遠まわしに批判しても
直球で「靖国には参拝する」と返す小泉萌え。


338 :335:04/03/19 13:11 ID:pAFxXlQj
では、せめて教育勅語の復活と修身の時間をもうけよ

339 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 17:00 ID:rhpDnjzJ
<#`Д´><日帝時代の支配〜

( ´∀`)<今も日本帝国ですが何か?

(#`ハ´)<靖国〜

( ´∀`)<当然臣民を祀ってるだけですが何か?

チョパリ<;`Д´> (`ハ´;)・・・

340 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 18:35 ID:Taypt76U
単純な右翼が多くてウンザリするな

341 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 20:43 ID:OxqVQJR2
帝国の方がカコ(・∀・)イイ!
って言ってるだけで右翼と決めつけるあなたの考えの方が気持ち悪いよ

342 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 21:42 ID:SxaMIQcc
>>330
 極西のしょぼい島国だったころからついていましたが何か?>Great
 Great BritainのGreatなんて大分の”大”みたいなもんです。

343 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 21:46 ID:YOiMrrkl
「日帝36年」って言うけど天皇のことは「日王」って呼ぶんだよな。
やっぱり、「日皇」って呼ぶと皇帝>王だから天皇>朝鮮王を認めることになるからなのかね?

344 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 22:23 ID:zhuA49Yt
>>340
軍隊が横に展開すれば右翼も左翼もいて当然。

345 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 22:24 ID:tgnNas3y
>>343
日本帝国主義の略ではなかろうか
米帝みたいな

346 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/19 22:47 ID:zknJ8ysI
>>345
正解

347 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 01:04 ID:OFo1L05M
>>345
日帝は日本帝国の略だが、帝国の長は皇帝であって王では無い。

348 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 02:14 ID:J/p2D7lA
>>340
だったら2ちゃんなんか来ないで街頭でデムパ出してろ。

349 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 03:08 ID:zSjRlwX2
>>343
皇帝は中国にただ一人ってのが朝貢・冊封関係をもってた国の考え。
日本は遥か聖徳太子の頃に朝貢・冊封関係から抜け出した

ましてやつい最近まで漢人の名前を有難がり国号を
宗主国様に御伺いを立てる至上まれな属国ぷりだった
かの国には日本はまさに日出る国、まぶしすぎるんだろ。

350 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 08:23 ID:J/p2D7lA

北川景子さんはかなりの読書家のようで、
「坂の上の雲」、「ライ麦畑でつかまえて」、「冷静と情熱のあいだ」等、
様々な本を読んでいる。

351 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 10:26 ID:j2aCe30p
>>349
>日本は遥か聖徳太子の頃に朝貢・冊封関係から抜け出した

そりゃ、日本側が勝手に言ってるだけ。
実質的に冊封関係から抜け出すのは菅原道真の時。
その後も足利義満みたいな奴も出てきてるし。

ついこないだまで中国の属国だった朝鮮半島とはまったく事情が違うのはそのとおりだが、
あまり「日出る国」にこだわると、さほどウリナラマンセーと変わらなくなるぞ。

352 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 10:57 ID:qScIxwzH
>>347
 日帝は日本帝国主義の略。美帝という言葉がこれは美国(アメリカ)帝国主義の略。
 帝国主義国家の長は皇帝である必要は無い。王や、首相、大統領、大佐でもいい。




353 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 13:30 ID:v70ldl2x
韓国では大日本帝国のことを
大日本王国って読んでるんだろうか。
王国ってなんかのテーマパークみたいな響きだ

354 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 15:49 ID:mRadobUI
まー日本はもうちょっと自画自賛するべき。
実体が伴なってるんだからさ

>>351まで言っちゃうと謙遜が過ぎて嫌味だろ。
冊封関係なんてようは中国様の威をかりて国
を安定させたりすることだし

355 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 16:30 ID:YJQj8UbV
むぅ〜っ 解って無いなぁ。。。
朝貢・冊封関係というのは
「中華文明様ヨロピクねぇ」と馬、干物、女(朝鮮は宦官を差し出した)銅鉱石
など身の回りのモノを持って挨拶にゆくと
「おおっ 良く来たね 銅鏡、剣、璧あげますよ」
つまりお土産あげるから挨拶きてね そういうことじゃ
ただ挨拶しないと攻めてくる事があるからコワイのう

356 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 16:41 ID:jrXRTQkr
>>292
問題はキャストなんだよなあ
最近の大河ドラマみたいなんじゃあ、見る気がしないし
いっそのことアニメでやってくれたほうが


357 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 17:54 ID:mRadobUI
>>355
わかってねーだの言われたくないな
おまえはどこぞの教授か何かか?

捉え方の違いだよ。おまえのほうが判ってない

358 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 18:14 ID:beHvZ70n
朝貢貿易と冊封関係ってのは完全に同じじゃないでしょ。
後代の西洋の国々も初期の頃は朝貢貿易みたいだったし。
日本は半島と違って独自の暦を使っていたしな。
義満は確かに日本国王の称号もらってるけど日本には天皇がいるからな。
義満は例外じゃないの、信長、家康だってそんなことしてないんだから。

359 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 19:33 ID:wJTV+eT3
宦官って知ってるか?
中華の為にそういう事をすすんでやった民族がいたと言う事だ。
少し調べてみるが良い


360 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 20:31 ID:ujhGMPSD
ぽまえら、いい加減よそでやれ。

361 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/20 21:37 ID:UJqrZxcs
>>311
>>立見は隊員の色札(投票)で選ばれた門閥外での抜擢男。

遅レスでスマンが・・・
色札ではなく、入札ではないか・・・?


362 :358:04/03/20 22:53 ID:c9a/yHWj
>>359
俺に言ってるのかな?
宦官は知ってる。
すすんでやった民族ってのは朝鮮人のことだよな?

板違いゴメン、これで終わりにするよ。 

363 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/21 00:47 ID:+3+/LRX5
>>359
やれやれおまえが調べろよ・・・物知り君w
つかおまえの立場は常に朝鮮人の視点なんだがなんで?

以上

364 :名無しんぼ@お腹いっぱい:04/03/21 09:51 ID:Ek/eM3+9
最新号読んだ。
平壌を三方から包囲しつつあるね。
野津将軍はキモがすわっとるのお。
日露戦争で第四軍だかなんだか忘れたが、
一軍を率いてロシア軍を苦しめたことだけのことはありますな。

清国側でがんばっているのは、
左将軍と馬将軍だけかな?
臆病者の葉将軍は平壌から逃げ出す準備をしているのだろうが、
他の将軍はでてこないね。

87 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)